higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

渡神岳(2012/03/20)

2012/03/20(Tue)



18日(日)に天気とにらめっこしながら登る山に悩んで、候補のひとつに考えていた津江の渡神岳に行って
きました。 

IMG_1240s.jpg 



椿ケ鼻ハイランドパークに7:40頃到着しました。 気温は2℃、風はありませんが曇っていて、最近の暖かさに
馴染んだ身体には少し寒く感じられます。
ハイランドパークのシンボルの二基の風車のそばの広い駐車場の奥に登山口があります。

IMG_1164s.jpg 


すぐにヒラキ坊主と呼ばれるピークを超えて行く旧ルートを左に分けますが、旧ルートは帰りに歩くことにして
ここは直進します。

IMGP0187s.jpg 


南方向の山あいには眼下に雲が見えています。

IMGP0190s.jpg 


旧ルートとの合流点。 帰りはここから右手に登る予定です。

IMGP0192s.jpg 


やがて右前方に目指す渡神岳が見えてきました。

IMGP0195s.jpg 


ここまで緩やかなアップダウンを何度か繰り返し、地蔵様峠と呼ばれる林道まで20mほど下ります。

IMG_1185s.jpg 


地蔵様峠
IMGP0204s.jpg 


IMGP0200s.jpg 


林道を横切って進みます。 しばらくは登山道とは思えない広い道です。

IMGP0205s.jpg 


959mピークを超えてなだらかに下って行くと再び林道(915m)に出ます。 ここは登山口よりも15mも
標高が低いんです(苦笑)。 林道を斜めに横切るようにして右手の斜面に取り付きます。

IMGP0206s.jpg 


緩やかに955mピークまで上ったところで身体も温まってきたので、ウィンドブレーカーを脱ぎました。
再びアップダウンを繰り返して、ロープの架けられた小さな沢を渉りますが、肝心なところでロープが足場から
離れていて役に立っていません(苦笑)。 

IMGP0221s.jpg 


ここから先は足場の悪い急斜面をトラバースしながら上り、シオジ林の谷へ下りて行きます。

IMGP0224s.jpg 


シオジ林の谷(標高925m)
IMGP0227s.jpg 


シオジ林
IMGP0230s.jpg


いい雰囲気で癒されます。

しかし、ここからが今日の本番。 ここから山頂まで一気に225mの登りが待っています。
「ぼちぼち がんばれ中高年」と標識が励ましてくれてます(苦笑)。

IMGP0268s.jpg 


IMGP0232s.jpg 


小石でザレた斜面を登って、右手の小ピーク(1012m)との鞍部で左に向きを変えると、さらに傾斜は
きつくなってきました。

IMGP0235s.jpg 


鞍部から50mほど登るとツゲの群生地で一旦傾斜が緩んでほっと一息。 シャクナゲも点在しています。

IMGP0241s.jpg 


最後の急斜面を上ります。

         IMG_1233s.jpg


登山口から1時間40分、9:54に山頂に着きました。

IMGP0242s.jpg 


途中もそうでしたが山頂も北西方向は樹木に遮られて、釈迦岳・御前岳は眺めることができません。

気温は少し上がっていますが、相変わらず曇っていてじっとしていると直ぐに寒くなります。

IMGP0248s.jpg 


手早く軽食を摂って下山しました。

IMGP0251s.jpg 


来た道をピストンで戻り、ヒラキ坊主への分岐まで来ました。 ここからヒラキ坊主までひと登りします。

IMG_1260s.jpg 


やや荒れた道です。

IMGP0299s.jpg 


ピークの手前に旧ルートの分岐がありますが、ピークまで直進します。

ヒラキ坊主
IMGP0306s.jpg 


山頂は半藪状態で全く展望はありません。 あまり立ち寄る人もいないようです。

分岐から旧ルートを歩きますが、テープも踏み跡もほとんどなく判りづらいルートです。
 
IMGP0300s.jpg


大北向というこの地域の地名にもなっているもうひとつのピーク(999.7m)を通って朝の登山道まで下り、
12:02無事登山口に戻って来ました。

IMGP0314s.jpg 


今日は戻りの955mピーク付近で一組のご夫婦とすれ違っただけでした。 山口県から来られたようでした。

まだ時間にも余裕があるので、これから御前岳の北西にあるカラ迫岳(1006m)に登ることにします。



カラ迫岳に続きます。



Comment

悟空さんへ 

こんばんは。
お礼を言われて恐縮です^^
シャクナゲは山頂手前のツゲ林で見かけましたが、それほど多くはないです。
背振山系の方が多いと思います。 でもとてもいい山ですよ!
釈迦岳への縦走は一旦椿ケ鼻を経由するので、悟空さんが先日歩かれた
ルートになりますよ。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2012.03/22 21:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは^^
前回行ったときここの登山口どこの山へ行くんやろ~って言ってた場所から
higetiasさんが登って下さいました*^^*ありがとうございます^^
しゃくなげは少しでしたか?
釈迦ヶ岳への縦走も出来ますか?
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2012.03/22 21:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter