higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

国東半島峯道~千燈岳(2015/11/29)

2015/11/29(Sun)


今日はjinashiさんのガイドで国東半島峯道ロングトレイルK-1コースの一部と不動山から千燈岳の縦走路
を歩きます。


(本日の行程)
一ノ瀬溜池登山口(8:10)~尻付岩屋(8:39)~大不動岩屋(9:15-9:41)~尻付岩屋(10:04)~
千燈石仏(10:19-10:24)~西行戻し(10:46)~旧千燈寺跡(10:57-11:03)~奥の院(11:10-
11:20)~不動茶屋(11:50-12:20)~五辻不動(12:39)~379mピーク(13:15)~林道(13:21)~
千燈岳(14:11-14:24)~一ノ瀬溜池登山口(15:15)
Route-Map


昨夜お世話になった「トンテンカンの家」を7:40に出て集合場所の一ノ瀬溜池の千燈岳登山口へ。
ご一緒する「うさぎとかめの山学校」の5名もすでに到着されていて、8時前には総勢17名が集合。

     151129IMG_5958.jpg


     鷲巣岳
     151129IMG_5961.jpg


まずは県道31号を尻付岩屋までのんびりと歩きます。 僅かに下っているので楽チンです。
jinashiさんが左手に見える大岩を「人形岩」と説明してくれました。

     151129P1180699.jpg


     人形岩
     151129IMG_5964.jpg


     尻付岩屋
     151129P1180700.jpg



     151129P1180703.jpg



     151129P1180704.jpg


お堂の中には朽ちかけた木造の仏像が五体安置されています。

     151129P1180706.jpg


舗装された林道を上がって行き、最初の分岐は左、二つ目は右を進むとやがて丸太の階段になります。

             151129IMG_3501.jpg


間もなく右手に大きな岩壁が見えてきます。 標識から折り返すように斜面を上がると大不動岩屋に到着。

     151129P1180715.jpg



     151129P1180717.jpg



     151129IMG_3532.jpg


岩屋からは荒々しい岩峰が林立しているのが見えて素晴らしい光景です。

     151129IMG_3520.jpg


近くには小さなチョックストーンもありました。

     151129IMG_5992.jpg


尻付岩屋まで戻り千燈石仏へ。

     151129IMG_3547.jpg



     151129P1180728.jpg


     千燈石仏(菩薩来迎図)
     151129P1180730.jpg


             庚申塔
             151129P1180732.jpg


旧千燈寺跡への分岐を右折します。

     151129P1180733.jpg


結界を示す石の鳥居を潜って進みます。

     151129P1180738.jpg


             西行戻し宝篋印塔
             151129P1180742.jpg


jinashiさんの西行戻しの地名伝承の見事な語り口に皆関心しきり。
行く先々でjinashiさんが分かり易く説明してくれるのでとても勉強になります。

     151129P1180743.jpg


六郷満山を開基した仁聞菩薩が入定したと伝わる補陀落山千燈寺の跡に残る立派な石垣。
境内には仁王像が建っています。 ここは8年前ぶりの再訪です。

          151129IMG_3562.jpg


石造仁王像の前で集合写真。

     151129IMG_6011.jpg


          奥の院に続く石段
          151129IMG_6017.jpg


     奥の院(千燈寺本堂)
     151129IMG_6019.jpg

     ・本堂内には本尊の千手観世音菩薩が安置されているらしい。

     本堂のすぐ左手にある仁聞菩薩入寂の岩屋(枕の岩屋) 
     151129IMG_6028.jpg



     151129IMG_6029.jpg


岩屋から少し進んだ展望の良い崖の上からは不動山(左端)と千燈岳(右端)を望むことができました。

     151129IMG_6035.jpg


     千燈岳(左)と黒木山(右)
     151129IMG_6045.jpg


奥の院に戻って更に進むと五輪塔群。 ほぼ中央には仁聞菩薩の墓と伝えられる国東塔があります。

     151129IMG_6058.jpg


     千基はあると言われる五輪塔群
     151129IMG_6060.jpg


五輪塔群から少し上って車道に出ると不動山の登山口まではすぐです。
登山口で準備をされていた日田のUさんのご近所のNさん夫妻とお会いして一緒に歩くことになり、ここから
は19名での登山となりました。 登山口の傍にある不動茶屋で昼食休憩。

     151129P1180757.jpg


茶屋からは岩尾根に設置されたイギリスの彫刻家アントニー・ゴームリー作の鉄製の等身像が見えます。

     151129P1180753.jpg


像を設置するに当たっては、地元の人々が協力してワイヤーを張って引き上げるのに、事前にコンクリート
で重さ750kgのダミーを造って試行したらしいです。

     151129P1180755.jpg


さて、ここからいよいよ不動山~千燈岳の縦走が始まります。

     不動山登山口
     151129P1180759.jpg



     151129P1180760.jpg


10分足らずで岩尾根に上がり、先ほど見えていたゴームリーの等身像に立ち寄ってみました。

             151129IMG_3603.jpg


馬の背と呼ばれる痩せた岩尾根を上がって行くと五辻不動堂です。

             151129IMG_3608.jpg


     五辻不動堂
     151129IMG_6086.jpg


目指す千燈岳が見えていますが、ここからはアップダウンをしながら標高345mの林道まで一旦下ってから
の上り返しとなります。 

     151129IMG_6089.jpg
 

林道を横切り標高差260mの上りが始まります。

     151129P1180772.jpg



     151129P1180774.jpg



     151129P1180776.jpg



     151129P1180778.jpg


林道から登ること50分、広い千燈岳の山頂に到着しました。

     千燈岳山頂(605.6m)
     151129IMG_6092.jpg


時間も押してきたので少し休憩を取ってから一ノ瀬溜池登山口を目指して下山します。

     151129P1180788.jpg


滑り易い急斜面をジグザグに下り荒れた林道から舗装林道に出ると登山口までは直ぐです。

15:15に無事に下り着いて13.2km、7時間5分の歴史探訪と山歩きはお開きとなりました。
皆さんとお別れした後はすぐ近くの赤根温泉「渓泉」に浸かってから帰路に付きました。

ご案内頂いたjinashiさん、皆さん、今日も楽しい一日をありがとうございました!


Comment

なおさんへ 

なおさん、こんばんは。
国東から帰ったばかりなのにまたすぐ行きたくなっています^^
千燈岳はどっちから登っても最後は急登ですが、雰囲気のいい山でしたね。
大不動岩屋はなおさんのブログで知って行きたいところでしたので実現出来て
よかったです。 写真が駄作ばかりでしたが・・・^^;
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.12/04 22:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:国東トレッキング 

じなしさん、こんばんは。
二日間楽しい時間をありがとうございました。
中味の濃い二日間だったことに加え、色々と忙しく作業に専念出来ずに皆さんに
遅れをとってしまいました~^^;
一番盛り上がった懇親会なのにまともな写真がなく端折ってしまったのが残念です。
時間が経つのが早かったですね~^^
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.12/04 22:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higeさん、二日間どっぷりと国東につかりお疲れ様でした。
千燈岳は私もすごく久しぶりだったので、登ってるうちに「あ~、こんなカンジだった」と懐かしく思いだしましたよ。
天気はいまいちでしたが、姫島はよく見えたのでよかったです。
大不動岩もよかったでしょ?私のお気に入りの場所です。
  • posted by なお 
  • URL 
  • 2015.12/04 20:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

国東トレッキング 

いろいろあった国東の2日間、無事に?アップをされて安堵されていることでしょう。
さすがに熟練ブロガー・・しっかりと取材をされている様子が伺えます。
一番はトンテンカンの家でしたね。紀行平新太夫が玉鋼を打つ音も忘れていいお酒の時間でした。
 また、こんな時間ができるとうれしいです。
  • posted by jinashi 
  • URL 
  • 2015.12/04 20:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

豊津の信ちゃんさんへ 

信ちゃん、こんばんは。
千燈岳の上りは地形図で覚悟はしていましたが、手強かったですね~。
8年も前だったら忘れていても無理ないですね。 
国東は遠いというイメージでしたが九重よりちょっと遠いだけなので
回数が増えそうです^^
宮崎の山ですか~。 いいですね~^^
日曜日の天気が微妙なようですが、楽しんで来てください。 
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.12/04 18:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higeさん、お疲れ様でした。
千燈岳への登りはきつかったですね。
以前 歩いているのですがすっかりときつさを忘れていました^^
私どもは二週続けての国東でしたが、いい山が多いですから何度でも足を運びたいですね。
週末の2日間は相方さんと2人で宮崎の山を歩いてきます^^

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter