higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

双石山(2018/03/25)

2018/03/25(Sun)


双石山遠景
180325IMG_0252.jpg


予定より30分早い6:30に牧水公園を出発して日向IC~清武南IC~双石山ルンゼ登山口駐車場へ。
間もなく当日参加のTUさんが到着。 鹿児島からの参加者(4名)の到着を待って総勢13名で出発。

     180325P1160757.jpg


(本日の行程)
ルンゼ登山口駐車場(9:13)~登山口(9:15)~行者コース起点(9:27)~遭難追悼碑(9:28)~
岩のトンネル(9:48)~尾根の鞍部(10:12-10:20)~岩のトンネル(11:22)~奥の院(11:36-
11:45)~磨崖仏(11:54-11:57)~双石山山頂(12:05-12:58)~山小屋(13:24)~第二展望所
(13:46-13:50)~大岩展望所(14:11-14:16)~天狗岩(14:28-14:33)~空池(14:38)~
象の墓場(14:49-14:55)~弥五郎どんの大岩(15:00)~行者コース起点(15:19)~
ルンゼ登山口(15:29)

     (Route-Map)
     20180325双石山
     (クリックで拡大)


     ルンゼ登山口
     180325P1160758.jpg


谷筋の斜面を登って行くと早速山の名の由来となったボロボロの奇岩が現れる。

     180325P1160759.jpg


登山口から12分ほど上がるとT字分岐に出合う。 ここが行者コースの起点となるが標識などはない。

     180325P1160766.jpg


起点からすぐ、追悼碑のプレートが埋め込まれた岩壁に出合う。

          180325IMG_0138.jpg


     昭和46年6月20日、ここで遭難した宮崎大学山岳会会員二氏の遭難追悼碑
     180325IMG_0137.jpg


幾つもの谷と尾根を越えて岩壁の下部をトラバース気味に進んで行く。
登山道というより獣道のようなルートだ。

             180325P1160770.jpg


頭上には見上げるような岩壁がずっと続いている。

180325IMG_0141.jpg


180325P1160774.jpg


180325IMG_0143.jpg


深い岩の裂け目(岩のトンネル)を抜けて行く。

          180325IMG_0145.jpg



             180325P1160777.jpg



     180325P1160779.jpg

  
     イワタバコの新葉
     180325IMG_0150.jpg


サツマイナモリの大群生
180325IMG_0151.jpg


180325IMG_0154.jpg


幾つ目かの尾根を越えたところから一旦70mほど谷を下り、更にトラバースして行く。

     180325P1160781.jpg



     180325P1160798.jpg


姥ヶ嶽神社からのルートと合流したあと岩のトンネルの中を抜けて急斜面の岩場を登って行く。

          180325IMG_0162.jpg



     180325P1160803.jpg



          180325IMG_0164.jpg


奥の院は大きな岩壁の途中の窟の中にある。

180325IMG_0167.jpg


山頂直下の大岩に彫られた磨崖仏の足元にも小さな祠があった。

     180325IMG_0171.jpg


磨崖仏は二体彫られているようだが、もう一体ははっきりとは確認できなかった。

          180325IMG_0172.jpg


山頂へは磨崖仏の真上を巻いて上がって行くことになるので、Eさんに教えられて右手で祠の上を撫でる
ように三度回してから出発する。

             180325P1160813.jpg


最後のロープ場を過ぎると双石山の山頂へポンと飛び出した。

     180325P1160823.jpg


山頂は多くの登山者で賑わっていたので少し北へ進んだところで昼食休憩を取り、主尾根を北へ向かう。

          180325IMG_0183.jpg



     180325P1160827.jpg



     180325P1160834.jpg


第二展望所からは宮崎市街地や大淀川河口が見渡せる。

180325IMG_0185.jpg


谷コースと尾根コースの分岐からは右手の尾根コースを下って大岩展望所へ。

     180325P1160836.jpg


大岩展望所
180325IMG_0186.jpg


180325IMG_0191.jpg


180325page01.jpg


大岩展望所からハシゴ場を下って時計廻りで天狗岩(針の耳神社)~空池と巡る。

             180325P1160843.jpg



          180325IMG_0202.jpg


          天狗岩
          180325IMG_0203.jpg

天狗岩の足元にある針の耳神社
180325IMG_0205.jpg


          180325IMG_0206.jpg


          空池
          180325IMG_0217.jpg

 
     脊椎動物の化石
     180325IMG_0223.jpg



     180325P1160852.jpg


          象の墓場
          180325IMG_0226.jpg


          180325IMG_0235.jpg


象の墓場から山腹をトラバースしてルンゼ登山口へと向かう途中にあるドクロ岩。

180325IMG_0238.jpg


          弥五郎どんの大岩
          180325IMG_0239.jpg


弥五郎どんの大岩の足元は天狗のトンネルと呼ばれているようだ。

          180325IMG_0242.jpg


          180325IMG_0243.jpg


行者コースの起点に出てここからルンゼ登山口へと下る。

     180325P1160857.jpg


     ルンゼ登山口
     180325P1160859.jpg


行者コースは標識もテープもほとんどなく、踏み跡も弱くて危険な個所も多いので、初めてだと難しいルート
だと感じたが、EさんやSWさんがその魅力に嵌ってしまった奥深さの一端を垣間見たような気がした。
初めての双石山にも拘わらず是非とも歩きたかった行者コースに加え、主要な見どころをほとんど網羅して
案内頂いたEさんを始めご一緒頂いた宮崎、鹿児島の山友さんたちに本当に感謝しかない。

登山口で皆さんとお別れして、清武温泉に立ち寄ってから帰路に付いた。 

180325IMG_0256.jpg



Comment

のんびり夫婦さんへ 

のんびり夫婦さん、こんにちは。
熱はようやく下がりましたが、まだ咳が止まらず難儀してます。
宮崎は遠いのでなかなか行けませんが、双石山は魅力的な良い山でした!
残念ながらmamatiasはふくらはぎの筋膜炎が悪化してエルと留守番でしたので、
次の機会まで持越しです^^;
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2018.04/14 10:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

もうよく治られたのですね。 心配していましたが流石のhigeさん、回復が早いです。
宮崎県の名山:双石山、楽しそうですね。
噂には聞いているのですが、いまだに未踏の山です。 何時かは登ってみたいです。
人物写真が遠くよく見えませんが、mamaさん置いて行ってないでしょうね。
落しのお花は早そうで、タイミングが難しそう。
  • posted by のんびり夫婦 
  • URL 
  • 2018.04/13 20:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter