higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

万年山・伐株山散策(2013/06/09)

2013/06/09(Sun)



昨晩は深夜までami&kyonさんの車にお邪魔して、楽しい時間を過すことができました。
夜中から強くなった風で車が揺れるのを揺り篭のように感じながら気持ちよく眠り、8時頃起きて外の様子を
窺うと雨は大したことはないのですが、とにかく強い風が吹き荒れています。 くじゅうの山々はガスに覆わ
れて望むことができません。 テント泊や法華院温泉山荘泊だった登山者が悪天の中下山して来ています。

タデ原散策に出掛けるnikoさん、ひと足先に帰られるami&kyonさんご夫妻とお別れしたあと、今日の山
行は早々に断念してゆっくり朝食&コーヒータイムを楽しみ、10時頃長者原を出て帰路に着きました。
 
時間も早いし下道でのんびり帰ろうと、宝泉寺温泉を抜けR210に出て玖珠町に入った辺りで、mamatias
が突然「万年山に行ってみようよ」と言うので、即ハンドルを左に切って吉武台牧場を目指しました。

まさかこんな天気に誰もいないだろうと思っていたら、駐車場には数台の乗用車に混じってマイクロバスも
2台止まっていました。 うち1台は下関ナンバーのレンタカーでしたから、おそらくくじゅうから回ってきたも
のと思われます。 

     P1040049x.jpg


ここから山頂直下までは万年山牧場の草原のなかに延びる舗装農道が約1.6km続いていて、山頂までの
標高差は約200mです。 散歩気分でのんびり歩くことにしました。 雨は上がっていますが強風で寒いくら
いなのでレインウェアの上着を着込んで出発しました。

     P1040052x.jpg



     IMG_4469x.jpg 


珍しい2段メサ(卓状台地)として有名な万年山(はねやま)ですが、上万年の台地はガスに隠れたまま。

     P1040055x.jpg 


まんじゅう石と呼ばれる大岩の前を通り過ぎます。

     P1040057x.jpg 


     万年山牧場の草原のなかを延びる農道
     P1040061x.jpg 


群生地のミヤマキリシマもすでに終焉を迎えています。

     P1040064x.jpg 



     IMG_4493x.jpg


最後に366段の階段で標高差85mを上がって山頂台地に登り上がります。

     P1040074x.jpg


山頂手前のベンチ。 九重町引治から黒猪鹿コースで登って来るとここに出ます。
山頂には先行していた団体さんがいたので、しばらくここで待機しました。 
昨年8月に黒猪鹿コースで登った時もここで昼食休憩を取りました。

     P1040075x.jpg 


強風でエルも寒そうです。

     P1040078x.jpg 


山頂にいた団体さんは山頂台地の縦走に出発して行きます。

     P1040080x.jpg 


     山頂にある一等三角点「羽根山(1140.3m)」 
     P1040082x.jpg


台地の北端まで縦走して周回しても3時間あれば歩けますが、我々はここから引き返えします。

     IMG_4509x.jpg


振り返ると上万年台地は再びガスに隠れてしまっていました。

     P1040083x.jpg 


往復1時間半、車に戻ると雨も降り出しました。  「周回しなくてよかったな。」


車の中で昼食を摂り、近くの伐株山に向かいました。

こちらはビュートで有名な山で、遠くから見るとまさに伐株の形をしています。
山頂まで車で上がれます。

     P1040093x.jpg 


ここにも南北朝時代から戦国時代まで山城があって、幾多の合戦の場となったようです。

     P1040090x.jpg  


眼下に見える玖珠町の田んぼはすでに水が張られて、田植えの準備が出来ています。

     P1040097x.jpg 


     小さな棚田
     P1040098x.jpg 


帰りに「針の耳」と呼ばれる昔の修験道の登山口を確認してから山を下りました。 
いつか歩いてみようと思います。

     P1040106x.jpg 



     P1040107x.jpg 



楽しい二日間を過すことができました。


今週末は所用のため山はお預けです。


Comment

悟空さんへ 

おはようございます。
昨夜はお疲れのところコメントありがとうございます。
万年山のミヤマキリシマはくじゅうのようなスケール感はないですが、
梅雨入り前に見れるし、手軽に楽しむにはいいと思います。 
「針の耳」は気になりますね~。
この二日間は当初の予定を変更して本当によかったです。
いつかカラオケで飲み会やりましょう!(^^)
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.06/14 08:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは^^
万年山だったんですね
懐かしく拝見しました^^
この山もミヤマキリシマが有名なんですよね?
天気は悪いですがとてもたのしく過ごした二日間だったようで
私もニコニコしながら拝見出来ました^^
針の耳も気になりますね^-^
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2013.06/13 23:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

うすきハッピーリタイアメントさんへ 

うすきさん、おはようございます。
万年山は山頂台地近くまで農道や林道歩きで山登りとしては少し物足りない
感じですが、黒猪鹿コースは3キロほどの未舗装林道歩きのあとは急登もあり、
30分ほど山登りらしい雰囲気が味わえます。
「針の耳」コースは標高差90m程度で距離も短いですが、クサリの岩場が続く
変化に富んだコースのようです。
田植え前の水を張った田園風景は何故か心癒されて良いものですね。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.06/13 08:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

 higetiasさん、おはようございます。
九重町引治からの黒猪鹿コース初めて知るコースでしたので参考になりました。
伐株山から眼下に見える田園風景と棚田風景もなかなか良いものですね。
私も「針の耳」登山口から歩いてみたいです。
  • posted by うすきハッピーリタイアメント 
  • URL 
  • 2013.06/13 05:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter