higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

仰烏帽子山(2017/02/26)

2017/02/26(Sun)


霜柱
170226P1050507.jpg


5:30起床。 気温は2℃。 今朝は昨日の朝に比べると暖かかった。 今日は一日曇天のようだ。
昨夜の鳥鍋のスープにご飯と餅を入れた雑炊で朝食を済ませ、7時過ぎに道の駅五木を出発。
8km先の元井谷第一登山口上の駐車場に信ちゃん号をデポして更に3.4km先の第二登山口へ上がる。
駐車場はまだ充分余裕があったが準備中に次々と後続車が到着していた。

     170226P1050486.jpg


トイレを済ませて7:49に出発。

     170226P1050488.jpg


(本日の行程)
元井谷第二登山口(7:49)~二股分岐(8:44)~第一登山口分岐(9:06-9:11)~風穴(9:30)~
展望台分岐(9:44)~仰烏帽子山山頂(9:57-10:10)~展望台(10:28-10:33)~仏石分岐(11:14)~
仏石(11:46-11:51)~昼食休憩(12:13-12:43)~二股分岐(13:09)~尾根分岐(13:37)~
934mピーク(14:29)~第一登山口上駐車場(14:51)

(Route-Map)
20170226仰烏帽子山
(クリックで拡大)


登山口を入ったすぐの植林帯で、見たかった霜柱の花を早速見ることが出来た。 
シモバシラというシソ科の多年草の枯れた茎の中の水分が凍って氷柱が付く現象らしい。

     170226IMG_6392.jpg

     エルも珍しそうに見ている?
     170226IMG_6399.jpg


170226IMG_3130.jpg


170226IMG_3139.jpg


撮影中にエルに気が付かれた光市から来たというご夫妻から声を掛けられた。
拙ブログを見て頂いているとのことで嬉しい限りだ。 ご夫妻とはこのあと山頂まで同じルートを歩くことに。 

通りすがりの登山者は霜柱と聞いても普通の霜柱と思うのか、気にも留めずに通り過ぎて行く。
次々と目に付く霜柱、「もういいか・・・」と言いながらもカメラを向けるためなかなか進まず、15分も費やして
しまった。   
植林帯を上りきったあとは気持ちのいい疎林の中をなだらかに下って行く。

     170226IMG_6432.jpg 


疎林のなかにも福寿草がひっそりと咲いていた。

170226IMG_6434.jpg


まずは山頂へと向かうため二股分岐を右へと進む。

     170226P1050531.jpg


このルートの福寿草は以前に比べると増えているようだ。

170226IMG_6456.jpg


              170226IMG_6458.jpg


第一登山口への分岐で小休止して山頂へ。

     170226P1050534.jpg


途中でkyonさんが忘れ物に気付き分岐まで戻ったためしばらく待つ。

     170226IMG_6459.jpg


風穴からは暖かい空気が出ていて、カメラのレンズがすぐ曇ってしまう。

     170226P1050539.jpg


山頂までもう間もなく。

     170226P1050546.jpg


     170226P1050550.jpg


霞んでいて遠くの山々はほとんど見えない。

     170226P1050555.jpg

アセビが白く膨らみ掛けていた。

     170226P1050557.jpg


混雑してきた山頂をあとにして展望台分岐まで戻ったところで久留米山岳会一行と出会う。
なかには元越山でご一緒したTさん、Uさんの姿も。

     170226P1050559.jpg


展望台に立ち寄り、椎葉谷を下る。

     170226P1050567.jpg


             170226P1050569.jpg


     170226P1050570.jpg


     170226P1050571.jpg

     椎葉谷・仏石二俣分岐
     170226IMG_6485.jpg


二俣分岐から仏石へと上り返す。

     170226P1050572.jpg


              170226IMG_6487.jpg


     170226P1050576.jpg

鎖場まで来ると仏石はもうすぐ。
  
     170226P1050579.jpg


岩峰群のなかを抜けて仏石まで来ると多くの登山者で賑わっていた。

              170226IMG_6509.jpg


群生地は株が少なくなっているようだ。

170226IMG_6507.jpg


170226IMG_6505.jpg


170226IMG_6512.jpg


170226IMG_6500.jpg


170226IMG_6517.jpg


霜が融け、ぬかるんで滑り易くなった斜面を台地まで上がると、ここでも多くの登山者が食事中だった。 
ここでも光市のご夫妻と再会。  食事中には久しぶりにGINさんとも遭遇した。 

     170226P1050588.jpg


食事を済ませ二股分岐へ下る途中で撮影中に久留米山岳会一行が通過して行った。 

     170226P1050607.jpg


途中の尾根分岐から尾根を歩いて第一登山口上の駐車場を目指す。

     1206.2m三等三角点
     170226P1050612.jpg


踏み跡のない尾根は広いところがあるので方向を確かめてルートを外さないように。

     170226P1050614.jpg

     途中の藪の中に根三角点
     170226P1050618.jpg


ここから急斜面を転げ落ちないように下って行く。

              170226P1050621.jpg

     934mピーク
     170226P1050622.jpg

さらに下る。 枯れた木が多いので注意が必要。

              170226P1050629.jpg


     170226P1050632.jpg


934mピークから150mくらい直線的に下ってやっと駐車場へ下り付いた。

     170226P1050633.jpg


kyonさんと一緒に信ちゃん号で第二駐車場まで車を回収に行き、ここに戻って皆さんとはお別れ。
これからまた長い帰り道が待っているが、霧氷、福寿草、霜柱、そして多くの山友と出会うことが出来て
楽しい二日間だった。


Comment

RE:霜柱がきれいです 

風来坊さん、こんにちは。
二日目は曇りでしたが予報に反して気温が低かったので運良く見ることが出来ました^^
見られる場所が限られるのでなかなかチャンスがないですが一見の価値はありますよ。
脊梁方面の山にお出掛けの際にタイミングが合うといいですね。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.03/06 11:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

霜柱がきれいです 

おはようございます、higetiasさん。
フクジュソウは夕方でも見れるでしょうが、霜柱は貴重ですね。
食べてみたくなります(笑)
いつか見てみたいと思いました。ありがとうございます。
  • posted by 風来坊 
  • URL 
  • 2017.03/06 03:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

ケルンさんへ 

ケルンさん、こんにちは。
霜柱はこれまで写真でしか見たことがなかったのですがやっと実物を見ることが出来ました^^
土中の水分が氷結した霜柱とは違い、繊細な花びらのようでとても綺麗ですね。
自然の力は素晴らしいです!
仏石の群生地の株の少なさには驚きましたが、自然の力で蘇えってほしいです。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.03/02 10:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは
シモバシラ 茎からの水分が氷結した紋様が実に綺麗ですね、初見です。
群生地の福寿草株数が気になりますね。
  • posted by ケルン 
  • URL 
  • 2017.03/02 08:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:仰烏帽子 

ちょこっと観光登山さん、こんばんは。
先日はお声を掛けて頂きありがとうございました。
拙ブログを見て頂いているとお聞きし大変嬉しく思います。
福寿草は前日も見ていたのでどちらかと言うと霜柱に期待していたのですが、
運よく見ることが出来ました。 同じときに同じ場所でお会い出来て良かったですね。
きっとまた何処かの山でお会い出来ると思います。 その時を楽しみにしています!
コメントありがとうございました。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.03/01 23:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

仰烏帽子 

初めまして!
先日は、仰烏帽子で霜柱の花についてご指導頂きありがとうございました。higetiasさんにお会い出来たことで、全く知らなかった霜柱の花を教えて頂きいろいろ勉強になりました。
滅多に見られないとか・・・とてもラッキーでした。
エルちゃんとても可愛かったです。
また、何処かのお山でお会い出来た時には、お声かけをしますのでよろしくお願いいたします。

豊津の信ちゃんへ 

信ちゃん、こんにちは。
二日間、楽しかったですね~。 
二日目も意外と気温が低くかったので霜柱が見れてラッキーでしたね^^
欲張って椎葉谷コースを選択したのでハードになって申し訳なかったです。
尾根コースの急斜面は大変でしたが宿題が片付いて良かったですね。
お世話になりました! おかげで大満足の二日間でした。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.03/01 17:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:霜柱の花! 

けいこたん、こんにちは。
霜柱の花(とは言っても勿論氷柱です)、私も今回やっと見ることが出来ました。
霜柱はシモバシラというシソ科の植物の枯れた茎に出来るので、シモバシラがあるところで
ないと見れません。 霜柱が出来るような氷点下の気温の朝に見られるようです。
九州で良く知られているのは熊本県の白髪岳や仰烏帽子山などです。
福寿草とコラボしていた椿の落ち花は誰かが置いたのではないかと思ってしまいましたが、
本当のところは分かりません^^;
開いた福寿草よりも蕾から開き始めたばかりの花のほうが新鮮で清楚ですね。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.03/01 17:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higeさん、お疲れ様でした!
とっても楽しい2日間の山旅でした。
福寿草、霧氷、そしてもしかして~見れるかな?と思っていたシモバシラにも出会えて、文句なし~~でした(^_^)/
おまけに以前歩いた尾根のリベンジまで出来まして・・・感謝です!!
  • posted by 豊津の信ちゃん 
  • URL 
  • 2017.03/01 15:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

霜柱の花! 

皆さんが跪いて、顔を寄せ合って、一生懸命撮っているのは「霜柱の花」!
もちろん初めて見ました。
こんな形になる霜柱があるのですね。
本当に綺麗なお花のよう!
香りもありますか?(^^;)
霜柱の花を見るのには、時間とか場所とか条件があるのでしょうか。
どこででも見られるものではないですよね。
青みがかった(緑)フクジュソウも、椿とのコラボも素敵でした!
  • posted by けいこたん 
  • URL 
  • 2017.03/01 15:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter