higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

某所でラン各種(2018/04/22)

2018/04/22(Sun)


キエビネ

180422page02.jpg


         180422IMG_1482.jpg


         180422IMG_0108.jpg


         180422IMG_0179.jpg


ジエビネ

180422page03.jpg


         180422IMG_0102.jpg


180422IMG_0124.jpg


         180422IMG_0139.jpg


タカネエビネ

         180422IMG_0100.jpg


         180422IMG_0157.jpg


         180422IMG_0794.jpg


おまけにキンラン

180422page01.jpg


CommentList

金山のブナ林へ(2018/04/21)

2018/04/21(Sat)

金山
180421IMG_0741.jpg


        ブナ林
        180421IMG_0721.jpg



金山を未踏の山友と一緒に新緑のブナ林のグリーンシャワーを浴びに出掛けた。

井手野林道終点の登山口に車を1台デポして山中キャンプ場上の林道登山口近くの駐車地から出発する。

番所跡ルート登山口付近の路肩にアケビの花が咲いていた。

     アケビの花(手前:雌花 奥:雄花)
     180421IMG_9831.jpg


     番所跡ルート登山口
     180421IMG_0640.jpg


     ヤマルリソウ
     180421IMG_9835.jpg


          洞明の滝
          180421IMG_0645.jpg



     180421IMG_9842.jpg



          180421IMG_9844.jpg



          180421IMG_0651.jpg


             ホウチャクソウ
             180421IMG_9845.jpg


陽射しは強いがグリーンのコントラストに癒される。

180421IMG_0653.jpg


ギンリョウソウは出だしたばかり。

     180421IMG_9863.jpg


ミツバツツジが見頃。

180421IMG_0664.jpg


180421IMG_0668.jpg



180421IMG_9875.jpg


             ツクシショウジョウバカマの花後
             180421IMG_9882.jpg



     180421IMG_0673.jpg


鍋島藩番所跡の日陰で昼食を摂って縦走路を東へ向かう。

     ツクシシャクナゲ
     180421IMG_9889.jpg


グリーンロードを行く。

180421IMG_0683.jpg



          180421IMG_0691.jpg


     タイリンアオイの花
     180421IMG_0702.jpg


「ET君、今年も会いにきたよ~」
180421IMG_0704.jpg


ET君が挨拶しているのに怖がっているエルちゃん。

180421IMG_9934.jpg



          180421IMG_9972.jpg


縦走路に点々と咲くミツバツツジにたびたび足が止まる。

180421IMG_0729.jpg



180421IMG_9998.jpg



180421IMG_0022.jpg


     ミヤマハコベ
     180421IMG_0743.jpg


まむし岩から脊振山を望む
180421IMG_0746.jpg



180421IMG_0749.jpg


     ツルシキミ
     180421IMG_0752.jpg


     小爪峠
     180421IMG_0754.jpg


小爪峠手前の井手野分岐から井手野林道終点登山口に下る。

     180421IMG_0757.jpg


下界は午後から夏日の暑さだったが稜線は爽やかで心地よい風が吹き、気持ち良い山歩きが楽しめた。


CommentList

今日も九千部山へ(2018/04/15)

2018/04/15(Sun)


エルちゃん、今日も九千部山へ登る。
180415IMG_9761.jpg



mamatiasもまだ咳が続いているが、それよりも何よりも3月18日に車谷へ出掛けて以来約1ヶ月も山歩き
ができない状態が続いている。 右膝を曲げると痛みがあるようでどうも筋膜炎の症状だけではないようだ。

お互い体調は良くないが今日は気になる花の様子を見ながら鳥栖市牛原の筑紫神社から城山まで、更に
歩けるようなら九千部山まで足を延ばしてみようと思う。
朝はまだ雨が残っていたので出発を2時間ほど遅らせ10時前に自宅を出て、筑紫神社を11時前に出発。 
広い駐車場には他に登山者の車はなかった。

     180415IMG_0485a.jpg


     (Route-Map)
     20180415四阿屋~九千部山
     (クリックで拡大)


足の様子を見ながら超スローペースで歩く。
沢コースは昨日からの雨で沢が増水していて、登山道も川のようになっている。

          180415IMG_9693.jpg


渡渉点の水量が気になっていたが、問題なく渡れてほっとする。

     180415IMG_0492.jpg


ヤマフジの花びらが強風に飛ばされてあちらこちらに落ちていた。  濡れた苔もみずみずしい。

180415IMG_9701.jpg


サツマイナモリ
180415IMG_0496.jpg


歩き難い沢ルートをクリアして、城山分岐から九千部山へと向かう。

             180415IMG_0501.jpg


林道に出合い左へ。

     180415IMG_0505.jpg


林道を2分ほどで再び登山道へ。

     180415IMG_0508.jpg


丸太のステップをひと登りで688.1mピークのシンボル岩へ到着。
このルートを歩くのは8年ぶり。 周りの木々が大きくなってうっそうとしているし、シンボル岩にも蔦が張り
付いている。

     180415IMG_0535s.jpg

             8年前の688.1mピークの様子
             180415IMGP5729.jpg


急斜面を登り終わると気持ちの良い自然林のなだらかな登山道に変わる。
九千部山のなかではここもお気に入りの場所だ。

180415IMG_0534.jpg



          180415IMG_9730.jpg


ミヤマシキミの群生
180415IMG_0516.jpg


数は多くないがミツバツツジの花にも出合うことができた。

180415IMG_0521.jpg


180415IMG_0520.jpg


180415IMG_9741a.jpg



          180415IMG_9745.jpg


ショートカットルートは相変わらず踏み跡が弱く迷い易いのでお勧めできない。

山頂近くのシロモジの花も雨に打たれて少し痛んでいた。

180415IMG_9748a.jpg


今日はここまで誰とも会わなかったが、山頂にはサイクリストのおじさんが一人休憩中だった。
山頂まで3時間半、思ったより時間が掛かってしまったが、簡単な昼食とホットココアで温まる。
陽が陰ると寒いくらいの天気で、しばらくしておじさんも寒い寒いと言いながら下って行った。

     180415IMG_0526.jpg


          エルちゃん、僕らもそろそろ下ろうか。
          180415IMG_9763a.jpg


復路でもミツバツツジが気になってついついカメラを向ける。

180415IMG_0530.jpg


C城ルート分岐から城山へ向かう。

     180415IMG_0538.jpg


大谷分岐から城山山頂までの登り返しが始まる。

     180415IMG_0543.jpg


             180415IMG_0544.jpg


城山山頂の勝尾城主郭跡
180415IMG_0556.jpg


南端にある伝物見岩からは筑紫平野が見渡せるが今日は黄砂の影響で見通しが悪い。

     180415IMG_0549.jpg


180415IMG_0552.jpg


急斜面を下り勝尾トンネルの上を過ぎた先の分岐から13仏の滝へと下る。

          180415IMG_0567.jpg


通常の1.5倍くらいの時間が掛かってしまったが、何とか明るいうちに筑紫神社まで戻ることができた。 

     180415IMG_0571.jpg


今日の目的だったサクラツツジはやっと蕾が膨らみ出したところで、開花までにはもう少し掛りそうだ。

     180415IMG_0493.jpg 


CommentList

九千部山(2018/04/13)

2018/04/13(Fri)


九千部山山頂
180413IMG_0468.jpg


インフルエンザを発症して13日目、相変わらず咳は止まらないがやっと昨日から平熱に戻り倦怠感も
なくなってきた。
久しぶりに山の空気を吸いたくなってエルを連れて九千部山へ出掛けてみた。

180413IMG_0470.jpg


気温は高いが時折爽やかな風が吹いて気持ちの良い天気だ。

180413IMG_0473.jpg



180413IMG_0475.jpg


平日の午後の山頂は静かな時間が流れていて、コーヒーを淹れるためのお湯を沸かすにもアルコール
バーナーがちょうど良い。 

180413IMG_0471.jpg


体調を崩したこの十日余りの間に季節は進んでしまったが、今出合える花を楽しみながら散策してみた。

180413IMG_0479.jpg



180413IMG_0482.jpg



180413IMG_0467.jpg



180413IMG_1431.jpg



           180413IMG_1424.jpg



180413IMG_1409.jpg



180413IMG_1413.jpg



           180413IMG_1466.jpg



180413IMG_1470.jpg



180413IMG_0465.jpg



 180413IMG_1467.jpg



CommentList

双石山(2018/03/25)

2018/03/25(Sun)


双石山遠景
180325IMG_0252.jpg


予定より30分早い6:30に牧水公園を出発して日向IC~清武南IC~双石山ルンゼ登山口駐車場へ。
間もなく当日参加のTUさんが到着。 鹿児島からの参加者(4名)の到着を待って総勢13名で出発。

     180325P1160757.jpg


(本日の行程)
ルンゼ登山口駐車場(9:13)~登山口(9:15)~行者コース起点(9:27)~遭難追悼碑(9:28)~
岩のトンネル(9:48)~尾根の鞍部(10:12-10:20)~岩のトンネル(11:22)~奥の院(11:36-
11:45)~磨崖仏(11:54-11:57)~双石山山頂(12:05-12:58)~山小屋(13:24)~第二展望所
(13:46-13:50)~大岩展望所(14:11-14:16)~天狗岩(14:28-14:33)~空池(14:38)~
象の墓場(14:49-14:55)~弥五郎どんの大岩(15:00)~行者コース起点(15:19)~
ルンゼ登山口(15:29)

     (Route-Map)
     20180325双石山
     (クリックで拡大)


     ルンゼ登山口
     180325P1160758.jpg


谷筋の斜面を登って行くと早速山の名の由来となったボロボロの奇岩が現れる。

     180325P1160759.jpg


登山口から12分ほど上がるとT字分岐に出合う。 ここが行者コースの起点となるが標識などはない。

     180325P1160766.jpg


起点からすぐ、追悼碑のプレートが埋め込まれた岩壁に出合う。

          180325IMG_0138.jpg


     昭和46年6月20日、ここで遭難した宮崎大学山岳会会員二氏の遭難追悼碑
     180325IMG_0137.jpg


幾つもの谷と尾根を越えて岩壁の下部をトラバース気味に進んで行く。
登山道というより獣道のようなルートだ。

             180325P1160770.jpg


頭上には見上げるような岩壁がずっと続いている。

180325IMG_0141.jpg


180325P1160774.jpg


180325IMG_0143.jpg


深い岩の裂け目(岩のトンネル)を抜けて行く。

          180325IMG_0145.jpg



             180325P1160777.jpg



     180325P1160779.jpg

  
     イワタバコの新葉
     180325IMG_0150.jpg


サツマイナモリの大群生
180325IMG_0151.jpg


180325IMG_0154.jpg


幾つ目かの尾根を越えたところから一旦70mほど谷を下り、更にトラバースして行く。

     180325P1160781.jpg



     180325P1160798.jpg


姥ヶ嶽神社からのルートと合流したあと岩のトンネルの中を抜けて急斜面の岩場を登って行く。

          180325IMG_0162.jpg



     180325P1160803.jpg



          180325IMG_0164.jpg


奥の院は大きな岩壁の途中の窟の中にある。

180325IMG_0167.jpg


山頂直下の大岩に彫られた磨崖仏の足元にも小さな祠があった。

     180325IMG_0171.jpg


磨崖仏は二体彫られているようだが、もう一体ははっきりとは確認できなかった。

          180325IMG_0172.jpg


山頂へは磨崖仏の真上を巻いて上がって行くことになるので、Eさんに教えられて右手で祠の上を撫でる
ように三度回してから出発する。

             180325P1160813.jpg


最後のロープ場を過ぎると双石山の山頂へポンと飛び出した。

     180325P1160823.jpg


山頂は多くの登山者で賑わっていたので少し北へ進んだところで昼食休憩を取り、主尾根を北へ向かう。

          180325IMG_0183.jpg



     180325P1160827.jpg



     180325P1160834.jpg


第二展望所からは宮崎市街地や大淀川河口が見渡せる。

180325IMG_0185.jpg


谷コースと尾根コースの分岐からは右手の尾根コースを下って大岩展望所へ。

     180325P1160836.jpg


大岩展望所
180325IMG_0186.jpg


180325IMG_0191.jpg


180325page01.jpg


大岩展望所からハシゴ場を下って時計廻りで天狗岩(針の耳神社)~空池と巡る。

             180325P1160843.jpg



          180325IMG_0202.jpg


          天狗岩
          180325IMG_0203.jpg

天狗岩の足元にある針の耳神社
180325IMG_0205.jpg


          180325IMG_0206.jpg


          空池
          180325IMG_0217.jpg

 
     脊椎動物の化石
     180325IMG_0223.jpg



     180325P1160852.jpg


          象の墓場
          180325IMG_0226.jpg


          180325IMG_0235.jpg


象の墓場から山腹をトラバースしてルンゼ登山口へと向かう途中にあるドクロ岩。

180325IMG_0238.jpg


          弥五郎どんの大岩
          180325IMG_0239.jpg


弥五郎どんの大岩の足元は天狗のトンネルと呼ばれているようだ。

          180325IMG_0242.jpg


          180325IMG_0243.jpg


行者コースの起点に出てここからルンゼ登山口へと下る。

     180325P1160857.jpg


     ルンゼ登山口
     180325P1160859.jpg


行者コースは標識もテープもほとんどなく、踏み跡も弱くて危険な個所も多いので、初めてだと難しいルート
だと感じたが、EさんやSWさんがその魅力に嵌ってしまった奥深さの一端を垣間見たような気がした。
初めての双石山にも拘わらず是非とも歩きたかった行者コースに加え、主要な見どころをほとんど網羅して
案内頂いたEさんを始めご一緒頂いた宮崎、鹿児島の山友さんたちに本当に感謝しかない。

登山口で皆さんとお別れして、清武温泉に立ち寄ってから帰路に付いた。 

180325IMG_0256.jpg



CommentList

近況ご報告(2018/04/06)

2018/04/06(Fri)



冠岳の記事を書いている際にFC2への写真のアップロードが出来なくなるトラブルが発生し、

何とか書き上げはしたものの次の双石山の記事は手付かずのままに先週金曜日から前泊

して高校時代のメモリアル同窓会出席のため自宅を留守にしました。

卒業時に700名いた同期生のうち実に200名もの参加者があり、同窓会は多いに盛り上が

って青春の地で楽しい一日を過ごしたまでは良かったのですが、翌日曜日に帰宅した途端

に39.5度以上の高熱に見舞われ36時間寝たきり状態になってしまいました。 火曜日にな

ってやっとクリニックに行ったらインフルエンザ(香港A型)と診断されました。

これまでただの一度も予防薬を飲むことも罹患することもなかったのですが、人混みに出た

のが良くなかったようです。 特効薬の効力期限の48時間以内にはぎりぎり間に合ったので

すが、その後もなかなか熱が下がらず特に夜中に咳が酷くて良く眠れない状態が続いてい

ます。 食欲もなく体重が3kgも減ってしまいました。

そういう訳で、記事を書く体力も気力も湧かないので新しい記事のアップはもうしばらくお待

ち頂けると幸甚です。



CommentList

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter