higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

くじゅうで多くの嬉しい出会い(2013/06/08)

週末の山行記事を書こうとしたら、写真データファイルにアクセスできない事態に。
思考錯誤してやっとその理由が分かり何とか復旧できました。(何故そうなったのか、原因は不明です。)
気を取り直して遅ればせながらアップしました。

という訳で、ここからが記事本文です。
 


2013/06/08(Sat)





今年の九重連山のミヤマキリシマを楽しめるラストチャンスとして、9日(日)に出掛ける予定でしたが、
土、日とも天気が良さそうなのでmamatiasが土曜日の予定を急遽取止めて2日とも山歩きを楽しむ
ことになりました。 ところが天気の崩れが早まり日曜日は怪しくなってきたために土曜日主体の予定
に切り替えました。 

今年もやっぱり定番の平治岳、大船山を周回することにしましたが、登山口を男池と吉部のどちらに
するか決めかねていました。 状況次第で決めることにして九重に向かう車の中でmamatiasから、
鹿児島の友人nikoさんも1泊2日の予定で九重に向かっていて、会えればどこかで会いたいと言って
いると聞き、吉部でnikoさんの到着を待ち一緒に歩くことにしました。

4時半に到着した吉部の300円駐車場はまだ余裕がありましたが、次々と到着する車でみるみる空
きスペースが減っていき、nikoさんが到着した6時過ぎまでハラハラしましたが、何とか止めることが
できてほっとしました。 隣りの暮雨駐車場はまだ充分空きがありましたが、山での駐車に1000円も
払う気にはとてもなれませんからね。

     P1030941x.jpg


(本日の行程)

林道ゲート(6:26)~大船林道出合(7:00)~平治北登山口(7:16)~平治の尾(7:49)~
平治岳本峰(8:20-8:54)~南峰(9:05-9:08)~大戸越(9:29-9:33)~北大船(10:24)~
大船山(10:48-12:15)~坊ガツル(13:30-14:19)~吉部(15:45)


nikoさんとは半年ぶりの再会です。
今日は晴、昼過ぎから曇りの予報だったのに、朝から晴れる気配がありません。
どうもnikoさんが鹿児島から前線を連れてきたようです(笑)。 雨女のパワー健在といったところですが、
雨が降らないだけまだましというものです。 準備を済ませて出発しました。
 
     IMG_4361x.jpg


大山林道に出て前を行く4人連れに追い付いて最初の驚きがありました。
そこまで2週間前に会ったばかりのRyonaさんのことを話しながら歩いていたら、そこに本人がいたので
すから、まさに噂をすれば何とやらです。 
しかし、今日はこれだけではありませんでした。 このあと何度も同じようなことがあり驚きの連続でした。 

     IMG_4369x.jpg


Ryonaさんはお知り合いの母娘さんとご一緒でしたが、小学生の女の子は犬が大好きらしく、背中のエル
に興味深々でした。 トラバースルートで大戸越に上がるというご一行とは、「山頂でまた会いましょう」と、
大船山4号集材路の入口でお別れしました。

大窓下の急坂は相変わらず黒ぼくの滑りやすい悪路ですが、今日は比較的歩き易くこのルートは初めて
のnikoさんも難なくクリアーしていました。

     P1030954x.jpg


平治の尾のミヤマキリシマは花が少ないうえに、すでにピークを過ぎているのでそのままパスします。
昨年はガスっていて山頂は全く見えなかったことを思い出しました。

     P1030957x.jpg


再び急坂を登って、本峰に到着しました。
   P1030959x.jpg
 

山頂付近はすでに多くの登山者で賑わっていました。
ふと気が付くと後ろから上がってきたnikoさんが知り合いらしい若い男女二人連れと話しています。
聞くと、拙ブログにも訪問頂いていた「きりしまゆるHike」のharu&sakuraさんでした。 
お二人ともエルには気が付いていたようです。 お二人とはこのあと大船山頂まで前後しながら何度も
お会いしました。


 
しばらくはミヤマキリシマ観賞です。  同じような写真ばかりですが。

P1030963x.jpg 




IMG_4384x.jpg 




P1030961x.jpg 




IMG_4387x.jpg 




P1030964x.jpg 




IMG_4391x.jpg 


本峰から最後にもう一枚。

P1030966y.jpg 


昨年は雲海を背景に映えるミヤマキリシマが見事でしたが、雲海を差し引いても昨年のほうが花の
状態は良かったような気がします。

南峰に移動して、本峰を振り返ります。 この南斜面が一番鮮やかさが残っているようです。

     P1030977x.jpg
 



IMG_4399x.jpg 




IMG_4401x.jpg 


南峰には長居することなく順調に大戸越に下りました。 
途中の白花のミヤマは今年も数輪咲いていましたが、いつもうまく撮れません。

     IMG_4414x.jpg


まだ美しさを保っている花もあるものの、固体としてはピークを過ぎているものが多く、時期としては少し
遅かったようです。

     P1030992x.jpg


南峰の南斜面は遠目にもピークを過ぎていました。

IMG_4417x.jpg


Ryonaさん一行を探してみましたが、見当たりませんでした。 時間的に登りと下りで行き違ったようです。
昨年はここで長居してしまい、大船山には行かないままに坊ガツルに下りましたが、今日は少しでも混雑
を避けたくて腰を下ろすことなく北大船を目指しました。
「くじゅうの貴婦人」に挨拶するのはまたの機会にということで、順調に高度を稼いでいましたが、ガレ場の
の際に出たところでとうとう渋滞に捕まってしまいました。 大阪からの団体さんが大勢下りてきて、ガレ場
のなかを下って行きました。

     P1030997x.jpg



     P1030998x.jpg


その後は大した渋滞もなく北大船まで歩けましたが、北大船の山頂は寄り付けないくらいの人でした。

     P1040002x.jpg



IMG_4423x.jpg


段原は山頂を眺めただけでスルーしました。

IMG_4424x.jpg



最近あまり山歩きができていないnikoさんも、快調にここまで来ました。 まだまだ余裕さえ感じます。

     P1040007ax.jpg


エルにはここまで多くの登山者が「よく頑張ってるね~!」と声を掛けてくれましたが、本当に頑張っている
ご主人様には誰一人として励ましの言葉はありませんでした(笑)。

     IMG_4430x.jpg




IMG_4431x.jpg 


ここまで来てしまえば、あとはのんびり下るだけです。
山頂下でゆっくりと昼食を摂りながら休憩しました。 

大船山周辺は尺取虫が多く発生しているようで、食事中も回りで動いているのを見掛けました。 

これからのシーズンは冷たいフルーツゼリーは欠かせません。

     P1040017x.jpg


今日はコーヒーも淹れることができました。

     P1040018x.jpg



さて、1時間半も休憩したのでそろそろ下山することにします。

     IMG_4439x.jpg


段原から山頂に別れを告げて。

     P1040025x.jpg


坊ガツルへの下りでも、「ブログ見てますよ」と有り難い言葉を掛けて頂きながら二合目付近まで下りて
来たとき、出会った若くて素敵な女性から「ブログの方ですよね!」と訪ねられたので、お礼を言ったあと
思い切って「ブログされているんですか?」とお聞きすると、「nacchiです。」との答え。
思わず声を出して驚いてしまいました。 朝駆け常連の山友からも話を聞いていて、ブログのタイトルが
気に入ってよく拝見していた、あのnacchi***さんだったのです。
まさか、私のことを知ってくれているなんて全く思っていないし、いつか会えればいいなと思っていたので
嬉しい出会いでした。 これもエルのおかげですかね。

北大船から平治岳に周られるというnacchi***さんとお別れして、坊ガツルに下りてきました。

いつものことながらこの時期はテントの花が咲いていますが、今年は特に多いようです。
エルと山行するようになって朝駆けやテント泊がめっきり減ってしまいましたが、これから先の山行
スタイルはどうなっていくんでしょうか? 自分でも分かりません。

     P1040029x.jpg


少し休憩しようとエルを下ろした途端、離れた場所で手を振る姿が見えました。 
何とami&kyonさんではないですか! くじゅうに来られているだろうとは思っていたのですが、まさか 
お会い出来るとは、何と言う偶然でしょうか。
長者原に前泊して三俣の大鍋でミヤマキリシマを堪能されて、南峰の東斜面を直下りして来られた所
でした。 三俣は人も少なく良かったそうです。 明日天気が崩れなければ三俣を歩こうと考えていた
ので、いい情報を頂きました。 今日も長者原で車中泊されるというお二人と夜の飲み会を約束をして、
ひと足先に出発されるのをお見送りしました。

     P1040031ax.jpg


実はこの間にも、これでもかとばかりに最後の出会いがありました。
途中で水を補充しに水場に向かう途中で名前を呼ばれ、声のする方を見ると、そこにいたのは去年も
大戸越で会って行き違い、その後坊ガツルで合流して一緒に下山した、近所の友人Sさんでした。

出遅れたために長者原で車を止めるのも、平治岳の登り下りでも大渋滞に遭い、大船は諦めたようです。

今年も一緒に吉部に下ることにしました。
Sさんが鳴子川右岸のショートカットルートを歩きたいというので、大船林道を辿り往路を戻りました。

     IMG_4455x.jpg


今日のくじゅう登山者の目的は皆同じで目指す場所も似たようなものとは云え、この広い山域で、単に
偶然の一言では済まされそうにないような、不思議なくらい多くの嬉しい出会いがありました。
くじゅうの神様の為せる技でしょうか?


男池のおいちゃん家でおいしいコーヒーを頂きながら男池の状況を聞いていると、駐車場は昨夜から
すでに満車状態だったらしく、未だに下山して来ない登山者の車が遠く離れた路肩にもまだ止まって
いました。 吉部からのルートを選択して大正解でした。 それにしても今年は先週が雨だったこともあ
ってか、例年以上の入山者だったようです。

今夜のビールのお供に鴨の炭火焼を買って、おいちゃん夫妻と別れ長者原にSさんを送ってから、一緒
に「きづな」で汗を流しました。
Sさんを車中泊に誘いましたが、明日は天気も崩れる可能性が大なので、悩んだ末に帰って行きました。


19時過ぎにami&kyonさんと長者原で合流し、車の外で飲み会を楽しみました。
(楽しみ過ぎて、不覚にも写真を撮り忘れてしまいました。)

途中から雨が降り出してきましたが、amiさん家のフラットで広いリビングに移動して雨の影響もなしです。
真ん中に我が家の小さなテーブルを置いて大人5人が座っても大丈夫。
飲み会は日付が変わっても続きましたが、昨夜から寝不足のnikoさんは途中から夢の中。
いつの間にか焼酎とワインのボトルも空になり、お開きとなりました。

ami&kyonさん、nikoさん、お酒や食材ごちそうさまでした!  お休みなさい・・・・。





Comment

Ryonaさんへ 

こんばんは。
先日は早速の再会にびっくりでしたね(笑)。
大船林道を歩いている時に名刺を差し上げれば良かったのですが、
うっかりしていました。
また会う機会が与えられたと前向きに考えましょう!
あやちゃんと再会できなくて残念でした。 よろしく伝えてください。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.06/11 23:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんは 

やはり大戸越からの登りで、すれ違っていたみたいですね><
同行者のあやちゃんは、エルに会いたかったみたいですが、
僕はhigetiasさんとまた会って話したかったです!!

名刺も欲しいですし!!
実は僕も名刺を作っていますので
今度あったら、交換させてください^^
  • posted by ryona 
  • URL 
  • 2013.06/11 23:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

nacchi***さんへ 

nacchi***さん、こんばんは。
いつも見て頂いているとのこと、ありがとうございます。
先日はお声を掛けて頂いたおかげでnacchi***さんと分かってとても
嬉しかったです。 ありがとうございます。
エルがいなければ誰にも気付いてもらえない存在なので、エルにも感謝ですね。
今度お会いしたときは是非エルを撫で撫でしてください。 
エルもきっと喜ぶと思いますよ。
最近は朝駆けすることがめっきり減ってしまったのが残念ですが、
また是非お会いしたいと思います。 そのときはよろしくお願いします。 
nacchi***さんの健脚ぶりや料理の腕前には敬服していますよ。 
いつか手料理もご馳走になりたいと願っています!
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.06/11 22:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

ami&kyonさんへ 

こんばんは。
先日は大変お世話になり、ありがとうございました。
お会い出来て嬉しかったです。
美味しいお酒とともにいろんなお話ができて楽しかったです。
いざというときはamiさんが運転されるのでkyonさんは安心して
飲まれるのでしょうね。 羨ましいです。
今週末は幸か不幸か山には行けないので膝養生します。
ご心配いただきありがとうございます。
またお会いしましょう!
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.06/11 22:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Haru&Sakuraさんへ 

こんばんは。
先日はお疲れさまでした。 大変な思いをして男池まで到着されたんですね。
その分くじゅうのミヤマキリシマを楽しむことができてよかったですね。
初めてお会いできて嬉しかったです。 ニコさんがいなかったらお互いに
挨拶なしだったかもしれません。 山の出会いは偶然と必然の賜物で嬉しいものですね。
リンクの件ありがとうございます。 よろしくお願いします。
またどこかの山でお会い出来ることを楽しみにしています。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.06/11 22:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは(^_^)先日はお会いできてうれしかったです!!
実はいつも拝見していました。
突然の出会いでテンションが上がってしまってエルちゃんにも触れることもできず仕舞いでした。
いつもmamatiasさんおしゃれだな~と思って拝見していましたが、実際お会いしても素敵でした。私はしょっちゅう岩場で打撲、転んで打撲のためにパンツスタイル主流なので、おしゃれなmamatiasさん憧れます(>_<)
higetiasさんもブログの写真ではワイルドな感じなのかなと思っていましたが、実際にお会いしたら優しさ全開で、なんだか幸せな気持ちになりましたi-237
次回お会いした際にはエルちゃんと仲良くさせてください(笑)
  • posted by nacchi*** 
  • URL 
  • 2013.06/11 21:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは~♪
飲み会では、大変お世話になりました。
御二人共、アルコール強いですね~
主人は朝からアルコールチェッカーに、反応がでっぱなしでした~
しばらく様子をみてましたが、私の運転で帰宅しました。

たくさんの方々に、お会いできたんですね~
偶然に会えるって、すごい事です。

いつもエルちゃんを背負って、登っているhigetiasさんは、すごいです!!
膝、気をつけてくださいね。。

またどこかで、お会いした時はよろしくお願いします♪
  • posted by ami&kyon 
  • URL 
  • 2013.06/11 21:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんは 

先日はお会いできてうれしかったです!ありがとうございました。
ブログにも登場させてもらえて光栄です(^^)

自分たちもようやく半分ブログもアップしたところですが、higetiasさんの記事楽しく拝見させていただきました☆
またお会いしたときはよろしくお願いします。

あと、よかったらリンク貼ってもいいでしょうか?
  • posted by Haru&Sakura 
  • URL 
  • 2013.06/11 20:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

悟空さんへ 

悟空さん、こんばんは。
解っていただきありがとうございます。
そう云ってくれるのは悟空さんだけですね~ ハハハ。
悟空さんに会えなかったのは残念ですが、お忙しいので無理でしたね。
来年はミヤマキリシマを実際に楽しむことが出来るといいですね。
山での人との出会いは自分を素直にしてくれるようです。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.06/11 20:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

うすきハッピーリタイアメントさんへ 

うすきさん、こんばんは。
8日のくじゅうは誰に聞いてもこんな人出は初めてというほどに大賑わい
だったようです。
コース取りや時間帯が幸いし、大渋滞に遭うこともなく歩くことができました。
昨年もそうでしたが、この時期のこのコースはお薦めです。
天気の崩れが早く早朝から曇天でしたが、ミヤマキリシマの見頃にギリギリ
間に合いました。
山での出会いや交流は楽しくもあり、有り難くもありますね。
うすきさんともまたお会いしたいものです。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.06/11 20:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは^^
驚きの出会い素敵な一日を送れましたね^^
本当に楽しさや嬉しさが伝わって来ました^^
エルちゃんが頑張ってるんじゃないんですよね(笑)
いつもhigetiasさんがガンバってるんですよね^^私はよ~く知ってますよ^^
ミヤマキリシマ毎年ながら本当に大渋滞ですね~
とっても綺麗です、ミヤマキリシマの絨毯ですね~
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2013.06/11 19:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

 higetias&mamatiasさん、こんばんは。
平治岳、大船山は大賑わいの筈、両山ともミヤマキリシマが最高に素晴らしいです。
グッドタイミングでしたね。
そして多くの方との交流も二重の喜びとなり、宴も盛り上がったご様子。
良き一日となりましたね。
今回、歩かれたコースとても良さそうです。参考にさせていただきます。
  • posted by うすきハッピーリタイアメント 
  • URL 
  • 2013.06/11 18:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter