higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

竜ヶ鼻のあと平尾台(2016/05/21)

2016/05/21(Sat)


竜ヶ鼻
160521P1230771.jpg



昨年の3月に金満尾根を歩いた際に立ち寄った新城~茶臼山の途中から、壁のように競り上がる竜ヶ鼻の
西斜面を見ていつかは登ってみたいと思っていたところ、直後の4月に信ちゃん&俊ちゃんさんが登られて
いたのでますます気になっていた。 その後信ちゃんから、「いつか案内しますよ~」との有り難いお言葉を
頂いていたのだが、ついにその時がやってきた。
参加者は信ちゃん&俊ちゃん、ガック隊長、higetias&mamatiasの5名。

採銅所北側の五反田バス停近くから出発。

     160521P5212286.jpg


(本日の行程)
駐車地(8:43)~金辺峠登山口(9:18-9:27)~登山道合流(9:35-9:38)~大岩(10:00-10:08)~
山頂(11:00-11:10)~展望所(11:18-11:50)~谷口分岐(12:25)~447mピーク(12:34)~
採銅所分岐(13:11)~林道出合(13:24)~駐車地(13:49)
Route-Map  標高グラフ


国道322号線のバイパスと旧道の交差点から、途中ショートカットしながら旧街道を進んで金辺峠へ
向かう。

     ???
     160521page01.jpg


     ハナミョウガ
     160521P1230781.jpg


金辺峠は古代より豊前国企救郡と田川郡を結ぶ交通の要衝で、峠を通る街道は時代や目的地によって
田河道・香春(街)道・小倉(街)道・秋月街道などと呼ばれたらしい。

     160521P1230783.jpg


峠の下に掘られて大正時代に開通した金辺隧道も今は閉鎖されていて、中には水が溜まっている。

     160521page02.jpg


     160521P1230786.jpg


街道沿いにはユキノシタの花が密集して咲いていた。

     160521page03.jpg


金辺峠にてしばし歴史探訪。  峠には幕末の小倉藩の筆頭家老島村志津摩の碑がある。

160521page04.jpg



160521P1230795.jpg


島村志津摩の碑の背後の石段を上がると金辺観音堂がひっそりと建っている。

            160521P1230802.jpg


     160521P1230797.jpg


峠を越えて少し北側に下ると猿の侵入を防ぐ為の防護柵があり、登山口はその先にあるようだが、今日は
柵の手前から右手の竹林へ入る。

     160521page05.jpg


竹林の入口にコナスビの花が咲いていた。
     
     160521P5212307.jpg


竹林を抜けると柵の先からの登山道と合流する。
ここからいよいよ標高差400m余りを直線的に上がる急登が始まる。

     160521page08.jpg


ほとんど手掛かりのない急斜面は晴天が続いたので何とか登れるが、雨の後などは上りも下りも避けた
方が賢明だ。  今日はエルを留守番させて正解だった。

            160521P1230817.jpg


途中からは細いロープも出てきたが、支点が遠いので頼り過ぎは禁物。

     160521P1230822.jpg


途中の大岩で小休止。

     160521P1230826.jpg


大岩の上の岩に書かれた数字は山頂までの標高差なのか、220mと読める。

     160521P1230829.jpg


まだまだ続く急斜面。

     160521P1230830.jpg


途中で植物の勉強会?

     160521P1230837.jpg


見掛ける花はナットウダイくらいのものだが、

     160521P1230834.jpg


たまにはサイハイランやエビネも。
            
     160521page11.jpg


最後のロープ場を過ぎると山頂は近い。

            160521P1230849.jpg


ここまでの急登が嘘のような広々とした山頂台地。 気持ちの良い風が吹いている。

     160521P1230855.jpg


      竜ヶ鼻山頂(680.7m)
     160521page06.jpg


振り返ると福智山とそこから南に延びる稜線の途中に赤牟田の辻などが見える。

160521P1230866.jpg


北側には平尾台、塔ヶ峯、貫山、遠くには足立山も。

160521P1230868.jpg


三菱マテリアル東谷鉱山の作業道を南へ進み、左へ曲るところから右折して林の中を展望所へ向かう。

     160521P1230874.jpg


竜ヶ鼻権現方向へ下る道を左に見て分岐を直進すると展望所に出る。

     160521P1230877.jpg


     竜ヶ鼻展望所
     160521P1230879.jpg


足元に見る採銅所の風景。  路肩に止めた車が豆粒のように見える。

160521P1230880.jpg


霞んではいたが、南には宝満山~英彦山(峰入り古道)の稜線を遠くに一望することが出来た。

160521P1230883.jpg


ここで昼食休憩をしてから分岐まで戻り、苔むした岩だらけの急斜面を下って行く。

     160521page10.jpg


こちらの斜面はほとんど花がなく、見掛けたのはヒメレンゲやナルコユリくらい。
と思っていたのだが、これは写真を確認すると茎に角張りが見えるのでアマドコロのようだ。

     160521P5212337.jpg


岩場が終り斜度が弛んでくるとまもなく谷口コースを右に分ける分岐。

     160521P1230900.jpg



     160521P1230902.jpg


この先次々と分岐が現れる。

     金辺集落分岐
     160521P1230908.jpg



     160521P1230912.jpg


     下河内分岐
     160521page07.jpg


436.2m四等三角点の標識が倒れていたのを治す俊ちゃん。

     160521P1230916.jpg


右手の小さい木に赤と黄色のテープが沢山巻かれた分岐は現れたが標識がない。
道は直進方向と右方向に分かれている。 地図では採銅所に下る分岐のある301mピークは直進するよう
に見える。

     160521P1230920.jpg


赤いテープもあるのでしばらく直進してみたが、踏み跡が怪しくなってきた。
確認するとどうも南東に下る尾根を歩いているようで、分岐を右折するのが正解だったようだ。 
ここは間違い易いところのようなので要注意。

            160521P1230921.jpg


右折して谷を挟んで隣り(西側)の尾根をしばらく進むと採銅所への分岐があった。

     160521P1230923.jpg


ここから12分ほど下ると林道に出る。

     160521P1230928.jpg



     160521P1230932.jpg


たまたまJR日田彦山線の電車が通過したあとの踏切を越えて国道322号線旧道に出ると五反田バス停。

     160521P1230933.jpg



     160521P1230937.jpg


ぐるっと時計回りに周回して約5時間。 マニアックで予想通り歩き応えのある山だった。
ガック隊長は山登りを始めて最初の山が竜ヶ鼻で、しかも今日と逆コースを歩いたというから驚く。
西側の急斜面は下りでは使いたくないというのが正直な感想だ。
案内頂いた信ちゃん&俊ちゃん、お付き合い頂いたガック隊長、ありがとうございました!


このあとは信ちゃんの提案で平尾台へプチ花散策。

先ほどまでいた竜ヶ鼻を見ながら茶ヶ床園地からスタート。

160521-2IMG_6889.jpg


ウツボグサが花盛り、ヒメケフシグロもまだ頑張っている。

160521-2page01.jpg


ハシナガヤマサギソウはやや盛りを過ぎていた。

          160521-2IMG_6920.jpg


ツレサギソウはまだまだ見頃。

     160521-2page02.jpg


     ???
     160521-2page03.jpg


     ナルコユリ
     160521-2IMG_6963.jpg


フナバラソウやヒレアザミもまだ頑張っていた。

     160521-2page04.jpg


お目当てのオカウツボは開花前のものがひとつ。

          160521-2IMG_6906.jpg




160521-2IMG_6965.jpg  


登山後のクールダウンにしては台上は暑かった。

皆さん、お疲れ様でした!


Comment

RE:急登ですね・・・ 

風来坊さん、こんにちは。
急登、急登、急降下と鉄人風来坊さんに持って来いの山でしたよ^^
案内しているつもりが置いてきぼりにされるかも知れませんが、指令があれば
いつでも案内役勤めさせて頂きます(笑)  ただし、雨後と夏はご勘弁を!
金山の方はよろしくお願いしますね~^^
台上は日傘必携です!
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.05/24 11:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

ガック隊長へ 

隊長、こんにちは。
連日のマニアックルート、お疲れ様でした。
翌日も快調だったようですね~。
竜ヶ鼻は直球勝負の面白い山でしたね。 思わぬ発見もあって楽しかったです。
岩場の激下りでルートロスに気を付ければ、今回のルートが一番無難なようですね。
またよろしくお願いします。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.05/24 11:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

急登ですね・・・ 

higetiasさん、おはようございます。
竜ヶ鼻、面白そうですね。
>風来坊さんの案内は荷が重いので机上で済まそうかと・・・(笑)
そんなこと言わずにぜひ(笑)、金山を案内しますので。
土曜日は暑かったので大変だったのではと思います。涼しい日が良さそうですね。
平尾台も日差しがきつそうです・・・。でも、花は元気ですね。
  • posted by 風来坊 
  • URL 
  • 2016.05/24 06:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

 hige・mamatias、おはようございます。
竜ヶ鼻お疲れ様でした、お世話になりました。
体調は大丈夫ですか?
天気も良く変化に富んだ登山が出来て楽しかったです。
またよろしくお願いします。

  • posted by ガック隊長 
  • URL 
  • 2016.05/24 06:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

豊津の信ちゃんさんへ 

信ちゃん、こんばんは。
ご案内ありがとうございました。
久しぶりの急登に以前肉離れを患ったふくらはぎが突っ張っていましたよ^^;
さすがにマニアックで誰一人として出会いませんでしたね。
でも、期待通りの面白い山でした。
風来坊さんの案内は荷が重いので机上で済まそうかと・・・(笑)
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.05/23 22:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

ポンちゃんへ 

ポンちゃん、こんばんは。
土曜日は大明神の参加がなくて残念でしたが、おかげで宿題がまたひとつ片付きました。
隊長に与えたミッションは空振りでしたが、思わぬ収穫がありましたよ。
初登山でこの山を逆回りで案内する〇師匠に鍛えられた二人は怖いもの知らずですね^^
まさか平尾台に廻るとは思ってもいなかったので日傘の準備が間に合いませんでした^^;
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.05/23 21:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higeさん、お疲れ様でした~
久しぶりの急登に息が上がりました。
ご案内して、こちらも宿題が終わったような~~♪
今回のこのコースがベストだと思います。
逆コースは多分面白くないと思います。
今度は風来坊さんたちをご案内してくださいませ。
  • posted by 豊津の信ちゃん 
  • URL 
  • 2016.05/23 21:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは、higeさん
龍が鼻登山お疲れ様でした。
あののぼりの急登は、たまらんですよね。
以前下りだったので、摑まるところも少なく難儀したのを思い出しました。
登山者も少なく、希少な花も登山道沿いで見られるようで、そういった意味でも凄い山ですね。
平尾台でのクールダウンには、日傘が欠かせないようですね(^_-)
  • posted by ポンちゃん 
  • URL 
  • 2016.05/23 21:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter