higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

くじゅうに朝駆け(2016/12/24)

2016/12/24(Sat)


161224IMG_2167.jpg


今年も残すところあと一週間。 
最近は限られた時期にしか足を運ばなくなったくじゅうだが、この冬はまだ九重連山の雪を踏んでいない。 
三連休の週末に掛けて幸い寒波が来た。 積雪は大したことはないようだが霧氷は見れそうだ。
天候の条件が最も良さそうな今日、けいこたん&じゅんパパさんのリクエストで裏英彦山を案内する信ちゃ
ん&俊ちゃんからのお誘いを断わって久しぶりにくじゅうに朝駆けすることにした。
天気は晴れだが夜明けは九重連山にはガスが掛かっていそうなので、狙いは燃えるガスとブロッケンだ。

少しでも仮眠を取って自宅を出るつもりだったが、結局一睡もしないまま0時半過ぎに出発。
最近は厳しい寒さにエルを晒すのが忍びなく留守番させることが多くなったが、家を出るまでエルの騒ぎ様
が半端ではなかった。 「ゴメンよ、エルちゃん!」

九酔渓を上り長者原から牧ノ戸峠に向かったが、道路には雪は残ってなく凍結もしていなかった。
今日はさぞかし朝駆けの登山者が多いだろうと思っていたが、意外にも3時頃の牧ノ戸峠には車はほとん
どなく、準備をしている登山者の姿や灯りも見えなかった。
気温は-4℃。 風が強いなか準備を済ませて3時半過ぎに出発。

     161224P1020462.jpg


積雪はほとんどなくアイゼンは着けるまでもなさそうだが念のために携帯する。
ところが取り付いた直後から足元は薄い雪が凍り付いていて滑る、滑る。
上りは何とかなりそうだが、下りでは簡易アイゼンを着けたほうが無難な状況だ。
いつもはきついコンクリート道の上りだが、足元に神経を集中させて歩いたので全くきつさは感じなかった。

沓掛山の手前のトンネルを形造る樹木にはビッシリと霧氷が付いている。

     161224IMG_4418.jpg


先行者は誰もいなく雪の上に一番乗りの足跡を付けながら歩くが、沓掛山を越えると登山道は5~10cm
程の霜柱に押し上げられた土の上に薄っすらと積もった雪が凍っている状態で、一歩一歩踏み出す度に
足が沈んで歩き難いことこの上ない。 石コロに足を取られないように注意して歩く。  
気温が上がるとドロンコになることは必至だ。

時間には余裕があるので汗を掻かないようにスローペースで進む。

しばらく来ないうちに、倒れてしまっていたブロッコリーの木は進入規制のロープの外側に移植されていた。

              161224P1020471.jpg


稜線に出ると風が一段と強まり、気温は-10℃まで下がってきた。

天狗ヶ城に直接上がるために久住分れの避難小屋で時間調整をしているとS木さんと連れのS.Nさんが
到着。  久しぶりに話をしているうちに気が付くと小屋に入って50分ほど経っていた。
6:12に猛烈な風のなか天狗ヶ城に向けてひと足先に小屋を出る。

山頂手前で闇が白け出し、飛ぶように流れているガスが赤く染まり出した。
6:42に誰もいない山頂に上がる。
     
     161224IMG_2012.jpg


     161224IMG_2025.jpg


           161224IMG_2027.jpg


360度見渡す限りの雲海でその上をガスが飛んで行くが、流れが早過ぎて焼け方が足りない。
気温はさらに下って-13℃、体感温度は-20℃は下回っているはずだ。

161224IMG_2037.jpg


7:13、日の出時刻より少し遅れて太陽が雲海の上に顔を出し始める。
ここからはしばらくは寒さに耐えながら狙い通りの天体ショーを楽しむ。

161224IMG_2079.jpg


161224IMG_2069.jpg


161224IMG_4496.jpg


161224IMG_4502.jpg


日が昇ってしまうとあとはブロッケンに期待するしかない。 
周りの景色を切り取りながらブロッケンの出現をひたすら待つ。

161224IMG_2092.jpg


161224IMG_2101.jpg


影天狗の山頂には丸い虹が出現しているのだが・・・。  

「出て来い! 妖怪」
161224IMG_4526.jpg


2本とも寿命が近くヘタってしまったバッテリーを交換しながら撮り続けるが、すぐにシャッターが切れなく
なってしまう。 そろそろカメラごと買い替え時期かなぁ(^_^;)

虹が出現してから待つこと30分、ようやくぼんやりとした妖怪が姿を現した。
周りには大きな虹も出ているが不完全だし薄くてよく分からない。

161224IMG_2147.jpg


161224IMG_2155.jpg


天体ショーは不完全燃焼で終わってしまったし、御池も不完全凍結だ。

161224IMG_2158.jpg


今日の天狗は後から上がって来た男性と3人のみで静かな山頂だった。 
中岳、久住、稲星にも若干いたようだが、朝駆けの登山者は少なかったようだ。

161224IMG_2173.jpg


隠れっ放しだった星生山がようやく姿を見せ出した。

161224IMG_2174.jpg


気が付けば山頂に上がって2時間が経過している。 
体も冷え切ってしまったのでそろそろ池の小屋に下ろう。 

           161224IMG_2163.jpg



161224IMG_2176.jpg



161224IMG_2179.jpg


鞍部まで下りたら気が変わり中岳に立寄る。

161224IMG_2182.jpg


161224IMG_2187.jpg


161224IMG_2184.jpg


161224IMG_2188.jpg


中岳には長居せず、上がって来た男性と入れ違うように下山する。

161224P1020483.jpg


池の小屋にはS木さんの仲間らしいサンタとトナカイ姿の男性が4人。
今日はクリスマス・イヴなんだな~。   

     161224IMG_2193.jpg


朝食を摂っている間に仲間が続々と到着して、衣装替えをして写真を撮ったりして楽しんでいた。

     161224IMG_2197.jpg


ドロンコになる前に下ろうと思っていたが、思いのほか長居してしまった。 
時刻は10:25、遭難慰霊碑の丘を経由して下山する。

161224IMG_2199.jpg



161224IMG_2201.jpg



161224IMG_4649.jpg



161224IMG_2209.jpg



161224IMG_2214.jpg



161224IMG_4670.jpg



161224P1020487.jpg



161224IMG_2217.jpg


頭と顔だけ白いライオン君
161224IMG_2219.jpg


気温も上がり霧氷も溶け出してきた。

           161224IMG_2222.jpg



161224IMG_4677.jpg


大勢の登山者に踏まれて霜柱が立っていた土はドロドロになっていた。
 
     161224IMG_4675.jpg


第二展望所からのコンクリート道は案の定滑り易く、第一展望所の東屋で簡易アイゼンを付けて下り、
13時に下山。

     161224P1020497.jpg


mamatiasは今季初の雪山だったし、まだ寒さになれない身体でいきなり極寒の朝駆けは堪えたが、
年を越す前に耐寒が出来て良かった。 欲を言えばもっときれいな白銀の世界を楽しみたかったが。
年が明けたらたっぷりと雪を降らす寒波に期待しよう。


Comment

けいこたんへ 

けいこたん、こんばんは。
寒さに耐えながら粘った割りには虹も影も切れ味のないブロッケンでしたね^^;
両手でカメラ抱えて妖怪と格闘していたのでお手手なんかつないでないですよ~。
ましてや肩を組むなんて・・・(笑)

自然が創り出す一瞬一瞬の光景は二度と再現出来ないその時だけのもの。
上手くもない写真ですが感動してもらえて嬉しいです。
感謝!!
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.12/27 22:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんは! 

二人のブロッケン写真、魅せられました。
ではなく、見せつけられましたわ。(^-^)
ブロッケンだからぼんやりですが、二人は肩を組みあっている?
お手々つないでる?
いいなあ~!

時間とともに変化する、雪と氷のくじゅうを堪能させていただきました。
綺麗とか美しいとかの言葉でもまだ足りないくらいに素晴らしいです!
空や雲や氷の色の変化、たっぷりの霧氷などー。
厳しい寒さの中を歩いて、時を待っての写真、やっぱり素晴らしい!
いいものを見せていただきました。
感動!!
  • posted by けいこたん 
  • URL 
  • 2016.12/27 19:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

うすきハッピーリタイアメントさんへ 

うすきさん、おはようございます。
この冬はここまで積雪が少なく、見た目にはちょっと寂しいくじゅうでしたが、
寒さは健在でした。  風があるのとないのでは体感は雲泥の差ですね。
年齢の所為でしょうか、近頃は寒さに弱くなったような気がしています。
うすきさんも雪山歩きに向けて着実に体力を回復されているようですが、
くれぐれも無理はなされませんように。
来年はお互い心身ともに健全な年を過したいものですね。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.12/27 10:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higetiasさん&mamatiasさん、おはようございます。
素晴らしい雪景色とご来光シーンをたっぷりと楽しまさせて頂きました。
それにしても気温が-13℃、体感温度は-20℃には驚きです。
強靭な体が羨ましい限りです。
雪道歩きが出来る様にリハビリに励んでおります。
  • posted by うすきハッピーリタイアメント 
  • URL 
  • 2016.12/27 08:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

ポンちゃんへ 

ポンちゃん、こんばんは。
見てるだけでも寒そうですか~(笑)
最近は歳の所為か家の中でも寒さが堪えるようになってきたのですが、やっぱり山には行きたくなります。
この日は朝駆けの登山者は意外にも少なく静かな山を楽しめました。
クリスマス・イヴの翌日なら少ないのも分かりますが・・・。
ペアのブロッケン、見ただけでも寒々しいですね。 実際も寒かったですけど(笑)
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.12/26 21:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

ふぃずランドさんへ 

ふぃずランドさん、こんばんは。
ご無沙汰しています。 
冬の朝駆けも余程の猛吹雪でなければ歩いているときは超防寒は必要ないですよ。
動かずに長時間待機するとなるとそれなりの対策は要りますが。
ねらいは良かったのですが本人同様しまりのないブロッケンでした^^;
この日はバリエーションルートで大船だったようですね。
春に同じようなルートを歩きましたが、積雪時となると間違い易いですよね。
大船の御池もまだ完全凍結とはいかないようですね~。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.12/26 21:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

見てるだけでも… 

こんばんは
もう~~寒い!!
とてもじゃありませんが寒そうで行く気にもなりません。
お二人とも耐寒訓練が出来てらっしゃるのでしょうね。
でも、その分静かな美しい九重を楽しめるのでしょう!
御池の氷具合がなかなか面白い形ですね
ペアでブロッケンになっていたので、お二人の付近だけは暖かったのでしょうか?

  • posted by ポンちゃん 
  • URL 
  • 2016.12/26 21:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんは! 

お久しぶりです。
この日は対面の大船山に遊びに行ってました♪
冬の朝駆け、マイナス13℃なんて死んでしまいそう(´・ω・`)
冬だけはまだ朝駆けしたこと無いので行くときは超防寒対策して登ります(笑)

ブロッケンいい感じにでていますね~
もっとはっきり出ることもあるんでしょうけどうちはこの状態でも歓喜しそうです。
朝のうちの霧氷は見事でした。
御池が全面凍結するのはいつになるんでしょうね~
  • posted by ふぃずランド 
  • URL 
  • 2016.12/26 20:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

風来坊さんへ 

風来坊さん、こんばんは。
青春18きっぷの山旅は如何でしたか?
開聞岳の山頂も風が強かったんですね~。
風が強いと寒さが倍増しますね。
今回は信ちゃんの誘いを断わった所為かくじゅうの女神はあまり微笑んでくれませんでした。
おまけに、次に会ったときは信ちゃんからお仕置きされそうです(笑)
私も今年の登り納めは30日を予定しています。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.12/26 18:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは、higetiasさん。
24日の九重は本当に寒そうですね・・・。
写真から寒さが伝わってきます・・・。
風来坊は開聞岳に登りましたが、山頂は風が強く寒かったです。
でも、九重ほどの寒さでは無く、緯度の違いを感じました。
信ちゃんの誘いを断るとは、なかなか出来ないと思いました・・・。

豊津の信ちゃんへ 

信ちゃん、こんにちは。
この冬初のくじゅうで寒さと強風の洗礼を受けてきました~^^;
気温が低かったので霧氷はしっかり付いていましたが、積雪はほとんどなかったです。
山頂で2時間も過すつもりはなかったのですが、ガスが流れるのにブロッケンが出そうで
出ないものですからついつい・・・(苦笑)
寝てないので、アルコール飲んだら眠り込んで凍死したでしょうね(笑)
英彦山も雪は少なく、気温も前回より高かったようですね。
北岳への稜線では何とか霧氷も見れて依頼人も喜ばれたようで良かったですね。
真っ白に積もった雪の上を歩きたいものですね!
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.12/26 17:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは。
くじゅうの雪景色をたっぷりと見せていただきました。
山頂で2時間もすごすのですか~~
私どもには到底耐えられないと思います。
相方さんはとんでもない~というでしょう(笑)
お酒を持って行って、アルコールでごまかしたとしても帰りのことを思うと・・・

英彦山は前回higeさんとご一緒した時の方が雪が多かったし、霧氷もきれいでした。
が、お二人に喜んでいただけて良かったです。
  • posted by 豊津の信ちゃん 
  • URL 
  • 2016.12/26 14:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter