higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

伯耆大山とセツブンソウ(2018/02/24)

2018/02/24(Sat)


伯耆大山
180224IMG_0836.jpg


セツブンソウ
180224IMG_7880.jpg



今週末はhigetiasの悪行(山行)計画のなかで伯耆大山を予定していた。
伯耆大山(弥山)に未踏のmamatiasに前々からリクエストされていたので、行くなら秋か冬だろうと思って
いたからだ。 するとそこに、まるでhigetiasの悪行計画を覗き見たかのようなタイミングでRyo君から誘い
がきたので、往復の交通等を考えると渡りに船の誘いとばかりに同行することにした。

大山の天気はコロコロと変わり、直前には標高1500m付近は15m/s以上の風、午前中は晴れ、後曇りの
予報になった。
前日の21:30に自宅を出て飲み会帰りのsumiさんをピックアップしてRyo君宅へ。
ここでRyo号に乗り換える予定だったが相談の結果hige号で行くことになる。
Ryo君宅を予定通り23:15に出発して下道を約460km走って予定より早く6:55には到着。
南光河原駐車場はすでに満車になっていたようで係員から博労座駐車場に誘導される。
周囲の歩道や屋根には雪が残るものの車道にも駐車場にも全く雪はなし。 準備を済ませ7:42に出発。

     180224P1160236.jpg


(本日の行程)
博労座駐車場(7:42)~南光河原(7:53-8:08)~夏山登山口(8:12)~三合目(8:53)~五合目
(9:18)~六合目避難小屋(9:41-9:45)~山頂(10:46-12:40)~六合目避難小屋(13:19)~
元谷小屋(14:05)~大山寺本堂(14:33)~博労座駐車場(15:05)


     180224IMG_7738.jpg


     180224P1160237.jpg


南光河原駐車場でアイゼンを装着する。

     180224P1160240.jpg


夏山登山口上に到着。 ここから夏山登山道に取り付く。

     180224IMG_7743.jpg


気温が高めなので汗をかかないようにゆっくりペースで高度を上げていく。
 
     180224IMG_7748.jpg


三合目の手前からの急斜面を上がって六合目避難小屋に到着。 この辺りから登山者の姿が増えてくる。

     180224P1160254.jpg


ここから上は天気が一変して強風と雪礫に見舞われる。
急斜面に足が進まない登山者がいると間隔が詰まって列が出始める。 

     180224P1160255.jpg


標高1600mを越えると斜度が緩み、やがて木道の杭の頭が見えてくる。

     180224P1160258.jpg


ガスの中頂上避難小屋が見えてきた。  視界はないが取りあえず山頂へ向かう。

     180224P1160262.jpg


     180224P1160264.jpg


伯耆大山初登頂の二人。

     180224P1160267.jpg

     山頂標識
     180224P1160268.jpg


     180224IMG_0829.jpg


「晴れてくれー!」と念じるが剣ヶ峰が見えそうで見えない。

180224IMG_0825.jpg


諦めて一旦小屋に戻る。 小屋の中は登山者でごったがえしていたが何とかスペースを確保して昼食を
摂る。 食事が終わる頃入口の外が明るくなり出したので急いで荷物をまとめて外に出る。 

     180224IMG_7784.jpg


小屋の外でアイゼンを着けるのももどかしく、ザックをデポして再び山頂へ。

180224IMG_0831.jpg


180224IMG_0834.jpg


     180224IMG_0840.jpg


稜線の向こうに青空が欲しかったが、欲を言えばきりがない。

180224IMG_0843.jpg


     180224IMG_0845.jpg


180224IMG_0854.jpg


180224IMG_0860.jpg


復路はトレースが崩れてデコボコになった登山道を六合目避難小屋の少し下まで下り、そこから行者谷を
尻シェードで一気に滑り下りる。

     180224P1160277.jpg


元谷小屋のすぐ西で行者谷コースと合流し、大山寺へと下る。

180224IMG_7836.jpg


北壁はガスの中。

180224IMG_7838.jpg


180224IMG_0866.jpg


大神山神社
180224IMG_0869.jpg


           180224IMG_0872.jpg


一旦車に戻り、大山火の神岳温泉「豪円湯院」へ。

     180224P1160290.jpg


この日はキララコテージに宿泊。 食事はほとんどsanpoさんが事前に準備してくれていた。
メインのチーズフォンデュやポテサラ、キンピラなど好物ばかり。

     180224P1160303.jpg


地元で仕入れた日本酒。 昨日から一睡もしていなかったのでさすがに二本目は手付かずのまま23時
過ぎにはお開きとなった。(と言ってもsumiさんとRyo君はとっくに夢の中だったが。)

             180224P1160305.jpg


翌朝は7:30に起きてゆっくりと朝食を摂り、食後のティータイムでチェックアウト間近までくつろぐ。

180224P1160308.jpg


     「飛ぶ鳥跡を濁さず」
     180224P1160314.jpg


帰路はまだ雪国風景の奥出雲から中国山地を越えて庄原へ。  お目当てはセツブンソウ。

180224IMG_0898.jpg


180224IMG_0911.jpg

顎が八重の変り花
180224IMG_0893.jpg

こちらは斑ピンク
180224IMG_0904.jpg


途中良い食事処がなく昼食を食べそびれてたが、広島市内に入り人気のお好み焼き店を見付けて早い
夕食となった。

     180224P1160335.jpg


あとは広島IC~山口南IC間を高速利用で帰福。

sanpoさん、Ryo君、sumiさん、おかげでローコスト遠征で楽しい二日間を過ごすことができました。
またよろしくお願いします。


Comment

へこさんへ 

へこさん、こんばんは。
広島県東部、島根、鳥取県は遠くてなかなか行けませんね~。
mamatiasにとっては初の大山で六合目から上は生憎の天気でしたが、
山頂では少しだけ女神が微笑んでくれたようです^^
セツブンソウは花好きさんには足を運ぶ価値がありそうです。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2018.03/05 22:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

今晩は、higetiasさん。
大山もセツブンソウも凄いですね〜。
大山は夏に一度行ったっきり、セツブンソウは皆さんのブログで見ただけ。どちらも私たちには縁遠い存在でしたが、改めて縁のなさを実感しました。
冬の厳しい大山は私たちにはとても無理、そんな大山に簡単に登られるmamatiasさんも凄いですね〜!(◎_◎;)

ケルンさんへ 

ケルンさん、コメントありがとうございます。
ケルンさんの若い頃の雄姿が想像できるような気がしました。
若かりし頃に山にスキーにと通った者にとっては特別な懐かしさを感じられる場所ですね。
九州からは遠かったのでなお更思い出が深いように思います。
縦走が規制されてからの方が長くなりましたが、今でも歩いている人はいるようです。
せめて2/3程度の距離だったらもっと行く機会も増えるのでしょうが・・・。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2018.03/01 18:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございます
雪の大山を楽しまれたようで羨ましい次第です。
若かりし頃、会社の山岳部の行事で毎年冬山合宿に出かけたのが大山でした。
山沢周平さんが書かれているようにユートピアへ縦走は規制されてなく
死に物狂いで先輩の後ろを追ったものです。
マイカー時代の前で夜行スキー列車(銀嶺号)に揺られて出かけたものです。
雪の大山を見て昔の思い出が噴出しましたので一筆啓上させて頂きました。
  • posted by ケルン 
  • URL 
  • 2018.03/01 05:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:素晴らしいですね! 

山沢周平さん、こんにちは。
昔は雪の大山を縦走されていたんですね~。 
私も縦走禁止になるまでは行ってましたが、今となっては・・・ですね^^;
私の知人も雪の北壁で命を落としました。
六合目から上の天気で山頂からの展望は半ば諦めていましたが、ほんのちょっとだけ
視界が晴れてくれました^^

セツブンソウも今年は開花が遅かったようで、見頃が始まったばかりのようでした。
山とセットで見れてラッキーでした^^ 
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2018.02/28 11:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

素晴らしいですね! 

こんばんは。

雪の大山を簡単に登られるのですね!
私が雪の大山に登ったのは、忘れるほどの43年前でした。
その頃は、がむしゃらに登ってましたので、
ユートピアからの縦走などもした記憶があります。
同行のものが稜線で滑落し、ヒヤっとしたのを思い出しました。

今となっては、3月半ば過ぎの天気の良い時ぐらいでしょうか、
私が雪の大山を登れるのは。
天気がイマイチだったようですが、うらやましいほどの山行ですね!
雪が降った時に慌てて登る、「久住」とはダイブ違うようです。

セツブンソウもすごいですね!
私は、福知山の麓の花しか見れてません。
こちらは、そのうちにと思ってはいますが……(笑)

RE:遠征お疲れ様でした 

ポンちゃん、こんばんは。
山の天気は予想していても現地に行かないと分からないものですが、
今回は大山の女神が少しは微笑んでくれたみたいです。
セツブンソウはめちゃくちゃいっぱい咲いていましたよ! 
こちらはグッドタイミングでした。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2018.02/27 22:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

遠征お疲れ様でした 

こんばんは、ひげさん
冬大山は若干天気に恵まれなかったようですが、皆さんと楽しい2日間が伝わってきました。
二日目のセツブンソウがい良いですね。めちゃくちゃいっぱい咲いているようですね。
  • posted by ポンちゃん 
  • URL 
  • 2018.02/27 20:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter