higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

羽金山のツクシショウジョウバカマ(2016/03/21)

2016/03/21(Mon)


160321IMG_7230.jpg



        160321IMG_5435.jpg



昨日峰入り古道の4回目を歩き終えた深倉園地で、山帽子さんから岩屋神社のゲンカイツツジが満開との
情報を頂いたのだが、状況次第でsumi氏と脊振山系を歩く予定もあったので二者択一の状態だった。

夜中になって結局は脊振山系の羽金山に行くことに決定した。
羽金山のツクシショウジョウバカマは見頃だった昨年よりも一週間早いので少し早いかも知れないとは思っ
たが、今回は長野峠~荒川峠間を繋ぐというのが目的でもあるのでそこは割り切る。

今日は天気も良く暖かくなりそうなので久しぶりにエルも連れて7時に自宅を出る。
一台を荒川峠にデポして長野峠へ移動し、9:10に登山口を出発。
Route-Map  標高グラフ

     160321IMG_5229.jpg


朝から陽射しが降りそそぐ天気かと思いきや、雲が多く風も昨日より強くて寒い。
取り付いて直ぐにツクシショウジョウバカマが出迎えてくれ、群生地への期待が膨らむ。
しばらくは植林帯のなかのアップダウンが続く。

     160321IMG_5235.jpg


白糸の滝への分岐を過ぎると今日の正念場の急登が始まる。(10:23-10:49)

     160321P1210704.jpg


標高650mから標高差200mを上がるのは昨日の斫石峠~釈迦ヶ岳と同じだが、一部にロープが張られた
箇所があるもののほとんど手掛かりがない急坂を、エルを背負って直線的に上がるのはきつい。

160321P1210707.jpg 160321P1210708.jpg


山頂近くの群生地で30分ほど道草。  開花は3分程度か。

160321IMG_5247.jpg


「はがね山標準電波送信所」のフェンスに沿って正面ゲートへと回り込む。

            160321P1210719.jpg


フェンスのそばに大きな蕗の薹がひとつ。

     160321IMG_5285.jpg


今日は送信所内にある羽金山山頂はパスして先に進みます。

     160321IMG_5287.jpg


アブラチャンの群生地はこのコース一番のお気に入りの場所。

          160321P1210737.jpg


ここで昼食休憩を取る。(11:45-13:30)

160321IMG_5410a.jpg



160321IMG_5393.jpg


近くの林に咲くツクシショウジョウバカマはそろそろ見頃を迎えようとしていた。
群生の様子を表現するのが難しい。

160321IMG_7264.jpg



160321IMG_7261.jpg



160321IMG_7245.jpg


寒さのせいかエルの目頭から涙が・・・
160321IMG_5339a.jpg


気が付けば1時間45分が経過していた。 そろそろ荒川峠へと向かうことに。
急坂を登り返して河童山の山頂に立ち寄る。(13:43)

160321P1210741.jpg


縦走路に戻り、伐採地から眺める浮岳、女岳、二丈岳(左から)。 
9日前はあそこを歩く予定だったのだが、天気を見てくじゅうに変更した。 次の機会はいつのことか。

160321P1210744.jpg


白糸の滝分岐まで下ると、あとは小さなアップダウンを繰り返しながら次第に高度を下げていく。


     794.6mピークの桃子(ももず)三角点(四等)
     160321P1210756.jpg


     160321P1210759.jpg


     776mピーク
     160321P1210766.jpg
  

776mピークにある岩は屋久島高盤岳のとうふ岩を思わせる。

     160321P1210767.jpg


よく見掛けるフォルムだが、何に見えるかは人それぞれ。

     160321P1210770.jpg


巨石が散在する林の中を気持ち良く下る。

     160321IMG_5441.jpg


整然として良く手入れされた桧の植林帯に思わず足が止まる。

          160321IMG_5447.jpg


15:50に荒川峠に下り着く。

     160321P1210784.jpg


お疲れ様でした! 

昨日の山行は最初から最後まで右足内側のくるぶしの痛みに悩まされた。
3回前の山行時に僅かに痛み出していたのだが、よりによって昨日酷くなったのだ。
今日も痛みと付き合いながらの山歩きとなってしまった。
治すには登山靴を履かずに時間が経つのを待つしかないのだが、この時季そんなことはしていられない。 
何か特効薬はないものか。


長い時間格闘したものの、満足のいくものは一枚も撮れなかったなぁ。

160321IMG_7224.jpg



160321IMG_7249.jpg



           160321IMG_7227.jpg



           160321IMG_7243.jpg



Comment

ポンちゃんへ 

ポンちゃん、おはようございます。
羽金山は脊振山系のなかで最も登山者が少ない山ではないでしょうか?
ツクシショウジョウバカマとアブラチャンが同時に見れるといいんですけでね~。
一眼レフは安物、レンズも高価なものは持ってませんがコンデジよりはましですね。
ツクシショウジョウバカマは撮るのが難しいです^^;
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2016.03/27 08:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんばんは、higeさん
羽金山、未登です
アブラチャンの林が良さそうですね~。写真は充分綺麗だと思うのですが?一眼レフだと光を取り入れる量が多いのでやはり目の前に花があるように見えます。
いいですね!!
  • posted by ポンちゃん 
  • URL 
  • 2016.03/25 23:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter