higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

膳棚の氷瀑

2018/01/27(Sat)


膳棚全景
180127IMG_5137.jpg



1月20日に予定されていた八山会例会の膳棚山行が気温の高い日が続いた影響で一週間延期になった。
たまたまその日は野暮用で参加できずに諦めていたのだが、延期になったおかげで参加できることに。
あとは膳棚の状況次第だったが幸いなことに直近の冷え込みで氷瀑も復活したようで、無事決行の運びに
なった。

信ちゃん&俊ちゃんと相乗りで自宅を5時に出て一路皇子原公園を目指す。 途中で立ち寄ったえびのSA
ではMishan一行と遭遇したが一足先に皇子原へ。 高原町から見る膳棚は白くなっていて期待が膨らむ。
駐車場には鹿児島からの参加者がすでに到着して準備中だった。   
駐車してふと隣を見た信ちゃんが、「あれっ、外西さん!?」   お久しぶりでした!

     180127P1150668.jpg


今日は熊本、宮崎、鹿児島、福岡から18名(男性8名、女性10名)の参加。

全員揃ったところでMishanの挨拶後4台に便乗して登山口へ移動し、8時半過ぎにIさんの先導で出発す
る。  エルちゃんは今日は車の中でお留守番。 

     180127IMG_7063.jpg


新燃岳から噴出した火山灰で白くなった林道をしばらく進む。
膳棚は初めてなのでどのルートを辿るのか楽しみにしていたが、どうも膳棚大好きでこの山域に詳しい
Y子さんお勧めのマイナールートを登るようだ。
林の中に入っても歩を進める度に枯葉に積もった灰が白く舞い上がる。 しばらくはマフラーで口を押え
て歩いていたが信ちゃん&俊ちゃんからマスクを分けて頂き助かった。

     180127IMG_7067.jpg


途中から尾根へ取付くが標識はもちろんテープも見当たらない。

     180127IMG_7087.jpg


尾根に上がり急斜面を登って行くと木々の間から膳棚が見えてきた。
大氷瀑とまではいかないが初めて見るには十分の迫力だ。

     180127IMG_5056.jpg


尾根から急斜面を下って谷に出ると水はほとんど凍っていたが、アイゼンを付けるまではない。

     180127IMG_5057s.jpg


           180127IMG_5064.jpg


     180127IMG_5074.jpg


谷を遡上すると目の前に膳棚が近付いてきた。

     180127IMG_5070.jpg


間近まで辿り着いたところで安全のためにヘルメットを着用する。

     180127IMG_5077.jpg


真っ青の空に氷柱のカーテンが映えて素晴らしい光景だ。

180127IMG_5066.jpg


180127page01.jpg


              ピノキオMishan
              180127IMG_7132.jpg


180127IMG_5087.jpg


180127IMG_5089.jpg


         180127IMG_5095.jpg


         180127IMG_5101.jpg


今日は雲もなく東に面した膳棚にはずっと陽が当たり、上部の大氷柱から水滴が絶え間なく落ちていて
危険な状態。 上部に氷柱がないところを選んで近付き写真を撮っていたら突然大音響とともに右上の
大氷柱が崩れ、僅か10mほど離れた所を岩のような氷の塊が落ちていった。  上部を見ると左上にも
崩れそうな大氷柱がある。
膳棚の足元をアイゼンを付けてトラバースするのを止めて下の方を遠巻きして大幡前山へと向かう。

180127IMG_5110.jpg


         180127IMG_7156.jpg 


180127IMG_5125.jpg


180127IMG_5120.jpg


180127IMG_5130.jpg


ザレた斜面を上り東尾根と合流して大幡前山へ上がる。

              180127IMG_5138.jpg


大幡前山の山頂で高千穂峰、矢岳、中岳、新燃岳を目の前に眺めながら昼食を摂る。

180127IMG_5140.jpg


180127IMG_5142.jpg


昼食後大幡池へ向かう。

     180127P1150713.jpg


大幡池の水際はしっかり凍っていて、童心に返る大人たち。
  
     皆のリクエストに応えて見事な開脚を披露するYuさん。  若いっていいな~!
     180127IMG_5170.jpg

     開脚が無理な人は座禅を(^^
     180127IMG_5171.jpg

     マサリンはやっぱりこのポーズだな!
     180127IMG_5182.jpg


韓国岳
180127IMG_7244.jpg


180127IMG_5188.jpg


集合写真を撮って大幡池をあとにして、一般ルートを下り途中から往路にトラバースして登山口へ戻る。
エルは6時間半近くお利口に留守番してくれていたが、おそらく眠ってはいなかったことだろう。

皇子原公園に戻りコーヒー&菓子の差し入れを頂いていると、高千穂峰に行かれたまっちゃん&Nさん
夫妻たちと遭遇する。 来られるのは分かっていたが時間が合わずに会えないかと思っていたので、嬉
しい出会いだった。

皆さんとお別れして極楽温泉(ここでまたNさんとお会いする)で温まってから帰路に付く。

膳棚の氷瀑は遠路でも足を運ぶ甲斐があり、大満足の一日となった。

ご案内頂いたIさん&Y子さん、Mishanはじめご同行の皆さん、お世話になりました。

180127IMG_5191.jpg


Comment

RE:おお! 

けいこたん、こんばんは。
四王寺滝も河原谷の大つららも形無しのスケールでした。
縦長のツララのアップ、仰るとおりです。 よくぞ気付いてくれました!(喜)
頭上から落ちてこないように祈りながら、先端から雫が落ちるところを狙いました^^
雫がもう少し大きかったらもっと良かったんですけど・・・
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2018.01/31 18:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:ヘルメット 

へこさん、こんばんは。
この日は氷柱の出来方がちょっと物足りませんでしたが、スケールは凄いです。
常連さんによると落氷はよくあるらしいので、むやみには近寄れませんね。
ヘルメットをしていても頭や体を直撃すればただでは済まないと実感しました。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2018.01/31 18:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:大迫力!膳棚 

風来坊さん、こんにちは。
縦の写真、大きさが分かる比較対象があればと思い載せましたが、分かって頂けて嬉しいです^^
ただこれでも下の数段だけで、近くからだと上の方は見えません。
全体的には7、8段、縦横とも40~50mはあるでしょうか。 大迫力!です。
最初は経験者と行かれることをお勧めします。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2018.01/31 18:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

おお! 

higeさん、こんにちは。
デカイ!!すごい迫力ですねーー!
ビックリです。こんなところがあるなんて!
凄いなあ。
でも、あれ?
縦長のツララの写真には雫が映っているようで~~。
繊細な一瞬!!
違いますか?
  • posted by けいこたん 
  • URL 
  • 2018.01/31 11:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

ヘルメット 

higetiasさん、今晩は。
なが〜い氷柱が何段にもついて、凄いですね〜!(◎_◎;)
すぐ近くに大氷柱が落ちてくるような所だったら、ヘルメットは要るな〜と思いました。しっかり持参されていたようで、流石です。
  • posted by へこさん 
  • URL 
  • 2018.01/30 20:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

大迫力!膳棚 

こんにちは、higetiasさん。
縦の写真で大きさがよく分りました。すごいですね。
遠いので、何人かで行きたくなりました。
来年の課題として残しておきます(笑)
  • posted by 風来坊 
  • URL 
  • 2018.01/30 15:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter