higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

柑子岳(2013/03/20)

2013/03/20(Wed)




黄砂に霞む元寇防塁と柑子岳(福岡市西区長浜海岸より望む)
P1000941s.jpg 



ここしばらくは近郊の低山歩きが続いています。

今日は福岡市西区(糸島半島)の柑子岳(254.5m)に行ってきました。 この山も筑前大友五城のひとつ
柑子岳城(草場城)があったところです。

大友宗麟が支配する志摩郡一帯を守るための拠点とした山城で、豊後から派遣された一族の臼杵新助
鎮広、続いて臼杵鎮氏が城代として居城し、高祖山城主の原田了栄(隆種)と再三に亘り戦を繰り広げ、
最後は立花道雪の救援も空しく原田氏の勝利に終わり、大友氏の支配が終焉を迎えたということです。


雨は朝のうちに上がるという予報だったのに、10時を過ぎてもまだしとしとと降り続いています。
柑子岳の麓に暮らす友人に電話で聞いてみてもやっぱり現地も雨とのことでしたが、大した雨でもないし、
そのうちに止むだろうと思い出掛けました。

友人が営む野菜畑のビニールハウスの横にハイキングコースの「一の谷登山口」があり、駐車場も設置
されています。

P1000837s.jpg 


この駐車場の正面奥が登山口で、いきなり木段上りから始まります。 山頂までの標高差は170m程です。 
小雨のなかを出発しました。

P1000838s.jpg 


よく整備された登山道です。

P1000844s.jpg 


長い木段上りが続きます。 途中で気が付くと雨はいつの間にか止んでいました。

        P1000846s.jpg


20分足らずで山頂台地の肩(標高230m)にある南展望所に上がってきました。 
500m余りの距離で標高差145mを上るのは、ハイキングコースにしてはちょっとハードです。 
生憎の黄砂とガスで全く展望が利きませんが、南には宿敵原田氏の居城、高祖山城があった高祖山が
見えるはずです。 昨年末には高祖山からこちらを眺めました。
 

P1000851s.jpg 



P1000853s.jpg 


ほんの少しだけ平坦な自然林のなかを進み、一旦下ってすぐに登り返すと山頂です。
曲輪を築くため頂きを平らに削ったのでしょうか、広い山頂です。

P1000857s.jpg 


北と東の抜群の眺望を頭のなかで想像してみました。  素晴らしい眺めです!(笑)

P1000858s.jpg 


北に少し下ったところには北展望所もあります。 ここから村上登山口へ下りました。

P1000866s.jpg 


展望所から50mほど一気に下り、二つのピークを超えるアップダウンが始まります。 
前方に二つのピークがうっすらと見えていました。

        P1000868s.jpg



P1000878s.jpg 


一つ目のピークを超えて、二つ目のピークに登り返すとそこから急激な下りが始まりました。

P1000880s.jpg 


長い階段の途中には踊り場が3箇所設けられていて、丸太のイスも置かれています。
時計回りにこちらから登ってくる方が急坂で大変だと思いますが、この休憩所は有難い配慮ですね。

P1000886s.jpg 


長い階段を下り切りました。 村上登山口まではあと190mの距離です。

P1000888s.jpg 


竹林のなかを緩やかに下っていきます。

P1000891s.jpg 


村上登山口に下りてきました。 山頂から25分でした。

P1000896s.jpg P1000897s.jpg


舗装道を右折してしばらく行くと前方下に白木神社がある丁字路に出ます。

草場集落の鎮守 白木神社
P1000901s.jpg 


境内の桜も5分咲きといったところでしょうか。

P1000906s.jpg 


振り返ると柑子岳がうっすらと姿を見せてくれていました。

P1000908s.jpg 


草場集落のなかをのんびりと一の谷登山口まで戻りました。


近くの友人宅にお邪魔して昼食をご馳走になり、今では草場地区と高祖地区の住人が仲良く交流会を
開いているという話も聞きました。

その後は糸島半島を少しだけ散策し(と言っても他の山の登山口確認です)、最後は長浜海岸の元寇
防塁を訪ねてから帰路に着きました。

今日は朝から酷い黄砂でしたが、楽しい一日を過すことができたことに感謝です。


筑前大友五城の山はこれで全部訪ねたことになりますが、これからも地元の歴史を学びながらの山歩き
は機会を見つけて続けたいと思います。





Comment

悟空さんへ 

こんばんは。
歴史や神社、寺、仏像なども奥が深くて私の浅い知識ではなかなか記事にすることも
できませんが、関心を持って頂いてうれしいです。
直木賞を受賞した安部龍太郎さんが「歴史は人間の自画像だ。過去を知ってこそ今の
自分達の在り様を理解できると思う。」と言われていました。
なるほどな~と思いました。
想像力も大事ですよね(笑)。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.03/23 18:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは^^
歴史的建造物、寺や寺院が好きで詳しいhigetiasaさんですから
とても勉強になります。
こうして色んな歴史を知って想像すると不思議な気持ちなります。

山頂での想像で素晴らしい景色を見たhigetisaさん(笑)最高です!!
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2013.03/23 00:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

うすきハッピーリタイアメントさんへ 

こんばんは。
遠出や長時間の山歩きが出来ないため、近郊の山歩きが続いていますが、
どうせ登るなら歴史探訪を兼ねてみようと思った次第ですが、まだまだ勉強不足です。
私も子供の頃に見た神社の蒙古襲来の絵や長谷川一夫主演の映画「日蓮と蒙古大襲来」を
なぜかよく覚えています(笑)。
福岡は大陸に近いことで、昔からいろんな出来事を経験してきた土地なんだと
改めて感じています。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.03/22 21:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

 higetiasさん、こんばんは。
歴史探訪の山歩きが続いておりますね。
筑紫、粕屋~福岡、糸島エリアの山々には多くの城跡がある事を学び
また、山歩きの楽しみ方を教えていただきました。
子供の時分に蒙古襲来の絵画がお宮に掲げられているのを思い出しました。
元寇防塁は総延長20Kmにおよぶ事を初めて知り勉強になりました。
  • posted by うすきハッピーリタイアメント 
  • URL 
  • 2013.03/22 17:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter