higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

二丈岳・女岳・浮嶽周回(2016/10/10)

2016/10/10(Mon)

二丈岳(浮嶽大岩展望台より)
161010-2IMG_0787.jpg 


ハッピーマンデー以前と同じ10月10日の体育の日となった三連休の最終日は素晴らしい秋晴れ。
6日に涌蓋山の女岳に登れなかったからという訳ではないが、、脊振山系の西の端に位置する二丈岳、
女岳、浮嶽の三山を周回することにした。 
くじゅう連山の紅葉も気になるところではあるが、下見は山友たちに任せることにしよう。

エルを連れて加茂ゆらりんこ橋から出発。

     161010-2IMG_0541s.jpg


(本日の行程)
加茂ゆらりんこ橋(8:28)~加茂神社(9:20)~木の香ランド(9:32-9:38)~二丈岳西登山口(9:40)~
二丈岳(10:23-10:34)~林道終点広場(10:46)~キャンプ場(11:14-11:17)~つばき橋(11:24)~
女岳北登山口(11:41)~女岳(12:23-12:26)~荒谷峠(12:49)~縦走路入口(13:06)~
大岩展望台(13:28-14:01)~浮嶽(14:09-14:11)~東登山口(14:29)~縦走路入口(14:41)~
荒谷峠(15:13)~変則十字路(15:20)~木の香ランド(15:53-16:05)~加茂神社(16:18)~
加茂ゆらりんこ橋(16:56)
全行程:8H28M  歩行時間:7H06M  歩行距離:18.8km  
単純標高差:685m  累計標高差:(+)1478.4m/(-)1480.3m
Route-Map 標高グラフ) 


今日はアップダウンの長丁場になるので、ゆっくりペースを守って歩く。  

           161010-1IMG_0549.jpg


二丈渓谷の涼しげな流れを見ながら遊歩道を上がって行く。 
11月の紅葉時期には賑わうことだろうが今日は歩く人はほとんどいない。

161010-1IMG_0568.jpg


気温は11℃しかないが渓谷の中は風が当たらず、高度を上げるに従って暑くなってきた。
標高330m付近にあるこの石は「家の石」と呼ばれているらしい。
昭和30年代まで真名子集落の子どもたちは海沿いの佐波地区の分校まで標高差400mのこの道を行き
来して通学していたらしい。 雨が降るとこの石の下で雨宿りをしていたことから「家の石」と名付けられた
そうだ。
           家の石
           161010-1IMG_0573.jpg


不動明王石像が安置された大岩の傍から見る明神の滝。 水量が多い。

           161010-1IMG_0586.jpg


遊歩道と言われているが水が流れているところもあって険しい登山道。  

              161010-2IMG_0592s.jpg


樹林帯が見えてくると渓谷終点の加茂神社はもうすぐだ。

              161010-2IMG_0596s.jpg


神社の裏から回り込むように正面に出る。

              161010-2IMG_0600s.jpg


神社の横に広がる真名子ダム湖越しに見る女岳
161010-1IMG_0604.jpg


           二丈岳
           161010-1IMG_0609.jpg


二丈岳登山口を一旦やり過ごし真名子木の香ランド研修所のトイレに立寄る。

     トイレが借りれる小研修所
     161010-2P1000318s.jpg


駐車場には登山者の車がたくさん止まっている。 我々もここまで車で来ようかとも思ったのだが・・・。
ここから二丈岳までは多くの登山者と出会う。

     161010-2P1000317s.jpg


登山口に戻り二丈岳を目指す。    

     161010-1P1000319.jpg


登山口周辺にはツワブキの花が咲いていた。

              161010-2IMG_0617s.jpg


取り付いてすぐの自然林を抜けると植林帯の広い尾根の登りが続く。

     161010-2IMG_0625s.jpg


木の香ランドに向かう途中ですれ違った可愛らしい子猫を連れた男性に追い付いた。

           161010-1IMG_0627.jpg


林道終点広場の手前で出迎えてくれる子猫のくりちゃん。
まだ生後4ヶ月くらいで、捨て猫だったらしいがよく懐いていて、リードがなくても足元から離れない。
見知らぬ我々にも全く警戒する様子はなかった。

161010-1IMG_0629.jpg


     林道終点広場
     161010-2P1000328s.jpg 


ここからさらに急坂が続く。

     161010-2P1000330s.jpg


           161010-1IMG_0635.jpg


山頂が見えて来た。

     161010-2P1000333s.jpg


二丈岳山頂(711.4m)
161010-1P1000335.jpg


戦国時代は高祖山城を拠点とする原田氏の支城だった二条岳城があった山頂にはその遺構が残っている。

     161010-2IMG_0680s.jpg


           161010-1IMG_0657.jpg


唐津方面の眺め
161010-1IMG_0663.jpg


先日登った糸島半島の立石山も見えるこの大岩は山頂三角点より8.9m高い720.3m。

161010-1P1000344.jpg


山頂は北風が強くて、エルも目を開けていられないようだ。

161010-1IMG_0647.jpg


南西方向にこれから行く女岳(左)と浮嶽、更には背振山系の最西端の十坊山も見える。
今日はまたくじゅうを徘徊しているらしいS氏がこの三山を縦走するのはいったいいつのことか?

161010-1P1000349.jpg


先は長いので長居は無用。 広場に戻り林道をキャンプ場へと下る。

     161010-2IMG_0682s.jpg


     161010-2P1000359s.jpg


              ヨウシュヤマゴボウの実
              161010-2IMG_0693s.jpg


沿道はツリフネソウとミゾソバが群生している。

     161010-2IMG_0702s.jpg


     161010-2IMG_0837.jpg


キャンプ場の建物が見えてきた。

     161010-2P1000367s.jpg


     161010-2P1000370s.jpg


キャンプ場から真名子川沿いの車道をつばき橋まで下り、橋を渡って女岳北登山口へ向かう。

              161010-2IMG_0734.jpg


道は橋を渡るとすぐに登山道に変わり、途中結構な急坂を登って行く。

     161010-2P1000378.jpg


広域林道に飛び出すと左前方に女岳北登山口の標識が見える。

     161010-2P1000380.jpg


水もない登山道に大きなサワガニ?

     161010-2IMG_0736.jpg


急坂の上りが続く。

              161010-2IMG_0738.jpg


女岳の山頂で昼食をと思っていたが、空腹を覚えたのでシャリバテする前に途中で軽くエネルギー補給。
再び急登を上って縦走路に合流した。

     161010-2IMG_0740.jpg


岩の多い縦走路を上り、くじらのような大岩を巻けば山頂は直ぐ。

161010-2P1000394.jpg


     女岳山頂(748m)
     161010-2P1000396.jpg


山頂では標識の前に広がって昼食を摂るグループがいて、背景を入れて写真を撮ることが出来なかった。
あっちこっちの山で良く遭遇する光景なのだが、山頂を踏んだ大方の人が山頂標識を入れた写真を撮りた
いと思うのではなかろうか。 山に親しむ人なら最低限の山のルールは身に付けてほしいものだ。
山に限ったことではないちょっとした気遣いなのだが・・・。
傍で食事をする気も失せて早々に山頂をあとにする。

転げ落ちそうな急斜面を下って西登山口へ。

     161010-2P1000405.jpg


正面には威圧されそうな浮嶽の雄姿が見える。

161010-2IMG_0758.jpg


登山口から右に進むとすぐに荒谷峠の三差路(標高540m)。 復路は直進方向の林道を下る。
左折して浮嶽を目指す。

     161010-2P1000408.jpg


三差路から2分ほど進んだ先に浮嶽縦走路への取り付きがあるが、縦走路は帰りに歩くのでやり過ごす。

     161010-2P1000410.jpg


坂道を更に進むこと15分、登山道への取り付きが見えてきた。 ここまでの車道歩きが足に堪えた。

     161010-2P1000417.jpg


登山道に入り本日三度目の急坂を上がる。

              161010-2IMG_0767.jpg


東登山口分岐を過ぎ赤い鳥居を潜って進んだ先の分岐を白瀧稲荷へと向かう。

     161010-2P1000432.jpg


              161010-2P1000434.jpg

 
     白瀧稲荷神社
     161010-2P1000435.jpg


社殿を覆っている大岩を巻いて上部に上がるが、展望岩の上には先客がいたのでその上の岩で
休憩する。 風が吹いてじっとしていると体が冷えるので汗に濡れたウェアを着替える。

エルもちょっと手足を伸ばそうか
161010-2IMG_0777.jpg


161010-2P1000443.jpg


熱いコーヒーを飲みながら休憩したあと展望岩へ。

161010-2P1000451.jpg


二丈岳遠望
161010-2P1000438.jpg


30分ほど休憩したあと山頂へ向かう。

山頂手前で登山道は左右二手に分かれるが、どちらを通っても山頂へ行く。
左は浮嶽神社上宮の裏手を回って山頂へ、右は直接上宮下の山頂へ出る。

     161010-2P1000453.jpg


     浮嶽神社上宮
     161010-2P1000455.jpg


              161010-2P1000458.jpg


     161010-2P1000454.jpg


東登山口分岐まで戻り、東登山口へ下る。

     161010-2P1000465.jpg


     東登山口
     161010-2P1000472.jpg


車道を下る途中から見る女岳と二丈岳
161010-2P1000477.jpg


往路で登山道に取り付いた縦走路入口から縦走路に入る。

     161010-2P1000480.jpg


所々で車道を眼下に見ながら植林帯の中を進み、小ピークを三つほど越える。

     161010-2P1000483.jpg


荒谷峠の三差路の直ぐ西側の取り付きに下り掛けたが引き換えして、三差路から北に向かう車道を少し
進んだところに直接出るルートを進むが、新しい作業道が造成されている影響で踏み跡が不明瞭だ。

     161010-2P1000487.jpg


伐採された杉林のなかを強引に下って車道に出る。

     161010-2P1000489.jpg


車道を北に下って行くと変則十字路に出る。

161010-2page01.jpg


交差する広域林道を横切って左前方の林道に直進するが、コンクリートが濡れていて滑り易い。

     161010-2P1000496.jpg


アケボノソウが残っていた。

              161010-2IMG_0821.jpg


林道は間もなく未舗装の荒れた道になって歩き難い。

              161010-2IMG_0825.jpg


ゆらりんこ橋~木の香ランドの間の車道に出て右折し、木の香ランドへ戻る。

     161010-2P1000505.jpg


時刻は16時前。 さすがにこの時刻、登山者の車は一台も残っていなかった。

     161010-2P1000512.jpg


あとは二丈渓谷を加茂ゆらりんこ橋まで下るだけ。 10分ほど休憩してエネルギーを補給する。
朝は気が付かなかったがアジサイの戻り花が咲いていた。

     161010-2IMG_0847.jpg


加茂神社前で女岳の姿を眺めてから渓谷を下る。

161010-2P1000523.jpg



           161010-2IMG_0858.jpg


161010-2IMG_0860.jpg


加茂ゆらりんこ橋の駐車場には観光客の車がまだたくさん止まっていた。

161010-2IMG_0864.jpg


           エルちゃん、よく頑張ったね!
           161010-2IMG_0870.jpg


15kgの荷を背負って8時間半、約19kmのアップダウンの長丁場だったが、冷たい北風にも助けられて
思ったほどの疲れも感じることなく歩くことが出来た。

体育の日、いい鍛錬登山になりました。


Comment

風来坊さんへ 

風来坊さん、おはようございます。
4座縦走の場合は二丈岳から深江までが長いですね~。
9日も風があって気持ちの良い天気だったのでグッド・チョイスだったかも
知れませんが、冬晴れの日もいいですね! 
車を使わなければ山を下りて一風呂浴びたあとの一杯は最高でしょうね^^
我が家から二丈町まで電車利用は行き帰りの時間が掛かって大変なので
4座縦走の場合は車2台でアプローチになりますね。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.10/13 09:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

けいこたんへ 

けいこたん、おはようございます。
三山周回とは言え車道、林道歩きもあり登山口もそれぞれ違うので、
三座を別々に登る感じです。
最近はエルと一緒の山歩きが減ってきたので久々に重かったですが、
体調は好調だったようです。
体調が戻ったと言ってもいろいろと問題ありなので騙し騙しで楽しみます。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.10/13 09:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

距離ありますね・・・ 

おはようございます、higetiasさん。
こちらを歩く時は電車で出掛けて、十坊山を加えた4座を登るのですが、
3つでも歩き甲斐がありますね。
参考になりました。
>標識の前に広がって昼食を摂るグループがいて・・・
お気持ち、良く分かります。場所は選ばないといけませんね。
9日にこちらも候補に考えたのですが、冬に行こうと後回しにしました。
まむし温泉で温まって帰るのが楽しみなので・・・。ついでに飲んで(笑)
  • posted by 風来坊 
  • URL 
  • 2016.10/13 06:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんは(^^♪ 

長い距離ですね。15キロも背負って。
朝早くから、夕方までお疲れ様でした。
思ったほどの疲れも感じられなかったのですから、元気な山男の復活でよかったです。
mamatiasさんもほっとされて、これからまた一緒にどんどん山を楽しめますね!!
  • posted by けいこたん 
  • URL 
  • 2016.10/12 23:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

ポンちゃんへ 

ポンちゃん、こんばんは。
大船紅葉下見及び速報ありがとうございました!
峰入り古道スピンオフ、窟巡りに向けてエルと一緒に鍛錬してきました~^^
アップダウンがボディーブローのように効いてくるので最初から最後までスローペース
で歩きました。 当日は快調でしたが、昨日、今日は久しぶりに筋肉痛です(苦笑)
紅葉の二丈渓谷も楽しめると思いますよ。

  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.10/12 23:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは
下見を任されたポンちゃんであります。(^^ゞ
エルちゃんよく頑張ったね!ではなく、higeさんが頑張ったのですね(^o^)もう体調もバッチリ戻られたようですね。
後半に行けば行くほどきついコースですね。
女岳、浮嶽は未踏なので参考になりました。
  • posted by ポンちゃん 
  • URL 
  • 2016.10/12 22:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter