higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

北八ヶ岳二日目(2016/10/21)

2016/10/21(Fri)

朝日が当たる天狗岳
161021IMG_1368.jpg


161021IMG_1373.jpg



4時前に起床。 部屋の点灯は4時半からなのでそれまでヘッドランプを点けて準備をする。
4時半には小屋のスタッフが朝食準備で厨房に入るというので、それを待って山専ボトルにお湯をもらう。
今朝は小屋の朝食を摂らないのは我々だけのようだ。
4:50に荷物を持っていろりの間に行くとご主人が一人TVを見ていたので挨拶をすると、今日の行程を聞か
れた。 夏沢峠で日の出を待ってから天狗岳を越えるつもりだと言うと、「箕冠山に直接上がる方が早いよ」
とアドバイスされた。
箕冠山からでは日の出を見ることは出来ないが、根石岳山荘まで行けば見ることが出来る。
日の出の時刻は5:50頃、箕冠山までの標準タイムは45分、これから急げば日の出前の朝焼けにギリギリ
間に合うか?

     161021P1000953.jpg


外に出るとテーブルにはびっしりと霜が付いていた。 気温は氷点下2℃。
運よく昨日何度も会ったテント泊の男性が荷物を纏めて小屋の方に来たので挨拶することが出来た。
今日はキレット小屋までの予定だが、調子が良ければ青年小屋まで一気に行くとのこと。
健闘を祈ってお別れする。

     161021P1000955.jpg
 

良い雲が出ていることを期待し箕冠山まで直接上ることにするして、5:00ちょうどに出発する。

     161021P1000957.jpg


(本日の行程)
オーレン小屋(5:00)~箕冠山(5:43)~根石岳小屋(5:42-6:02)~根石岳(6:12-6:19)~東天狗岳
(6:48-6:50)~途中の岩場(7:49-8:03)~中山峠(8:09-8:12)~にゅう分岐(8:28)~にゅう
(9:22-9:35)~白駒池南岸(10:37)~白駒池入口(11:26)~麦草ヒュッテ(11:50)
全行程:6時間50分  実動時間:5時間48分(休憩62分)  歩行距離:10.4km
累計標高差:(+)714.7m (-)849.5m

(Route-Map①)                       (Route-Map②)
20161021北八ヶ岳① 20161021北八ヶ岳②
(クリックで拡大)

(標高グラフ)
20161021北八ヶ岳G 
(クリックで拡大)


箕冠山の手前で樹間から空が赤くなるのが見えたので、山頂から根石岳山荘前まで一気に駆け下りる。
強風が吹いて瞬く間に身体が冷えていくが、ジャケットを着る間も惜しんでカメラをザックから取り出す。

161021P1000962.jpg


何とか間に合った。

161021IMG_1338.jpg


山荘側も裏焼けしている。

161021IMG_1401.jpg


5:54に太陽が顔を出し始めた。

161021IMG_1351.jpg


161021IMG_1430.jpg


根石岳の斜面や天狗岳も赤く染まっている。

161021IMG_1366.jpg


161021IMG_1444.jpg


強風を受けながら根石岳の山頂へ。

     161021IMG_1383.jpg


東天狗岳へと向かう。

161021IMG_1469.jpg


           161021P1000970.jpg

東・西天狗岳
161021P1010003.jpg


     昨日から三度目の東天狗岳山頂
     161021P1010005.jpg


麓の集落には霧が掛かっていてまだ眠っているように見える。

161021IMG_1388.jpg


昨日上った天狗の奥庭の向こうに蓼科山に連なる山々、北西方向には穂高連峰、槍ヶ岳など北アルプス
の山々が雲海の上に浮かんでいる。

161021IMG_1389.jpg


161021IMG_1393.jpg


崩壊した山肌の稲子岳の向こうにこのあと目指すにゅうがちょこんと頭を出している。

161021P1010017.jpg


中山峠からにゅう分岐まで僅かに上り返す。

     161021IMG_1488.jpg

     にゅう分岐
     161021P1010032.jpg


     161021IMG_1498.jpg


           東天狗岳の崩壊斜面と硫黄岳の爆裂火口
           161021P1010037.jpg


にゅう山頂の岩場が見えてきた。

161021P1010044.jpg

にゅう山頂
161021IMG_1409.jpg

この岩がにゅうと呼ばれる由縁か
161021IMG_1415.jpg


昨日は見ることが出来なかった富士山が見えた。

161021IMG_1406.jpg


冠雪前の富士山
161021IMG_1397.jpg


高見石、丸山の向こうに穂高連峰や槍ヶ岳
161021IMG_1408.jpg


丸山の裾野にこれから行く白駒池も見える。

161021IMG_1399.jpg


にゅう山頂の水溜りには氷が張っていた。

     161021IMG_1404.jpg


にゅうの森でも苔の緑には癒されるが、岩や木の根が多い道は歩き辛い。

     161021IMG_1534.jpg


           161021IMG_1540.jpg


161021P1010062.jpg


白駒池南岸に到着。 ここから池の周りを時計廻りに半周する。

161021IMG_1417.jpg


161021IMG_1419.jpg


白駒池の周りも苔の森。

161021IMG_1425.jpg


白駒荘。 この辺りは観光客の姿も多い。

     161021P1010071.jpg


161021IMG_1435.jpg


161021IMG_1588.jpg


メルヘン街道沿いの白駒池入口からは白駒の奥庭をなだらかに上って行く。

161021IMG_1439.jpg


麦草ヒュッテが見えてきた。 
12時帰着の予定だったが、少し前の11:51に無事戻ってきた。

     161021P1010081.jpg


着替えを済ませヒュッテ前のテーブルで簡単な昼食を摂っていると、ヒュッテの奥さんが気付いてお茶を差
し入れしてくれた。
世話になったお礼を言ってヒュッテをあとにし、メルヘン街道を茅野市に向けて下って行くとカラマツの紅葉
が見事だった。

161021IMG_1610.jpg


161021IMG_1598.jpg


161021IMG_1442.jpg


諏訪ICから中央自動車道を春日井ICまで175km走って、返却時間前にはレンタカーを返却。
今日から2泊友人宅に世話になる。 明日はどこへ連れて行ってくれるかな?


Comment

けいこたんへ 

けいこたん、こんばんは。
遠征というほど山歩きはしてないんですけど^^;
スマホで見ると写真が化けたりしてませんか?
写真ばかりで内容に乏しい記事を見て頂きありがとうございます。
長野の山はスケールがデカくて圧倒されますね~。
そのスケール感が写真で伝わっていれば嬉しいです^^
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.10/31 23:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんにちは! 

higeさん、こんばんは。(^^)
遠征お疲れ様でした。
たっぷり楽しませていただきました。(^^)
スマホで見たり、パソコンで見たりして時間が掛かりました。(≧∇≦)
朝日をはじめ、山も岩も緑も紅葉も、どれも山岳カレンダーにできますね!
圧倒される写真ばかりで、ひっくり返りそうでした。
はー、いいなあー。(*^^*)
  • posted by けいこたん 
  • URL 
  • 2016.10/31 16:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

ポンちゃんへ 

ポンちゃん、こんにちは。
コメントを頂いた時刻には五木の道の駅に着いて遅い夕食を食べていました^^
今回は突然の変更で俄仕立ての計画となりましたが結果オーライと言ったところです。
歩行時間も1日目は設定時間8時間20分のところを8時間23分、2日目もほぼ設定
通りで歩いたのでまずまずです。
朝駆けの光景はおまけみたいなものですがラッキーでした。
天気ばかりはどうにも出来ませんからね~。
ポンちゃんが例えてくれたようなサクセスストーリーの人生だと幸せなのですが^^;
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.10/31 13:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

ナイスパー?! 

こんばんは、higeさん、mamaさん
急遽のの計画でもさすがにhigeさん、見事な計画ですね。
私なら、だいたいこれぐらいかな~?の感じなのですが、区間タイムまでしっかりと管理されており、勉強になりました。(と言っても、なかなか身につかないおじさんですが^^;)
たとえて言えば、静岡県でいきなりのОBを打ち、あわや予選落ちか?という所を、higeプロのナイスなリカバリーショットで見事パーに持ち込んで、決勝ラウンド進出。最終日の見事な追い込みで最高の瞬間をゲットされたような?三日間でしたね!
素晴らしい朝焼けです~~~~~~!(^o^)
  • posted by ポンちゃん 
  • URL 
  • 2016.10/28 20:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

ランボーさんへ 

ランボーさん、おはようございます。
たまたま良い薄雲が出ていて見事に焼けてくれました。
ギリギリでしたが待ち時間もなく効率的な朝駆けでしたね^^
青空が見えていたのは7時頃までで、その後は雲の多い天気でした。
朝焼けの写真が撮れただけでも一眼を持っていった甲斐があったかも知れません。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.10/28 09:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございます!
素晴らしい朝焼けと大展望に感動しました。
写真でこれだから肉眼では・・・・・
  • posted by ランボー 
  • URL 
  • 2016.10/28 08:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter