higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

関東の歴史散策-鎌倉一日目前半-(2013/06/17)

2013/06/17(Mon)





朝は早起きしてMKさんと一緒に近くの公園までラジオ体操に行き、戻って来ると奥様が美味しい朝食を用意してくれていました。

     P1040216x.jpg



8時過ぎに奥様に見送られて、「いざっ、鎌倉へ!」。  と、その前にTIさんを迎えに行かなくては・・・。

環八道路、第三京浜道路(玉川IC→朝比奈IC)で鎌倉に入り、まず向かったのは、

竹の寺として有名な「報国寺」です。

          P6178740x.jpg



     P1040224x.jpg



          P1040226x.jpg


開基は足利尊氏の祖父足利家時と言われていて、竹林の奥には家時他一族の「やぐら」と呼ばれる墓地があります。 

     P1040228x.jpg

「やぐら」とは鎌倉独特のもので鎌倉時代から室町時代にかけて鎌倉の上流階級の間に造られた横穴式の墳墓や供養堂のことで、現在でも鎌倉の丘陵部に数多く存在しています。


昼どきになったので報国寺から近いあなご丼と玉子焼きが人気の「左可井(さかい)」に行きましたが、2台分しかない駐車場に空きはなく、開店間もないのに店内もすでにお客さんでいっぱいだったので諦めました。

鎌倉は観光地なのに土地が狭いためか有料駐車場もほとんどありません。 しかも今日は平日にもかかわらず朝から多くの観光客が溢れています。 やっとのことでコインパーキングに空きを見つけて駐車し次に向かったのは、そば処「千花庵」。

人気の蕎麦屋ですが、すでに一巡したのか昼どきなのに待たずに座ることができました。

P1040238x.jpg P1040236x.jpg


辛味大根おろしせいろ2種盛り                鴨せいろ
P1040235x.jpg P6178763x.jpg



お腹も満たされたので、再び散策開始です。

     P1040241x.jpg



P1040242x.jpg P1040244x.jpg

鎌倉武士の墓は征夷大将軍と言えども質素なものですね。


古くは荏柄山天満宮とも称し、太宰府天満宮、北野天満宮と並んで日本三天神とも云われた?「荏柄天神社」。

     P6178772x.jpg


三間社流造の本殿(国重文)は1316年に建立された鶴岡八幡宮若宮の旧本殿を1624年に移築したもの。

残念ながら近くから観ることはできませんでした。

     拝殿(関東大震災以降の再建)
     P1040250x.jpg


境内には河童の漫画を描き続けた清水崑氏が愛用の絵筆を供養した「かっぱ筆塚」や、清水氏の遺志を継いだ漫画家有志が建立した「絵筆塚」があります。

     P1040251x.jpg



          P6178777x.jpg


小島功                              藤子.F.不二雄
P6178779x.jpg P6178780x.jpg



このあとは「鎌倉宮(大塔宮)」へ。

     鎌倉宮拝殿(入母屋造)
     P1040258x.jpg


     拝殿内部
     P1040259x.jpg


     獅子頭守(ししがしらまもり)
     P1040260x.jpg

シャッターを切った後に撮影禁止に気付きました・・・。

     本殿
     P1040265x.jpg

鎌倉宮は、鎌倉幕府倒幕に動いた後醍醐天皇の皇子大塔宮護良(もりなが)親王を祀る神社です。
明治天皇が建武中興に尽くして非業の最期を遂げた親王の遺志を称えて、明治2年に親王終焉の地東光寺跡に創建されたものです。
護良親王は元弘の乱により隠岐島に流された父に代わって楠木正成、新田義貞、足利尊氏らと倒幕を成し遂げ征夷大将軍に任ぜられますが、この地位を欲した足利尊氏に諮られ東光寺の土牢に幽閉された後、尊氏の弟直義(ただよし)の命により28歳の若さで暗殺されたということです。

本殿裏には幽閉された土牢と伝えられる岩窟があります。

     P1040266x.jpg 



     P1040267x.jpg


近くには親王を偲ぶかのようにイワタバコがひっそりと咲いていました。

     P1040272x.jpg



車が渋滞する鶴岡八幡宮の前を通り「建長寺」へ向かいます。

鎌倉五山の第一位 巨福山(こふくさん)建長興国禅寺(建長寺)は鎌倉時代中期の建長5年(1253年)、鎌倉幕府第五代執権北条時頼が建立したわが国最初の禅寺です。

     総門(巨福門)
     P1040274x.jpg 
 

     三門(国重文 1775年の再建)
     P6178802x.jpg


三門を潜ると右手に鐘楼があります。

     梵鐘(国宝 1255年鋳造)
     P1040278x.jpg


三門から仏殿に向かう参拝道の両側には7本の柏槇(ビャクシン)の古木があります。

     P1040283x.jpg


     仏殿(国重文 寄棟造 単層裳階)
     P1040287x.jpg


仏殿は1647年に徳川二代将軍秀忠の夫人お江の方(崇源院)の霊屋を芝の増上寺から移築したもの。

     P1040288x.jpg


          本尊 地蔵菩薩像
          P1040291x.jpg


     法堂(国重文 1814年再建)
     P1040294x.jpg


     唐門(勅使門)(国重文)と方丈(龍王殿)
     P1040298x.jpg 


唐門は2011年に大改修されています。

     P1040302x.jpg 


     方丈奥の庭園(名勝史跡)
     P1040305x.jpg 
            
 
     

後半に続きます・・・。




Comment

悟空さんへ 

おはようございます。
鎌倉は狭い町ですが、鎌倉時代以降の歴史が溢れています。
駐車場もほとんどないので車で廻るのは大変です。
時間に余裕があるなら歩いてゆっくり観て廻るのがいいようです。
お寺も沢山あって見所も多いので2日間ではとても時間が足りませんでした。
Rちゃんも歴史に興味を持ってくれるといいですね!
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.06/28 07:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは^^
素晴らしい所ですね。
竹林も素敵ですが建物にといぇも魅かれます。
歴史には詳しくないのですが娘と一緒に歴史を色々勉強し直してもいいかなって思います。
蕎麦も美味しそうです^^
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2013.06/28 01:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter