higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

峰入り古道(嘉麻峠~行者堂)を歩く(2016/04/02)

2016/04/02(Sat)


遠賀川の桜並木
160402IMG_6079.jpg


160402IMG_6093.jpg


峰入り古道歩きも当初の計画からすると最終区間(深倉越~英彦山)を残すだけとなったが、実は本来の
峰入り古道で歩けていない区間がある。 米の山峠~大根地山、白坂峠~八丁峠、嘉麻峠~行者堂の三
区間である。 このうち嘉麻峠~行者堂の区間を3月27日(日)にポンちゃんとKさんが逆方向で歩いてルー
トを確認してくれ、最終区を歩く前に急遽案内してくれることになった。 

時間に余裕があったので途中遠賀川上流の桜並木を写真に納めるために立ち寄ったものの、雲っていた
ので暗い写真になってしまった。

7:45に前回と同じ小石原焼伝統産業会館に集合の予定だったが7:15過ぎには全員が集合。
今日の参加者はポンちゃん、信ちゃん&俊ちゃん、風来坊さん、けいこたん&じゅんパパさん、higetiasの
7名。 mamatiasは生憎と孫娘の入園式に付き合うため参加出来ず。 
今回も信ちゃんから暖かい紅茶&クラッカーを差し入れして頂いてから車2台に便乗して嘉麻峠へと移動。

(本日の行程)
嘉麻峠(7:48)~林道出合(8:46-8:49)~大藪峠(9:33-9:45)~711.4P(10:17-10:27)~
679P(10:52-11:22)~芝峠(11:48-11:53)~不動岩(12:20-12:40)~兄弟山(13:03-13:20)~
行者堂(14:09-14:11)~産業会館(14:19)
Route-Map  標高グラフ


霧が立ち込めるなか嘉麻峠の林道から出発。

     160402P1220137.jpg


ポンちゃんが記録してくれたGPSのデータと地図でルートを確認しながら進むが、テープもしっかりと付けて
あるのでしっかりとルート・ファインディングすればほとんど迷うことはない。

     160402P1220139.jpg


視界が遮られた植林帯のなかを小さなアップダウンを繰り返しながら進むが、足元に桧や杉の小枝が積も
っていてとても歩き難い。
薄暗い林のなかに朝の光が射してきた。  素晴らしい光芒だ。

160402IMG_6097.jpg



160402IMG_6099.jpg


     532.8mピークの三等三角点
     160402P1220144.jpg


532.8mピークを過ぎてまもなくすると林道と出合う。 
県営林署の標識に砥石ヶ谷の手書き文字が見えた。
ここの標高は嘉麻峠とほぼ同じ。 ここまでいくつも小ピークを越えて1時間も歩いて来たのに標高は全く
上がっていない。

     160402P1220146.jpg


この先もアップダウンが続くが、左右に作業道なども出てきて所々ルートが分かり辛い箇所も出てくる。

       160402page09.jpg 


全行程の約3分の1の大藪峠が見えてきた。

     160402P1220160.jpg


県道78号線を南に進み直ぐに左折して枝道に入るとすぐに朝日岳への取り付きを示す標識があった。

160402page01.jpg


枝道を少し進んだ右手から取り付く。

     160402P1220167.jpg


今日初めてと言っていいくらいの上りらしい上りを30分ほどで畑尻ピーク(711.4m 三等三角点)。
朝日岳へはここから北へ進むようだが、古道は南東へと下っている。

     160402P1220170.jpg


再び小さなアップダウンを繰り返して679mピークまで進み、ここで30分昼食休憩を取ってから芝峠へと下
るが、この下りは急でしかもほとんど手掛かり、足掛かりがない上に、昨日までの雨で滑り易くなっていた。
ポンちゃん曰く「ここが金剛坂と呼ばれる場所ではないか」と。 さもありなんと思える場所だった。

     160402P1220187.jpg


芝峠に下り付いた。 右手前方左側に取り付き点がある。

20160402page02.jpg 


芝峠から取り付いてしばらくすると折り返すように進む箇所があるのだが、ここを見落としてルートロス。
すぐに軌道修正して進むとやがて不動岩の岩壁が見えてきた。

     160402P1220208.jpg


下を巻くようにして岩峰に上がると今日初めての展望が開け、楽しみにしていた玄海ツツジが出迎えて
くれた。

     160402IMG_6124.jpg



160402IMG_6127.jpg


南の方向に4回目で歩いた稜線が見える。  斫石峠のV字ラインが特徴的だ。
手前の山肌には山桜の淡いピンクやおそらくタムシバと思える白が点々と見えている。

160402IMG_6126.jpg


右端はこれから向かう兄弟嶽
160402IMG_6134.jpg



     160402IMG_6138.jpg


岩尾根を僅かに進むと小さな石の祠があり、不動明王が祀られていた。
修験者はその昔深仙宿(行者堂)を出発したあとここで護摩を焚き、狼煙を上げて英彦山へ出立の合図を
送っていたそうだ。

160402IMG_6145.jpg



160402IMG_6140.jpg


英彦山の修験者も春峰では、ここで玄海ツツジに癒されていたのだろうか?

160402IMG_6139.jpg



160402IMG_6149.jpg


縦走路に戻り、兄弟嶽に向かう。  途中には石小積みの塚らしいものも散見された。

     160402page08.jpg 


兄弟嶽の手前のピークには筑前領と豊前小倉領の境を示す境目石と埋もれた三角点があったが、先の
ピーク(653m)には何もなかった。

160402page03.jpg


兄弟嶽から尾根を下って車道に出ると桜が出迎えてくれた。 
ここはポンちゃんがルート確認してくれた時の取り付き点からは少しずれている。

     160402P1220238.jpg


左に進み国道500号線長谷峠に出て、行者杉へと向かう。

160402page04.jpg



     160402P1220247.jpg



160402page05.jpg


160402page06.jpg


160402page07.jpg



           160402P1220266.jpg


修験の路に入り行者堂へ

     160402P1220269.jpg


前回の出発点、行者堂に到着。

     160402P1220278.jpg


これで嘉麻峠から行者堂までの区間を繋ぐことが出来た。

     160402P1220284.jpg


これで最終区間を心置きなく歩くことが出来る。 
あとの二区間は番外編として寒い時期にでも歩いてみよう。

ポンちゃん、おかげで苦労することなく歩くことができました。 ありがとうございました!


帰路、再び桜を撮りに立ち寄る。

160402IMG_6187.jpg


160402IMG_6174.jpg


風が吹き桜吹雪が舞うが、見た目ほどにはうまく撮れなかった。

160402IMG_6172.jpg


160402IMG_6163.jpg



Comment

RE:いよいよ最後ですね 

風来坊さん、おはようございます。
2日は孫の入園式で写真を撮ってくれと頼まれていましたが、娘からお許しが出たので
歩くことが出来ました。 つなぎと言っても元々本来の古道、最終回の前に歩けて良かったです^^
これでひとまず心置きなく最終日を迎えられますね!
井原山も何とか行けて良かったです^^
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.04/06 09:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

いよいよ最後ですね 

おはようございます、higetiasさん。
つなぎの区間、お互いに歩けて良かったです。
これで気持ち良く最終日を迎えることが出来ます。
24日もよろしくお願いします。
翌日も行かれたのですね。花が増えています・・・。
  • posted by 風来坊 
  • URL 
  • 2016.04/06 04:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

ふぃずランドさんへ 

ふぃずランドさん、こんばんは。
嘉麻峠~大藪峠は踏み跡がなく小枝が積もっていて歩き難かったです。
単調な植林帯が続くなかでいい光芒を見ることが出来ました。
今回は玄海ツツジや山桜など花盛りでしたが、最終日はどんな花が見れるか楽しみです。
次回は一緒に歩きましょう!
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.04/05 22:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは!
光芒が素晴らしい~
この日は晴れてたようですがあまり踏まれてない登山道のようなので歩きづらそうですね。
前回から2週間ほどしかたってないですが山の様子もずいぶん変わってますね。
花の盛り!

次回もよろしくお願いします(≧∇≦)
  • posted by ふぃずランド 
  • URL 
  • 2016.04/05 21:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

じゅんパパさんへ 

じゅんパパさん、おはようございます。
先日は先導お疲れさまでした。 
何事も経験を重ねることで自分なりのものになっていくのでしょうね。
この歳になると何事にもなかなか前向きな気持ちにはなれませんが、
山に関してはまだ好奇心旺盛でいられます^^(気持ちだけですが^^;)
またよろしくお願いします。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.04/05 09:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

higeさん、しっかり勉強させてもらいました、まだまだ身につくところまではいきませんが(^^)
やはり経験が大事ですね。
あれこれチャレンジしてみたいと思います。
次回もよろしくお願いします。
  • posted by じゅんパパ 
  • URL 
  • 2016.04/04 23:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

ポンちゃんへ 

ポンちゃん、こんばんは。
先日はわざわざ機会を作って頂きありがとうございました。
有り難いお心使いに感謝します! 孫の入園式などそっちのけでした^^
白坂峠~八丁峠は私も同感です。 意外と苦労なく歩けそうな気がしています。
涙坂から古道に上がるルートも気になっています。
いつか機会を作ってご一緒したいところです。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.04/04 22:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:こんばんは! 

けいこたん、こんばんは。
今回はじゅんパパさんが先を歩かれたので、優しいフォローが受けられなかったですね^^
いつも自分が先頭のつもりで歩くと、いろんなことに気が付くようになりますよ。
視野が狭いとルート取りだけでなく、極端に言うとステップの切り方まで差が出てきてしまいますからね。
最終回は先頭を歩いてみませんか!
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.04/04 22:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは、higeさん
土曜日はお疲れ様でした。
杉林に射す光の捉え方が素晴らしいですね。
流石です。
良いタイミングで嘉麻峠~行者堂を歩くことができ、おっしゃるように心行く最終日に臨めます。ここが歩けたのでひょっとしたら、白坂峠~八丁峠も目印等結構あるのかもしれませんね。機を見て歩いてみましょう。
  • posted by ポンちゃん 
  • URL 
  • 2016.04/04 22:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんは! 

higeさん、こんばんは!
先日は大変お世話になりました。(*^^*)
いつものことながら、higeさんのブログを見て、改めてこんなとこをこんな風に歩いてきたんだなぁーと分かります。
私は地面とか、目の前の岩とか、近い所しか見ていないです。(恥)(≧∇≦)
最終回は元気に楽しく頑張りたいです!
今日のはきついうちに入らんよ、と言うhigeさんの言葉を励みにして!
  • posted by けいこたん 
  • URL 
  • 2016.04/04 20:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter