higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

鷲ヶ岳・矢岳(2013/03/09)

2013/03/09(Sat)





今日は気温が25℃まで上がり強風も吹いて、PM2.5、花粉、黄砂が飛び交うなか那珂川町の低山に
登りました。

まず向かったのは南面里地区にある鷲ヶ岳です。
この山も豊後大友氏の支城(筑前大友五城)のひとつ鷲ヶ岳城があったところです。
 

国道385号線旧道から共栄橋を渡ってすぐ右折した先の二又分岐を左(南面里集落)に向かう道路は
工事中で通れないので迂回路を回って仲の畝林道終点手前の登山口まで行きました。
駐車場はないので路肩のスペースに駐車しました。 林道西側の樹林帯に登山口の標識があります。

P3097695s.jpg 



P1000358s.jpg 


桧と杉が混在する樹林帯の中を上って行きます。

古い石積みの釜跡
P1000359s.jpg 


登山道は荒れているところもありますが、踏み跡はしっかりしているので迷うことはありません。

P1000363s.jpg 


尾根に上がり着きました。 ここからは快適な尾根歩きです。

P1000367s.jpg 


二又分岐は右の尾根を辿ります。 左は縦走路のようです。

P1000368s.jpg 


ひと登りで山頂に着きました。 ゆっくり歩いて登山口から30分弱でした。

P1000369s.jpg 


                                  四等三角点
P1000375s.jpg P1000372s.jpg


北側が開けて見えますが、今日は霞んでいます。

P1000371s.jpg 
 

南東方向には近くの成竹山(580m)も見えていました。

P1000377s.jpg 


帰りに縦走路を5分ほど進んだところで引き返し、往路を戻りました。



次は不入道埋金の矢岳に登ります。  牛頸山のすぐ西側にある山です。
 
385号線を少しだけ南下し、南畑小学校前信号の次を左折して埋金方面へ。
道が大きく左カーブする左手に小さな地蔵堂がある先の路肩に駐車しました。

P1000471s.jpg



P1000474s.jpg


少し戻って護岸工事中の道路を北に進むとやがて右手に新しい貯水池が見えてきて、道はその先で
地道に変わって狭くなります。

P1000396s.jpg P1000402s.jpg


      道ばたには開いた蕗の薹も沢山
      P1000403s.jpg


建設会社の敷地を左に見てしばらくすると、左手に分岐があり赤テープが細い木に付けてあります。

手前左が分岐
P1000408s.jpg 



P1000406s.jpg


分岐した先の左手が登山口で、木の幹に小さな標識が付けてありました。

P1000410s.jpg 


ここからいい雰囲気の竹林のなかを緩やかに上って行きます。

P1000413s.jpg 


登山口から8分ほど進み、再び左手の分岐の表示に従い左折するとトラロープが取り付けてある急登が
始まりますが、長くは続きません。

P1000416s.jpg 



P1000419s.jpg 


急登を登り上がると開けた場所に出ました。 左下にある鉄塔の足元には登山道も見えています。
帰りに歩いてみることにしました。

P1000422s.jpg P1000420s.jpg


ここからプラスチックの階段が始まります。

        P1000425s.jpg


途中で先ほどの鉄塔の方へ下る分岐や不入道への分岐を過ぎて、最後に急勾配の階段を上り切ると
反射板の横に出ました。 矢岳の山頂も見えています。

P1000446s.jpg 


一旦下って再び長いプラ階段を登り切ったところで分岐を右に進みます。

P1000434s.jpg 


少しの尾根歩きで三等三角点のある山頂です。 登山口から40分でした。

P1000441s.jpg 


背振山や九千部山を間近に望める素晴らしい展望の山ですが、見通しが悪いのが残念です。

南方向(左:九千部山 右:背振山系)
P1000443s.jpg 


東方向(成竹山や先ほど登った鷲ヶ岳、その背後に背振山系)
P1000437s.jpg 


北方向(九州新幹線の向こうに観音山と石割山、手前の左に城山)
P1000438s.jpg 


ちょっと遅めの昼食を摂り下山します。

反射板の先から急な階段を下り、不入道分岐から左折して下の鉄塔への分岐まで戻ってきました。
ここで鋭角に右折して鉄塔の方へ下りていきます。 正面は往路で登ってきた道です。
 
P1000454s.jpg P1000455s.jpg


鉄塔(北九州幹線20号)の足元に下りてきました。 

P1000457s.jpg 


再び自然林の中に入るとすぐに右(北九州幹線19号方面)への分岐がありますが、ここは直進します。

P1000459s.jpg P1000460s.jpg


ここからは断続的に続くプラ階段をジグザグに下り、竹林を抜けて登山口?に下り付きました。

P1000462s.jpg 


右手奥の斜面から下りてきました。

P1000466s.jpg 


工事現場跡のような広い更地の前には登る時に見た貯水池があります。 かなり手前に下りてきたようです。

P1000465s.jpg P1000467s.jpg


工事中の道路を下って車まで戻りました。

車を止めた道路脇の土手にはすみれが沢山咲いていました。

     P1000476s.jpg


来る時に見かけていた近くの田んぼの奥に咲いている黄色の花が気になっていたので見に行きました。
マンサク??と思いながら農作業中のご主人に断りを言って畦道を通って近くまで行ってみると、

     P1000486s.jpg



     P1000480s.jpg


     ???
     P1000484vs.jpg


この時は地主さんに聞いても名前が解らなかったのですが、後日tinnan1515さんのブログで偶然
判明しました。
ミズキ科のサンシュユという木の花でした。 秋にはグミのような赤い果実を付けるようです。

里山、低山歩きもいろいろと新鮮で楽しいものです。



 

Comment

うすきハッピーリタイアメントさんへ 

こんばんは。
大友宗麟は博多の覇権を毛利元就と争って筑前に支城を設けていたようです。
宗麟自身は津久見で亡くなっていますが、主だった優秀な家来の多くは
筑前で最期を迎えているようです。
地元の歴史を辿りながら山に登るのも楽しいものだと感じています。
サンシュユはどうして調べたものかと思案していたところだったので助かりました。
ありがとうございます。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.03/12 20:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

higetias&mamatiasさん、こんにちは。
鷲ヶ岳には大友宗麟が築いた山城があったのですね。
臼杵城も戦国時代、大友宗麟により築かれたのですが、
筑前まで勢力を広めていたとは初めての知見です。
歴史には疎いものですから勉強になりました。
里山にはいろいろな歴史文化があり面白いですね。
サンシュユの大木を見るのは初めてでした。
  • posted by うすきハッピーリタイアメント 
  • URL 
  • 2013.03/12 14:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

悟空さんへ 

こんばんは。
ハードだなんてトンデモナイですよ~。
あっちこっち痛いところだらけで、騙し騙し歩いています(苦笑)。
(首の痛みもまだ取れないので、どうも寝違いではないようで・・・)
低山も花が多い山は楽しいですが、登山者が少なくて荒れているところも多く、
これからはそろそろ蜘蛛の巣との戦いです。
日曜日は寒かったですがその前に出てきたノミがいたんですかね?
最近のノミは寒さにも強くなったのかも知れませんね。
悟空くんのノミ、ダニ対策もご苦労様です。
エルは右足の感覚がまだ鈍いようで歩きが少しぎこちないですが、
食欲も出て元気にしています。 いつもありがとうございます!

  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.03/11 22:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは^^
低山歩きですがハードに歩かれますよね^^
低山でもお花が多い山もありますのでなかなか楽しいですね^^
日曜日は10度くらいでしたがもうノミがいました(泣)少し歩いただけの
悟空ですがすぐに付きます(泣)大変な季節になりましが。
エルちゃんはどうですか?
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2013.03/11 21:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter