higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

エルを連れて御嶽山へ(2016/07/17)

2016/07/17(Sun)


160717IMG_7499.jpg 


久しぶりにエルを連れての外出先に選んだのは御嶽山。
御嶽山と言っても福岡県宗像市、玄界灘の沖合に浮かぶ大島の最高点、標高224mの超低山だ。

折角の三連休だがいろいろあって遠出が出来ない。  観光気分で出掛けることにした。

御嶽山(みたけさん)
160717P1080116.jpg


大島と言えば宗像三女神の次女、湍津姫神(たぎつひめのかみ)を祀る宗像大社中津宮が鎮座する福岡
県最大の島だが、これまで訪ねたことがなくいつかは・・・と思っていた。

神湊港渡船ターミナル側の第一駐車場は満車だったので少し離れた第二駐車場に止めて、11:15発のフェ
リー「おおしま」に乗船。(大人片道560円)

160717P1080112.jpg


いざ、出港!
160717IMG_7440.jpg


ペットの扱いが不明だったので万一のことを考えて持参したキャリーバックが役に立った。
窓口で確認するとバックに入れれば無料だがバックがないと片道210円の運賃が掛かるとのこと。 
乗船出来なかったら困ると思っただけで、別に運賃をケチった訳ではないのだが。
(因みにこのバック、10年前の娘のチョイスです)

     160717IMG_7437.jpg


船内は釣りや海水浴を楽しむ家族連れが多い。  僅か25分で大島港に到着。

160717IMG_7447.jpg


御嶽山が見えている。  まずは中津宮に参拝しよう。

           160717IMG_7446.jpg


(本日のRoute-Map

海岸通りに出て左折するとまもなく右手に中津宮の鳥居が見えてきた。

160717IMG_7450.jpg


中津宮は九州本土(宗像市田島)の宗像大社辺津宮と海を隔てて向かい合っている。

160717IMG_7451.jpg



160717P1080120.jpg


左手には織姫神社の小さな祠が鎮座している。

160717P1080121.jpg



           160717IMG_7458.jpg


階段を上がると正面に拝殿と本殿。

160717IMG_7465.jpg


本殿の鰹木は断面が四角と円の材をそれぞれ三本ずつ束ねたもので、全国的にも珍しい様式。

160717P1080125.jpg 


宗像三女神が生れるきっかけとなった天照大神と須佐之男命の誓約(うけい)の際に使われた天真名井と
云われる霊泉(御嶽山の伏流水)が、本殿左手の階段を下りた先にあったが、水を汲む人がいたので遠慮
して中津宮をあとにした。

中津宮右手の車道を少し上ると登山口の案内標識が見えてきた。 
右折するとすぐに丸太で組まれた質素な鳥居があり、その先が登山口。

     160717page09.jpg


登山道はオルレコースになっているようだが、いきなり擬丸太の階段が付けられた急坂が続く。

     160717IMG_7478.jpg


海岸は風があったが登山道は島らしい海洋性の樹林に覆われていて風が通らないので暑い。

160717page01.jpg


主尾根に上がると右手の直ぐ先に港からも見えていた鉄塔があった。 山頂は左に進む。 

     160717P1080135.jpg


鉄塔分岐からはやや勾配が緩くなり、200m余り進むと山頂展望台が見えてきた。

     160717IMG_7487.jpg



160717P1080149.jpg


誰もいない山頂でひと休み。  風が気持ちいい!

160717IMG_7491.jpg


眼下に港の防波堤や本土の海岸線が見えている。

160717IMG_0037.jpg


160717IMG_7495.jpg


中津宮奥の院の御嶽宮は修復工事中で鳥居に縄が掛けられていて上まで行けなかった。

     160717page02.jpg


仕方がないので鳥居の手前から参拝。

160717P1080146.jpg


山頂からはオルレコースと別れて、御岳宮の左手から車道を北に向かって下る。

160717IMG_7498.jpg


遠くに砲台跡や風車が見えている。 あそこまで行ってみよう。

160717IMG_0040.jpg


沿道にはいろんな花が咲いている。 特にねむの木が多く花盛りだ。

     160717page03.jpg



160717page04.jpg


しばらく下ると風の峠と呼ばれる十字路に出た。 大きな道路(県道541号線)を横切って左前方の狭い道
に進む。

     160717page11.jpg



     160717page05.jpg


まもなく右手に市営牧場の牛舎、その向い側の丘に柵で囲まれた自然動物園のような荒地があり、なか
では馬、山羊、黒豚などが暑さを避けるように僅かな日陰を求めて集っていた。

160717IMG_7554.jpg


まるで海外の荒野を思わせるような光景だ。

160717IMG_7555.jpg


峠を越えた先には立派なトイレもある展望地。 ここまでは車で来ることも出来る。

           160717IMG_7563.jpg   


更に緩やかに下って行くと、昭和11年に完成したと云われている砲台跡が当時の姿を残している。

160717IMG_7566.jpg


円墳のような形をしているが内部は分厚いコンクリートで造られた要塞だ。
観測所として使われていたらしい。

160717IMG_7575.jpg



160717P1080181.jpg



160717IMG_7576.jpg


砲台の基礎跡と風車
160717IMG_0061.jpg



           160717IMG_7588.jpg



     160717page08.jpg


砲台跡から風車へと向かう。 

160717IMG_7600.jpg



160717P1080195.jpg



        160717P1080197.jpg



160717IMG_7610.jpg


島の北側の断崖が見えている。  宗像大社沖津宮のある沖ノ島は肉眼では確認出来なかった。

160717IMG_7607.jpg


心地良い風と素晴らしい眺めを独り占めしながら、風車の日陰で遅い昼食休憩。

     160717P1080201.jpg


陽射しが強いなぁ。  さて、そろそろ戻るとするか。

           160717P1080204.jpg


左前方に御嶽山山頂部が見えている。

160717P1080205.jpg


風の峠まで戻り、県道541号線を下って行く。

     160717P1080211.jpg


山頂手前の鉄塔が見えている。

              160717P1080213.jpg


島では至るところでシオカラトンボを見掛けた。


160717IMG_7530.jpg


160717IMG_7461.jpg


160717IMG_7621.jpg


ショートカットコースの分岐を右へ入る。

     160717P1080215.jpg



160717IMG_7629.jpg



     160717P1080218.jpg


車道と合流。  ここから港まで真っ直ぐに下って行く。

     160717P1080219.jpg


     コミュニティーセンター「さざなみ館」
     160717P1080220.jpg


県道541号線を横切り更に下る。

     160717P1080222.jpg



160717page06.jpg


民家の土塀には蜜蜂の巣孔が無数に開いていた。 昔懐かしい光景だ。

            160717page12.jpg



     160717P1080226.jpg


集落の中を進むと右手の路地の奥に平安時代中期の奥州の豪族で、前九年の役で敗れた後伊予国、
更に大島へと配流されてこの地で亡くなった安倍宗任(むねとう)の墓があった。

     160717page07.jpg

因みに宗任の子孫が北部九州の水軍松浦党を名乗り、さらにその末裔が安倍総理の家系だという話だが、
果たして根拠のほどは?


          160717IMG_7652.jpg


海岸線へ出てターミナルへ戻る。

     160717P1080233.jpg



     160717P1080235.jpg


帰りのフェリー(16:20発)まではまだ1時間ある。 
ターミナルで汗に濡れた服を着替え、冷えたドリンクで喉を潤してから島をあとにする。

160717P1080243.jpg



160717IMG_0072.jpg 
 

近場にもまだまだ良いところがあることを思い知らされた。 
初めての地だからなお更その思いが強かったのかも知れないが、小旅行を楽しみ未踏の山にも登れて
随分と得をしたような気分だった。
「エル、久しぶりの外出は楽しかったかい!?」


Comment

風来坊さんへ 

風来坊さん、こんにちは。 そして、お帰りなさい!
遠征レポはゆっくり見させて頂きます。
大島も来年からは観光客が多くなるでしょうね~。
近場でも船旅は新鮮な気分になれますね。
涼しい時期に姫島の鎮山、玄海島の遠見山にも出掛ける予定です。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.07/22 11:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

豊津の信ちゃんへ 

信ちゃん、こんにちは。
タイトル見て、まさか~!!と思ったでしょう?(笑)
遠征出来ない憂さ晴らしにせめて同じ名前の山にと・・・^^
風車の丘はここだけ日本ではないような風景で素晴らしかったですね~。
何にもないところが良かったです。
いつも一緒にいたがり病のエルですが、外出は久しぶりでしたからね~。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.07/22 11:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:こんにちは!! 

けいこたん、こんにちは。
二年前に行かれてたんですね~。
宗像大社中津宮も来年には世界遺産になるかもですから、その前に行ってきました。
もちろん御嶽山も風車の丘も目的のひとつでしたが。
御嶽山の登りは日陰なのに風が当たらず暑かったですね~。 
それ以外は陽射しは強いものの風があって助かりました。
エルも久しぶりにいい景色を眺められて喜んでくれたと思います。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.07/22 11:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

世界遺産! 

こんにちは、higetiasさん。
ようやく昨日北海道から帰ってきました。
宗像大社が世界遺産になったのでこれから人気が出ると思われます。
先んじて行かれるとはさすがです。
島は船で渡るので、それだけでも気分が違っていいですね。
風来坊も糸島の姫島に行きたくなりました。
  • posted by 風来坊 
  • URL 
  • 2016.07/21 15:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

エルちゃんも嬉しそうですね!!
御嶽山、一瞬??でした~(笑)
こちらにも御嶽山があるんですね。勉強不足でした。
風車の景色、日本ではないみたいですね。
higeさんのザックの中からmamaさんを見てるエルちゃん、やはり一緒にいたいようと言っているようですね。
  • posted by 豊津の信ちゃん 
  • URL 
  • 2016.07/21 07:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんにちは!! 

フェリーに乗って大島へ!
いいですねー。
私も二年前におオルレで周ったので、あ、ここだ、ここだー、おんなじだー、と思って楽しいです。
いいですよねー。気持ちいいところですよね。
中津宮はさらっと通り抜けてしまったので、higeさんのように、造りなどもっとしっかり見ておけばよかったなあと思いました。
御嶽山も風車の丘も、あれもこれもみんな、私も行ったよー、いいですねーと思いながら見せていただきました。
日差しの中を歩かれたと思いますが、この日は暑くありませんでしたか?
エルちゃん、かわいい。いつも優しい目をしていますね。

  • posted by けいこたん 
  • URL 
  • 2016.07/20 14:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter