higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

岩石山から葛城山(2013/12/07)

2013/12/07(Sat)





今日は添田町北部の、赤村との境にある岩石山(がんじゃくさん)に登り、北側の葛城山まで縦走しました。


     岩石山(454m)
     P1030051x.jpg 



昨日は国の基準の3倍という酷い状態だったPM2.5もかなり良くなり、晴れて風もなく穏やかな天気です。
朝は冷えていましたが、日中の気温は14℃まで上がるとの予報でした。

添田公園の駐車場に車を止めて、公園内を少しだけ散策しました。 

     P1030061x.jpg  


添田神社にもお参り。

     PC071243x.jpg 


添田神社左手の白山神社の前の車道を歩いて、滝コース(人面岩参道)登山口に向かいます。

P1030066s.jpg PC071246x.jpg


車道を3分ほど歩くと、右手の民家の間の小道の入口に登山口の標識がありました。(10:23)

P1030068x.jpg P1030071x.jpg


小道を抜けると登山道に変わり、自然林のなかへ。

     PC071258x.jpg 


登山口から12分ほどで南無石鎚大権現の小さな祠と人面岩に到着。(10:35)

     P1030077x.jpg 


三の滝は人面岩のすぐ先です。 水はほんのひと筋しか流れていませんでした。

           P1030081x.jpg 


右手の斜面を上がり、ひと登りで二の滝へ。

     P1030082x.jpg 


二の滝はほとんど水がありません。(10:44-10:46)

           P1030084x.jpg 


二の滝から道は左右二手に分かれます。 右手を辿ると正面道に出るようですが、左の斜面に取り付き
針の耳を目指します。

     P1030090x.jpg 


シダが多くなってきた斜面を登ります。

           PC071268x.jpg 


登山道を右に折れて一の滝にも立ち寄ってみましたが、ここも水は流れていませんでした。(10:58)

           P1030094x.jpg   


足元が崩れかけている大岩の傍を抜けて登山道へ戻ります。

           PC071273x.jpg  


登山道に戻って先に進むとすぐに鎖場があり、攀じ登ると針の耳がありました。(11:03) 
背負子を担いだままではひざまずくほど屈まないと通れませんでした。

PC071274x.jpg P1030102x.jpg


針の耳から先は風化した花崗岩が路面に露出した登山道となり、10分ほど登ると葛城山へと続く縦走路に
出て展望のいい天狗岩に到着します。 山頂まではあと100m足らず。(11:16)
 

     P1030106x.jpg 


本丸跡への分岐を過ぎるとすぐに山頂の展望台が見えてきました。(11:20)

P1030108x.jpg P1030109x.jpg


山頂は登山者で賑わっているかと思っていましたが、たまたま誰もいませんでした。
展望台の上からは英彦山が辛うじて見えています。 

     P1030112x.jpg 


赤村ルートを少し下って国見岩に向かいました。

     P1030115x.jpg 


     岩石城の馬場跡
     P1030119x.jpg 


     梵字岩と獅子岩     
     P1030123x.jpg 


     国見岩
     P1030127x.jpg 


北側の眼下に葛城山が見えています。 遠くには香春岳や障子ヶ岳もうっすらと。

     P1030130x.jpg 


     すぐ先にある大砲岩
     P1030131x.jpg 


     八畳岩
     P1030134x.jpg 


     すぐ東隣りに御許(おもと)山
     P1030135x.jpg 


南には霞んでいますが英彦山と鷹ノ巣山も見えています。

     P1030136x.jpg 


山頂まで戻り往路を引き返して葛城山に向かい掛けましたが、途中で本丸跡にも立ち寄ることに。

     P1030146x.jpg 


岩石城は太宰大弐となった平清盛が1158年に家臣の大庭景親に命じて築城させたのが始まりで、以来
幾度となく城主が変わり、1585年からは秋月氏の支城として16代秋月種実の家臣熊井越中守が守護し
ていたものの、1587年の秀吉の九州攻めの際の標的となり一日で攻め落とされたという歴史があるそう
です。 昔の武士たちはこんな山を舞台に戦を繰り返していたんですね。 

     P1030147x.jpg 


再び天狗岩まで戻り、葛城山との鞍部の伊原峠へ向かいます。(12:07)

     P1030152x.jpg 



     PC071298x.jpg 


落ち葉で滑り易い急坂を伊原峠まで下ってきました。(12:25)

     P1030155x.jpg 


葛城山と書かれた青い札が木に括られているだけで方向を示すものはありませんでしたが、北側の斜面に
弱い踏み跡がありました。

     P1030158x.jpg 


見晴しはありませんが気持ちのいい照葉樹林のなかを小さなアップダウンを繰り返しながら徐々に高度を
上げていきますが、尾根が分岐しているところや落ち葉で踏み跡が消えているところもあるので赤いテー
プが頼りです。

     P1030160x.jpg 


三角点のある山頂に到着しました。(12:54)

     P1030162x.jpg 


山頂からさらに3分ほど北に進んだところにある大きな露岩まで足を延ばしてみました。

     P1030164x.jpg 


大きな岩の陰に隠れるように小さな祠がありました。

     P1030175x.jpg


東側が開けている露岩に座って簡単な昼食を摂りました。(12:59-13:18)

     P1030168x.jpg 


伊原峠まで戻り、やや荒れた作業道を添田町の西登山口へと下ります。 この道はかつて添田町と赤村を
結ぶ生活道だったらしいです。

     PC071302x.jpg 


伊原峠から15分足らずでふるさと林道岩石線の西登山口まで下りてきました。(13:58)
  
P1030185x.jpg P1030186x.jpg


添田町の住宅地を見ながらふるさと林道を下ります。

     PC071304x.jpg 


下り終わって突き当りを左折して添田公園へ戻ります。

     P1030192x.jpg 


道沿いの空き家の生垣に巻きついたトケイソウがきれいな花を咲かせていました。 

     P1030196x.jpg 


滝コースの登山口まで戻ってきました。(14:16)  

     先ほどまで居た岩石山
     P1030200x.jpg 



     PC071306x.jpg


駐車場に戻ってちょうど4時間。 歴史のある低山を満喫しました。



Comment

悟空さんへ 

こんばんは。
一つの山や山城だけでも長い歴史があるので、勉強し出すと次々と
知りたいことが増えて際限がなくなります。
ほどほどで止めてますから中途半端な知識で終わっています。
Rちゃんも歴史に興味があるんですね! 近い将来は歴女ですかね?(笑)
また春になるまで雪がないときは低山歩きをしようと思っています。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.12/10 17:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは^^
戦があった場所だと思うと不思議な気持ちになります。
いつも詳しく解説して下さりさすがhigetiasさんですね。
歴史を今勉強している娘も参考書を買って嬉しそうにしていますので
歴史好きになるかもしれません。
歴史ある場所を尋ねる度も今から娘にはいいかもしれません^^
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2013.12/10 16:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter