higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

背振山系の小滝巡り(2019/04/20)

 2019/04/20(Sat)


金山
190420IMG_6404.jpg



今日は坊主川に沿って歩き源頭部から縦走路に上がり金山へ。 復路は花乱の滝コースを下る。
幸い坊主ヶ滝下の新林道の駐車スペースが空いていたのでここから取付く。

190420IMG_6337.jpg


     坊主ヶ滝
     190420IMG_6339.jpg


今日はできるだけ見栄えのいい小滝を拾いながら歩いてみよう。

190420IMG_6343.jpg



          190420IMG_6349.jpg


zakkuさんを中心にその岳友さん達で大切に守り続けられている山小屋。

190420IMG_6350.jpg


小屋の前の滝壺は夏の水遊びには持って来いの場所。

190420IMG_6351.jpg


一旦尾根に上がる途中で一本だけ花を付けたミツバツツジに出合えた。

190420IMG_6361.jpg


途中から再び沢に下りて坊主川の源流を目指す。

     190420IMG_6370.jpg


沢沿いは涼しい風が吹いて実に爽やかだ。

          190420IMG_6374.jpg



          190420IMG_6377.jpg



190420IMG_6380.jpg


ここで道中で出合った花たちをまとめてアップ。

          フデリンドウ
          190420IMG_6966.jpg


          ナンゴクウラシマソウ
          190420IMG_6357.jpg


ツクバネソウ
190420IMG_6984.jpg


ヒメレンゲ
190420IMG_7033.jpg


ニリンソウ
190420IMG_6973.jpg


ヒメナベワリは開花前
190420IMG_6991.jpg


ヤマルリソウ
190420IMG_7008.jpg


          ワサビ
          190420IMG_7018.jpg


ウグイスカグラ
190420IMG_6999.jpg


シロモジ
190420IMG_7001.jpg


坊主川源頭部から西山に立ち寄り縦走路に出る手前で、2週間前にタイホーケルンの近くで出会って立ち話をした山のベテランらしき男性(A.Nさん)と再び遭遇した。 今日はお互いに自己紹介をしてしばらく情報交換をする。 
Nさんも我々同様源頭部周辺のシャクナゲが気になっていたようで、「どうでしたか?」と尋ねられたのだが、残念ながら全くと言っていいくらい花芽が付いていなかった。 今年は裏年なのか?

Nさんと別れて縦走路に出て金山へと向かう。
今年の縦走路はミツバツツジがまだ咲いてなく、シキミロードになっていた。
今年はシキミの当たり年みたいで花付きがすこぶるいい。

190420IMG_6397.jpg


展望岩で昼食を摂る。

     190420IMG_6402.jpg


金山
190420IMG_6406.jpg


山頂手前のブナ林もまだ新葉が芽吹いてない。 昨年はすでに新緑に覆われていたのだが。 

          190420IMG_6407.jpg



          190420IMG_6409.jpg



     190420IMG_6413_201904222114371c8.jpg


山頂のミツバツツジが1本だけ開花し始めていた。

190420IMG_6414.jpg


下山は花乱の滝コースで。

     190420IMG_6421.jpg


水際に一列になって浮かぶ山桜の花びらが面白い。

190420IMG_6433.jpg



          190420IMG_6434.jpg



190420IMG_6439.jpg



190420IMG_6447.jpg



          190420IMG_6449.jpg


滝巡りの最後は花乱の滝で締める。

     190420IMG_6456.jpg


     190420IMG_6461.jpg


井原山(洗谷~水無谷)で出合った花々(2019/04/13)

 2019/04/13(Sat)


     ニリンソウ
     190413IMG_6939a.jpg


今年はニリンソウの群生は花付きが少ないようだ。

190413page04.jpg


190413IMG_6905.jpg


イチリンソウも見頃を迎えている。

          190413IMG_6925.jpg


ヤマエンゴサク
190413IMG_6861.jpg


ジロボウエンゴサク
190413IMG_6867.jpg


フウロケマン
190413IMG_6829.jpg


          ユリワサビ
          190413IMG_1297.jpg


イワボタン
190413IMG_6843.jpg


ヤマネコノメソウ
190413IMG_6893.jpg


          ハルトラノオ
          190413IMG_6824.jpg


ヒトリシズカ
190413IMG_6942.jpg


          190413IMG_6934.jpg


ナガバノスミレサイシン
190413IMG_6858.jpg


エイザンスミレ
190413IMG_6953.jpg


ニシキゴロモ
190413IMG_1340.jpg


シロモジ
190413IMG_6855.jpg


クロモジ
190413IMG_6853.jpg


トウゴクサバノオ
190413IMG_6840.jpg


190413IMG_1289.jpg



CommentList

井原山の洗谷~水無谷周回(2019/04/13)

 2019/04/13(Sat)


井原山洗谷
190413IMG_6234.jpg



最近は前もって予定を立てることがなかなか難しい状況が続いているが、前日になって一日時間が取れたので今日は井原山の洗谷から水無谷をのんびりと周回することにした。
キトク橋の駐車場には先着の車とバイクが一台ずつ。 準備を済ませていざ出発しようとしたところに、ちょうど友人のSさん父娘が到着した。 娘のNちゃんは我が家の娘たちと違い小さい頃から何度も一緒に山に登っていて、その身体能力の高さは良く分かっているので洗谷に誘って一緒に歩くことになった。

     190413IMG_6157.jpg


洗谷ルート登山口へと向かうが、久しぶりのSさんと話に夢中になっていて瑞梅寺山の家方面へ左折し損なって通り過ぎるところだった。 
ソメイヨシノなどの桜は葉桜に変わったが八重桜は僅かだがまだ花を付けている。

          190413IMG_1154.jpg


          190413IMG_1155.jpg


井原山・雷山中腹自然歩道の取付きからショートカットで洗谷ルート登山口へと上がる。

     190413IMG_6159.jpg


登山口で衣服調整して洗谷に取付く。

     190413IMG_1161.jpg


朽ちかけた丸木橋を渡る。

     190413IMG_6168.jpg


最初に出合うシンボリックな小滝は水量が少なくて右側の流れはほとんどなかった。

190413IMG_6178.jpg



190413IMG_1182.jpg


洗谷のニリンソウは花の数が随分と少ないようだ。

          190413IMG_1186.jpg


何度も渡渉を繰り返す。

          190413IMG_6193.jpg



     190413IMG_6195.jpg



             190413IMG_1194.jpg



          190413IMG_6198.jpg



          190413IMG_6204.jpg



190413IMG_6208.jpg



          190413IMG_6216.jpg


滝の横を巻き上がるロープ場も地面や岩肌が乾燥しているので難なく上がれる。

一つ目のロープ場
190413page01.jpg



190413IMG_6225.jpg



          190413IMG_1232.jpg


二つ目のロープ場
190413page02.jpg



190413DSCN6117.jpg



190413IMG_6241.jpg



190413IMG_6239.jpg




          190413IMG_1250.jpg


最上流にある二段の滝。 左岸の崖にロープが下がっており、ここが三つ目のロープ場になる。

          190413IMG_6256.jpg


急峻な崖だが手掛かり足掛かりがあるので見た目ほどでもなく、ロープに頼らなくても上がれる。

          190413IMG_6258.jpg



190413IMG_6261.jpg


崖の途中のツクシショウジョウバカマはまだ綺麗な花が残っていた。

          190413IMG_6260.jpg


さらに上流へと進む。

          190413IMG_6268.jpg


二段の滝の上部の最初の二俣分岐は右の谷を辿る。 
ここはちょっと迷い易いところだが、右の谷に入ってすぐ左手に水場がある。 

     190413IMG_6269.jpg


次の二俣も右俣へ。(ケルンが導いてくれるので見落とさないように)

190413IMG_6274.jpg


谷は次第に細く、浅くなってきた。

          190413IMG_6275.jpg



          190413IMG_1330.jpg


最後の二俣は双方ともにロープが下がっていて、どちらもここをクリアすれば縦走路に出る。
Nちゃんだけは左手を上がったが、あとの三人はツクシショウジョウバカマに誘われて年甲斐もなく右手を上がる。

190413IMG_6279.jpg


ここでもまだ綺麗なツクシショウジョウバカマが出迎えてくれた。

          190413IMG_1336.jpg


最後の斜面だけは風化した花崗岩が滑るのでロープがないと厳しい。
mamatiasは膝の半月板を損傷したこの一年平地をまともに歩くことさえ困難な状態が続いていたが、最近ようやく少し改善の兆しが見えてきたようで、登りにはどうにか対応できているようだ。 特にこのようなアドベンチャー・ルートにはテンションが上がる質なのもその要因かも知れないが。

190413page03.jpg



190413IMG_6290.jpg


ここでNちゃんと合流して井原山山頂へ向かう。

     190413IMG_6295.jpg


暑くもなく寒くもなく穏やかな天気で、空を見上げても爽やかだ。

190413IMG_6296.jpg



             190413IMG_1342.jpg



     190413IMG_6300.jpg


     井原山初登頂のNちゃん
     190413IMG_6303.jpg



          190413IMG_1356.jpg


山頂から少し外れた場所で昼食休憩を取ってから水無谷へと下り、のんびりと花散策をしながら水無分岐から自然歩道へと出る。

190413IMG_6955.jpg


新緑の中にまだ少し山桜の淡いピンクが残っていたが、今年の桜シーズンはこれで終わりかな。

190413IMG_6320.jpg


アンの滝も水流が少なくて近くまで寄ってみる気にもならなかった。

          190413IMG_6328.jpg


キトク橋に戻ると満車だったに違いない車の数も随分と減っていた。

     190413IMG_6331.jpg


久しぶりの洗谷でついつい写真の枚数が増えてしまったので花の写真は改めてアップするとしよう。


CommentList

坊主ヶ滝から金山を目指すが・・・(2019/04/06)

 2019/04/06(Sat)


2週間ぶりの山歩きとなる今週末は4月末並みの陽気ということで坊主ヶ滝から沢沿いに金山に登るつもりだった。 ところが昨日は体調不良で夜までに治らないまま寝てしまったので、朝目覚めてもテンションが上がらず出発が遅くなってしまった。 おまけに夕方には孫娘を預からなければならず時間的に余裕がないので、ピークハントには拘らずに歩くことにした。 

坊主ヶ滝のすぐ下の林道の新しい橋際から取付く。

     190406IMG_6755.jpg


付近にはスミレやサツマイナモリが咲き乱れている。

190406page01.jpg


           坊主ヶ滝
           190406IMG_6757.jpg


足が短い上に背中のバランスが悪いのでここはちょっと苦労するところ。

             190406IMG_0927.jpg



190406IMG_0931.jpg


急斜面を一歩一歩。

     190406IMG_6762.jpg


     190406IMG_6763.jpg


尾根に上がり着いてほっと一息。 あとは沢音を聞きながら快適な尾根歩き。

     190406IMG_6765.jpg



           190406IMG_6771.jpg


途中から沢へと下り、沢沿いに進む。

     190406IMG_0949.jpg



190406IMG_0962.jpg


           ハルトラノオ
           190406IMG_0955.jpg


白花のヤマエンゴサクか?(まだ葉が出てなくて判別が難しい)
190406IMG_0968.jpg


           タイホーケルン
           190406IMG_6784.jpg



190406IMG_6788.jpg


ヤナガケルン
190406IMG_6789.jpg


ヤナガケルンの近くで小休止をした後ここから引き返すつもりだったが、時間的にはまだ若干余裕があるので先に進んで夏道(尾根コース)に上がることにする。

             190406IMG_0973.jpg


           アブラチャン
           190406IMG_0976.jpg


手掛かりのない急斜面を這い上がって尾根に出る。

           190406IMG_0979.jpg


ここまで来ると山頂への欲も出て来て頭の中で下山の時間を計算する。 山頂まで行けないこともなかったが、下りで負担の大きいmamatiasが一緒なので無理はできないと思い、ここから夏道を下る。

     190406IMG_6794.jpg



     190406IMG_6804.jpg



     190406IMG_6805.jpg


歩みは遅かったもののタイムリミットより1時間近く早く登山口に下り着く。

             190406IMG_0991.jpg


結果からすると山頂まで行くことも可能だったのだが、余裕を持って行動できたことでこの判断は間違っていなかったという思いと、朝の出発時点から余裕のある行動をしていればという反省が交錯する一日だった。

夕方には孫娘を預かり、弁当を持って近くの公園に夜桜見物へ出掛けた。


草場川の夜桜(2019/04/04)

 2019/04/04(Thu)


草場川の桜並木
190404IMG_6698.jpg



日中は快晴だったのに夕方から薄曇りとなり、綺麗なサンセットは見れずじまい。
川の水量も少なく条件としてはイマイチだったが、1時間半ほど粘って夜桜撮影を試みた。

           190404IMG_2817a.jpg



190404IMG_6736.jpg



190404IMG_6729.jpg

桜めぐりpart2(2019/04/02)

 2019/04/02(Tue)


川内ジラカンス桜(山桜)
190402IMG_6686.jpg



今日も所用のついでに先日時間が足らずに行けなかった桜を訪ねてみた。

向かったのは八幡岳の中腹にある推定樹齢100年の山桜。 地名の白観巣に因んで「ジラカンス桜」と呼ばれている。 2014年からはライトアップもされているようだ。
風が強く花冷えがするなか地元のおばさん達が元気にお茶のお接待で迎えてくれたが、平日の昼間とあって訪れる人は少なかった。

     190402IMG_6657.jpg


天気は良かったが生憎と池にはさざ波が立ち水鏡とはいかなかった。

     190402IMG_6680a.jpg


まだ四月になったばかりだというのに桜のそばに鯉のぼりが泳いでいて、撮影範囲から外すのに苦労した。

190402IMG_6652.jpg




190402IMG_6653.jpg



190402IMG_6662.jpg




190402IMG_6685.jpg



以下はジラカンス桜に行く前に立ち寄った多久市西渓公園。

190402IMG_6651.jpg



190402IMG_6648.jpg


左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter