higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

平治岳のミヤマキリシマ(2017/06/03)

2017/06/03(Sat)



170603-1IMG_0800.jpg



前日の18時過ぎに国東から男池に移動する。 
駐車場の車はまだ僅かだが、翌朝は道路まで溢れ返ることだろう。
暗くなる前に社外で夕食を摂り、20時過ぎには就寝。

1:20に無人のゲートの料金投入口に200円を入れて平治岳に向けて出発。 

     170603-1P1090527s.jpg


明るくなるまでには時間は十分ある。 汗をかかないようにいつもよりゆっくり歩くが、かくし水で衣服調整。

     170603-1P1090530s.jpg


ソババッケから東尾根を直登し、3:50にまだ誰もいない本峰山頂に上がる。

     170603-1P1090544s.jpg


風はそれほど強くもないが、手持ちの温度計は3℃を指している。

     170603-1P1090545s.jpg


日の出まではまだ1時間以上ある。 30分ほどミヤマキリシマの陰で風を避けて待機していると南峰から
ヘッドライトが移動してくるのが見えた。
やがて山頂に現れたのはボッチさん、大暇さん、テン泊ザックのkuuさん、少し後には櫻木さん、遅れて
ゴリさん。  しばらくの間は山頂は顔見知りばかり。

170603-1IMG_0787.jpg


日の出は平凡でシャッターを切る気にもならない。

170603-1IMG_2586s.jpg


陽が当たる前のミヤマキリシマ。  空にはやや霞みが出ている。

170603-1IMG_0794.jpg


開花具合は6分程度と思うが、枯れた花がほとんどなくていい状態だ。

170603-1IMG_0809.jpg



170603-1IMG_0815.jpg



170603-1IMG_0817.jpg



170603-1IMG_0828.jpg



170603-1IMG_0829.jpg


北大船に回るつもりだったが、まだまだのようなのでパスすることにした。
本峰で会ったいーさんが行くというので報告を待つとしよう。

170603-1IMG_0850.jpg


多くの山友と出会いながら9:15には大戸越へ下る。

           170603-1IMG_0858.jpg



170603-1IMG_0861.jpg


9:45に大戸越を出てぞくぞくと続く大勢の登山者とすれ違いながらソババッケまで下ると、そこから先は
登山者の数もやや少なくなる。
朝は出来なかった生命の木にも挨拶して男池まで戻る。

           170603-1P1090561.jpg


今日は恒例の地域の草刈りでおいちゃんは不在。 午後から仁美さんはさぞかし忙しいことだろう。
おいちゃん家で昼食を摂り仁美さん手作りの冷たいオレンジジェリーとコーヒーを頂いてから、次の目的地
に向けて男池をあとにした。


CommentList

鋸山のあとは中山仙境へ(2017/06/02)

2017/06/02(Fri)


中山仙境
170602-2P1090382.jpg



下坊中の夷耶馬農村公園駐車場に車を止めて、12:30に出発する。
案内には周回で2時間と書いてある。

170602-2IMG_2501.jpg


トイレのある休憩所のなかを抜けて階段を下る。

     170602-2IMG_2502.jpg


川を渡ると尾根に向けて階段混じりの登山道が続いている。

     170602-2P1090387.jpg


10分余りで尾根に上がり左折するとすぐに小野迫登山口への分岐を右に見る。
無明橋まで500mの標識を見て間もなく最初の鎖場を上がると展望が開けて、夷谷を隔てた北側に3月に
歩いた高岩から一望岩の稜線を見ることが出来る。

170602-2P1090405.jpg


さらに痩せ尾根や鎖場を15分ほど歩いて長い鎖場を上がると無明橋が目の前に現れる。

              170602-2P1090415.jpg


     170602-2P1090416.jpg


やや風が強いので帽子を飛ばされないように手に取って渡るmamatias。
果たして無明の境地になれるのか?

     170602-2P1090418.jpg


              170602-2P1090425.jpg



170602-2P1090422.jpg


無明橋から5分、高城山頂が近くに見えてきたが、ここからは一旦鞍部に下りてから登り返す。

170602-2P1090429.jpg


鞍部にあるミニ無明橋を渡る。

     170602-2P1090433.jpg


登り返すと3月に登ったハジカミ山が目の前に見えている。

170602-2P1090436.jpg


高城山頂手前の鎖場を上がる。

              170602-2P1090438.jpg



170602-2IMG_2535.jpg


     高城山頂
     170602-2P1090443.jpg


これから向かう馬の背を見下ろす。

170602-2P1090452.jpg



170602-2P1090455.jpg


この標識から左に折り返すように鎖場を下りて行くのだが、その前にちょっと先の行き止まりまで。

     170602-2P1090460.jpg


行き止まりの先は切れ落ちた断崖。

              170602-2P1090461.jpg


左手の岩陰にも石仏がひっそりと。

     170602-2P1090462.jpg


標識のところから鎖場を下る。

              170602-2P1090465.jpg


急斜面を下ったあとは岸壁を削って付けられた細い道を進む。
足元から右は深い谷、高所恐怖症の人は下を見ないほうがいい。

     170602-2P1090466.jpg


鎖場を過ぎると間もなく隠洞(かくれうと)が見えてくる。 ここまで来ればあとは危険な個所はない。

     170602-2P1090468.jpg

     洞の内部
     170602-2P1090472.jpg


              170602-2IMG_2551.jpg


     170602-2P1090481.jpg


イワタバコが花を付けるのはもう少し先になりそうだ。

     170602-2P1090485.jpg



              170602-2IMG_2562.jpg


下山口に下りて来た。

     170602-2P1090493.jpg


気持ちのいい風に吹かれながら、車道を10分ほど歩いて霊仙寺の向かいの駐車場まで戻ってきた。

     170602-2P1090500.jpg


所要時間は案内通りの2時間ちょうど。

     170602-2P1090502.jpg


夷谷温泉で汗を流し、豊後高田のトキワで食糧を買い込んでからくじゅうへと向かう。

途中、県道658号線沿いの米神山登山口にある佐田京石に立ち寄る。

     170602-2P1090509.jpg

  
     170602-2P1090513.jpg

     平成3年に近くの田んぼから発見された石柱群(平成の京石)
     170602-2IMG_2572.jpg

     ストーンヘッジ(環状列石)佐田京石
     170602-2P1090517.jpg

     サークルの中央にある石柱
     170602-2P1090516.jpg


明日は平治岳に朝駆けすることにして、男池の駐車場で車中泊する。


CommentList

鋸山(田原山)へ(2017/06/02)

2017/06/02(Fri)


イワギリソウ
170602-1IMG_0781.jpg



今週末はmamatiasがたまたま2日(金)は仕事が休みで三連休だったので、娘にエルを頼んで車中泊で
山へ出掛けることにした。
行先をいろいろと思案した結果くじゅうのミヤマキリシマには少し早いようだし、イワギリソウの開花情報も
あるので、取りあえず初日は国東の鋸山とmamatiasが未踏の中山仙境へ行くことにしていた。

そこへ前日の午前中に信ちゃんから連絡があり、「鋸山へ~」とのことだったのでご一緒することに。
(やはり、皆さん考えることは同じようだ。)  
夕方には、(土曜日かと思っていた)じなしさんも同行するとの連絡をもらう。

妙善坊の駐車場を8時過ぎに出発。

     170602-1P1090319.jpg


     ?
     170602-1P1090320.jpg


     ヤブムラサキ
     170602-1P1090321.jpg


今年の野イチゴは粒が大きく数も多いようだ。

     170602-1P1090326.jpg


     スイカズラ
     170602-1P1090324.jpg


雫石の手前で振り返ると大村(おおむれ)山。(左のなだらかな山)
戦国時代、大友氏と大内氏が戦った勢場ヶ原の合戦で大友氏家臣吉弘氏直が本陣を構えた場所と
じなしさんにお聞きした。

     170602-1P1090329.jpg


南尾根の基部まで急斜面を登り上がると大観峰が見える。

170602-1P1090333.jpg


大観峰から南尾根を望む
170602-1P1090339.jpg


大観峰から八方岳(鋸山の山頂)を見る。

170602-1P1090344.jpg


八方岳への岸壁を登るじなしさんとmamatias。

              170602-1P1090351.jpg


     八方岳山頂
     170602-1P1090345.jpg


ところどころにヤマツツジが咲いている。

     170602-1IMG_2371.jpg


岩肌にびっしりとマメヅタランが付いているが、雨がないためか花に元気がなかった。

     170602-1IMG_2428.jpg



     170602-1P1090369.jpg


見返り岩から滑りやすい急斜面を下る。

              170602-1P1090372.jpg


今年は大方の花の開花が遅いなかでイワギリソウは昨年よりも10日ほども早かった。
良いタイミングで見れたのかも知れないが、水分不足で元気のない株が多かった。
花にとっては晴天が続くのも良し悪しだ。

170602-1IMG_0758.jpg



           170602-1IMG_0753.jpg



170602-1IMG_2449.jpg



           170602-1IMG_0773.jpg


     お揃いの登山靴
     170602-1P1090375.jpg 


駐車場に戻り、午後から用事があるじなしさんとお別れ。
信ちゃん&俊ちゃんと今後の予定など話しながら早い昼食を摂り、風の郷の向かいの店で破竹を買って
から花散策に向かうお二人とお別れして中山仙境に向かう。


今日も黒髪山へ(2017/05/28)

2017/05/28(Sun)



170528IMG_2363.jpg


今日もクロカミラン、マメヅタランを見に黒髪山へ出掛けた。

     コナスビ
     170528IMG_0672.jpg


              ハナミョウガ
              170528IMG_2233.jpg


     乳待坊登山口
     170528P1090249.jpg


クロカミランは金曜日には十数株咲いていたのだが、土曜日の朝までに盗掘されたようで僅か数株しか
確認出来ず、花や蕾が多く付いた株はすべて無くなってしまっていた。
山の中に防犯カメラもどうかとは思うが、何か手を打たないと貴重な花の被害はあとを絶たない。

170528IMG_2240.jpg


170528IMG_0681.jpg


170528IMG_0698.jpg


言いようのない怒りを何とか飲み込んで、今日も岩壁を上がる。

           170528P1090261.jpg


上から見ると高度感がある。

170528P1090262.jpg


気温が高く、風がないので暑い。

170528P1090268.jpg



170528P1090275.jpg


岸壁の上端が見えてきた。

           170528P1090273.jpg


     ベニドウダン
     170528IMG_2359.jpg


最後に天童岩を北側から直登。

           170528P1090280.jpg


マメヅタランを今日は重たいマクロで撮ってみたが、小さくてなかなかピントが合わない。

           170528IMG_2298.jpg


170528IMG_2282.jpg


170528IMG_0727.jpg


170528IMG_0720.jpg


復路は滑り易い尾根を下る。

     170528P1090291.jpg


     170528P1090297.jpg


展望所の東屋の日陰で昼食を摂り、黒髪の森温泉「天童の湯」で汗を流して帰路に付く。


CommentList

高千穂峰のミヤマキリシマ(2017/05/27)

2017/05/27(Sat)



170527IMG_0625.jpg



ミヤマキリシマが咲く時期の霧島に行ったことがないmamatiasの希望で3年ぶりに出掛けることにした。
前日の夕方になって、sanpoさん、ryo君、yumiさんも同行することになった。

今回は鹿ヶ原のミヤマキリシマを見て、ヤマツツジが咲く矢岳まで足を延ばすつもりだったが、諸事情で出
発が遅くなったし、あとの予定もあるので計画を変更して高千穂峰の背門丘(せとを)まで行くことにする。

高千穂河原に着いたのは9時半過ぎ。  駐車場はすでに満車で10台ほどが料金所で列をなしていたが、
しばらく待ってどうにか駐車することが出来た。
早々に準備を済ませ10:00に出発。

170527IMG_1840.jpg


     170527IMG_1850.jpg


今年のミヤマはまだら感が強いように思う。

170527IMG_0583.jpg


蕾もまだ見られるのでやはり花期が少し遅いのかな?

           170527IMG_0585.jpg


           170527IMG_0589.jpg


昨日警戒レベルが「1」に引き下げられた新燃岳だが、立ち入れるようになるのは何時のことだろう。

170527IMG_0597.jpg


行く予定だった矢岳と竜王山。 また秋にでも行ってみよう。
今頃まっちゃんたちが大幡山の登山道の整備に汗を流している頃だろう。 頭が下がります!

170527IMG_0598.jpg 


北斜面も寂しい。

170527IMG_0600.jpg


鹿ヶ原はピーク過ぎかな。  場所によって時期が揃わないので難しいが、これが自然だから仕方がない。

170527IMG_1891.jpg


           マイヅルソウ
           170527IMG_1896.jpg


馬の背の溶岩の壁にもピンクはほとんど見られない。

170527IMG_0602.jpg


170527IMG_1905.jpg


背門丘周辺もこんな状態でやはり早かった。 上の方は来週末頃が見頃かな。

170527IMG_1928.jpg


体調不良?のryo君を気遣いここから引き返すつもりだったが、体調も回復したようだし、sanpoさん、ryo
君が未踏というので山頂まで行くことにする。

     170527IMG_1930.jpg


     170527P1090178.jpg


二子石を眺めながらsanpoさんから頂いた冷たいアミノバイタルゼリーでエネルギー補給をしてから下山。

170527IMG_0612.jpg


上り、下りの多くの登山者を避けながら背門丘まで駆け下りたあとはのんびりと景色を楽しみながら下る。
ペンギン岩(勝手に呼んでいる)には真ん丸の瞳が書かれていた。

              170527P1090185.jpg


上り2時間、下り1時間の高千穂峰登山を終え、鹿ヶ原へ向かう途中の木陰で昼食休憩。
sanpoさんに頂いたアイスコーヒーがとても美味かった。

     170527P1090189.jpg


鹿ヶ原までは多くの人で賑わっている。

     170527IMG_1958.jpg


170527P1090191.jpg


170527IMG_0614.jpg


枯れた株も多かったが、状態のいいものやまだ蕾の付いた株もあった。

170527P1090193.jpg


170527IMG_0624.jpg


鹿ヶ原とY分岐の中間地点まで足を延ばして森林浴を楽しんでから引き返す。
駐車場に戻り空身で散策コースへセッコクの花を見に行く。

170527IMG_0637.jpg


170527IMG_0647.jpg


170527IMG_0652.jpg


大量のセッコクを見れただけでも遠く霧島まで来た甲斐があったというもの。

ノカイドウを見に立ち寄ったがすでに終わった後だった。 
おまけに今年は花の付きが悪かったらしい。

白鳥温泉下湯で汗を流して帰路に付く。

みなさん、お疲れ様でした。 


CommentList

黒髪山(2017/05/26)

2017/05/26(Fri)


黒髪山(天童岩:左端 雌岩:中央 雄岩:右)
170526IMG_0533.jpg



25日の夜、「膝、腰の具合は如何ですか~?」と信ちゃんからの電話。 お気遣いありがとうございます。
明日つーさんと黒髪山にクロカミランの様子を見に行くというので同行させて頂く。

乳待坊展望所から出発して、バリエーションルートを楽しむ。

雌岩はいつも手前の岩場までで引き返すしかなかったが、今日はつーさんの案内で天辺に立つ。
両側は切り立った断崖絶壁で落ちれば命はない。  良い子は決して真似しないように!

           170526P1090082.jpg


170526P1090084b.jpg

とても先端までは行けない。

雌岩の手前の岩場は天辺側から見ると低く見える。

           170526P1090090.jpg


雌岩の手前の岩場へ移動し、ここで昼食を摂ってから天童岩へ。
長い岩壁を三点確保で攀じ登って天童岩を目指す。

           170526P1090100.jpg


途中で青螺山や雄岩、雌岩を振り返る。 カラっと空気が乾いていて風が吹くと気持ちがいい。

170526P1090107.jpg


天童岩には地元の中学生が先生に引率されて登って来ていて賑やかだった。

           170526P1090136.jpg


復路も尾根を迂回して下山する。

           170526P1090151.jpg


170526P1090152.jpg


クロカミランは見頃を迎えていた。

170526IMG_0575.jpg


           170526IMG_0570.jpg


170526IMG_0562.jpg


クロカミシライトソウも何とか見ることが出来た。

170526P1090025.jpg


170526P1090043.jpg


マメヅタランも沢山花を付けていた。  

170526P1090122.jpg


170526P1090124.jpg


チョウセンニワフジも辛うじて。

170526page01.jpg


信ちゃん&俊ちゃん、つーさん、ありがとうございました。
信ちゃん、次は運転しますからね!


CommentList

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter