higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

新城・茶臼山から金満尾根(2015/03/07)

2015/03/07(Sat)



150307P1060988b.jpg 


今日は曇りがちの天気でしたが、午後からの晴れ予報に期待して筑豊の山歩きに出掛けました。
香春町と北九州市小倉南区の境をなす新城~茶臼山の尾根と金満尾根です。

(本日のルート)
駐車場(9:58)~新城登山口(10:01)~新城(10:44-10:52)~茶臼山(11:18-11:24)~
こもれび別れ(11:58)~一服岩(12:17)~金満山(12:35-12:47)~自然歩道出合(13:22)~
赤牟田の辻(13:25-13:34)~鮎返新道分岐(13:53)~兵頭岩(14:10)~林道終点(14:42)~
駐車場(15:00)
(ルート図はこちら)

香春町後入道の集落を過ぎた林道沿いの登山者用駐車場に車を停めて、100mほど戻った新城登山口
から出発します。(10:01)

     150307P1100017.jpg


竹林を抜け植林帯のなかの荒れた登山道を上がって行くとすぐに棚田の跡を思わせる立派な石垣が見え
てきます。

     150307P1060887.jpg 


まもなく現れる小さな沢に沿って谷を詰めて行き、右手の急斜面に取り付き僅かなテープを頼りに新城山頂
に直登します。

     150307P1100024.jpg 


とても登山道とは言えない急斜面を這い上がるこのルートは、踏み跡もほとんどなくあまり歩かれていない
ようです。 

     150307P1060898.jpg 



            150307P1100026.jpg 


格闘すること25分、傾斜が弛んできました。

     150307P1100028.jpg 


やっと山頂に辿り着きました。(10:44-10:52)  ここも昔山城があったらしいですが展望はありません。

     新城山頂(403.9m)
     150307P1060900.jpg 


山頂北側の掘切を跨いで3分ほど進み縦走路まで出て右折し、茶臼山に向かいます。

     150307P1060928.jpg 


自然林のなかの気持ちのいい尾根歩きです。

     150307P1060909.jpg 


            途中の樹間から垣間見える竜ヶ鼻(680.6m)
            150307P1060910.jpg 


鞍部に向けていったん50mほど高度を下げてから登り返します。

            存在感のある古木
            150307P1100038.jpg 


送電線鉄塔の足元を過ぎひと登りで茶臼山の山頂に着きました。(11:18-11:24)

     茶臼山山頂(408m)
     150307P1060917.jpg 


茶臼山にも海老野城という山城があったようです。 北側だけが僅かに開け北九州市を望めますが、今日は
霞みが酷くてぼんやりとしか見えませんでした。

     150307P1060920.jpg 


往路を新城分岐まで戻り、焼立山を目指し金満(かねみつ)尾根を西に進みます。

     こもれび別れ(320m)   
     150307P1100046.jpg 


     満干越(みちひごし)(12:03)
     150307P1100047.jpg 


尾根の右(北)側を流れている吉原川の川音を聞きながら気持ちのいい尾根歩きが続きます。

     吉原の滑滝分岐(12:12)
     150307P1060942.jpg 


     連なる滝分岐
     150307P1060944.jpg 


連なる滝分岐を過ぎてすぐの一服岩から先は見返りの坂と呼ばれる急坂になります。

            150307P1060949.jpg 


急坂を8分ほど上って石灰岩群が見えてくると斜度も弛んできます。

     150307P1100054.jpg 


石灰岩群のなかを縫うように歩いて修験窟入口を過ぎるとすぐに金満山の山頂に到着しました。 
こもれび別れから200mほど上がってきたことになります。 四等三角点がありますが展望はありません。
ここで簡単にエネルギー補給をしました。(12:35-12:47)

     金満山山頂(525m)
     150307P1060961.jpg 


山頂から僅かに下ってから再び高度を上げていきます。

            150307P1060967.jpg 


福智山系を南北に延びる九州自然歩道に登り上がりました。(13:22)

     150307P1060968.jpg 


広々と刈り取られた防火帯の尾根を右にひと登りで焼立山(759m)山頂に到着しました。(13:25-13:34)
現地の標識ではここが赤牟田の辻(旧焼立山)となっています。 赤牟田の辻と焼立山が入れ替わった
のでしょうか?

     赤牟田の辻(759m)
     150307P1060973.jpg 


すぐ北側のピーク(791m)が今は焼立山と呼ばれているようです。
 

     150307P1100068.jpg 


今日は出発時からほとんど気温が上がらず(5℃)、風もないのにじっとしていると肌寒く感じるので長居
せずに先に進むことにしました。 自然歩道を南に下り鮎返新道分岐に向かいます。

     150307P1060982.jpg 


振り返ると下ってきた急坂が壁のように見えています。

     
     150307P1060987.jpg


     鮎返新道分岐(13:53)
     150307P1060990.jpg 


分岐から鮎返新道を下ります。

     150307P1060996.jpg 


            鮎返川の源流付近
            150307P1070001.jpg 


     兵頭岩(14:10)
     150307P1100085.jpg 


次第に大きくなる鮎返川の流れを見ながら下り、林道に出てしばらく行くとこもれび渓谷口です。(14:53)
ここから川を渡り尾根に上がるとこもれび別れに出ます。

     150307P1070036.jpg   


林道沿いの三椏が花をたくさん付けていましたが、まだ蕾の状態でした。

     150307P1070046.jpg
 

15:00に駐車場に戻り付いて、ほぼ5時間の山歩きでした。


金満尾根は一部南側に植林帯があるものの素晴らしい自然林が広がっているので、秋に紅葉と滝を楽しむ
のも良いと思います。  また今回新城へは直登ルートを登りましたが、尾根まで上がり新城分岐から山頂を
目指す方が賢明です。


Comment

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter