higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

国東半島岩稜巡り-黒木山~太郎天尾根-(2017/12/02)

2017/12/02(Sat)

国東半島の岩稜群
171202IMG_5381a.jpg


171202IMG_5376.jpg


国東半島峯道ロングトレイルの名ガイドjinashiさんの誘いで一泊二日で国東半島へ出掛けた。

黒木山から太郎天尾根の岩稜帯を歩く初日のコースの参加者は福岡、大分、山口からの13名。
8時に尻付岩屋に集合し、2台をデポしてあかねの郷へ移動する。
今日は気温が低いが朝から素晴らしい天気に恵まれて、絶景を楽しみながら気持ちの良い山歩きが
できそうだ。
初めて会う方もいるのでそれぞれ簡単に自己紹介をしてから出発する。

(本日の行程)
あかねの郷(8:22)~取付き(8:53-8:57)~鬼が城(9:27-9:40)~504ピーク(10:03)~黒木山
(10:16)~三角点(10:27-10:38)~ゴジラ岩(11:51-12:04)~太郎天岩頂上(12:20-12:55)~
太郎天岩屋(13:09)~大不動岩屋(13:35-13:57)~尻付岩屋(14:22)
全行程:6時間00分   歩行時間:4時間20分(休憩100分)

(Route-Map)                    (標高グラフ)
20171202黒木山~太郎天尾根  20171202黒木山~太郎天尾根G
(クリックで拡大)


     171202P1130828.jpg


上坊中へと抜ける林道を上がり金ヶ峠へ向かう。
金ヶ峠に黒木山手前の504mピークへと向かう尾根の取付きがあるが、ここをやり過ごして峠を越え上坊中
の方へしばらく下りて行くと「刀匠 紀行平鍛冶場跡」の標識が目に入る。 ここが今日の取付き地点だ。

     171202P1130832.jpg

     171202P1130833.jpg


落ち葉を踏んで少し進むと左手に鬼が城入口と書かれた杭があり、ここから林の中へ入って行く。
    
     171202P1130835.jpg


紀新大夫行平(きしんたゆうゆきひら)は香々地町夷に生まれ育ち平安末期から鎌倉前期に活躍した刀匠
で、この先に行平が晩年に籠って最後の一太刀を打ったという鬼が城と呼ばれる岩屋があるらしい。

鬼が城伝説
鬼が城は紀新大夫行平の鍛刀の地と伝えられる。
行平は香々地町夷に生まれ育ち父定秀に鍛刀の術を学び諸国に修行し、三十八歳の頃にはその
名は日本国中に知れ渡った。 故あって上野国刀祢庄に配流されたがそこでも刀を打ち続けた。

正治二年十六年間の流罪を赦されて豊後国に帰り鬼籠で鍛刀し暫くして野田に移った。
承元二年後鳥羽上皇から御番鍛冶に召され晩年夷に帰ってきた。 齢七十に近くなお矍鑠とし、
ただひとり鬼が城に籠って完全無欠な刀を打ち上げた。



     171202P1130839.jpg


急斜面を30分ほど上がると大岩が複雑に積み重なった岩場に出合う。 標識もなにもないので名ガイドが
いなければルートが分かりづらくて苦労しそうな場所だ。

     171202P1130844.jpg


複雑な岩場を抜けて鬼が城に到着。 鎌倉時代にこんな山のなかで火を起こし鉄を打ったいたとは驚きだ。

     171202P1130846.jpg


鬼が城の上の大岩に登り上がって眺めを楽しむ。

171202IMG_5311.jpg


     171202P1130856.jpg


さらに急斜面をしばらく上がって尾根に乗る。

     171202P1130860.jpg


504mピークから北東に向きを変えて気持ちにいいアップダウンの尾根を進む。

     171202IMG_5319.jpg


     171202P1130871.jpg


黒木山の最高点(510m)に到着。

     171202P1130874.jpg

     171202P1130872.jpg


最高点より少し進み尾根の分岐を東に向かうと四等三角点黒木山(499.6m)に着くが展望はない。

              171202P1130881.jpg  


尾根の分岐まで戻り北へ延びる尾根を進む。

     171202P1130890.jpg


              171202P1130898.jpg


     171202IMG_5341.jpg


     171202P1130908.jpg


アップダウンを繰り返しながら、ところどころで行く手を遮る大岩を巻いたり越えたりしながら行く。

              171202IMG_5346.jpg


東側に二年前に歩いた不動山(五辻不動岩屋)や千燈岳が見えてきた。

171202IMG_5349.jpg


北側には鷲巣岳やその手前の岸壁に掘られた窟(名前は不明)も見えている。

171202P1130912.jpg


岸壁の途中の窟にはとても行けそうには見えないが人が掘ったものなのだろうか。

171202P1130913.jpg


エルもこわごわ景色を眺めているのかな?

              171202IMG_5332.jpg


岩稜帯を進む。

     171202P1130917.jpg


振り返ると先ほど越えてきた黒木山の稜線が見える。

     171202P1130919.jpg


ゴジラ岩が見えてきた。

           171202P1130924.jpg


一旦鞍部へ下り瘦せ尾根をゴジラ岩の基部へと進む。

     171202P1130925.jpg


ここから見るとゴジラというより魚の顔に見える。  ここから落ちたら命はないだろうな。

           171202P1130928.jpg


ゴジラ岩を攀じ登る。

171202P1130931.jpg


              171202IMG_5364.jpg


上に立つと国東の絶景が広がっている。

171202IMG_5372.jpg

不動山(五辻不動岩屋)
171202IMG_5360.jpg

左奥に鷲巣岳
171202IMG_5375.jpg


     171202P1130948.jpg


           171202IMG_5384.jpg


西側には3月にjinashiさんに案内してもらった高岩~一望岩などの岩稜帯を見渡すことができ、最高の
眺望だ。

171202IMG_5367.jpg


前方にはこれから向かう太郎天岩の山頂が待ち構えている。

171202IMG_5385.jpg


太郎天岩の山頂に上がると北側に三角錐をした鷲巣岳の雄姿を望むことができる。

171202IMG_5390.jpg


眼下の岩峰群の下部には大不動岩屋も小さく見えている。

171202P1130959.jpg


360度の景色を楽しみながら昼食を摂る。

171202P1130963.jpg


休憩後は山頂から復路を鞍部へと下り、太郎天岩の東側の基部を回り込むように下って行く。

     171202P1130965.jpg


           171202P1130968.jpg

     太郎天岩屋
     171202P1130972.jpg

ここに祀られていた太郎天像(石仏)は現在千灯寺に安置されているらしい。

荒れた谷筋を下り、小不動岩屋の下を抜けて大不動岩屋へと向かう。

     171202P1130976.jpg


     171202P1130985.jpg


大不動岩屋
171202P1130987.jpg


一番右奥に見えているのが先ほどまでいた太郎天岩の山頂だ。

171202IMG_5403.jpg


大不動岩屋から林道に出て車をデポした尻付岩屋に到着。 
ちょうど6時間の絶景トレッキングを満喫した。

     171202P1140003.jpg


デポした車であかねの郷へ移動し、温泉で温まったあとは宿泊する「トンテンカンの家」へ向かう。

皆さんが持ち寄った食材や手料理、アルコールなどで宴会は17時過ぎにはスタート。
所用で昼間は参加できなかったメンバーも19時過ぎには到着して、楽しい親睦晩餐会の夜はあっという間
に過ぎて行った。


明日は文殊仙寺近くの小岳~風神岩の岩尾根を歩く。


Comment

RE:お世話になりました 

のんびりママさん、こんばんは。
初日はご一緒出来なくて本当に残念でしたね~。
ゴジラ岩は見た目ほど大変ではなかったですが、エルを連れての岩場歩きは
背負子が邪魔になるので特に気を使います。
太郎天尾根からの景色は最高でしたので、是非パパさんと行かれてくださいね!
またご一緒できるのを楽しみにしています。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.12/05 22:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

じなしさんへ 

じなしさん、こんばんは。
11月に続き今回も大変お世話になり、誠にありがとうございました。
最後は私のチョンボでご迷惑をお掛けして申し訳ありません!^^;
名ガイドと天気と紅葉に恵まれてこれまでで一番の絶景を堪能できました。
国東の奥深い魅力に益々嵌りそうです!
次はhige企画の招待状をお送りできるように頑張ります^^
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.12/05 22:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:国東 

のんびりさん、こんばんは。
用事があってしかたがなかったとは言え、ご一緒できなくて本当に残念でしたね~。
今回のコースは国東を熟知したjinashiさんならではで、これまでで一番面白かったです。
楽しい時間はあっというまに過ぎてしまいますね。
また是非ご一緒しましょう!
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.12/05 21:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

お世話になりました 

参加できなかった初日の様子が・・見えて来ました。
ゴジラ岩登ったんですか? 「とても登られそうにない所登ったのよ」と聞きましたが、なるほど納得です。 エルちゃんの顔いいです。 あんな怖そうな所も一緒なんですね。
凄いコースだったんですね。 
お世話になりました。
またお会い出来るのを楽しみにしています。
  • posted by のんびりママ 
  • URL 
  • 2017.12/05 21:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higeさんにしてはお早いアップでしたね(失礼)
青空とジャストタイム紅葉とグッドメンバーで最高の2日間でした。
今度はhigeさん幹事の招待状をお待ちしています!
のんびりパパさんと同じで夜の記憶はモウロウです^^;
  • posted by じなし 
  • URL 
  • 2017.12/05 20:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

国東 

こんばんは。
大変にお世話になり、ありがとうございます。
面白そうな山歩きの綺麗な写真が沢山で、行っていないのが悔やまれます。
ここら辺を沢山ご存知のjinashiさんならではのエスコートですね。
夜会は遅くなったのでピッチあげました。 あっという間のシンデレラになってしまったようで、ご迷惑をおかけしました。
またご一緒できるのを心待ちにしています。
  • posted by のんびり夫婦 
  • URL 
  • 2017.12/05 19:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter