higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

宮崎の山旅・その二~矢筈岳(2016/11/26)

2016/11/26(Sat)

矢筈岳(左:西峰 右:東峰)
161126-2IMG_1934.jpg


丹助岳の南の裾を回る細い舗装林道を走って矢筈岳の登山口まで移動すること10分余り。

     161126-2P1250319.jpg


(行程)
登山口(11:32)~鞍部(11:51)~分岐(12:01-12:03)~東峰(12:13-12:21)~分岐(12:29)~
西峰(12:43-12:46)~チョックストーン(13:06)~登山口(13:14)

(Route-Map)
20161126矢筈岳
(クリックで拡大)


登山口から直進すると西峰へ直登する尾根に入るので、ここは左下に下る林道に進む。

     161126-2PB262500.jpg


葉が落ちて見通しの良くなった冬枯れの道を気持ち良く下って行く。

              161126-2PB262502.jpg


左手にはつい先ほど登った丹助岳が南西側の岩肌を見せている。

     161126-2P1250324.jpg



              161126-2PB262510.jpg


最低鞍部まで来ると生い茂る木々の隙間から東峰の山頂部が僅かに見えていた。

     161126-2PB262511.jpg


鞍部から東峰と西峰の分岐まで急斜面を上る。 右手には立派な石積みの釜跡も。

     161126-2P1250339.jpg


尾根の分岐に上がり着く。

     161126-2P1250340.jpg


     161126-2P1250341.jpg


矢筈岳は全員初めての山。 丹助岳では先頭を譲ってもらったので今回は山頂手前で先に行って頂く。
標識通り10分で東峰山頂へ到着。 山帽子さん、宮ちゃん、お先に失礼しました! 
すぐ先は足元からスッパリと切れ落ちている断崖絶壁。

     161126-2P1250343.jpg


161126-2P1250349.jpg


頼りないロープが張られた絶壁に先には比叡山の岩壁が目の前に見えている。
足がすくむような高度感だ。

161126-2P1250348.jpg


丹助岳でも出会ったトレランの男性3人が上がってきたので、全員で撮ってもらう。

     161126-2P1250352.jpg


分岐まで戻り西峰へと進むが、途中で宮ちゃん、山帽子さんが往路を戻るとのことで引き返されたので、
ここから先は4人で進むことになる。

          161126-2PB262517.jpg


分岐の標識にはキケンと書いてあったが、山頂までは左程危険な箇所もなく簡単に登頂。

     161126-2P1250364.jpg


     161126-2P1250365.jpg


丹助岳に繋がる西側の尾根の途中に我々の車が小さく見えていた。

161126-2P1250363.jpg


ここで誰が言い出すともなく、全員で西側の尾根を下るルートを探し始める。
山頂の先を覗いてみると切れ落ちた絶壁でとても下りれそうもない。 少し戻って右手を探すと僅かな
踏み跡が見え、傍に小さなテープも発見。 

     161126-2P1250366.jpg


少し下ってみると山頂直下の岩はオーバーハングしていた。

        161126-2P1250367.jpg


ここから全員で断崖絶壁のアドベンチャー・ルートをロープを頼りに慎重に下って行く。

最初の難関は左が切れ落ちた岩壁のトラバース。 頼りないロープが張られている。

161126-2P1250368.jpg 


ほぼ垂直の壁
161126-2page01.jpg


ショルダーからエルが飛び出さないようにバランスを保つ。 背負子を置いてきて正解だった。

161126-2page02.jpg



        161126-2P1250382.jpg


難所をクリアして途中の小ピークへ。

     161126-2P1250383.jpg
 

ロープ場はまだまだ続く。

     161126-2P1250384.jpg


途中にはダブルのチョックストーンが。

        161126-2P1250388.jpg


そのすぐ先には朽ちかけた東屋も。

     161126-2P1250390.jpg


東屋から先は歩き易い尾根に変わる。

              161126-2P1250394.jpg


山帽子さん、宮ちゃんが待つ登山口へ無事に戻ってきた。

     161126-2P1250396.jpg


駐車場から望む西峰は見る分には格好いい。 よくもまああんな岩峰を下りてきたものだ。
久しぶりに達成感のあるルートだったが、歩くなら下りより上りに使うほうがお勧めだ。
単独ではなるべく控えたほうが良いと思えるルートだった。

        161126-2P1250400.jpg


予定より2時間近くも早く二座を登り終えて時間に余裕があるし、明日は雨の可能性が濃厚なので、冠岳の
あとに行く予定にしていた日向岬へ今日のうちに行こうということになる。

国道218号線日之影バイパスに出る途中の展望所から岩峰群を眺める。

たった今歩いた矢筈岳(左:西峰 右:東峰)
161126-2IMG_1938.jpg


矢筈岳と比叡山の岩壁(右端)
161126-2IMG_1931.jpg


矢筈岳東峰と比叡山
161126-2IMG_3782.jpg


日之影バイパス、北方延岡道路、国道10号線を約60km走り、日向岬へ移動。

まずは「願いが叶うクルスの海」へ。

161126-2P1250423.jpg

(案内分より)
この「クルスの海」には、訪れると願いが叶うという不思議な言い伝えがあります。
展望台からみえる「クルスの海」は、その岩の形状が「叶う」という文字に見えることから、
こういった伝説が言い伝えられたものです。

161126-2IMG_3792.jpg


              「願いが叶うクルスの鐘」とじいちゃんと孫の図
              161126-2P1250414.jpg


     エルは何を願うのかな?
     161126-2P1250417.jpg

欲がなくなったhigetiasは願い事をしなかった。 というのは嘘、ただ忘れていただけ。


続いて柱状節理の断崖絶壁の馬ヶ背へ。

     161126-2P1250425.jpg


161126-2P1250430.jpg



           161126-2IMG_3830.jpg


           161126-2IMG_3832.jpg



161126-2IMG_1966.jpg


     ハマナデシコ
     161126-2IMG_3815.jpg

ホソバワダン
161126-2P1250435.jpg


日向岬展望台の突端まで行ってみる。

              161126-2P1250431.jpg



161126-2IMG_3839.jpg


黒バエ
161126-2IMG_1964.jpg

 
              細島灯台
              161126-2P1250444.jpg


16時近くになったので今日の宿泊地日向サンパークへ向かい、16:20に無事チェックイン。

     161126-2P1250450.jpg


まずはロッジに荷物を下ろしてから、園内の温泉館「お舟出の湯」へ。

     161126-2P1250452.jpg


     161126-2P1250458.jpg


18時過ぎには懇親会の始まり。 本日のメインは鴨鍋。

     161126-2P1250461.jpg


楽しい夜は瞬く間に過ぎて行く。 よく食べ、よく飲み、よくしゃべった!
みなさん、お疲れさまでした。
充実した一日の終りには雨が降り出したが、最後は雨の音も聞こえないくらいの眠りに落ちる。


Comment

風来坊さんへ 

風来坊さん、こんにちは。
西峰はなかなか手強かったですね~。
分岐からのピストンの予定でしたが、つい冒険心が頭をもたげてしまいました^^
事前に情報は入れていてある程度心構えは出来ていたので良かったです。
鴨団子と鴨しゃぶ、朝は鴨汁そばと鴨雑煮(餅)で締めました。
野菜が高いので鍋も贅沢料理ですね~^^;
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.11/30 11:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

手強そうな山です 

おはようございます、higetiasさん。
矢筈岳西峰、風来坊には手強そうです・・・。
登りが良さそうと書いてありましたが、見ただけで足がすくみそう。
今回の鍋は信ちゃん鍋だったのですね。
週末、鍋が食べたくなりました・・・(笑)
  • posted by 風来坊 
  • URL 
  • 2016.11/30 03:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

豊津の信ちゃんへ 

信ちゃん、こんばんは。
鴨鍋の準備、ありがとうございました! 手製の餃子も絶品でした。
写真を撮るのも忘れて食べてしまいました~^^;
おっしゃる通り、初めてということもあり記憶に残る山となりました。
一日目の行程はバッチリでしたね!
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.11/29 21:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは~
よく食べ、よく飲み、よくしゃべりましたね(^_-)-☆
楽しい2日間でした。
矢筈岳、大変でしたが、記憶に残る山となりました。
観光も済ませておいてよかったですね。
  • posted by 豊津の信ちゃん 
  • URL 
  • 2016.11/29 21:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter