higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

阿蘇山のミヤマキリシマ(2013/05/26)

2013/05/26(Sun)





5時過ぎに車外に出てみると、昨日の夕方から強まってきた風は依然として強いままで、阿蘇山には
雲が纏わり付いていましたが天気はよさそうです。

     P1030739x.jpg


仙酔峡のミヤマキリシマはすでに見頃を過ぎているので、今日は砂千里ヶ浜から登り天狗の舞台周辺
のミヤマキリシマを見に行く予定ですが、昨日烏帽子岳を歩いた友人から東の尾根がいいという情報も
もらっていたので、阿蘇山上の状況を見て判断しようと取り合えず道の駅阿蘇を5:30に出て県道111
号線(阿蘇パノラマライン)で山上へ向かいました。

阿蘇山ロープウェー下駅周辺には三脚を担いだ人達の姿がちらほら見えましたが、登山者の姿はまだ
ありません。

     P1030743x.jpg  


立っていられないほどの強風が吹き荒れているし、中岳はガスで見えないので登山意欲も萎えてしま
います。 烏帽子岳を周回するだけにしようかとも考えましたが、しばらく車内で様子をみた末にガスが
晴れてくれることを期待して、予定通り出発することにしました。

準備を済ませ、登山者の姿も見え始めた8時過ぎに遊歩道を歩き始めました。 
気温は11℃ですが、強烈な風で寒いくらいです。
 
     P1030753x.jpg


辺りのミヤマキリシマは見頃です。

P1030757x.jpg 



P1030758x.jpg 



P1030759x.jpg 


向い風に抗いながら砂千里ヶ浜登山口まできました。

     P1030764x.jpg


登山届に記入してから木道を進みます。

     P5268570x.jpg


後続の登山者が砂千里ヶ浜の中をショートカットして行くのが見えますが、時折砂嵐に見舞われて
いました。 この時は中岳に向かう稜線は見えていましたが・・・。

     P1030769x.jpg


砂千里の東端に一旦下り、谷の右寄りの岩場の斜面を火口淵まで登ります。

     P1030773x.jpg 



     P1030776x.jpg


火口淵に上がり着く手前辺りからまたガスが掛かり出し、視界も悪くなりました。

     P1030780x.jpg


稜線に出ると火口の方に向けて強烈な東の風が吹き付けてくるので、火口に飛ばされないように踏ん
張って歩きますが、mamatiasはしっかりと根が張ったように安定していますねぇ。

     P1030783x.jpg


中岳分岐の手前で一瞬だけ青空が見えましたが・・・、

     P1030784x.jpg


山頂では何も見えず・・・、

     P1030785x.jpg


長居は無用と即、高岳へ向かいます。

     P1030788x.jpg


こちらも何も見えず・・・でしたので、天狗の舞台は諦めて引き返そうと思っていたら、

     P1030789x.jpg


なんとその瞬間に、mamatiasの執念が通じたのか山の神様が褒美をくれました。

     P1030793x.jpg 



     P1030798x.jpg


気を良くして天狗の舞台に向かいます。

今日は仙酔峡も混んでいないようです。 止まっているのは登山者の車だけでしょうか?

     P1030802x.jpg


天狗の舞台
P1030809x.jpg 



P1030812x.jpg 


天狗の舞台周辺のミヤマキリシマを堪能した後、月見小屋に向かいます。

     P1030820x.jpg 


登山道にはマイヅルソウやイワカガミが咲いていました。

P1030823x.jpg P1030821x.jpg


月見小屋の上で休憩を取ることにしました。

     P1030826x.jpg  


耳が逆立っていますね。

     P1030829x.jpg 


     「エルも強風によく耐えたねぇ!」
     P5268616x.jpg


荒涼とした光景を楽しみながら30分ほど休憩して、高岳の裾を回り中岳方面に戻ります。
 
     P5268619x.jpg



     P1030837x.jpg  



     P1030854x.jpg  


来る時は何も見えなかった火口もはっきりと見ることができました。

     P1030857x.jpg  



     P1030861x.jpg        

砂千里ヶ浜まで下りてきました。

     P5268635x.jpg
   

相変わらず強風が吹き荒れていて、木道は砂嵐に見舞われながら歩きました。

     P1030877x.jpg 


最後もミヤマキリシマを眺めながら、13:00ちょうどに車まで戻ってきました。

P5268656x.jpg  



草千里に移動して烏帽子岳の東尾根を歩こうとも考えましたが、あまりの風の強さに嫌気がさしたので
諦めて阿蘇山上をあとにしました。


県道298号線を下り、ちょっとだけ寄り道。

     P1030894x.jpg


最後は昨年10月に40年ぶりに再生された山鹿温泉元湯「さくら湯」に立ち寄りました。

     P1030895x.jpg 



     P1030896x.jpg




Comment

うすきハッピーリタイアメントさんへ 

おはようございます。
ミヤマキリシマの時期はついくじゅう方面に足が向いてしまい、なかなか
タイミングが合いませんでしたが、今回はちょうど良かったようです。
ミヤマキリシマは烏帽子岳の尾根筋のほうが見応えがあったかも知れませんが、
山歩きの楽しさはやはり高岳、天狗の舞台周辺に軍配が上がります。
考えてみると私は家族とは草千里までしか行ってないような気がします。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.05/31 07:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higetiasさん、おはようございます。
阿蘇の雄大な景色を堪能させて頂きました。
阿蘇路は一度しか歩いたことがありませんでしたので
ミヤマキリシマの美しさに圧倒されました。
特に天狗の舞台周辺はとても素晴らしいですね。
火口を見るのも数年ぶり、家族で出掛けたことが思い出されました。
ありがとうございました。
  • posted by うすきハッピーリタイアメント 
  • URL 
  • 2013.05/31 05:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

悟空さんへ 

こんばんは。
今年は烏帽子岳の東尾根がよかったようですよ。
遠目にも密集して咲いているのが判りました。
天狗の舞台周辺もタイミング的にはちょうど良かったようです。
阿蘇の景色はちょっと異次元の世界観がありますね。
強風とガスで諦めて途中で引き返した人もいたようですが、
粘って歩いてよかったです。 エルもよく我慢してくれてました(笑)。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.05/30 22:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは^^
高岳のミヤマキリシマいいですね~
平日でも満車状態で人気だと書いてありました^^
エルちゃんの耳が立ってますね~本当に可愛いです*^^*
景色がとても好きですね~お天気が残念でしたが素敵な一日でしたね^^
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2013.05/30 20:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter