higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

蛤岳~脊振山縦走(2015/05/24)

2015/05/24(Sun)



1年前に福岡・佐賀県境の脊振山系を椎原峠から三瀬峠まで縦走して以来、脊振山系縦走に興味を持っ
sumiさんを誘って、今日は七曲峠から車谷登山口までを歩きました。
このルートはこれまでは坂本峠から脊振山まで往復していましたが、今日は車が2台あるので坂本峠~
椎原峠の片道縦走をするつもりでした。   しかしよく考えてみると、sumiさんはやはり1年前に九千部山
から七曲峠を一緒に歩いているので、急遽七曲峠からスタートすることにしました。


(本日の行程)
七曲峠(8:13)~坂本峠(8:45)~永山峠(10:00-10:02)~蛤岳分岐(10:10)~(水功碑往復)~
蛤岳分岐(10:44)~蛤岳(11:00-11:15)~脊振山(13:08-14:13)~唐人の舞(15:05-15:12)~
椎原峠(15:41-15:45)~井手野分岐(15:50)~車谷登山口(16:48)
                 全行程:8時間35分  歩行時間:6時間48分  歩行距離:19.2km

脊振山~車谷登山口        蛤岳~脊振山           七曲峠~蛤岳
20150524脊振山~椎原  20150524蛤岳~脊振山  20150524七曲峠~蛤岳
(クリックで拡大)


車1台を椎原の車谷登山口(船石橋)にデポして16kmを移動し、七曲峠からいざ出発。

     150524P1130006.jpg 


            150524IMG_5145.jpg


七曲峠~坂本峠間は1.3kmで標高差100mのピークをひとつ越える区間で、坂本峠から九千部山まで
往復したとき以来実に7年ぶり。  その時はちょうど鉄塔工事中で仮設の足場材などで迂回路が出来て
いましたが、今はその迂回路が正規ルートになっているようです。

登山道は見事なタツナミソウロードです。

     150524IMG_5160.jpg


            150524IMG_5158.jpg


坂本峠の手前から七曲峠方面へ下る林道の起点が見えてきました。
この辺りは以前から捨て犬が多いところですが、今日も車道で2匹ほど見掛けました。
不憫に思った人が置いたものなのか、路肩の空き地には犬小屋がありました。
なんか、複雑な思い・・・。

     150524P1130021.jpg


385号線を少し歩いて坂本峠から再び登山道に入り、アップダウンを繰り返していきます。

     150524IMG_5164.jpg


緑も大分濃くなってきたようです。

              150524IMG_5174.jpg


この辺りも見事なタツナミソウロードでなかなか足が進みません。

     150524IMG_5181.jpg


     150524IMG_5179.jpg


以前は無かった林道が上へ上へと延びたため、登山道と何度も交錯します。

     150524IMG_5184.jpg


オバケのようなナルコユリをたくさん見掛けましたが、ホウチャクソウは僅か。  

ナルコユリ                            ホウチャクソウ
150524IMG_5202.jpg 150524IMG_5196.jpg


mamatiasがキンランを見付けました。  サイハイランも一株だけ見掛けましたがどちらも障害物が
あってこれ以上寄れずに残念。

キンラン                              サイハイラン
150524IMG_5250.jpg 150524IMG_5257.jpg


永山峠で吉野ヶ里町永山集落に通じる林道を横切り、蛤水道に沿って歩きます。

150524P1130047.jpg 150524P1130049.jpg


蛤水道は江戸初期の元和年間(1615-1623)に鍋島藩家老成富兵庫茂安により築造されたもので、昭和
27年の改修でコンクリート造になっていますが、2010年に土木学会選奨土木遺産に認定されています。

     150524P1130052.jpg


              150524IMG_5214.jpg


蛤岳の取り付きまで来ましたが、折角ですので蛤水道源流付近にある水功碑まで往復することに。

     150524P1130054.jpg

     
     150524P1130056.jpg


     150524P1130068.jpg

     
     水功碑
     150524P1130060.jpg


見上げると清清しい青空。

     150524P1130061.jpg


ここから縦走路(小川内分岐)に上がるルートもあるのですが、蛤岳より先に出てしまうのでここは取り
付きまで戻り、急斜面を蛤岳山頂へ。

            150524IMG_5263.jpg


     蛤岳山頂
     150524P1130079.jpg


     150524P1130083.jpg


蛤岩の上から眺める方向に遠く雲仙岳が見えています。

     150524P1130081.jpg


     山頂に咲くヤマツツジ
     150524IMG_5269.jpg


標識によるとここまで水功碑までの往復を含めて6.2km歩いたことになります。
脊振山までは4.1km、約2時間。  軽くエネルギー補給をして先へ進みます。

     150524P1130085.jpg


植林帯の中にある岩には以前は無かった「マテ貝岩」の表示が。

     150524P1130093.jpg


犬井谷分岐、小川内分岐、古賀ノ尾分岐と三つの分岐を過ぎ、急坂に掛かるところで3年前はまだ工事
中だった林道に出合い横切ります。

     150524IMG_5298.jpg


急坂を上り、「借地標所在地」の杭から左折し、右手の樹間に航空自衛隊脊振山分屯基地のパラボナ
アンテナを見上げながら小さな沢を二つ渡り、基地に通じる石段を横切ります。 
石段は笹に覆われて荒れていました。

     150524P1130107.jpg


石段の先で大口径の放水管?を跨いで一旦上り、歩き辛い丸太の急な階段を下ると、やがてこのコース
一番のお気に入りの場所に出ます。

            150524IMG_5304.jpg


分屯基地敷地の直下のブナ、カシ、カエデ、ミズナラなどに覆われた自然林の斜面に付けられた木道が
山頂駐車場の直下までしばらく続きます。  後続の二人の足がなかなか進みません。

150524P1130120.jpg 150524P1130122.jpg


     150524P1130133.jpg


遥か南南西の方向に多良山系から雲仙岳までが薄っすらと見渡せます。

     150524P1130141.jpg


田中分岐(たにし仏)から石段を上がると駐車場の先に脊振山山頂が見えます。

     150524P1130152.jpg


三年前に悟空さんファミリーと出会った階段交じりのスロープを300mほど上がって、山頂の脊振神社
上宮に辿り着きました。 ここまで歩いて来ての石段上りはさすがに足に堪えました。

     150524P1130154.jpg

  
     150524P1130163.jpg


雲仙岳                             多良山系
150524IMG_5368.jpg150524IMG_5367.jpg


山頂からは残念ながら蛤岳は見えません。

     150524IMG_5371.jpg


山頂からの展望を楽しんだあとは駐車場下の広場の東屋でちょっと遅い昼食タイムです。

脊振山に着いてから1時間以上も経ったので、そろそろ椎原峠に向けて出発することに。
残すはあと6km余りの長い下りです。

              150524IMG_5382.jpg


     ガマズミ
     150524P1130176.jpg


     150524IMG_5391.jpg


福岡管区気象台脊振山レーダーへの舗装道を15分ほど歩いて矢筈峠を通過。

     150524P1130178.jpg


さらに7分ほどでレーダーのすぐ手前から自然林の中へ。

     150524IMG_5398.jpg


林の中を抜ける風と木漏れ日が気持ちのいい縦走路です。

     150524P1130185.jpg


南東方向の展望が開けたガレ場。  樹林の中に突然現れる異空間です。
 
     150524P1130186.jpg


ここからは基地の右側に遠く蛤岳の姿を望むことができます。

     150524P1130192.jpg


911mピークにある唐人の舞に立ち寄りました。

            150524P1130203.jpg


ここからは金山、井原山、雷山、羽金山等西に延びる背振山系の山々や、福岡市街、能古島、志賀島
まで見渡せます。

     150524P1130199.jpg



     150524P1130208.jpg


ブナ林の中を緩やかに下って椎原峠に到着しました。
これで九千部山から三瀬峠まで繋がったと万歳で喜ぶsumiさん。

     150524P1130211.jpg


あとは椎原の車谷登山口まで下るだけ。 最後まで気を引を抜かずに行きましょう!

今日は井手野分岐から下ることにしました。 
途中まで気持ちのいい沢に沿って30分ほど下ると、林道の向こうにメタセコイアの林が見えてきました。

     150524P1130226.jpg



            150524P1130231.jpg



            150524P1130236.jpg


最後にメタセコイアの林の中で遊んで、車谷登山口まで下りてきました。

     150524IMG_5456.jpg


20日の黒岳縦走より距離は長かったですが、それほどきつい急登もなく比較的歩き易いコースなので
のんびり楽しむことが出来ました。

sumiさん、お疲れ様でした。 次回は三瀬峠~雷山をのんびり歩きましょうか!


Comment

RE:田手川 

GOTOさん、ご無沙汰しています。
基地直下の自然林は長い距離を歩いたあとのご褒美ですね。
蛤水道も相変わらず勢い良く流れていて天然のクーラーでしたよ。
普段何気なく見ている水の流れにも歴史があると思うと感慨深いですね。
背中を切開されたとのこと、詳細が分からず気になっていましたが大丈夫ですか?
最近は佐賀平野のクリーク通いが続いているようですが、ザックさえ背負わなければ
動き回るのに支障はないようですね^^  無理をせずしっかり治してください。

  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.05/28 16:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

田手川 

Higeさん、こんにちは。
好いルートを一気に歩かれましたね。僕も、7~8年前は継ぎ接ぎで良く通ったものですが、もう忘れてしまってまして、今回の詳しいレポートでその時の思い出がどうやらこうやら蘇りました(笑)でも、、蛤水道の工事の件や背振直下自然林の素晴らしい遊歩道の事は忘れられない場所として時々思い出していましたよ。そこに角さんが行かれたのは、嬉しい話です!
そいや、僕のこの日は、田手川から派生している佐賀平野のクリークで、サギと遊んでました。改めて思うとこの水も蛤岳の水を集めたものなんですね~~~。
感慨に浸ったてしまった素敵なレポート、ありがとうございました。
  • posted by GOTO 
  • URL 
  • 2015.05/28 14:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

豊津の信ちゃんさんへ 

信ちゃんさん、こんばんは。
距離はが長かったですが厳しい上り下りが少なく歩き易いコースでしたから・・・。
何時まで体力が続きますかねぇ。 年々厳しくなると思います。
船底新道でバッタリだったようですね! うすきさんは地獄で仏だったことでしょう(笑)
今年の大戸越、平治は虫害が酷いようですね。 鞍ヶ戸も花付きが良くないのですか!
週末の運動会は厳しいかも知れませんね。 我が家は今日からチビッ子ギャングの来襲です^^;
PCのトラブルも憂鬱ですが、データの消滅は取り返しが付きませんね。 お気の毒です。 
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.05/27 22:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

悟空さんへ 

悟空さん、こんばんは。
あれからもう3年半近く経つんですね。 今でも昨日のことのように覚えていますよ。
急に暑くなりましたね。 梅雨入りは何時になるのでしょうか。 
蒸し暑い梅雨が長く続くのも憂鬱ですが、雨が続く間にエルのショルダーを修理に
出そうかと思っています。 メッシュ部分がボロボロです。
 
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.05/27 22:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは~
エルちゃんを背負ってまたまたロング山行ですね。
やはり体力は十分におありですね。うらやましいです。
26日は鞍ヶ戸へミヤマ散策でしたが、虫さんはいませんでしたが、
花つきがあまりよくありませんでした。
うすきさんにバッタリ~~でした。
パソコンが壊れ、新しくなったのですがデータが消えました(泣)
  • posted by 豊津の信ちゃん 
  • URL 
  • 2015.05/27 20:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは^^
初めてお会いしたのは脊振でしたね^^懐かしく山頂を拝見しました^^
しかし暑いですね;;
梅雨明けが8月になるとは恐ろしいですね@@
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2015.05/27 20:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:ありがとうございました^ ^ 

sumiさん、お疲れ様でした~。
楽しんでいただけて計画した甲斐がありました。 天気も最高でしたね。
貴重な〇〇焼き、ごちそうさまでした。  またよろしくお願いします!
次回の計画にも乞うご期待! 
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.05/27 09:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありがとうございました^ ^ 

おはようございます。
おかげ様で、とても楽しゅうございました^ ^
次回は◯◯焼きを沢山準備しますので、またよろしくお願いします
<(_ _)>
  • posted by sumi 
  • URL 
  • 2015.05/27 07:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

ポンちゃんさんへ 

ポンちゃんさん、こんばんは。
昨年鬼ヶ鼻岩で声を掛けて頂いてからあっという間に1年ですねぇ。
今回鬼ヶ鼻岩からの直登コースを下ることも考えましたが、時間切れでした^^;
今年の平治は虫害が酷いようなのでいまいち意欲が湧きませんが、
くじゅうの他の場所はどうなんでしょうかねぇ。
今週末は事情により多分山はお休みですー_ー
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.05/26 22:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは
凄い!
またまたロングコースですねえ!
昨年鬼が鼻岩でお会いした時のことが思い出されました。
来週からは、久住方面が人が多くなるのでしょうね。
今年のオオヤマレンゲは、根子岳か祖母山あたりに行こうかと思っております。
  • posted by ポンちゃん 
  • URL 
  • 2015.05/26 21:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter