higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

英彦山窟巡りと三椏の群生(2017/04/02)

2017/04/02(Sun)


三椏の群生
170402P1060857.jpg


「つーさんとお近付きに・・・」とのポンちゃんからのリクエストで企画された今回の英彦山だが、昨夜から降
り出した雨が朝には止んだものの終日弱い雨雲が掛かっていて微妙な天気。
途中で追い付いたポンちゃんの車に追い立てながら別所に着くとガック隊長と風来坊さんはすでに待機中。
まもなく信ちゃん&俊ちゃん、つーさんも到着。 M師匠の到着を待って、つーさん、M師匠と初対面の3人
の顔合わせを済ませて9時に別所を出発する。

(本日の行程)
別所駐車場(9:00)~大河辺窟(9:48)~三椏群生地~玉屋神社(10:51-11:03)~大南神社
(11:58-12:25)~無名窟~観音窟~双戸窟~別所駐車場(14:46)

エルの匂いがするからか、人懐っこいイセ君がクンクンしてくる。

     170402P1060819.jpg


九大生物研究所の前から登山道へ。
間伐材が散乱する植林帯にこしょうの木が花を付けていた。

     170402page01.jpg


途中から雨が降ったり陽が射したり、雷が鳴ったりと天気がめまぐるしく変わる。
智室川に出て大河辺窟へ立寄る。

     170402P1060826.jpg


窟は広過ぎて写真に納まらない。

     170402P1060829.jpg


     170402P1060831.jpg


智室川を渡渉する。

     170402P1060836.jpg


植林帯のなかに続く古道を進むとちょうど見頃の三椏の大群生が忽然と現れる。 

170402P1060844.jpg


     170402P1060848.jpg


     170402P1060859.jpg


辺りは修験者の坊の跡が色濃く残っていて、三椏もその名残りのひとつ。

     170402P1060852.jpg


     170402P1060855.jpg


坊跡に沿って玉屋谷を上がって行く。

              170402P1060863.jpg


     170402P1060865.jpg


広々とした泉蔵坊跡。 心字池の跡も残っている。

     170402P1060875.jpg

              弘法大師像
              170402P1060870.jpg

     釈迦像と烏天狗と鶏
     170402P1060871.jpg


              170402P1060879.jpg


降り出した霰が雹に変わるなか般若窟(玉屋神社)に向かう。

     170402P1060882h.jpg


              170402P4023032.jpg

              玉屋神社
              170402P1060906.jpg

     
     170402P4023036.jpg



170402page02.jpg


鬼杉の手前から大南神社へ。

     大南神社手前の窟
     170402P1060924.jpg


     170402P1060925.jpg

雹が積もって滑り易い岩場を慎重に通過。 

              170402P1060927.jpg

雹は雪に変わってきた。

     170402P1060928.jpg


昼どきになったので大南神社で雪を避けて昼食を摂る。

     170402P1060929.jpg


山頂はパスして窟巡りを続行する。 

     無名窟
     170402P1060935.jpg


     観音窟
     170402P1060946.jpg



              170402P1060951v.jpg


     途中の坊跡に残る梵字岩(ズームアップ)
     170402P1060952.jpg


     展望露岩
     170402P1060968.jpg


     ゲンカイツツジ
     170402P1060959.jpg


     170402P1060963.jpg


              170402P1060971.jpg


最後に双戸窟に立寄って九大生物研究所前に戻る。

     170402P1060977.jpg


今日は雨、時々晴れ、雷、霰、雹、雪と空から降ってくるものがテンコ盛りの天候となったが、未訪の窟や
三椏の大群生を見ることが出来て楽しい一日だった。  案内してくれたつーさんに感謝!

ミスミソウは雹に打たれながらもまだ咲いていてくれた。

170402P1060992.jpg


CommentList

キバナノアマナとタチネコノメソウ(2017/04/01)

2017/04/01(Sat)


キバナノアマナ
170401IMG_8174.jpg


mamatiasが新調した登山靴の慣らし履きを兼ねて今日も水無谷へ。
目当てはキバナノアマナとタチネコノメソウ。

     170401IMG_7888.jpg


10時半に新村から取り付き谷を詰めて行く。

     170401IMG_7893s.jpg


ツクシショウジョウバカマはかなり開花が進んでいる。

           170401IMG_7920.jpg


170401IMG_7228.jpg


コガネネコノメソウ
170401IMG_7274.jpg


ヤマエンゴサクはまだほとんど咲いていない。

           170401IMG_8012.jpg


水無谷を日本庭園まで往復する。

           170401IMG_8026.jpg


今日の目当てのひとつだったタチネコノメソウは花が開き始めたところだったが、シロバナネコノメは目に
付かなかった。

170401IMG_7262.jpg


170401IMG_8028.jpg


170401IMG_8034.jpg


天気は良いのだが日陰に入ると寒いので日当りの良い場所で遅い昼食を摂る。

           170401IMG_8091.jpg 


170401IMG_8053.jpg


           ホソバナコバイモ
           170401IMG_8058.jpg


コチャルメルソウ
170401IMG_7287.jpg


           170401IMG_8110.jpg


ニリンソウの開花はまだ十数輪。

170401IMG_8092.jpg


昨年は4月3日に綺麗な個体が見れたトウゴクサバノオはまだ花芽も確認出来ない。

170401IMG_7292.jpg



           170401IMG_7302.jpg


           170401IMG_8122.jpg

 
一週間前はまだ蕾だったキバナノアマナは午後の陽を浴びて開いてくれた。

170401IMG_0015a.jpg


           170401IMG_8166.jpg


170401IMG_8151.jpg


のんびりし過ぎて新村に戻ったのは17時だった。

里山に咲く大輪のヤエツバキ
170401IMG_7332.jpg


(追記)
水無登山口に新築されていた水洗トイレは一週間前はまだバリケードが置かれていたが、今日は使える
ようになっていた。 長年設置されていた仮設トイレも撤去されている。
訪れる人は自宅のトイレと思ってきれいに使って欲しいものだ。

     170401P1060796.jpg


CommentList

脊振山系で春の花巡り(2017/03/26)

2017/03/26(Sun)


ニリンソウ
170326IMG_7204.jpg



体調がいまいちだし天気は午後から下り坂の予報だったので、今日はのんびりと花散策。
偶然に目的が同じだったkuuさんと一緒に出掛けた。
車谷のあと水無谷へ向かうつもりだったが、天気を見て先に水無谷へ。

     170326IMG_7522.jpg


里山に咲くミヤマハコベ
170326P1060741.jpg


イワボタンもコガネネコノメソウもまだ小さく、シロバナネコノメソウやヤマネコノメソウは見付けることが
出来なかった。

イワボタン
170326IMG_7602.jpg


コガネネコノメソウ
170326IMG_7209.jpg


170326IMG_7183.jpg


170326IMG_7646.jpg


           コチャルメルソウ
           170326IMG_7178.jpg


ユリワサビ
170326IMG_7189.jpg


170326IMG_7599.jpg


170326IMG_7621.jpg


昼から曇って時折雨もパラつくなかで花を楽しみながらうろうろと。
ホソバナコバイモが花盛り。

           170326P1060697v2.jpg


170326IMG_7694.jpg


170326P1060708.jpg


           170326IMG_7687.jpg


ヤマルリソウ
170326P1060720.jpg


           170326IMG_7207.jpg


170326IMG_7730.jpg


ニリンソウの開花は2、3輪。 見頃はまだまだ先だ。

170326IMG_7201.jpg


170326IMG_7712.jpg


170326IMG_7716.jpg


ツクシショウジョウバカマも咲き始め。

170326IMG_7536.jpg


           170326IMG_7164.jpg


170326IMG_7168a.jpg


170326IMG_7585.jpg


170326IMG_7542.jpg


キバナノアマナの開花も今年は遅く、あと一週間は先かな。

170326IMG_7655.jpg


トウゴクサバノオもまだ咲いてなかった。

天気も何とか持ちそうだったので帰路車谷のホソバナコバイモを見に立寄る。

170326IMG_7768.jpg



170326IMG_7770.jpg



170326IMG_7221.jpg


170326P1060764.jpg


           170326P1060754.jpg

最後に弱い残照のなかでの一枚。

170326IMG_7226a.jpg

CommentList

大佐野山~牛頸山周回(2017/03/19)

2017/03/19(Sun)


大いに盛り上がった懇親会の翌日は近くの大佐野山~牛頸山を周回縦走する。
予定があるいーさんとは昨夜のうちに、信ちゃん&俊ちゃん、風来坊さんとはチェックアウト後にお別れ。

牛頸ダムサイトの大佐野山登山口から出発する。

     170319P1060517.jpg


(本日の行程)
大佐野山登山口(9:12)~寺の横分岐(10:02)~大佐野山(10:14-10:18)~黒金山(11:02)~
沢コース出合(11:17-11:43)~三市町山(11:54)~牛頸山(12:11-12:30)~牛頸山登山口
(13:06)~大佐野山登山口(13:46)

(Route-Map)                (標高グラフ)
20170319大佐野山~牛頸山  20170319大佐野山~牛頸山G
(クリックで拡大)

出発して5分で支尾根に上がるとあとは大佐野山まで快適な尾根歩きが続く。

     170319P1060518.jpg


     170319IMG_7406.jpg


光妙教会との敷地境界には有刺鉄線が張られている。

              170319IMG_7407.jpg


              170319IMG_7414.jpg


急坂を少し登り上がったところにある「大佐野山の踊りタコ」? ここで衣服調整のため小休止。

     170319IMG_7419.jpg


水辺公園そばにある法照寺裏に下る分岐を過ぎると大佐野山まではあと10分少々。

     170319P1060525.jpg


天拝山~牛頸山の縦走路と出合ったところが四等三角点のある333mピークの大佐野山。

     170319P1060527.jpg


ここから右折して牛頸山まで縦走する。 
途中で縦走路を外れ少し藪を漕いで396.1mの四等三角点に立寄る。

     170319P1060537.jpg


     170319P1060544.jpg


黒金山の先で我々とガック隊長は尾根コース、あとの3人は沢コースに分かれる。

     170319P1060542.jpg


higetiasのミスでちょっとしたアクシデントがあり、ここで沢コース組をしばらく待つことになる。

     170319P1060546.jpg


ポンちゃんの機転で無事合流。

     170319P1060548.jpg


     三市町山
     170319P1060551.jpg


桜の苗木の植樹地を通過。

     170319P1060553.jpg


     三等三角点のある牛頸山山頂(447.9m)
     170319P1060560.jpg


     170319P1060557.jpg


ここで簡単に昼食を摂る。
山頂には先客が3人休憩中だったが、休憩中にそれぞれ出発して行った。

     170319P1060562.jpg


山頂をあとにしてキャンプ場へと下る。

     170319P1060567.jpg


牛頸林道をショートカットして登山口へと下りて来た。

     170319IMG_7469.jpg


昨日からお世話になった「大野城いこいの森キャンプ場」の前を通り水辺公園へと下って行く。

     170319P1060577.jpg


              170319IMG_7471.jpg


     道端の花を撮るおじさん(ポンちゃん)
     170319P1060581.jpg


桜が満開になるのはまだ2週間は先かな?

     170319P1060582.jpg


午後から予定があるけいこたん&じゅんパパさんとは車をデポしていた水辺公園でお別れ。

     170319P1060583.jpg


残り4人となって水辺の遊歩道を駐車場まで戻る。

     170319P1060584.jpg


     170319IMG_7491.jpg 


春の陽射しとひんやりとした風が心地良い4時間半の山歩きだった。


(本日見掛けた山野草)

     シュンラン
     170319IMG_7427.jpg

サイハイラン                           キッコウハグマ
170319IMG_7432.jpg 170319IMG_7436.jpg

     ミヤマウズラ
     170319IMG_7454.jpg

     コクラン
     170319IMG_7461.jpg

 
その他
    
     170319IMG_7465.jpg

              
              170319IMG_7488.jpg

     
     170319IMG_7477.jpg


              170319IMG_7482.jpg


CommentList

ゲンカイツツジとミスミソウ(2017/03/18)

2017/03/18(Sat)


ゲンカイツツジ
170318IMG_7303.jpg



三連休の初日は夕方から大野城「いこいの森キャンプ場で峰入り古道歩きの打ち上げ会を予定していた
ので、その前に参加出来るメンバーとゲンカイツツジを見に岩屋神社に出掛けた。
参加したのは信ちゃん&俊ちゃん、けいこたん&じゅんパパさん、ガック隊長とhigetias&mamatias。

通常なら彼岸の頃には満開になるのだが、今年は開花が遅くほとんどが蕾のままだった。

170318IMG_7093.jpg


170318IMG_7211.jpg


奪衣婆そばのゲンカイツツジは全く咲いていなかった。

     奪衣婆(左)と閻魔大王
     170318P1060432.jpg


           170318IMG_7223.jpg


岩屋神社は4月8、9日の岩屋まつりを前に今月末まで茅杉皮重ね葺き屋根の葺き替え工事中。
鳥居から先は入れないため順路を変えて奇岩巡り。

     170318IMG_7228.jpg



170318P1060439.jpg


170318P1060440.jpg


シュンランも開花前。

     170318IMG_7241.jpg


     熊野神社
     170318P1060445.jpg


     鴬窟(源信法師帰幽之地)
     170318IMG_7262.jpg


奥の院の石仏
170318IMG_7268.jpg



           170318IMG_7271.jpg


大日社のそばのゲンカイツツジもまだ固い蕾の状態だった。

     170318P1060468.jpg


時間に余裕があったのでミスミソウを見に行くことに。

170318IMG_7377.jpg


170318IMG_7108.jpg


           170318IMG_7115.jpg


           170318IMG_7135.jpg


170318IMG_7145.jpg


夕方にはいーさん、風来坊さん、ポンちゃんも揃い、夜遅くまで楽しい懇親会が続いた。

     170318P1060488.jpg


CommentList

春の陽気に花散策(2017/03/11)

2017/03/11(Sat)


マンサク咲く
170311P1060227.jpg


週末は晴れて気温も上がる予報。
今日は坊ガツルで野焼きが予定されているので多くのくじゅう好きの山友が出掛けているようだが、我が家
は昨夜になってくじゅうに花散策に行くことにした。

まずは一年振りの赤川のマンサク。
赤川コースは昨年の熊本地震で登山道の上部が崩壊したため途中から通行禁止になっている。

     170311IMG_6979a.jpg


崩壊箇所は標高1560m付近。

170311P1060290.jpg



           170311IMG_6980.jpg


道に折れた氷柱が落ちていた。  見上げても氷柱が下るようなところではなかったが?

170311IMG_6982.jpg


潤島川上流
170311IMG_3166.jpg


           170311IMG_3169.jpg


今日はエルも一緒
170311IMG_7018.jpg


当り年だった昨年の同じ時期に比べたら花を付けている木が少なく寂しい。  今年のマンサクは裏年か?

           170311IMG_3186.jpg


170311IMG_7051.jpg


170311P1060223.jpg


170311IMG_3189.jpg


通行止め箇所から引き返してきた登山者に聞いて様子を見に行ってみる。

170311IMG_7066.jpg


林道と交差する二つ目から通行止めになっていた。 
崩壊箇所より随分と下だが、一本道なのでどこで止めても同じと考えると中途半端な気がする。

     170311P1060234a.jpg


赤川をあとにして花散策へ。
 
福寿草
170311IMG_3225.jpg


170311IMG_7191.jpg


アズマイチゲも随分と少なくなっていた。

        170311IMG_7121.jpg


170311P1060295.jpg


昼過ぎになってユキワリイチゲは閉じているものが多かった。 もう少し早く来れば良かったなぁ。

        170311IMG_3230.jpg


170311IMG_3239.jpg


        170311IMG_7143.jpg


3月から今年の営業を開始したおいちゃん家に閉店間際に挨拶に寄る。
野焼き撮影に行った山友たちも大勢挨拶に訪れていたようで、HEROさん、オアシスさんとも久しぶりに
お会い出来た。 
男池も花の時季を迎えこれから賑やかになりそうだ。

     「力さん&仁美さん、今年もお世話になります!」
     170311P1060317.jpg


CommentList

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter