higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

秋月散策②(2013/03/26)

2013/03/26(Tue)




「秋月風我人展」の展示場を出て取り合えず黒門(県指定有形文化財)へ。
秋には見事な紅葉を見せてくれるもみじが若葉を付けていました。

P1010261x.jpg 



P1010264x.jpg 


秋月城跡の瓦坂
P1010268x.jpg 


        野鳥川
        P1010271x.jpg



        P1010273x.jpg



この後は国道322線北側にある秋月藩ゆかりの寺や神社を散策しました。

筑前秋月和紙処
P1010359x.jpg 


西福寺跡(秋月党出陣の地)
P1010357x.jpg 


田中天満宮境内
P1010352x.jpg 



P1010353x.jpg 


武者返しの石垣
P1010347x.jpg 


北側の奥まった場所にある古心寺までやってきました。 この寺は秋月藩黒田家の菩提寺です。

古心寺内の黒田家墓所
P1010346x.jpg 


正面には秋月藩祖黒田長興(福岡藩初代藩主長政の三男)の正室を真ん中に右に長興、左に後室の
墓がありました。 正室は若くして死んだ所為でしょうか、後室の墓石の方が大きくて立派です。

P1010344x.jpg 


長興の右隣には父長政の墓
P1010368x.jpg 


ほかにも秋月藩歴代(2~12代)藩主とその妻他のお墓が整然と並んでいました。

P1010340x.jpg 


また古心寺には1880年(明治13年)に日本最後の仇討ちを行った臼井六郎が両親とともに眠っています。

1868年(慶応4年)六郎10歳の時、秋月藩の執政で開明派だった父亘理(わたり)と母が藩の守旧派干城
隊(秋月党の前身母体)の隊士数人に襲われ惨殺されました。 六郎は犯人を捜し求めること12年、ついに
当時東京上等裁判所判事となっていた犯人一瀬直久を突き止め、旧藩主黒田長徳邸で遺恨を晴らします。
しかし、世の中はすでに仇討ち禁止の時代。 自首した六郎は死罪こそ免れますが終身刑で投獄されます。
その後、明治22年の帝国憲法発布による特赦で釈放されますが、大正6年に病死しています。 
六郎は仇討ちを果たすために幕末・明治の剣豪、山岡鉄舟に剣を学んだそうです。

左手前が六郎の、その右隣が両親の墓
P1010336x.jpg 



P1010373x.jpg 



古心寺の東側の小路を北に進むと右手に大きな岩があります。

        P1010333x.jpg


豊臣秀吉九州征伐のおり、秋月氏16代種実に対し重臣恵利内蔵助暢堯(のぶたか)が秀吉との和睦を
諫言して聞き入れられずにこの岩の上で諫死したと伝えられる腹切岩です。

種実は父種方が古処山城で大友氏に敗れたため、一時は秋月を追われますが、毛利氏の援助で大友氏
を破り秋月を奪回します。  その後も度々大友氏に対抗して勢力を盛り返し最盛期を迎えますが、最後は
秀吉の力に降伏し、秀吉の命で日向高鍋藩に移封され子の種長が高鍋藩初代藩主となっています。
高鍋藩秋月氏は後に出羽米沢藩主となった上杉鷹山を輩出しています。

P1010304x.jpg 


腹切岩
P1010306x.jpg 


小路を進むと正面に鳴渡観音堂がひっそりと建っています。

        P1010307x.jpg



P1010311x.jpg 



P1010312x.jpg 


案内を見て、キリシタン橋まで行ってみることにしました。
観音堂から左に曲がり林の中に入って行きます。

P1010313x.jpg 


山道を少し進むと倒木が来る者を拒むかのように荒れていました。 ほとんど訪ねる人もいないのでしょう。 

P1010324x.jpg 


まもなくキリシタン橋に出ました。 岩の裏にマリア像が刻まれていたそうです。 
戦国時代ここにも隠れキリシタンが多くいたのでしょう。

キリシタン橋
P1010315x.jpg


すぐ左手にキリシタン畑と云われる場所もありました。 天主堂跡とも云われているようです。

さらに山道を上がって行くと秋月氏14代種時の墓がある大龍禅寺跡に行くようですが、今日はここで引き
返しました。



大好きな薄緑色のオオシマサクラ
P1010326x.jpg



P1010328x.jpg 



古心寺の近くには長興が母(長政の後室で保科正直の娘栄姫、また徳川家康の姪で後に養女)大凉院の
菩提を弔うために建立した大凉寺もあります。

P1010376x.jpg 



        P1010298x.jpg 



P1010295x.jpg 


        本堂裏にある大凉院の墓
        P1010292x.jpg 



P1010289x.jpg 



短い時間でしたが、ここでも戦国時代や幕末の人間模様を感じられた散策となりました。 

 


Comment

うすきハッピーリタイアメントさんへ 

うすきさん、こんにちは。
なかなか遠出が出来ない日が続いていますが、近くの歴史ある場所を訪ね歩くのも
いいものだと感じています。
秋月は桜や紅葉の時期は人出も多いですが、歴史散策をする人は少ないようです。
臼井六郎の史実は数年前にドラマにもなったらしいです。 私は見ていませんが。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.04/02 11:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higetiasさん、おはようございます。
城のある町にはいろいろな歴史があり勉強になりました。
特に臼井六郎の詳細文のところは初めて知る内容でした。
また、秋月藩の隆盛や腹切り岩のくだり、大変参考になりました。
  • posted by うすきハッピーリタイアメント 
  • URL 
  • 2013.04/02 09:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

悟空さんへ 

こんばんは。
悟空さんは萩がお好きなんですね。
私も萩や津和野は昔から何度も訪ねました。
秋月は萩とも古くから関わりもあり、雰囲気もよく似ていますよね。
福岡近郊では一番歴史を感じられる場所が残っているような気がします。

  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.03/30 20:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは^^
秋月が萩の街に見えました^^
素晴らしい所があるんですね。
萩は私の好きな場所でもありますので感動しました^^
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2013.03/29 21:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter