higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

鳥屋山(2017/01/07)

2017/01/07(Sat)


鳥屋山
170107P1030219.jpg



今日は15時頃から雨になる予報、それに夕方から予定もあるので時間の掛からない山に登ることに。
選んだのは今年の干支にちなんで朝倉市の鳥屋山。  これまで登る機会がなかった山だ。
長女が正月早々風邪で高熱を出したので、娘と孫の面倒を見るために夜は二晩続けて泊りに行っていた
mamatiasが朝帰りするのを待って9時過ぎに自宅を出て1時間余りで登山口の駐車場に到着。

昨夜信ちゃんとの電話で、今日Mishanさん一行が鳥屋山に登られることを知った。
HPを見ると登山口に8時半集合になっていたので、皆さんが下山中に会えるかも知れないと期待する。 
駐車場には乗用車が2台、それに福岡ナンバーのマイクロバスが待機中だった。
準備をして10:31に出発。

     170107P1072763.jpg


(本日の行程)
駐車場(10:31)~キャンプ場(10:37-10:42)~4合目(11:04)~8合目(11:22-11:26)~
鳥屋山山頂(11:33-11:36)~雌岩(11:37-11:44)~奥の院(12:01-12:05)~雄岩(12:18-
12:23)~男道・女道分岐(12:50)~キャンプ場(12:58-13:03)~駐車場(13:09)

(Route-Map)
20170107鳥屋山
(クリックで拡大)

キャンプ場に上がるとここはすでに7、8台の車で満車になっていた。
Mishanさん一行はここに止められたようだ。

     170107P1030107.jpg


鳥屋山とは(タイルの案内板より)
都野山とも記す。山頂は中世の古城跡であり、山中は同時に霊場としても知られている。
山腹の都高院をはじめ、その後背の滝、登山道に並ぶ八十八ヵ所の石仏、山頂の雄岩(男岩)・雌岩
(女岩)などの奇岩をはじめとした、豊かな自然に恵まれ、黒川院や安倍一族に関する多くの伝説に
包まれた山である。


トイレを済ませて標識に従って左手の斜面に取り付く。

     170107P1030112.jpg


谷筋を上がり、途中の分岐から折り返すように男道に進む。

     170107P1030204.jpg


男道と呼ばれるだけあって鎖やロープが設置された急斜面を攀じ登って行く。

170107page01.jpg


尾根に登り上がると石仏が出迎えてくれる。 このあと奥の院まで沢山の石仏と出合う。

170107P1030116.jpg


なだらかな尾根を進むと谷筋から上がってきた女道と合流する。

              170107P1072776.jpg


     170107P1030120.jpg


4合目を通過。

     170107P1072780.jpg



     170107P1030128.jpg


6合目からは擬丸太の階段混じりの急坂が続く。

     170107P1030131.jpg


8合目の手前で上の方から登山者の声が聞こえてきたのでもしかしたらと思っていたら、巻き道を下りて
来られたMishanさん一行と出会う。 Mishanさんを先頭にしんがりがサスケさん。
熊本、福岡、久留米、北九州、大分など各方面からの総勢14名の皆さんだった。
往路はここから鎖場を上がって行くので、どちらかがあと1分でも早いか遅いかしていたら行き違いになっ
て会うことは出来なかっただろう。 しばらくお話をしてお別れした。

     170107P1030132.jpg



170107page02.jpg


鎖場を上がると炭焼き場の跡もあった。

     170107P1030138.jpg


木々の間からは北側の展望が望める。

     170107P1030142.jpg


山頂ではマイクロバスの一行と思われるグループが食事中だったので、先に奥の院まで行こうとしていた
ら一人のご婦人から「エルちゃんですよね」と声を掛けられた。
お名前を伺うと何と信ちゃんの山友さんのN野さん(信ちゃんはなっちゃんと呼ばれている)とのこと。
お話は良く聞いていたので驚いた。 こんな偶然もあるんだなぁ。 またしても嬉しい出会いだった。

     170107P1030143.jpg


奥の院に向かう前に雌岩に上がる。

170107page03.jpg


上は思っていたより奥行きがあるが先は断崖になっている。

              170107P1030149.jpg


しばらく南方向の景色を眺める。

     170107P1030151.jpg


雄岩は帰りに寄ることにしてひとまず奥の院まで往復する。

     170107P1030159.jpg



              170107P1072800.jpg


奥の院の結界には簡素なしめ縄が張られていた。

     170107P1030166.jpg


寛政六(1794)年に真言僧大同(だいどう)が祀ったという祠が安置されていた。

     奥の院
     170107P1030168.jpg


復路で食事を済ませて奥の院に向かうN野さん一行とすれ違い、雄岩まで戻って来た。

              170107P1072808.jpg


170107page05.jpg


誰もいなくなった山頂に別れを告げて下山。

     170107P1030189.jpg

     
巻き道の分岐から左へ折り返すように下る。

     170107P1030193.jpg


8合目で往路に合流。

     170107P1030195.jpg


下りは女道で谷へと下って行く。

     170107P1072825.jpg


荒れ気味の谷を下る。

     170107P1030205.jpg


キャンプ場に下りて来た。

     170107P1072827.jpg


都高院に立寄る。 左奥には男滝が見えているが水量は少ない。

     170107P1072831.jpg

都高院とは(タイルの案内板より)
康平(1062)年に東国で起こった厨川(くりやがわ)の戦いに敗れた安倍貞任(さだとう)の弟宗任(むねとう)
の末子三郎実任が鳥屋山中にとりでを築いたと伝えられており、都高院はその後に里人達が庵を建て
大師を祭ったものが始まりという。

安倍宗任は前九年の役で敗れて、三郎実任と共に筑前大島に流されそこで没している。
昨年7月に大島の御嶽山に登った際宗任の墓に立寄ったが、ここ鳥屋山も安倍氏と関わりがあったこと
は初めて知った。


駐車場に戻る途中の路肩にはサツマイナモリが純白の花を付けていた。

     170107P1072836.jpg



Comment

RE:英彦山情報 

宮ちゃん、こんばんは。
英彦山滝情報拝見しました!
先週に続いての滝巡り、今週は英彦山でしたか。
昨日は天気も良くいい時に行かれましたね~。
行者の滝は17日より成長しているように見えます。
今回の寒波は期待出来そうですね^^
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.01/22 23:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

英彦山情報 

昨日、英彦山滝巡りでした。自然相手なので仕方ありませんが先週の方が良かったですね。来週の寒波を期待したいですが!
  • posted by 中間宮ちゃんで~す 
  • URL 
  • 2017.01/22 22:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:四王寺滝では 

ケルンさん、おはようございます。
コメントありがとうございます!
こちらこそ、ブログでお名前は存じていましたがお会い出来て嬉しかったです。
今年最初の英彦山がまたひとつ記憶に残るものになりそうです。
山で出会う諸先輩方が皆若々しくお元気なので大いに刺激を受けています。
またご一緒できることを楽しみにしております。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.01/20 09:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

四王寺滝では 

滝見登山ではお供させて頂きありがとうございました。
信ちゃんのブログではお名前を拝見していましたが、会えてうれしかったです。
ハイグレードの写真を撮っておられますね、楽しみが増えました。
今後ともよろしくお願いいたします。
  • posted by ケルン 
  • URL 
  • 2017.01/20 07:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/11 17:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/11 15:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:考えてはいたのですが… 

ポンちゃん、こんばんは。
単純に鳥(酉)のつく山より少し捻ったほうが面白かったですね~。
鳥屋山も古処山系に属するので英彦山にゆかりのある修験の山のようですね。
下山後にもう一座mamatiasが未踏の目配山に行く予定でしたが、出発が遅かった
ので日を改めることにしました。
今週末は寒波で荒れ気味のようですが、久しぶりに極寒の世界を楽しみたいと思っています^^
今年は四王寺滝や宝満の大つららも見たいのですが・・・
 
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.01/10 20:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

考えてはいたのですが… 

こんばんは、higeさん
鳥屋山、距離は短いながらなかなかの修験の山のようですね。
詳しいレポでよーく分かりました。
目配山とのセットで登ると良さそうですね。
雄岩での写真、エルちゃんを背負って慎重に岩をつかむhigeさんと、怖いもの知らずのmamaさんの対比が面白いですねえ(^o^)
今週末は寒波の予想なので、来週水曜日あたり晴れだしたら素晴らしい雪山か、氷瀑が楽しめるかもしれませんね。ウィークデイで無念の巻であります。
  • posted by ポンちゃん 
  • URL 
  • 2017.01/10 18:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:残念でした 

yamagoeさん、こんばんは。
本当に残念でしたね~。
yamagoeさんのコースタイムを見てMishan一行には間違いなく出会っているだろうと
思っていましたが、やっぱり会われていたんですね。
私も人の顔や名前がなかなか覚えられませんが、エルを連れていることで声を掛けて
もらうことが多いです^^;
yamagoeさんのお顔はしっかり覚えてますので、また会えることを楽しみにしています^^
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.01/09 22:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

残念でした 

higetiasさん、こんばんは。
あと10分程いれば、しっかり覚えているhigetiasさんに会えたのに非常に残念です。
そういえば、14名の団体さんとは駐車場で集合されているときにお会いして、次に私が一人で下山中にお会いしました。
下山中にすれ違った時、私の顔を見て「どこかで見たことがある・・」と綺麗な女性から言われ、私も見たことがあると思ったのですが思いだせず「やまごえ」と申しますと言って通りすぎました。
島原の九千部岳で同行させて頂いたMishanさん達グループとは気づきませんでした。
一緒する機会が少なく単独山行が多い私には皆さんの顔を覚えきれません。
この場をお借りして、失礼いたしました。
  • posted by yamagoe 
  • URL 
  • 2017.01/09 22:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

豊津の信ちゃんへ 

信ちゃん、こんにちは。
Mishanやサスケさん&ミーコさん、それになっちゃんにも出会えて嬉しい一日でした。
鳥屋山は信ちゃんが行けるときにしようかとも思ったのですが・・・
でも、変更していたらなっちゃんとはお会い出来なかったですね~。
いつか山口の山をご一緒しましょう!
家を早く出られればもう一座目配山を考えていたんですが時間切れでした。
やまごえさんは相変わらずの健脚ぶりですね~。
リハビリ登山、いつでもお付き合いしますよ!
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2017.01/09 11:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higeさん、mamaさん、こんにちは。
7日は返す返すも本当に残念でした。
夜はなっちゃんからメールが入り、折り返し電話で話しました。
なっちゃんもとても喜んでいましたよ~~
Mishanたちにも会いたかったなぁ~~♪
山越さんも当日、鳥屋山へ登っていたようです。higeさんたちが登る前に下山して、斫石峠から大日ヶ岳・釈迦ヶ岳へと登ったようです。
相変わらずの健脚ですね~
では、また。
  • posted by 豊津の信ちゃん 
  • URL 
  • 2017.01/09 10:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter