higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

安蔵寺山のはずが寂地山(2016/05/01)

2016/05/01(Sun)



160501IMG_2150.jpg



           160501IMG_8117.jpg


昨夕、昨年もお世話になった道の駅「願成就温泉」を宿泊地と決め、温泉で汗を流して車に戻ったところで
携帯がなった。 見るとポンちゃんからだ。
連休中に寂地山に行かれることは聞いていたのだが、明日登るということで我々がここにいることを知らず
に周辺情報を問い合わせてきたのだった。
いろいろとやり取りをし、我々は明日寂地山の隣りの安蔵寺山に行くことを告げて電話を切ったのだが、そ
のあとで事態が変わった。
遠征前からまた寂地山に行きたいと思っていたmamatiasが、予定を一日日延べして明日は寂地山へ行こ
うと言い出した。 今年は連休に入る前にはすでにカタクリのピークを迎えていたようなので気は進まなかっ
たのだが仕方がない。 ここから寂地峡までは1時間半もあれば充分移動出来る距離なので朝5時に出発
することにして早目に就寝した。

早朝の山あいの道をスムーズに走って6時過ぎには寂地峡の駐車場に到着。 
今朝も冷えていて気温は6℃まで下った。
すでに車が4、5台止まっていたがポンちゃんの車はまだない。 到着予定時刻も聞いてなかったし、ポンち
ゃん夫妻は右谷山、冠山のピストンもされるようだからどうせ後から追い付かれるだろうと思いながら準備を
していると、ポンちゃん号が颯爽と駐車場へすべり込んできた。
今回は待ち伏せして拉致した格好だ。 朝食と準備が終わるのを待ってミノコシ峠までご一緒させてもらう。

(本日の行程)
駐車場(7:00)~五竜の滝(7:06-7:19)~水車小屋跡(8:01)~タイコ谷出合(8:40-8:47)~
ミノコシ峠(9:26-9:37)~南寂地山(10:40)~寂地林道分岐(10:55-11:00)~寂地山山頂
(11:07-12:30)~延命水(13:06)~林道終点(13:27)~犬戻遊歩道分岐(13:54)~犬戻の滝
(14:07-14:15)~四阿(14:24)~駐車場(14:57)
Route-Map  標高グラフ

     160501page01.jpg


     160501IMG_1882.jpg


延齢の水で喉を潤してから五竜の滝を見ながら急な階段を上がって行く。

160501page03.jpg



     160501P1230303.jpg



160501page04.jpg


階段を上り詰め、T字路を右折して木馬トンネルを抜けて行く。

160501page05.jpg


竜生橋を渡る。 Cコースは落石のため現在通行止めになっているようだ。

     160501IMG_1921.jpg


     このスミレは?
     160501page06.jpg


渓谷沿いの登山道は新緑が綺麗だ。

160501IMG_1925.jpg


道端にもヒメレンゲ、チゴユリ、サワハコベ、ナットウダイなどの花が見え出した。

     160501page07.jpg


     石積みの水門が残る水車小屋跡
     160501P1230325.jpg


タチカメバソウの独壇場
160501page08.jpg


渓谷を右岸に渡渉するとまもなくタイコ谷出合だ。

160501IMG_1989.jpg


最後の橋を渡るとタイコ谷出合に到着。  これからミノコシ峠までの急登に備えて小休止。

160501P1230331.jpg


今年はここまでボタンネコノメもエイザンスミレも少なかったし、エンレイソウは終わっていた。
セントウソウ、シロバナニシキゴロモ、キランソウ、ツクバネソウなどを見ながら急登を上るが陽が当たり
出し暑くなってきた。 体内にエネルギーが残っていない感じでペースが上がらない。 
エルを担いでの3日目だから仕方がないがお二人には申し訳ない。

     160501page09.jpg


予定タイムを5分超過してミノコシ峠に到着。

     160501P1230337.jpg


辺りのカタクリは案の定終わってしまっていた。 
予定通り右谷山まで往復されるポンちゃんご夫妻とは一旦ここでお別れして、寂地山へと向かう。

     160501IMG_2013.jpg


進むに連れてカタクリの花はたくさん見られるようになってきたが、ほとんどが朽ち掛けている。

          160501P1230344.jpg


それでもなかには美しい姿を見せてくれるものもあり、mamatiasは嬉しそう。

160501page10.jpg


ワチガイソウやミヤマハコベもたくさん咲いている。

160501page11.jpg


     寂地林道分岐
     160501P1230345.jpg


     寂地山山頂
     160501page13.jpg


山頂に着いた時点では登山者は小グループが3組ほどでそれほど多くなかったが、ここで食事を摂りながら
ポンちゃんご夫妻を待つ間に両方向から次々と登山者が到着し、大混雑となった。
お二人が到着して昼食を終えるのを待って一緒に白いカタクリを見に出掛ける。

間に合って良かった!!

160501IMG_2171.jpg



           160501IMG_8119.jpg



160501IMG_2152.jpg  


冠岳まで往復されるお二人と再びお別れして、寂地林道へと下る。

160501IMG_2214.jpg


林道からも多くの登山者が山頂を目指して上がってくる。
こちらの登山道でもミヤマカタバミ、タチカメバソウ、ボタンネコノメなどを楽しむことが出来る。
数は少ないがニリンソウやラショウモンカズラも咲いていた。

160501page12.jpg


延命水をペットボトルに補充する。

     160501P1230367.jpg


寂地林道を歩いて、犬戻の滝へと下る。

160501IMG_2250.jpg


犬戻の滝に下り付く直前の階段で、ちょっとした弾みで足首を捻ってしまった。
痛みはあったが幸い歩けなくはなさそうだ。

犬戻の滝
160501IMG_2257.jpg


四阿で再び林道と合流し、舗装道を30分余り歩いて無事駐車場まで戻ってきた。

明日安蔵寺山に行くつもりだったが、いろいろと考えた挙句今回はここまでにして帰路に付くことにした。
ポンちゃん、お先しますが明日は十種ヶ峰を楽しんでください!


Comment

山帽子さんへ 

山帽子さん、こんにちは。
この時季の寂地峡の渓流沿いの道はいいですよね。
今回は背中のエルが堪えました~^^;
2年前はちょうど見頃でしたが、昨年、今年と早かったようですね。
寂地林道歩きが単調なので、次回は松の木峠からの往復もいいかなと考えています。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.05/09 16:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

自分らも何度も通った風景がアップされて、とても
懐かしい思いで画像にくぎ付けです。とくに渓流をみながら
ミノコシ峠までの急坂はち~ときつかったようでした。

カタクリも年々早咲き?になっているような感じです。

林道沿いにも洋々な野草も見られて楽しいですが
寂地からの林道あるきは結構ながかったような思いでがあります

そろそろ、また行きたくなりましたが 結構遠いですよね。
  • posted by 山帽子 
  • URL 
  • 2016.05/09 08:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

マイペース登山さんへ 

マイペース登山さん、おはようございます。
一昨年は3日に行きましたがまだ見頃でした。 
昨年も今年もカタクリに限らず花が早いようですね。
九州では見られないあの群生は魅力ですが、ちょっと遠いですね~。
アケボノツツジも遠いです^^;
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.05/07 09:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

昨年、私もこの時期に行きましたが、やはり終わりかけでした。初めてのカタクリ群落に感激しました。もう一度行きたいけどちょっと遠いです(^o^)
  • posted by マイペース登山 
  • URL 
  • 2016.05/07 07:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter