higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

くじゅうへ朝駆けしたものの・・・(2015/01/31)

2015/01/31(Sat)




ガスと強風の中岳山頂
150131-P1060253.jpg 




先週に続いてsumiさんからくじゅうへ朝駆けの誘い。 
明け方は好天の予報で期待が持てる。 これは行かない手はないとばかりに即OKする。  
ところが前日夜になってsumiさんから、「会社でトラブル発生のため予定立たず!」の連絡。
仕方がないのでpiezoさんを含めた残り3人&一匹で決行することに。

牧ノ戸峠でpiezoさんと落ち合い、気温-10℃、小雪の舞う中3:40に出発。
ブロッコリーの丘手前で先行していた10人ほどのグループ(櫻木さん一行と後に判明)に先を譲ってもらう。
そこから先は雪も深くなり、時折身体を煽られるほどの強風も吹き出す。 今日は風が強くなければ上の台
で夜明けを迎えようと考えていたが、厳しい状況のようだ。

     扇ヶ鼻分岐
     150131-P1060236.jpg 


トレースはあるものの歩き辛い西千里を過ぎ、取り合えず避難小屋に立ち寄ると先行者が5人。
何とボッチさんゴリさんsanpoさんryonaさん大空さんの一行だった。 

     150131-P1060238.jpg 


その後櫻木さん一行が到着して小屋がいっぱいになったので場所を譲り、5人と一緒に小屋を出る。
ガスと強風のため上の台は諦め池の小屋で様子を見ることにしたが、久住分れから先はトレースもなく場所
によっては膝上までのツボ足歩き。 御池の西淵から天狗ヶ城へ直行する組と二手に分れゴリさんを含めた
4人で池の小屋へ向かうが、トレースのない御池は膝下まで埋もれるほどの雪の量で、しかも濃いガスのた
めヘッドライトの明りで見えるのは足元だけの状態。 きついラッセルを強いられながらやっとの思いで池の
小屋に辿り着いた。

150131-P1060240.jpg 

今まで雨や雪が降っても、強風が吹き荒れてもスッポリと被せたザックカバーの中から顔を出していたエル
が、今日は珍しく一度も顔を出すことなくお利口さんにしていた。 さすがに寒かったのかな?

     150131-P1060245.jpg 


防寒対策をして外の様子を伺うが、ガスが晴れる気配は全くない。  しばらくすると天狗に直行したらしい
櫻木さん以外のメンバー(佳代さんfumiさんKayoさん他男性6人)が到着。  夜明けが近くなり明るくな
ってきたので、果敢にも中岳へ向かった佳代さんたち女性3名+男性1名のあとを追って山頂を目指す。 

           吊尾根から一瞬だけ姿を現した天狗ヶ城
           150131-P1060251.jpg 


-14℃の山頂で寒さに耐えながら待機するも、凄い勢いで流れていくガスがなかなか晴れてくれない。 

150131-IMG_1929.jpg 

エルはここでもザックカバーのなかでじっとしている。

     150131-IMG_1594.jpg


山頂周辺以外周りの風景は何も見えず、他に撮るものもないので仕方なく樹氷やエビの尻尾ばかり撮る。

150131-IMG_1605.jpg  



150131-IMG_1933.jpg 



150131-IMG_1935.jpg 



150131-IMG_1946.jpg 

上空の青空が顔を覗かせるも、これも束の間。

           150131-IMG_1944.jpg


諦めてカメラをザックの中に仕舞うと青空が覗き、取り出すとあざ笑うかのように隠れてしまう。
8時半頃赤いジャケットの男性が登頂し、9時頃にはノリさんtsurikichiさんが天狗ヶ城から移動してきた。
2時間以上粘ったが結局いっこうにガスが取れないので山頂をあとにしようとして、赤いジャケットの男性が
永松さんだと気が付きご挨拶。 厳冬期はみなほとんど顔が隠れているので判りにくい。

9:40に池の小屋まで戻ってくると小屋前でなおさんが出迎えてくれた。  天狗の上でまだ粘っているボッチ
さんたちを置いて小屋に下りたとのこと。 天狗には関東遠征帰りのnacchi***さんもいるらしい。 

     150131-P1060274.jpg 


遅い朝食を摂りながら天狗組を待つがいっこうに現れず。 小屋に立ち寄る登山者も徐々に増え始めたので
11:10にゴリさん、なおさんと共に下山を始めたところにボッチさんたちがやっと下りて来た。 小屋で食事を
摂るというので先に下ることにする。

150131-P1060277.jpg 

往路とは打って変わり多くの登山者に踏まれて格段に歩き易くなった御池を渡り、天狗分れまで来たときに
直ぐ後ろに迫ったnacchi***さんに気付く。  聞けば休憩に寄った池の小屋はいっぱいで入れなかったと
のこと。 このあとはnacchi***さんを加えた6人でのんびりと牧ノ戸へ下る。

150131-IMG_1612.jpg 

避難小屋も登山者で溢れ返っているし、後から後からぞくぞくとやって来る。 厳しい天候のなかで昼食を
摂るのもままならないようだ。 雪山ではどういう状況に遭うかも分からないので、手軽に摂れる食事を用
意するのが必要だとつくづく思う。

     150131-P1060279.jpg 


西千里に出る前で先週もお会いした白ヘルさんと出会い、その後も多くの登山者とすれ違いながら下るが、
天気は相変わらずどんよりとしていて晴れることはない。

150131-IMG_1948.jpg 


沓掛山の山頂で記念撮影
150131-P1060291.jpg 



150131-IMG_1950.jpg 



           150131-IMG_1956.jpg 



13時半前に牧ノ戸に下山。 ゴリさんが同乗してきたボッチさんが下りて来るまで、レストハウスのティー・
ルームで一緒に待つことに。 明日朝駆けするという山靴さんも加えてnacchi***さんの遠征土産をお供
に温かい飲物を飲みながら楽しい時間を過ごす。 やがて下山してきた4人とも合流して話が弾み気が付
けば早15時。

楽しい時間を切り上げて駐車場に戻ったところで高校の同級生A君と遭遇。 飲み会で年に1、2回は顔を
会わせるものの山で出会うのは初めてだ。 彼も明日朝駆けするという。 今日の天気に完全に裏切られ
た身としては羨ましくもあるが、好天に恵まれることを願って別れる。

最後にpiezoさんと「まきばの温泉館」に立ち寄ると、ここでもまた大空さんと一緒になった。 


今日は強風と積雪で厳しい登山になることは覚悟していたものの、ここまでガスに祟られるとは予想外だ
った。 とは言え、これもまた山。 多くの山友と出会え楽しい時間を過ごすことが出来たことを、くじゅうの
女神に感謝するとしよう。




Comment

なおさんへ 

なおさん、こんばんは。
こちらこそ、先日はご一緒できて楽しかったです。 ありがとうございました。
エルも可愛がってもらってきっと喜んでいたと思いますよ。
翌日の伽藍岳は気持ち良さそうでしたね~。
また近いうちにご一緒しましょう! 
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.02/04 23:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

先日はお疲れ様でした。青空は望めませんでしたが下山路と談話室では楽しくご一緒させていただきありがとうございます。
小屋ではエルちゃんをダッコできて仲良し度の距離が縮まった感じです。
次回は顔も覚えてもらおーっと!では、ではまたお会いできますように。
  • posted by なお 
  • URL 
  • 2015.02/04 21:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

RE:おはようございます 

sumiさん、お勤めご苦労様です。
今回は同行叶わず残念でした。
本音を言うと日曜日に変更したかったのですが、掛けられた梯子に
勢いで登ってしまい、見事にずり落ちてしまいました(笑)
おっしゃる通り、山では常に最悪の事態を想定した準備を心掛けるべきです。
土曜日の天気は「sumiさんの呪いだ」とは出会った仲間全員の一致した意見でしたよ(笑)
次回よろしく!
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.02/02 10:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

悟空さんへ 

こんにちは。
強風とガスのなかでのラッセルはさすがに辛いものがありますね(苦笑)
今回は真っ白な久住や星生の斜面がピンクに染まるのを期待して、
強風覚悟の朝駆けでしたが、見事にハズレました^^;
日曜日は由布も鶴見も青空全開で雪が眩しかったことでしょうね。
エルもザックカバーのなかに潜っていると風を防げることを
少しは学習してくれたのならいいんですが。

  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2015.02/02 10:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

おはようございます 

熊本への新幹線からです
土曜日はご一緒出来なくなり失礼しました
天候が想定外となり、予報精度が上がったとはいえ、あらためて山の天候には要注意だと考えさせられました
食事を含む携行品には最悪を想定した準備で臨むべきですね

ps.土曜日の天候…決して私の念は入っていませんので(笑)
  • posted by sumi 
  • URL 
  • 2015.02/02 07:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは^^
マイナス10度の世界で朝駆けとは恐れ入ります@@
強風が大の苦手な私に中岳へ向かう勇気はありません^^;
寒さの中で日の出を待つのも出来ません(苦笑)
今日日曜日の九重はきっと素晴らしい景色だったと思います。
由布岳も鶴見も穏やかで晴天でしたよ^^
エルちゃん寒かったでしょうね~悟空もきっと抱っこっていいます(笑)
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2015.02/02 00:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter