higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

平戸の山へ(2016/11/06)

2016/11/06(Sun)

平戸大橋の夜明け(6時12分)
161106IMG_1708.jpg


今日は佐志岳、屏風岳、上段の野、安満岳に行く予定。
昨夜の鍋に餅を投入した雑煮で早い朝食を済ませ、信ちゃん号に便乗して6:40に出発。
まずは佐志岳に向かう予定だったが、途中から近道をして安満岳・鯛ノ鼻自然公園への取付点の大越を
通ったので先に安満岳に登ることにする。 登山口の手前で日が昇ってきた。(7:03)

     161106P1090504.jpg


安満岳に登る前に登山口をやり過ごして少し先にある鯛ノ鼻自然公園の展望所へ立寄る。

161106P1090509.jpg


南に今日登る佐志岳、屏風岳、さらにその先に志々伎山も薄っすらと見えている。

161106IMG_1709.jpg


安満岳を見ながら登山口へと戻る。

     161106P1090510.jpg


2007年にユネスコの世界遺産(文化遺産)暫定リストへ掲載が決まった「長崎の教会群とキリスト教関連
遺産」を構成する資産である「平戸島の聖地と集落」の一部になっているためか、手入れの行き届いた仮
設トイレも設置された登山口を7:28に出発。 

     161106P1090513.jpg


良く整備された遊歩道を歩き始めてしばらくはなだらかに下り、石の門から上り返す。

     161106P1090517.jpg


歩き始めて20分弱、遊歩道はT字で突き当たり左側に石の鳥居が見えて来た。 
その少し手前右手に三角点への取付きを示すテープを確認したが、三角点には帰りに立寄ることにする。

     161106P1090520.jpg

     参道入口の鳥居
     161106P1090522.jpg


鳥居を潜ると自然石を無造作に置いた幅1mほどの参道が約300mに渡って真っ直ぐに続いている。
その突き当たりが白山比賣神社。 プレハブの拝殿の背後に石造の祠がありこれが本殿か。

     161106P1090529.jpg


さらにその奥には自然石を組んだだけの祠も。 山頂標識はないがこの辺りが山頂部だろう。

     161106P1090530.jpg


左手に僅かに進むと展望所がある。 ここからは生月大橋を真っ直ぐに見下ろすことが出来る。

161106IMG_1713.jpg


T字路に戻り遊歩道から左手の斜面の薄い踏み跡を辿って三角点(514.2m)に行ってみると、これが
一等三角点。 これには信ちゃん&俊ちゃんも大感激。

     161106P1090540.jpg


約1時間後に登山口に戻ったが時刻はまだ8:30。 
佐志岳に向かう途中の国道383号線から見る佐志岳はモンキーさんの顔に見える。
 
佐志岳(右)と屏風岳(左奥)  
161106P1090547.jpg


佐志岳
161106IMG_2956.jpg


キリシタン墓地の手前に車を止めてスタート。(9:15) 

     161106IMG_2958.jpg


林道を5分ほど進んだ突き当りが登山口。 ここにも2台は駐車可能。
今日の目的はイトラッキョウとチョウセンノギク、 さらに出来ればオトメラッキョウ(イトラッキョウの白)も
見てみたい。

161106P1090554.jpg



     161106IMG_2964.jpg


モンキーの左目に当たる岩場まで来るとイトラッキョウとチョウセンノギクが沢山咲いていた。
イトラッキョウは九州西部の海岸沿い、山地や川沿いの岩場に自生する固有種。

イトラッキョウ
161106IMG_1724.jpg

           161106IMG_1718.jpg


ダンギクも2輪ほど。

161106IMG_1727.jpg


これはイトラッキョウとは明らかに色が違って白い。 さてはオトメラッキョウか!

161106IMG_1753.jpg


チョウセンノギク
161106page02.jpg


ほかにもムラサキセンブリ、センブリ、ヤマハッカ、アキノキリンソウ、ヤマジノギクなども。

161106page01.jpg


ひと通り花散策を終えて山頂に向かう。 

161106IMG_1767.jpg



161106P1090591.jpg


山頂部にはヒナヒゴタイも。

161106page03.jpg


     佐志岳山頂(347m)
     161106P1090590.jpg


このあとは屏風岳に登る。

佐志岳山頂部から見る屏風岳
161106IMG_1762.jpg


11時に車に戻りエネルギー補給したあと屏風岳の登山口取り付きまで走ること15分。
三差路から林道を歩くこと8分、登山口に着く。(11:35)

     161106P1090621.jpg


約15分上ると小峰神社の額が架けられた石の鳥居に出合う。 この辺りから勾配がきつくなりジグザグを
繰り返すこと5分、ふっと勾配が弛み山頂の肩に上る。

     161106P1090602.jpg


さらに緩やかに上ること7分、右手に鉄塔を見るとすぐに山頂。 ここにも一等三角点がある。

     不動明王が安置された屏風岳山頂(394.1m)
     161106P1090605.jpg


コンクリート造の物見櫓の上からは志々伎湾と志々伎山が眼下に見下ろせる。

           161106P1090610.jpg


とは言え、志々伎山とは50mしか違わないのだが。

161106P1090614.jpg


駐車地手前から見る佐志岳。 南側から見ると全く別の山に見える。

     161106P1090623.jpg


最後に上段の野へ。

161106IMG_1813.jpg


車一台がやっと通る林道を東屋まで上がる。
東屋で昼食を摂っていると天井をアシナガバチが飛び回っていたので様子を窺っていると数も増えてきた
ので避難して、東屋取り付きの石段で昼食を済ます。

161106P1090636.jpg


歩き始めるとすぐにムラサキセンブリ、白花ムラサキセンブリ(?)、オケラなどなど。

161106page06.jpg


161106page04.jpg


草紅葉が広がる草原は強風が吹き付けてくる。

161106IMG_1805.jpg


     ヤマジノギク、ワレモコウ、タヌキマメ
     161106page07.jpg


花散策しながら展望所になっている山頂(190m)へ。(山頂標識はない)

     161106IMG_3229.jpg


161106IMG_1820.jpg



161106IMG_1822.jpg


ほかにもヤマラッキョウ、ノダケ、ヒナヒゴタイなど。

     161106page08.jpg


161106page05.jpg


161106IMG_1828.jpg


藪化した周回ルートを下って駐車地へ戻る。

     161106P1090662.jpg


           「今日も一日よく歩いたねぇ」
           161106IMG_3103.jpg


15時ちょうどに上段の野を出て、平戸島を縦断し途中河内峠を経由して平戸大橋へ戻ったのは15:50。 
荷物を積み替えたり、着替えを済ませて16時過ぎに平戸をあとにした。
天気に恵まれ、目的の花にもタイミング良く出合うことが出来て実のある二日間となった。

信ちゃん&俊ちゃん、二日間、特に今日はおんぶにだっこでお世話になりました。


Comment

豊津の信ちゃんへ 

信ちゃん、こんばんは。
こちらこそ車にも便乗させて頂いて、大変お世話になりました。
特別の場所にも拘わらずこれまで未踏だった山にも今回登ることができ、
お初の花にも出合えて特別の日になりました。
秋は暑くもなく寒くもなく気持ちの良い山歩きが出来ていいですね~。
エルも気持ち良かったことと思います。 20日は多分お留守番ですね^^
またよろしくお願いします。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.11/10 20:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higeさん、こんにちは。
2日間お世話になりました(礼)
お初の山とお花を存分に楽しむことが出来ましたね。
あの花がオトメさんだったら、とっても嬉しいのですが・・・
オケラもピンクが見られてよかったですね。
エルちゃんも2日間 太陽の陽に当たって日光浴が出来ましたね。
またよろしくお付き合いのほどを~~(^^♪
  • posted by 豊津の信ちゃん 
  • URL 
  • 2016.11/10 15:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter