higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

基山・基肄城跡(2013/03/24)

2013/03/24(Sun)




今日は四王寺山の大野城とともに日本最古の山城である基肄城跡(きいじょうあと)がある基山(きざん)に
登りました。 前回天拝山まで縦走したとき以来ほぼ6年ぶりです。

JR原田駅から出発しました。 晴れてきて5月のような陽気で暑いくらいです。 
駅のすぐ南の弧線橋を越えて西に向かいます。

P1010022x.jpg 


遠くに基山の山頂が見えています。

P1010023x.jpg 


県道17号線(鳥栖筑紫野道路)その後すぐ九州自動車道の下を潜ります。

P1010025s.jpg P1010027s.jpg


九州道を潜ぐり直進すると左側に養鶏場があります。

P1010028s.jpg P1010032s.jpg


養鶏場を過ぎると道は細くなりますが、やがて林道と合流しますので左折します。

P1010034s.jpg P1010036s.jpg


道なりに左へ                          V字は右に
P1010039s.jpg P1010041s.jpg


V字分岐を過ぎてすぐのところに基山への案内表示があります。 ここまでは途中道標はありません。
ここが登山口です。 出発してここまで40分でした。

P1010045x.jpg 


コンクリートブロック混じりの石段を上って行くと地蔵菩薩や不動明王の石像がある行場があります。

P1010049s.jpg P1010052s.jpg


小屋の右手を道なりに右方向へ石段を上って小さなお堂を過ぎると杉林になります。

P1010061s.jpg P1010067s.jpg


登山口から20分足らずで東北門跡に着きました。 ここは4ヶ所ある城門跡の一つで、南門跡の水門から
上がってくる史跡めぐりコースとの合流点です。 ここからは史跡めぐりコースで山頂に向かいます。

P1010072s.jpg P1010074s.jpg


少し下ると右手に北帝門跡に向かう分岐がありますが標識はありません。 

P1010170x.jpg 


丸尾礎石群のなかを抜けて行きます。

P1010084s.jpg P1010089s.jpg


土塁まで上がってきました。 右手には北峰(基山の最高点414m)に続く土塁が延びています。

P1010094s.jpg P1010096s.jpg


山頂付近の土塁は草が刈られて野焼きもされていました。 あとひと月もすると花いっぱいの気持のいい
草原に変わると思います。
史跡めぐりコース(左)を進みます。

P1010100x.jpg 


左下にある大礎石群にも寄りました。

P1010104x.jpg 


山頂台地に上がってきました。

P1010113x.jpg 


山頂付近には「いものがんぎ」(芋畑の畝の意)と呼ばれる戦国時代の山城の防御施設が見られます。

P1010114x.jpg 

草が刈られているので、凹凸としたその特徴がよく分かります。

いものがんぎ
DSC_0464x.jpg 


基山山頂には荒穂神社のご神体とされる霊霊石があります。 
礼拝している人の姿がありましたので、邪魔しないように遠くから写真だけ撮りました。

P1010120x.jpg 


霊霊石の裏にある「天智天皇欽仰之碑」
P1010129x.jpg 


山頂からUターンして北峰へ向かいます。

山頂西斜面の草スキー場の下では家族連れの子供たちの歓声が聞こえていました。

P1010140x.jpg 


北峰へ延びる土塁
P1010148x.jpg 


北峰山頂
P1010154x.jpg 


山頂から少し戻って北帝門跡に立ち寄りました。

P1010159s.jpg P1010161s.jpg


ここから少し荒れた大杉谷を下ります。

P1010167x.jpg 


史跡めぐりコースと合流しました。

P1010169x.jpg


再び北東門跡に戻ってきました。 ここからは正面の原田方面には下らず、右折して史跡めぐりコースを
下りました。

P1010171x.jpg 


つつみ跡
P1010178x.jpg 


鐘楼堂跡
P1010181x.jpg 


米倉礎石群のなかを直進し下って行くと左手に東南門跡への鋭角分岐がありますが、ここはパスしました。

P1010182x.jpg 


水門のある南門跡に下りてきました。

P1010189s.jpg P1010202s.jpg



P1010201x.jpg 


水門
P1010197x.jpg 


水門石垣は来年3月までの予定で保存修理工事が行われていました。

P1010210x.jpg 


基山町側の登山ルート
P1010191ax.jpg 


基山町小倉の集落で基肄城跡に別れを告げ、道々桜や桃、道端のスミレなどを楽しみながら、のんびりと
原田駅まで戻りました。

P1010223x.jpg 


今日も有意義な史跡めぐりができました。




Comment

悟空さんへ 

おはようございます。
大野城跡とともに日本最古(665年)の山城ですからね。 歴史を感じます。
山頂は広々として焼米ヶ原みたいな雰囲気ですね。
草スキー場の下まで車で行けるし、悟空君もきっと気に入ってくれると思いますよ。
雪が積もればソリ遊びもいいかもしれませんね。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.03/27 08:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは^^
四王寺の雰囲気がありますね~
歴史を感じます。
整備され広々してとても素敵な山ですね^^
私も悟空と登ってみたいですがもうノミさんがいっぱいなので
寒くなって行きます(笑)
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2013.03/26 22:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

うすきハッピーリタイアメントさんへ 

こんにちは。
山頂周辺の草が刈られていましたので、うまい具合に見ることができました。
戦国時代の城主が誰かはっきりとは分からないようですが、恐らく近くの城山の
城主だった筑紫氏ではないかと言われています。
山城廻りも山登りに適したところが少なくなってきました。次はどこに行こうかと思案中です。
うすきさんに花を褒められると恥ずかしいです。
チオノドクサ・ピンクジャイアントも家内に聞いて今回初めて名前を知りました(笑)。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.03/26 17:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higetiasさん、こんにちは。
いものがんぎは初めてでしたので興味深く拝見させて頂きました。
山城廻りも良いものですね。
お庭にはお花が咲き誇りとても素晴らしいです。
チオノドクサ・ピンクジャイアント を植えてみたくなりました。
  • posted by うすきハッピーリタイアメント 
  • URL 
  • 2013.03/26 15:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter