higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

三鈷峰とユートピアのお花畑(2017/07/16)

2017/07/16(Sun)


三鈷峰(1516m)
170716IMG_3322.jpg


ナンゴククガイソウ
170716IMG_3398.jpg


博労座駐車場は標高750mにあるにも関わらず、昨夜は車を閉め切ると暑くて眠れなかった。
窓を半開きにしたら涼しくなったが、朝方は強風が吹いて寒いくらいだった。
3時に起床し準備を始める。 出発前に軽く食事を摂って3:56に出発。 
待ち合わせ場所の豪円湯院でkuuさん、なおさんと4時に合流して大山寺への参道を上がって行く。

(本日の行程)
博労座駐車場(3:56)~大神山神社奥宮(4:24)~ユートピアコース登山口(4:37-4:40)~
下宝珠越(5:03-5:10)~中宝珠越(5:49)~上宝珠越(6:45)~三鈷峰分岐(7:08-7:20)~
三鈷峰(7:32-7:36)~ユートピア避難小屋(8:11)~象ヶ鼻(8:19)~避難小屋(8:30-9:10)~
上宝珠越(9:36)~中宝珠越(10:16)~下宝珠越(10:45-10:49)~登山口(11:17-11:20)~
大神山神社奥宮(11:33-11:38)~博労座駐車場(12:15)


大神山神社奥宮へと向かう石畳の参道には曲がらず大山寺の境内へと階段を上がる。
大山寺は昼間は300円の拝観料が要るがこの時刻は徴収する人もいない。
風が止まると蒸し暑く、ここまで来る間にすでに汗ばんできた。

     170716P1100289.jpg


大山寺の境内の裏から奥宮へと続く参道へ出て石畳を上がる。 昨夜はこの途中までヒメホタルを見に闇
の中を上がってきた。  奥宮の境内の右手奥から登山道に入り4分ほどで元谷・下宝珠越分岐に着く。

     170716P1100293.jpg


分岐を左に入り10分足らずでコンクリートの車道に出るとその向かいがユートピアコースの登山口。

     170716P1100294.jpg


今日は体調がすぐれず、急な登りに喘ぎながらやっとの思いで下宝珠越に上がり着くと風が吹き抜けて救
われる。 なおさんから頂いたアミノバイタル・ゼリーが有難かった。
日の出の時刻を迎え明るくなってきたのでライトも仕舞って出発。 

     170716P1100298.jpg


ここからは気持ちの良いブナ林の尾根をなだらかなに上がって行く。

              170716IMG_0130.jpg 


下宝珠越から30分ほど進むと左手が開けて目指す三鈷峰が望める場所に出るが、山頂付近は流れる
ガスで見え隠れしている。

170716P1100309.jpg


アップダウンを繰り返しながら中宝珠越を通過する。

     170716P1100311.jpg


中宝珠越を過ぎるとまもなく最初の崩壊個所が現れる。

170716page01.jpg


ヤマツツジが点々と咲いている。

     170716P1100407.jpg


              170716P1100318.jpg


大山北壁にはどっかりと雲がのしかかっていて山頂部は見えない。

170716IMG_3311.jpg


     170716P1100333.jpg


170716P1100334.jpg


崩壊個所から歩いてきた稜線を振り返る。

170716P1100338.jpg


辺りにはヤマブキショウマやシモツケが目立ってきたが、風が強いので花が揺れて写真が撮れない。

     170716IMG_0330.jpg


上宝珠越まで上がってきた。 ここまで来れば山頂稜線まではなだらかにトラバースして行くだけ。

     170716P1100342.jpg


稜線上のユートピア避難小屋が見えてきた。

     170716P1100352.jpg


稜線上の三差路分岐も三鈷峰山頂も見えている。

     170716P1100353.jpg


稜線に上がると物凄い西風が吹き付けてくるが、おかげで山頂が顔を出してくれる。

170716P1100358.jpg


ユートピア避難小屋の向こうに象ヶ鼻。

170716IMG_0235.jpg


東側には野田ヶ山~矢筈ヶ山~甲ヶ山~勝田ヶ山の稜線が続いている。

170716IMG_3324.jpg


トラバース道には後続の登山者の姿が小さく見えている。

170716IMG_3327.jpg 


しばらく休憩して山頂へ向かう。

           170716P1100361.jpg


風に注意しながら途中の小ピークを超える。

170716P1100362.jpg


崩壊した西斜面と樹木に覆われた東斜面が対照的な三鈷峰。

           170716P1100363.jpg


170716P1100364a.jpg


           170716P1100366a.jpg


誰もいない山頂に到着。 
三鈷峰もまだ弥山~剣ヶ峰が通行禁止になる前に縦走したとき以来だ。

     170716IMG_3345.jpg


山頂にはオトギリソウ、ホソバノヤマハハコ、シモツケ、ヤマアジサイなどが咲いている。

     170716IMG_3332.jpg


     170716IMG_0254.jpg


     170716IMG_3344.jpg


周辺は生憎のガスで展望が効かないので長居することなくユートピアへと向かう。

170716P1100378.jpg


     カラマツソウ
     170716IMG_3348.jpg


170716IMG_3369.jpg


強風が吹くなか山頂も再びガスで覆われた。

     170716IMG_3373.jpg


     イヨフウロ
     170716IMG_3375.jpg


ナンゴククガイソウも色付き始めていていい感じ。

              170716IMG_0281.jpg


ユートピア避難小屋で休憩する前に象ヶ鼻まで往復する。

     170716P1100381.jpg



170716IMG_3381.jpg


     象ヶ鼻の岩場を超える三人
     170716IMG_3382.jpg



170716IMG_3396.jpg



170716IMG_0323.jpg



170716IMG_3399.jpg


風を避けて小屋の中で朝食休憩を取る。
小屋の中には男性が一人休憩中だったが、まもなく出発して行き我々だけになった。
kuuさんが運び上げた炭酸水で作ってくれたジュースが喉に心地よく美味かった。

     170716P1100387.jpg


40分ほど休憩の後ユートピアをあとにして往路を戻る。 隠れていた天狗ヶ峰が顔を出し見送ってくれた。

170716P1100394.jpg


野田ヶ山にも別れを告げる。

170716P1100391.jpg


170716IMG_0341.jpg


往路では気が付かなかったシロクガイソウだが、風に揺れてブレブレ。

     170716P1100399.jpg


三鈷峰西岸壁
170716P1100413.jpg



170716IMG_0357.jpg


往路ではまだ暗くて閉じていたヤマジノホトトギスが開いていた。

     170716IMG_3406.jpg


下宝珠越からの下りはヤマアジサイの群生地。

170716IMG_0378.jpg


kuuさんが飛んでいるヒメホタルを発見。
(後にkuuさんに言われて調べてみるとヘイケボタルではないかと思われる)

     170716IMG_0392.jpg



     170716P1100428.jpg


     奥宮の後ろ向き門
     170716IMG_0411.jpg


     大山寺本堂
     170716P1100436.jpg


一旦車に戻り、着替えを持って豪円湯院の温泉へと向かう。

     170716P1100442.jpg


     豪円湯院
     170716P1100443.jpg


気持ちの良い温泉で汗を流したあと廊下の途中で、高校時代の同級生A君の夫人と遭遇(彼女も同じ
同級生)。 A君は先に休憩所で休んでいた。 今日は弥山に登ったらしいがガスの中だったらしい。
3週間前に同窓親睦会で会ったばかりだったので驚いたが、はるばる500km離れた山でバッタリ会う
のだからよくよく縁があるのだろう。 今日ももう一泊して明日まで山陰を楽しむとのことだった。

車に戻り出発する前にkuuさん手製のプリンを頂く。 クーラーボックスのなかでまる一日半冷やして
いたので冷たくて美味しかった。

     170716P1100444.jpg


昼食、夕食は車中で済まし、途中の道の駅「にちなん日野川の郷」で30分休憩した以外はほとんど休憩
なしで走り日付が変わる前に無事に帰福した。

天気はいまいちだったがユートピアのお花畑を楽しむことが出来たし、往路では文化財探訪も出来て満ち
足りた二日間だった。
kuuさん、なおさん、ご一緒頂きありがとうございました。


Comment

RE:涼しそう・・・ 

風来坊さん、こんばんは。
今回は山なのか観光なのか分からないような遠征でした^^;
山陰も平地は暑かったですが山は風があって凌ぎ易かったです。
ユートピアのお花畑は見頃には少し早いかと思いましたが、クガイソウも何とか
色付いていて良かったです。
道中は二人だけだと退屈したと思いますが、オンナ三人寄れば何とやら・・・で
苦になりませんでした。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.07/25 22:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

涼しそう・・・ 

こんにちは、higetiasさん。
九州の暑さを避けて大山、良いですね。
私はこの時の三連休はどっぷり福岡に居ついておりました(笑)
クガイソウの色合いと姿が涼しげです。
でも、運転、お疲れ様でした。
  • posted by 風来坊 
  • URL 
  • 2017.07/25 15:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

なおさんへ 

なおさん
ガスと強風でちょっと残念でしたが初めての大山を楽しんで頂けて良かったです。
初めての山ははどこでも新鮮ですが、九州外の山だとなお更ですね!
今回は半分は観光みたいなものだったし、道中いろいろと話ながらでしたので
長距離運転も全く苦になりませんでしたよ。
またご一緒しましょう!
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.07/23 21:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

お天気が少し残念でしたが、九州の山とは違った雰囲気でなにもかもが新鮮でした。
お花もたくさんでしたね。
長い運転、本当にありがとうございました。お疲れが長引きませんように。
  • posted by なお 
  • URL 
  • 2017.07/23 14:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

山帽子さんへ 

山帽子さん、こんばんは。
こちらこそご無沙汰しています。
私は懐かしいという思いさえ霞むほど久しぶりでした^^;
ユートピア小屋は大事に使われているようで綺麗でしたよ。
三鈷峰山頂手前も崩壊が進んでいるようで、天気が悪いときは要注意な状態でした。
大山までは遠いので山目的だけでは勿体無いと思い観光を兼ねましたが、
出来ればゆっくり行きたいところですね。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.07/21 21:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ご無沙汰です
もう10数年以上前でしょうか、
2年続けて通ったことでした、あのユートピア小屋当時はまだ結構
新しくてきれいでしたが今でも健在なのですね。懐かしくくて~~
小屋付近のクガイソウ・シモツケなどなどお花畑に感嘆して
こりゃ、アルプスまで行かなくてもここでも十分だ~!と
えらく感動した思い出が有ります
鞍部からの三鈷峰へは崩壊も進んでいたが今は??
もう年取って、高速でも大山までは遠すぎますね。
  • posted by 山帽子 
  • URL 
  • 2017.07/21 11:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter