higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

雨の火の山連峰縦走(2017/01/29)

2017/01/29(Sun)

火の山連峰
170129P1030962.jpg



6時半に車の外に出て見ると青空が見えている。
何とか天気がもってくれることを期待して準備を始める。 
朝食はスープに餅を投入したシンプル雑煮を信ちゃんが用意してくれた。 いつもご馳走様です。
7:45過ぎに宿泊地を出てセミナーパークへ向かうと目の前に火の山連峰南端の亀山が見えてくる。

     170129P1030796.jpg  


一番手前のセミナーパーク第8駐車場に一台デポして陶ヶ岳登山口駐車場へ移動する。

     170129P1030797.jpg


陶ヶ岳登山口駐車場を8:14に出発し、潟上中学校傍の岩屋山登山口へと向かう。
この頃には雲ってしまって天気が怪しくなってきた。

     170129P1030802.jpg


(本日の行程)
陶ヶ岳登山口(8:14)~岩屋山登山口(8:37)~鯨岩(8:58-9:08)~岩屋山(9:21)~陶ヶ岳小屋
(9:40-9:45)~観音山(9:53-9:58)~(陶一~三の岳)~火の山(10:40)~梅の木山(10:55)~
遠下山(11:11)~亀山(11:29-11:33)~仁光寺分岐(12:13)~第8駐車場(12:47)

(Route-Map)            (標高グラフ)
20170129火の山連峰  20170129火の山連峰G
(クリックで拡大)


途中にある松永邸は幕末の長州藩藩医松永周甫が開いた薬園跡。
近くには同じく長州藩の医者で日本陸軍の創始者となった大村益次郎の生家もある。

     170129P1030804.jpg


松永邸の横を抜けて行く。

     170129P1292844.jpg


火の山連峰を左に見ながら小さな川沿いに進む。

火の山連峰(亀山~陶ヶ岳)
170129P1030805.jpg

火の山連峰(陶ヶ岳~岩屋山)
170129P1030806.jpg


     山羊さんがお見送り
     170129P1292852.jpg


潟上中学校の横を上がって行くと「陶来楽夢山歩(スクラムサンポ)登山入口」の標識がある。

     170129P1292856.jpg

登山道に入るとシダが多くなってくる。 この辺りで小さな雨粒を感じるようになるがまだ大したことはない。

     170129P1030812.jpg

頭上に鯨岩が見えてきた。

     170129P1030815.jpg


              170129P1292863.jpg

鯨岩
170129P1030816.jpg


鯨岩に着いた途端雨が降り出したので雨対策をする。
鯨岩は以前は鎖がなかったらしいが、上るにも下りるにも大変だっただろうな。

170129P1030820.jpg

鯨岩からの眺めは霞んでいてちょっと残念。

170129P1030821.jpg


     170129P1030825.jpg

雨の様子を見ながら取り合えず岩屋山まで行く。

鯨岩を上部の岩場から見下ろす
170129P1030827.jpg


              170129P1292884.jpg

岩屋山が見えてきた。

     170129P1030831.jpg

天気予報では雨量は大したことはなかったし、今はまだ小降り状態なので陶ヶ岳まで行ってからこの先どう
するかを判断することにする。

陶ヶ岳
170129P1030836.jpg


     170129P1292888.jpg

鳥居の先の登山道脇の岩には小さな磨崖仏が沢山彫られている。

170129page01.jpg

小屋が見えてきた。 ここは観音堂跡地らしい。

     170129P1030852.jpg

小屋の中は幅広の腰掛が廻らしてある。 ここでこのあとどうするかを相談した結果、この先もエスケープ
ルートはあるし、進んでも戻っても雨に濡れるのは同じ。 ならば先に進もうと意見が一致して陶ヶ岳の山
頂まで行くことにする。 

     170129P1030853.jpg

小屋を出て観音祠に立寄る。

     170129P1030857.jpg

祠を覆う大岩の下面(天井部分)には数多くのハーケンが打ち込まれていた。
この祠も岩登りのトレーニングの場となっているようだ。

170129P1030859.jpg

急坂を上がる。

              170129P1030860.jpg

カメラのレンズが雨で濡れて霞んでしまう。

陶ヶ岳の主峰、観音山(234m)に到着。

     170129P1030861.jpg


           170129P1030866.jpg

ここから更に先へと進む。

           170129P1030870.jpg


陶ヶ岳の一の岳、二の岳、三の岳とアップダウンが続く。
陶二の岳の山頂(252m)の近くには南原之頭(みなんばらのあたま)の標識も。

170129page02.jpg


上りはまだいいのだが下りでは太腿にだるさを感じ出す。 今日の歩きで疲れたというよりも昨日の疲労が
今にして出てきた感じだ。

陶三の岳から鞍部に下りて上り返すと中間地点の火の山山頂(303.8m)に着く。
今日は気温が高くなる予報だったが低山にも拘わらず気温は0℃まで下っている。 
木のない稜線に出ると冷たい風が吹いて寒い。

     170129P1030889.jpg 


火の山から先は雨も止んできた。  木立の中に入ると風も和らいでほっとする。

              170129P1292910.jpg


     170129P1030894.jpg


遠下山(手前)と亀山(奥)
170129P1030898.jpg


     170129P1030903.jpg


歩いてきた稜線を振り返る。

170129P1030906.jpg


最後のピーク亀山に到着。 雨も本降りにならずここまでこれて良かった。
しかし、実はここから南へ下る岩尾根がもっとも要注意ヶ所なのだ。  気を抜かずに行こう。

     170129P1030913.jpg


170129P1292917.jpg


     170129P1030922.jpg


     170129P1030924.jpg

これから下る岩尾根を見下ろす。

170129P1030923.jpg

潜り岩はエルを背負ったままでは無理。 左側から巻いて行く。

170129page03.jpg

崖に張られたロープは擦れていて見るからに危なげだ。 ロープは使わずに慎重に下る。

170129page04.jpg


セミナーパークを見下ろす
170129P1030934.jpg


     170129P1030937.jpg


              170129P1292931.jpg

岩が濡れているので足を滑らせないように気を付けて。

170129page05.jpg


岩場を無事にクリアーしてシダに覆われた滑り易い砂地の斜面を下り、仁光寺分岐(亀山登山口)へと
下り着く。  
今日はここまで誰にも遇わなかった。(当たり前か!)  近場の人はこんな雨の日にわざわざ歩いたり
はしないだろうな。

     170129P1030951.jpg


     エルの頭も雨でずぶ寝れ
     170129P1292938.jpg


セミナーパーク第8駐車場までのんびりと歩き、陶ヶ岳登山口駐車場まで移動する。
濡れた服を着替えて車の中で昼食を摂っていると雨が激しく降り出した。 
思わず、「今日は付いてるね~!」

     170129P1030970.jpg


近くの長沢ガーデンの湯で冷えた身体を温めてから帰路に着く。

170129P1030980.jpg


火の山連峰は超低山とは思えない面白い山だった。 あいにくの雨となったが歩き通せて良かった。

信ちゃん&俊ちゃん、今日も悪天のなかお付き合い頂きありがとうございました。
おかげで楽しい二日間でした。


Comment

RE:楽しかったですね 

宮ちゃん、こんばんは。
昨日は地元の山をご案内できて良かったです。
もったいないような天気に春を感じながらの楽しい一日でした。
生協勘違い事件におおいに笑わせてもらった上に、生協物より新鮮な自家製野菜
まで頂きありがとうございました。
またご一緒しましょう!
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.02/03 17:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

楽しかったですね 

昨日は道案内ありがとうございました。史跡が多く山全体が土塁に囲まれた山城、歴史を感じなら、初めて訪れた山でした。改めて太宰府付近の歴史を知りました。Yさんから誘いがあり、私の勘違いで集合場所を大宰府政庁駐車場を大宰府生協駐車場(??????)と、聞いていたので、新鮮な野菜を買いに立ち寄り、その後、何処に???でした!(笑い)また、これからも間違いだらけの高齢者ですが宜しくお願いします!
  • posted by 中間宮ちゃんで~す 
  • URL 
  • 2017.02/03 10:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

のんびりママさんへ 

のんびりママさん、こんばんは。
翌日は下山するまで天気がもってくれることを期待したのですが、思ったよりも早く
降り出してしまいました。  近場の山なら即引き返していたと思います^^;
山好きというか、こうなるともう山バカかも知れませんね(笑)
エルは雨でも雪でもレインカバーから顔を出してしまうので困ったものです。
寒さは堪えていたようですが風邪は大丈夫みたいですよ。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.02/01 21:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

あのハードな縦走の次の日に、雨の中を火の山縦走されたんですね。
しかもエルちゃんを背負って・・・エルちゃん、雨でぐっしょり濡れてる。
(風邪ひかなかったかな?) 
皆さん、本当に山好きでタフですね。 (脱帽です)
お疲れ様でした。
  • posted by のんびり夫婦(ママ) 
  • URL 
  • 2017.02/01 20:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

豊津の信ちゃんへ 

信ちゃん、こんにちは。
少々の雨なんかなんのその~の面白い山でした!^^
晴れたときに歩いたらもっと楽しいでしょうね。
また行きたいですね~。
山口方面に出向く機会が増えそうです^^
お世話になりました!
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.02/01 15:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:ふーっ 

けいこたん、こんにちは~。
ふーっ、改めて写真を見ると危なそうですね~。
まぁ、足が短いのでこれ以上は伸びませんでしたが(笑)
エルが落っこちなくて良かったです! 
けいこたんが呆れ果てている様子が手に取るように分かりました^^;
でも写真を勧めてくれたのは信ちゃんですから・・・(笑)
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.02/01 15:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higeさん、mamaさん、2日間お疲れ様でした。
低山ですが、面白い山だったでしょう!!
今度はお天気のいい時にまた歩いてみてくださいませ。
その時に「この指、とまれ~」で企画すると、参加者がた~くさんかも(^^♪
  • posted by 豊津の信ちゃん 
  • URL 
  • 2017.02/01 13:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

ふーっ 

あっ!higeさん、危ないです!
左足伸ばしたら落っこちますよっ!
と、陶ケ岳の写真に向かって叫びそうでした。(~_~;)
エルちゃん無事でよかったと。(≧∇≦)
もう言葉は有りません。
お疲れさまでした。
  • posted by けいこたん 
  • URL 
  • 2017.02/01 10:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter