higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

経ヶ岳・多良岳にマンサク観賞(2014/03/22)

2014/03/22(Sat)




三連休の初日は強風が吹いたりあられが降ったりと荒れ模様の天気で、九重や英彦山は雪が降り積もった
ようです。 しかし、一旦春モードに切り替えた気分を再び冬モードに戻す気になれず、予定通り多良山系に
マンサク観賞に出掛けることにしました。 

有明海に上る朝日を見ながら中山キャンプ場を目指しました。 

     P3221865s.jpg 


マンサクの咲くこの時期にしては中山キャンプ場に一番乗りとは意外でした。 
今朝は霜が降りて気温は1℃と冷えています。 ゆっくり朝食を摂ってから出発しました。(8:00)


(本日のコース)

中山キャンプ場~中山越~経ヶ岳~中山越~金泉寺~国見岳~多良岳~前岳~六地蔵~金泉寺分岐~
多良川源流~中山キャンプ場


多良岳へのルートは駐車場前の鳥居を潜って取り付きますが、今日は逆コースを歩くので車道を進みます。

     P1050514s.jpg 


道路脇には蕗の薹が。

P1050516s.jpg P3221873s.jpg


車道を15分ほど進んで沢に架かる橋を渡ると車止めとなり、左に登山道の取り付き点があります。

     P1050517s.jpg 


しばらくは沢沿いを、その後は九十九折れの林道を縫うように何度も横切り、ウグイスの鳴く声に春を感じながら
なだらかな自然林のなかをゆっくりと上って行きます。  

     P3221876s.jpg 


中山越に着くと同時に反対の黒木の方から二人連れの男性が上がってきました。
今日は牡蠣が目的だそうで、経ヶ岳に登ったあと小長井の牡蠣小屋に行くそうです。

     P1050534s.jpg 


二人連れに先を譲ってしばらく休憩してから経ヶ岳へ向かいます。 

     南側が開けた場所から見る黒木の集落
     P1070986s.jpg 


     ロープが張られた急坂
     P3221888s.jpg 



            P3221892s.jpg 


山頂付近は雪が残っていました。

     P1050551s.jpg 


     経ヶ岳山頂(9:40-10:00)
     P1050552s.jpg 


笹ヶ岳、西岳、多良岳と続く稜線、その右方向には中岳と五家原岳。

P1050554s.jpg P1050555s.jpg


山頂手前に咲くマンサク
P1080007s.jpg P1080002s.jpg


再び中山越に戻り金泉寺に向かいます。(10:35)

     P1050568s.jpg 


     890mピーク
     P1050571s.jpg 


笹ヶ岳の西を廻り笹ヶ岳南峰との鞍部まで来ると国見岳から前岳(本多良)の山塊が見えてきました。

P1050578s.jpg P1050582s.jpg


ここでしばらくマンサク観賞です。

     P1080017s.jpg 



     P1080014x.jpg  


     面白い木肌の大木
     P1050588s.jpg 


このあと、ちょっと足場が悪く狭い場所で先頭、中間、しんがりに引率者を配した25人くらいの団体と出会った
のですが、隊列の途中で止まってちょっと待ってもらえれば難なく離合できるにも拘わらず、全員が通り過ぎる
まで我が物顔でした。 引率されている登山者はともかくとして、引率者としては全く配慮を欠いた行為です。
気分を取り直して苔むした岩を乗り越えながら先に進みました。

     P1050593s.jpg 


お腹も減ってきたので多良岳に向かう前に金泉寺のテーブルで昼食休憩を取りました。(11:53-13:00)
ここは懐かしい場所ですが、山小屋も寺も建替えられています。 お堂は施錠されていて中の仏像を観る
ことは出来ませんでした。
昼どきにしては登山者の姿も疎らで意外でした。 そんななか大きなザックを背負った健脚そうな男性が
一人小屋に立ち寄ったあと多良岳方向に出発して行きましたが、まさか友人のMさんだったとは、この時
は全く気が付いていませんでした。

P1050608s.jpg P1050603s.jpg


大休止のあと金泉寺分岐の鳥居を潜り、役の行者に挨拶してから石段を上ります。

     P1050615s.jpg 


     鎖場
     P1050624s.jpg 


ロープ場、鎖場のある急坂を登り上がり稜線に出ると国見岳・多良岳の分岐です。 
国見岳に立ち寄りマンサクと景色を楽しんでから折り返して多良岳へ。 

     P1050626s.jpg 


石仏に迎えられて崩れかけた石段を上ると太良権現上宮が祀られた多良岳山頂です。(13:28-13:40)

            P1050628s.jpg 


     多良岳山頂の太良権現上宮
     P1050631s.jpg 



     P1080037s.jpg 


ここでもマンサクと景色を楽しみ、前岳に向けてロープの張られた急坂を下ろうとしたら、タイミング悪く下か
ら上がって来る30人はいるかと思われる熟年団体さんと出くわして、しばらく足止めをくってしまいました。 
しかし、ここは先ほどの団体とすれ違った所とは状況が違います。 全員が無事に上がり着くまで待ってか
ら出発しました。


鞍部に下り付く手前で下から上って来る先ほど金泉寺で見かけた男性と出会いました。 ここで初めて友人
のMさんと分かりビックリです。 Mさんも金泉寺で見た背負子が気になっていたらしく、下から見上げて「や
っぱり」という顔をしていました。 山で会うのは約4年ぶりかな? しばらく会わないうちにすっかり山にのめ
り込んでいるようです。
今日は黒木から取り付き五家原岳~多良岳・前岳~経ヶ岳~八丁谷と歩く行程で、これから経ヶ岳に向かう
とのこと。 健脚度が益々増しているようです。 しばらく立ち話をして再会を約束してお別れしました。


六地蔵へ下る分岐のある鞍部から先は次々と大きな岩を巻くように進みますが、ここだけはハシゴの助けを
借りて越えます。

     P1050659s.jpg


     ハシゴの架かった岩の上から見る多良岳
     P1080039s.jpg              

座禅岩の上には登山者がいたのでスルーして先に進みました。


            鬼の岩屋
            P1050643s.jpg 

            「何となく宇宙の生物に見えるのは私だけでしょうか?」


     前岳(本多良)山頂
     P3221965s.jpg 


     復路で座禅岩から経ヶ岳を眺めるmamatias
     P1050657s.jpg 


鞍部の分岐から南側の急坂を下ります。(ここには標識なし)

     P1050664s.jpg 


六地蔵手前にある小さな石祠の右手の岩(写真の右上)に達磨にも見える彫刻らしき跡があるのは気の
所為? 

     P1050667s.jpg 


     六地蔵(太良町重要文化財)
     P1050670s.jpg 

一体は姿が失われています。


ホソバナコバイモにも出合えました。

     P1050682s.jpg 



金泉寺分岐から中山キャンプ場に向けて気持ちのいい自然林のなかを下ります。

     多良川源流
     P3221987s.jpg 


オオキツネノカミソリも元気に養分を蓄えているようです。 開花の時期にはまた大勢の登山者で賑わうこと
でしょうね。

     P1050698s.jpg 


     見上坂から見上げる国見岳
     P1050704s.jpg    


            木肌が黒光りしたケヤキの大木
            P1050707s.jpg 


のんびりと歩いて、キャンプ場まで戻ってきました。(15:58)

     P1050714s.jpg 



下山後は太良嶽温泉「有明海の湯」の露天風呂から有明海越しに霞んで見える雲仙岳を眺めながら、ゆっ
くりと温泉を楽しみました。

     P1050723s.jpg



明日は久しぶりに佐渡窪のマンサクを観賞する予定です。



Comment

うすきハッピーリタイアメントさんへ 

うすきさん、こんばんは。
多良山系は低山ながら変化に富んでいて、春のマンサク、夏のオオキツネノカミソリ、
秋の紅葉となかなか魅力溢れる山ですよ。
私にとっては苦くもあり、楽しくもある若い頃の忘れられない思い出が残る山です。
これからはあっちこっちと行きたい山ばかりですが、時期が重なり選択に頭を
悩ませますね。 
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2014.03/25 21:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

悟空さんへ 

こんばんは。
多良山系のマンサクの見頃は来週くらいまで続くのではないでしょうか。
天気の良い週末にしては登山者が少なくて良かったのですが、
資質のないリーダーに引率された団体に出遭うと最悪ですね。
山でのマナーをもっと勉強してほしいと思いますね。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2014.03/25 21:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higetias&mamatiasさん、こんばんは。
経ヶ岳、多良岳は未踏の山ですが魅力ある山のようですね。
マンサクのリボンは春を感じます。
これから花旅が始まりますね。
  • posted by うすきハッピーリタイアメント 
  • URL 
  • 2014.03/25 19:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは^^
多良岳はまだマンサクがたくさんあったのですね^^
ホソバノコバイモもありますし花も有名な山なのでしょうね。
団体さんの配慮のなさは本当に困ったものですよね...
私は団体を見るとため息が出ます^^;
素晴らしいリーダーの方もいらっしゃいますが残念な方が多いです--;
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2014.03/25 19:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter