higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

四王寺滝(2012/02/05)のつづき

2012/02/05(Sun)


先週に続き四王寺滝を見に行きました。 今日はSさんと二人です。
今日はmamatiasは別用、エルはお留守番です。 朝早くこっそり出ようとしたのですが、エルは怒り狂っ
ていました(苦笑)。

添田町周辺の道路の通行止め規制は昨日の昼には解除されていたようですが、yamahikoさんの情報
では朝から多くの登山者が入山していたようです。 昨日決行していてもよかったかな。
 

211号線宝ヶ谷付近の道路も、「えっ、これで昨日の午前中まで通行止め!」という状態で、結局別所駐
車場までチェーンは必要ありませんでした。

7:30の別所駐車場の様子です。 先週の同時刻よりやや車は多いものの、まだまだ余裕です。

IMGP8879s.jpg 


残雪は先週よりやや多いくらいですが、凍結しているので奉幣殿でアイゼンを着けました。 

IMGP8893ss.jpg  


奉幣殿から35分で滝登山口です。 もうすっかりお馴染みの場所です。

IMGP8905s.jpg 


今日はエルを担いでいないので負い荷(ザック)のバランスもよく、ペースは速めです。 
気温は0℃ですが、今日も風がないためにロングTシャツ1枚でも汗ばむくらいです。
滝まで来ると先行していた2人連れが入れ違いに下りて行かれたので、今日も誰もいない滝で写真を撮る
ことができました。  天気はパッとしませんが今日は一眼レフも持参です。

IMG_7748s.jpg 


滝は先週に比べると左の方のつららが小さくなっていますが、逆につららが伸びているところもあり、全体
的にはほぼ同規模といった印象です。
ただ、流水はほとんど見受けられませんでした。 このまま低温が続いてくれればいいのですが。


写真を撮っている間に徐々に登山者が上がってきました。 Sさんも満足したようなのでそろそろ下ること
にします。 

今日も多くもの登山者が訪れていましたが、幸い長蛇の列には遭遇することなく戻ることができました。
先週と同じような場所でまたまた、登ってくるAD君と出会いました。

この後の行程は決めていませんでしたが、とりあえず梵字岩に立ち寄りました。

IMGP8934s.jpg 


IMG_7791s.jpg 


Sさんと今後の行動を相談した結果、午後から天気も下り坂なので、今日はピークハントは止めて早めに
下山し温泉でゆっくりしようと決定。  軟弱二人組です(笑)。

学問神社分岐まできたところで、6人グループを案内するyamahikoさんにお会いしました。 連日ご苦労
様です。

グループの中には五十嵐賢さんがおられたようですが、その時は気が付きませんでした。 
以前坊ガツルでテント泊して雨ヶ池まで散策した際、九重の花ポイントについていろいろ教えて頂いて以
来だったのですが・・・。 

IMGP8951s.jpg 


今日はまだ誰も歩いていない学問社に立ち寄ることにしました。 テンや鹿の足跡だけが残っています。

       IMGP8956s.jpg 


岩窟前の鎖も凍り付いていました。  滑らないように要注意です。

       IMGP8958s.jpg  


社の中には文殊菩薩様が祀られています。 道標などの名前からすると神仏習合の名残りでしょうか。

IMGP8961s.jpg  


IMGP8962s.jpg 


学問社から戻る途中小さな沢を渉った杉林のなかに、獣道らしきルート(積雪で踏み跡は不明)があるの
に気付き辿ってみると、途中で沢を渉ると登山道に遭遇したのでしばらく下りました。
鹿の鳴き声がしています。 方向を確認すると沢に沿って真西に向かっていたので、しゃくなげ荘に下る
道では?と判断し、途中でUターンして学問神社分岐まで戻りました。  

途中で尾根の上を移動する4頭の鹿を見かけました。 残念ながら写真に収めることはできませんでした
が、今日一番の収穫かも。 

九大生物研究所に下ります。 

IMGP8979s.jpg 


途中の大岩の麓に祀られているお地蔵様
IMGP8982s.jpg 


九大生物研究所の入口まで戻ってきました。

IMGP8984s.jpg 


と、ここで登山者ではない年配のご婦人から、「途中に男の人が倒れているのを見掛けませんでしたか?」
と突然尋ねられました。 聞くとご主人が一週間前に英彦山に登山に来てから連絡がないというのです。
北九州の方らしく警察にも届けているとのことでしたが・・・?。 
お知り合いと見られる方のタクシーで来られているようでした。 
万がいち一週間前に遭難していたとすると、先日の寒波のなかではとても厳しい状況が予想されます。
同じく山に登る者としては、特に山での遭難は人ごとではありませんが、心当たりがない以上どうすることも
できません。 ご婦人も連れの男性に促がされて戻って行かれました。


ニュース等で遭難情報もないし・・・と、何か心に引っかかるものを感じながら、駐車場まで戻りました。 
戻ったところでちょうど雨が降り出してきたので、早めの下山を決断して正解でした。

東屋で昼食を摂り、「しゃくなげ荘」に立ち寄りました。

入浴後しゃくなげ荘の職員の方に先ほどのご婦人の話をしたところ、警察からもどこからもそういう情報は
入っていないとのことらしく、ますます謎めいてしまいました???。



Comment

悟空さんへ 

こんばんは。

どこの山も今年は雪が少ないようですねi-195
四王寺滝、今年は行けないんですか? 
すでに幻ではなくなりましたが、悟空さんには必ず見る機会は
あると思います。 いつかご一緒できるといいですね。

> 行方不明??逃げたんじゃないですか(笑)
> 何もなければいいですが...不思議ですよね~
私も全く同感です。 ご婦人には申し訳なかったのですが、
冷静に判断するとそう考えても仕方がない状況ですもんね。 
友人は「英彦山のキツネ?に騙されたのでは」などと
のたもうておりましたが・・・。

私も暑さや虫に弱いので、夏の低山が苦手です(苦笑)。

ところで、悟空君の拗ねた顔すごく実感が伝わってきました。 
ああいう顔をされると置いて行くのがつらくなりますよね。 
大人だったテイアスも置いて行かれたときだけは、体当たりして
きて頭突きをしてましたので、悟空君の心中よく理解できます。
エルはただ甘えん坊なだけの我がまま犬ですが(笑)。

積雪しなくても凍ってくれれば滝が成長するんでしょうけどねぇ。

  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2012.02/07 22:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは^^
英彦山なのにやはり雪が去年より少ないですね。
でもやっぱり滝を見て見たいです^^
今年は行けそうにないです;;
行方不明??逃げたんじゃないですか(笑)
何もなければいいですが...不思議ですよね~
エルちゃんもお留守番だったんですね~いじけましたか(笑)
英彦山はまだルートが良くわかりません...
虫が出てくると山へ行かない私なので^^;
おまけに紅葉の時期に案内してもらったのですが人が多くてこれまた
余計に疲れて帰って来てしまいました^^;
明日からの寒波も九州はあまり関係なさそうですね--;
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2012.02/07 21:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

yamahikoさんへ 

yamahikoさん、こんにちは。

英彦山からのわざわざのご訪問、ありがとうございます。
昨日は久しぶりの雨、よく降りましたね。 今夜からまた冷え込むようですが、
英彦山はまた積雪でしょうね。

英彦山はまだまだ歩いていないルートもあって、楽しくもあり、険しくもあり、
魅力いっぱいの山ですね。
滝のシーズンが終わっても四季折々これからも訪れたいと思っていますので、
いろいろ教えて頂けるとありがたいです。

KBCテレビ情報ありがとうございます。 楽しみにしています。
18時30分になったらテレビの前で正座して待っています(笑)

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!


磨崖仏というのは、学問社のことでしょうか?(違っていたらすみません)
岩は凍っていませんでしたが、ややゆるくなった雪で滑りやすかったです。

  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2012.02/07 17:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは

英彦山から、お邪魔します。
昨日からの雨が上がり、今日は1日中霧が深く鬱蒼とした天気でした。

氷瀑の、丁寧なレポートですね。
あの日は、磨崖仏まで行かれたのですか?
岩が凍っていませんでしたか?

今日夕方KBCテレビ、18時30分ぐらいから、四王寺滝が放映されます。

氷瀑として見られるのも、あと何回でしょうかね。
滝三昧(笑)の日々も、そろそろ終わり近いようです。

これからも宜しく!!

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter