higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

東鳳翩山(2016/04/30)

2016/04/30(Sat)

東鳳翩(ひがしほうべん)山
160430P1230190.jpg



昨日は平尾台から下道で山口市街地まで走り、湯田温泉の日帰り温泉「亀乃湯」に立ち寄る。
温泉街の中心地にあるのに390円とリーズナブルな温泉に浸かったあとは道の駅「仁保の郷」へ。

     160430page01.jpg


今日は予定通り東鳳翩山へ登る。 二ッ堂コースか錦鶏の滝(ナマナマ)コースか迷ったが、初めてなので
無難な二ッ堂コースを上り、21世紀の森コースから萩往還を下る周回コースを歩くことにした。
7時に道の駅仁保の郷を出て途中コンビニに寄り錦鶏湖の先にあるスポーツ公園駐車場へ。

(本日の行程)
スポーツ公園P(8:34)~二ッ堂登山口(8:51-8:56)~錦鶏の滝分岐(9:36)~板堂峠分岐(9:56-
10:05)~東鳳翩山(10:22-11:18)~板堂峠分岐(11:32)~ショウゲン山分れ(12:14)~板堂峠
(12:38)~一ノ坂御建場跡(13:22)~スポーツ公園P(14:00)
Route-Map  標高グラフ


登山口までの舗装道は途中から結構な勾配となる。

160430page02.jpg


登山口で後から来た常連らしい年配のご婦人としばらく話をしてから登山道に取り付く。
登山道に標識はないが良く整備されていて迷う心配はない。 途中からは所々九十九折を縫うように直登
する道も現れるがここは正規の道を行く。
上からは常連の登山者が次々に下りて来て、地元の人々に愛されるいこいの山ということが良く分かる。

     160430P1230158.jpg


視界はないが一箇所だけ左に山頂を望める開けた場所があり、丸太のベンチも置いてある。

160430IMG_1577.jpg


駐車場から1時間ほどで右手から錦鶏の滝コースが合流した。

     160430page03.jpg


桧の植林帯を抜け、丸太の階段の急坂を上って行く。

     160430page04.jpg


中国自然歩道となっている稜線に上がり着く。 ここが板堂峠へ下る分岐。

160430P1230173.jpg


オダマキが竹のアーチで保護されていた。

     160430page05.jpg


朽ちた倒木の小口が猪の顔に似ている?

     160430IMG_1619.jpg


辺りはニョイ(ツボ)スミレの群生。
 
     160430IMG_1710.jpg


山頂への最後のアプローチはミツバツツジが見頃でなかなか足が進まない。

160430P1230178.jpg



160430page07.jpg


昨日歩いた塔ヶ峯でも地面にたくさん落ちていたムベの花。

     160430P1230184.jpg


ようやく山頂に到着。

160430P1230187.jpg


360度遮るものがない素晴らしい展望だ。

すぐ西隣りに西鳳翩山
160430IMG_6847.jpg


南には登山口近くの錦鶏湖や遠くに山口市街地を挟んで右田ヶ岳が見えている。

160430IMG_6855.jpg


北側にはこれから歩く稜線の先にショウゲン山の鉄塔が、さらにその左奥には薄っすらと十種ヶ峰が見えて
いたが、写真ではほとんど分からない。

160430IMG_1686.jpg


登山口でお話したご婦人や山頂に居合わせた方々と話したり昼食を摂ったりして過していると、出発前に
隣りに駐車した佐賀ナンバーのご夫婦が到着。
食事中のご夫婦に挨拶して先に山頂をあとにする。

     160430P1230191.jpg


分岐まで戻り、21世紀の森コースで板堂峠へと下る。

     160430P1230193.jpg


登山道の両脇にはチゴユリがたくさん咲いている。

     160430page08.jpg


アップダウンを繰り返しながら小さなピークを10個ほど越えて行く。 
途中の上りで振り返るといつの間にか山頂が遠くになっていた。

     160430page09.jpg


     フデリンドウ
     160430IMG_6860.jpg


     ほぼ中間地点
     160430P1230214.jpg


ショウゲン山の分岐に到着。 

     160430P1230221.jpg



160430IMG_1742.jpg


ここから板堂峠へと下って行く。
ショウゲン山までは僅かな距離なので往復すれば良かったと後になって思ったが後の祭り。

     160430IMG_1746.jpg


ハイノキの花が満開。

          160430IMG_6866.jpg


     160430IMG_6864.jpg


昨年も来た板堂峠の登山口に下り付いた。

     160430P1230232.jpg


今日は国境の碑はパスして昨年往復した萩往還を南下する。 

     160430IMG_1776.jpg


県道62号線を横切る。

     160430P1230237.jpg


今日は時間も早いので急ぐこともない。 キンチヂミの清水でしばしアメンボウと戯れる。

     160430P1230239.jpg


160430page10.jpg



     160430P1230240.jpg



     160430P1230248.jpg


心配していた滑り易い石畳も今日は大丈夫だった。

     160430P1230265.jpg


再び県道62号線に出て、駐車場まで戻る。

     160430P1230268.jpg


東鳳翩山は山口市街地近郊で四季を通じて楽しめそうな良い山だった。

明日は信ちゃんが勧めてくれた安蔵寺山に森林浴に行くことにして、国道9号線を津和野方面へ。
途中で十種ヶ峰の秀美な姿が見えていた。 今日あたりは山芍薬やイカリソウを楽しむ登山者で賑わった
ことだろう。

160430IMG_1875.jpg




Comment

ポンちゃんへ 

ポンちゃん、こんばんは。
カタクリが見頃だったらさぞかし足が進まなかったことでしょうね^^
うれしいコメントをありがとうございます!
とても素晴らしい山に登ったのにこんなことを言うのも何なんですが、今回の記事で
一番のお気に入りの写真はキンチヂミの清水での戯れ写真でした^^
水が張られた田んぼ越しの十種ヶ峰も頑張ってみたのですが、太陽の位置が悪く、
水面のキラキラ感が入らずダメでした^^;
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.05/06 19:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは
寂地山では大変お世話になりました。
素晴らしい山でした。
しかし、東鳳翩山。読めませんでした(+o+)
今回のブログで一番の驚きは、水底に映る影でアメンボを認識させる発想が素晴らしいです。またエルちゃんの写真を添えることで、ゆったりした山歩きされてる雰囲気が伝わってきて、もう!参りました。
  • posted by ポンちゃん 
  • URL 
  • 2016.05/06 18:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

じなしさんへ 

じなしさん、こんばんは。
エルを担いでの連荘はさすがに堪えるようになりました~。 
快調どころかヘロヘロですよ^^;
今の時期九州から中国地方に行かれる人も多いようです。
東鳳翩山はとても良い山でした。 右田ヶ岳とセットはとてもよいプランだと思います。
これからは山口方面に出掛ける機会が増えるかも知れませんね。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.05/06 18:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:山口遠征 

のんびり夫婦さん、こんばんは。
無断で山口にお邪魔しておりました^^;
知らない山ばかりなので選択肢が少なく、まずは昨年断念した東鳳翩山にしたのですが、
とても良い山でした。 次回はナマナマコースに挑戦したいと思います。
急遽予定が変わり安蔵寺山が寂地山になってしまいました。
のんびりさん情報でカタクリには遅いと分かってはいたのですが、mamatiasの希望も
あったので・・・。 十種ヶ峰のヤマシャクも今年は早かったんですね~。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.05/06 17:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higeさん こんにちは。  連日快調な山歩きでうらやましいです。
山口方面は安全ゾーンでしょうか?名前は聞いていますが未踏の山です。
なかなか良さそうな山なので、higeさんのこのコースをモデルにして歩いてみたいです。
右田も未踏なので・・セットがよさそうですね。
  • posted by じなし 
  • URL 
  • 2016.05/06 17:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

山口遠征 

山口に来られていたのですね。
ナマナマコースはワイルドで面白く楽しめるコースなので、またお出でませ。
今日はあいにくのお天気ですが、安蔵寺は行かれたのでしょうか。 この山も色んなコースがあり楽しめますね。
十種ヶ峰のヤマシャクは今年は早く、すっかり終わていると思います。
足を入れることが出来ないので、とても沢山のヤマシャクが見られますよ。
  • posted by のんびり夫婦 
  • URL 
  • 2016.05/06 13:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter