higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

ササユリ咲く弟見山へ(2015/06/21)

2015/06/21(Sun)



弟見山展望所より見る荕ヶ岳
150621P1140149.jpg


6時頃外を見てみると周りはガスの中でしたが、6:40に道の駅「願成就温泉」を出る頃には雲の合い間に
青空も見え出しました。

今日は荕ヶ岳から弟見山まで往復縦走をしようと決めていたので、国道315号線から大潮の小集落を抜け
て登山口に向かいます。

     石鎚神社
     150621P1140095.jpg 


予定通り7:30に登山口駐車場に到着。

     150621P1140098.jpg 


ゆっくり準備をして駐車場を出発しました。
九州の山と違い、「クマ出没!! 注意」の看板に現実味を感じます。

     150621IMG_6740.jpg 


(本日の行程)
駐車場(8:00)~登山口(8:09-8:17)~鎖場分岐(8:57-9:15)~三の鎖途中(9:22-9:37)~
鎖場分岐(9:43)~荕ヶ岳(9:53-10:09)~屋敷林道分岐(10:25)~983mP(10:54)~
展望所(11:33-12:17)~弟見山山頂往復~展望所(12:38-13:05)~荕ヶ岳(14:18-15:00)~
(松の木尾根新道)~駐車場(15:46)


林道にはミズタビラコが蔓延るが如く咲いていました。

     150621IMG_6742.jpg 



     150621IMG_6758.jpg


登山口まで来ましたが、ここでちょっとした道間違い。
駐車場手前の松の木尾根新道登山口を見落としていて、ここが新道登山口と勘違いし林道を直進して
しまいました。 mamatiasは新道登山口には気が付いていたようですが・・・。

     150621P1140106.jpg


林道は直ぐに背の高い草に覆われて踏み跡も見えなくなったので、おかしいと気付き引き返しました。

            150621P1140103.jpg 


     オカトラノオ
     150621IMG_6761.jpg 


登山口に戻り改めて登山開始ですが、いきなり杉の植林帯の急登。

     150621P1140109.jpg 


登り出して5分、今日初めてのササユリが出迎えてくれました。 
雨で倒れていたのか、誰かが添え木をしてくれていましたが、この先の期待が膨らみます。

            150621P1140110.jpg 



     150621IMG_6773.jpg


植林帯を抜けると自然林に変わりますが急登が続きます。

     150621P1140116.jpg 


鎖場分岐でちょっと休憩。

     150621P1140117.jpg 


昨夜の雨で濡れているので巻き道を上がろうと思いましたが、初めてなので取り合えず鎖場まで行ってみる
ことにしました。 途中には笹に隠れるようにしてササユリが咲いていましたが、傷んでいて残念でした。

二の鎖                              三の鎖
150621P1140120.jpg 150621P1140122.jpg


行けると判断して三の鎖を登り始めましたが、途中であわや大惨事!
岩も鎖も濡れていて滑るので無理な体勢でバランスを保とうとしたら、エルが飛び出しそうになりました。 
こんな岩場でエルが宙ぶらりんになったらなす術もありません。 ここは勇気ある撤退をすることに。
下りる方が大変でしたが何とか無事着地。 分岐に戻り山頂へ向かいました。 

     150621P1140131.jpg 


三の鎖を上から見てみると高度感がありますねぇ。

     150621P1140129.jpg 


山頂付近のササユリは数が少なく、傷んでいたり、開いてなかったりと、良い状態のものが見れません。
休憩中に上がってきた後続のグループが、「少ないねぇ! がっかり・・・」。

この先でササユリとの出合いがあることを期待して先に進みます。

     150621P1140132.jpg


 
     150621P1140137.jpg 


しかし、弟見山手前の展望所に着くまでに出合ったササユリはポツンポツンと4株ほど。

     150621P1140138.jpg 


     エルもちょっとがっかり?
     150621IMG_6849.jpg 


ほかに撮るものもないので・・・

            150621IMG_6856.jpg 


アップダウンを何度も繰り返しながら進みますが、中間地点の983mピーク手前からは前も足元も見えない
背丈ほどの笹が茂っていて、大変な目に遭いました。 
熊避け鈴は勿論付けていましたが、熊よりもむしろマムシを踏まないかと気が気ではなかったです。

     150621P1140142.jpg 


笹に悩まされながらやっと展望地へ到着すると、弟見山から足を延ばした登山者が食事休憩中でした。
弟見山山頂までは直ぐなので先に山頂まで往復するつもりでしたが、ついつい休憩が長くなったのでついで
に、歩いてきた荕ヶ岳からの稜線を眺めながら先に食事を摂ることにしました。

     150621IMG_6890.jpg 


しばらくして弟見山から来た登山者を振り返ったmamatiasが、「あっ、じなしさん!!」と声を上げました。
お互いにビックリ仰天の出会いでした。  これで3週続けて同じ山に登ったことになります。
ササユリに出合うよりも大きなサプライズでした。
 
今日は奥様とのんびり夫婦さんとご一緒ということで紹介して頂きました。  そして、のんびり夫婦さんと
話をしていると、次々と驚くことばかり・・・。
まずは仏峠に下山中のkyon&amiさんご夫妻とすれ違ったとのこと。 そして、昨日の午前中は右田ヶ岳
に行かれたと。 我々とは逆コースを歩かれていて、どうも山頂と下山後の「にこにこステーション」でもお
会いしていたようです。

実は帰宅してから判ったことなのですが、展望所ではタッチの差でランボー&テクテクさんともニアミスだ
ったようです。 休憩を取らずに先に山頂に向かっていれば間違いなくお会いできたはずです。 残念!

山頂手前できれいなササユリが見れるということなので、皆さんが食事をしている間にザックをデポして
山頂まで往復することにしました。

     150621IMG_6895.jpg 


     大輪のヤマボウシ
     150621IMG_3375.jpg 



            150621IMG_3367.jpg 



150621IMG_6922l.jpg



150621IMG_6947.jpg  


今日出合ったなかで唯一のピンクのササユリ。 いい状態で見れて良かった!
            
150621IMG_6961.jpg



     150621IMG_6963l.jpg


今年は裏年とのことですが、見れただけでも感謝です。
開花時期もやはり早くギリギリのタイミングだったようなのでなお更です。

     150621IMG_6973.jpg 


弟見山山頂でも登山者が休憩中で、標識と一緒に撮ることは叶いませんでした。

            150621IMG_6965.jpg 


展望所に戻るとのんびり夫婦さんのお知り合いのpuniさんRyuさんも居られたので、しばらく会話を
楽しみました。
最後に皆さんと一緒に記念撮影。

           150621P1140164.jpg 


皆さんとお別れして往路を引き返し、再び荕ヶ岳山頂へ。

     150621P1140177.jpg 


朝閉じていた株もきれいに開いていました。

     150621IMG_6977.jpg 


常連さんらしい6人グループが休憩中でしたがまもなく下山して行かれました。 その後弟見山まで往復
する間ずっと前後しながら一緒だった年配の男性2人も戻って来られ、しばらく九州の山の話をしたあと
先に下山。 最後は我々と後から登って来た単独の男性だけになってしまいました。 
この男性に第2新道(ブナ尾根)の様子などを聞いた後、のんびりし過ぎたのでそろそろ下山することに。

松の木尾根新道は滑り易い急坂にはロープもあり、途中なだらかな箇所もあって歩き易く感じました。

途中の展望のいい場所からは荕ヶ岳を振り返ることができましす。

     150621P1140189.jpg 


急坂の途中には見納めのササユリがたくさん。

            150621P1140195.jpg 


最後は植林帯の急斜面をジグザグに下ります。

     150621P1140200.jpg 


駐車場手前の登山口に下りてきました。

     150621P1140204.jpg 


駐車場は我々の車と最後に残った単独の男性の車だけでした。


鹿野インター近くの石船温泉で汗を流して、長い帰路に着きました。

     150621P1140208.jpg


山との出合い、ササユリとの出合い、そして人との出会い。
今回も楽しく充実した二日間を過せたことに感謝です。


Comment

kyon&amiさんへ 

kyon&amiさん、ご無沙汰しました。
返信遅くなり申し訳ありません。
エルにつられて一緒に落ちなくてよかったです^^;
弟見山でのんびり夫婦さんとお話していて、ビックリ!でした。
朝一番乗りだったようで、我々とは1時間以上も違っていたようですね。
ニアミスが多く中々お会い出来ませんが、また次回を楽しみにしています。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.06/28 20:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:ササユリ咲く弟見山へ 

Ryuさん、ご訪問ありがとうございます。
金曜夕方から外出していましたので返信が遅くなり申し訳ありません。
弟見山ではお世話になりました。 お会い出来て嬉しかったです。
屋敷林道からの笹薮こぎは大変だったようですね。 
しかも林道の長歩き、お疲れ様でした。
九州の山にも是非足をお運びください。 またお会い出来る日を楽しみにしています。

  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.06/28 20:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ご無沙汰してます。
鎖場では、たいへんでしたね。エルちゃんも今回は怖かったと思います。
mamaさんからのメールで来ていたと知って、ビックリしました。
展望地をあとにしたのは、10時25分頃でしたので、
お逢いできず残念でした・・・
御存じのとおり別の出逢いがありました。
いつかまた~~~お逢いできるのを楽しみにしてます♪
  • posted by kyon&ami 
  • URL 
  • 2015.06/27 11:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

ササユリ咲く弟見山へ 

こんばんは!

先日、弟見山ではお世話になりました^^
私達は屋敷林道から登りましたが、縦走路の笹の高さには参りました^^;
あの状況の中での荕ヶ岳からの縦走は大変ではなかったかと思います。
しかもピストン・・・
遠路遥々、お疲れさまでした。
また、何処かの山でお逢いしたらよろしくお願いします^^
  • posted by Ryu 
  • URL 
  • 2015.06/26 21:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

よいこのよっちゃんさんへ 

よっちゃんさん、こんにちは。
リーシュを胴輪に繋いでいるとは云え、宙ぶらりんになったら危なかったですぅ~。
寂地山~冠山同様カタクリでも有名みたいですね。
縦走路途中のピーク前後の笹は鬱陶しかったですが弟見山まで行ってよかったです。
次回はカタクリの時期に仏峠から弟見山というのもいいですね~。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.06/26 14:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは
エルちゃん、危ないところでしたね…
このコースは去年、カタクリを見に行きました。
鎖場は元気組が挑戦し、老体組は脇道を登りました。

ササユリも咲くとは聞いていましたが、タイミングがむつかしいですね。
  • posted by よいこのよっちゃん 
  • URL 
  • 2015.06/26 11:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:弟見山では 

のんびり夫婦さん、こんばんは。
こちらこそ弟見山でお会いできて本当に良かったです。
今回もつくづく思いましたが、お会いしてても何かのきっかけがなければ気付かないまま
ということもありますから。
amiさんやランボーさんともお知り合いとお聞きして初めてのような気がしませんでした。 
縦走路はやはりマムシの生息域なのですね! 笹藪のなかで噛まれなくて良かったです。
のんびり夫婦さんこそ九州の山にも沢山行かれているご様子。
山行スタイルも似ているようなので大変参考になります。
今後ともよろしくお願いします。
 
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.06/25 20:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

弟見山では 

ここでは初めまして。
jinashiさんに紹介され大変うれしく思っています。
山口遠征され右田・萩往還・弟見山としっかり歩かれました。
私達も遠征したからにはで、欲が出てついつい歩きたくなります。
莇ヶ岳からの縦走は結構な距離になりますね。縦走路が荒れていたようですが、マムシに何回か遭遇しているので気を付けなければいけませんね。
九州の山を沢山歩かれていてとても参考になります。
今後もよろしくお願いします。
写真が綺麗で見やすいページです。
沢山の山友をお持ちで楽しまれている様子が伝わってきます。
  • posted by のんびり夫婦 
  • URL 
  • 2015.06/25 17:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

jinashiさんへ 

じなしさん、こんにちは。
お会いできたのはじなしママさんのおかげでしょうね^^  ママさんに感謝です!
荕ヶ岳⇆弟見山は往復6km、高低差は180m程度でしょうか。
アップダウンは多いですが、きつかったのは983mピークを越えるときくらいでした。
ただ、この時期は笹が深くて鬱陶しかったです。
笹で視界を遮られる場所ではマムシは本当に気掛かりでした。 
マムシと熊には出遭いたくないですね! 
山口の山と温泉もいいですね~。  次回はご一緒しましょう。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.06/25 15:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

豊津の信ちゃんさんへ 

信ちゃんさん、こんにちは。
荕ヶ岳はランボーさんと歩かれたことがあるんですね~。
今年はやはり開花時期が早かったようでタイミングは良かったですが、
裏年だったらしいです。 来年はたくさん咲いてくれるといいですね。
萩往還の石畳は雰囲気を出すために敷いたのでしょうが、石の選択を
間違ってますね。 家内はブツブツ言ってました(笑)
信ちゃんさんは行ったことがない所は無いくらいに行かれてますね~^^
いい出会いがあったときは殊更嬉しいですね。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.06/25 14:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

莇ケ岳⇆弟見山はけっこう距離、高低差がありそうですね。
私たちの仏峠から弟見山展望所までは1時間40分ほどらしいので、11時には到着して昼食、~11時30分には下山というはず?でしたが・・この日(いつも)はじなしのママが大ブレーキでずいぶん遅れて到着しましたのでhigeさん&mamaさんをはじめ皆さんと出会えたのでしょう^^
この(あたりの)山はヘビさんが多いらしく、会わない方がめずらしい・・とのんびりさんから脅されていましたので、会わずに下山して内心ホットしました。
山口にも面白いお山が結構ありそうですね。 それと以外に温泉も。
  • posted by jinashi 
  • URL 
  • 2015.06/25 14:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higetiasさん、こんにちは。
荕ヶ岳のササユリ、以前ランボーさんに案内していただきましたが、その時はまだ早かったようで本数が少なかったです。
弟見山、来年行く山の候補にあげます^^
素敵な出会いがあってよかったですね。
萩往還の石畳は滑りやすいですよね。
分水嶺踏査でこの近辺は歩いているんですよ~~
  • posted by 豊津の信ちゃん 
  • URL 
  • 2015.06/25 13:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

うすきハッピーリタイアメントさんへ 

うすきさん、こんにちは。
初日は午後から心配した雨も結局大したことがなかったので、どうせ萩往還を
歩くなら東鳳翩山にも行けば良かったです。
ササユリは白が多いようで、ピンクの方が少なかったですよ。
写真が撮り易い場所にあっていいのですが、雨後でちょっと残念でした。
うすきさんも祖母でいい出会いがありましたねぇ^^
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.06/25 11:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higetias さん&mamatiasさん、おはようございます。
萩往還コースも歩かれていたのですね。
弟見山に咲くササユリを初めて知りました。
白のササユリはまだ見たことがありませんでしたので参考になりました。
ササユリの凛とした立ち姿とても素敵です。
人との出合いは心を和ませてくれますね。
  • posted by うすきハッピーリタイアメント 
  • URL 
  • 2015.06/25 09:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter