higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

英彦山北岳~中岳周回(2013/01/20)

2013/01/20(Sun)




英彦山中岳(1200m)
P1060841s.jpg 



今年初めての英彦山に登ってきました。

今日は好天の週末だから四王寺滝には大勢の人が押し寄せそうです。
今シーズンは冷え込みが長続きせず、難所ヶ滝もそうですが四王寺滝の氷瀑もちょっと物足りない状態
ですので、滝には行きません。
混雑を避けて北岳から中岳へ回り北西尾根を下って周回しました。 

滝目当ての登山者で満車になる前にと思い、8時頃別所駐車場に着きました。
駐車場はまだ余裕がありましたが、準備をしている間に次々と車が到着していました。

気温は氷点下2度、風もなく穏やかな天気のなか九州自然歩道を豊前坊に向かいます。 

P1207025s.jpg 


六地蔵様にご挨拶。 直後に7、8頭の鹿が前方を横切って行きました。

P1060766s.jpg 


野営場先の斜面に太陽が顔を出しました。 先行する登山者が一人いるだけで静かな自然歩道です。

P1060776s.jpg 


鷹巣原高原(スキー場)の斜面には多くのトレースが付いていました。

P1060779s.jpg 

翌21日夕方の地元FBS放送の情報番組をみて判ったのですが、青年の家に前泊した登山ツアーの団体
さんがここで雪山訓練をしたあと北西尾根を中岳まで登ったようです。(後に中岳の山頂で会いました。)
もう少し早かったら自然歩道で団体さんとすれ違っていたかも知れません。

青年の家では多くの子供たちがソリ遊びに興じていました。

P1060786s.jpg 
 

豊前坊はさすがに車も少なかったですが、それでも9台ほど止まっていました。 
ここから先野峠方面は通行止です。

P1060794s.jpg P1060793s.jpg


高住神社参道
P1060795s.jpg 


高住神社でyamahikoさんをお見かけしましたが、神職さんとお話をされていたのでご挨拶だけして、北岳を
目指しました。


        屏風岩を通過
        P1060809s.jpg 


暑くなってきたので途中でジャケットを脱ぎ、急坂を登って「救世安民の石碑」まで上がってきました。
「安民」の字は雪に埋もれて見えません。

P1060815s.jpg 


岸壁の上から小さな氷が風で飛ばされてシャワーのように頭上に降ってきます。

P1060819s.jpg 


まるでパン粉か粉チーズを振り掛けたみたいです。

P1060818s.jpg 


階段下まで来ました。 もう一息で北岳の肩です。 

P1060822x.jpg  


雪が多く締まっているので、階段を上がるのも苦労します。

P1060824s.jpg 


何箇所かあるロープ場は滑落しないように慎重に。

P1060827s.jpg 


豊前坊から1時間ほどで北岳の山頂に到着しました。 到着直前に6人パーティーが下山して行かれて
誰もいませんでした。 静かな山頂です。

P1060834s.jpg 



そこには素晴らしい光景が待っていてくれました。 

P1060829s.jpg  
 
何も言うことはないですね!!!


存分に絶景を楽しんでから中岳に向かいます。 

P1060836x.jpg  



P1060863s.jpg 


中岳の山頂は団体さんほか多くの登山者で大賑わいでした。
団体さんに同行取材しているFBSテレビの撮影クルーの姿もありました。

P1060850s.jpg 


休憩小屋のなかも満席でしたが、タイミングよく一組のご夫婦が出られるところだったので、そのあとに
座ることができました。

今日は昨日作った豚汁をポットに入れて持ってきました。

P1060856s.jpg 


熱々の豚汁とおにぎりは最高のごちそうでした。 食後は最近マイブームのホットココアです。

P1060858x.jpg  P1060859s.jpg


「エルちゃんにもジャーキーをあげようね!」 
P1060855x.jpg  


団体さんは一足先に下山されてかなり人も減ってきました。
小屋の前ではyamahikoさんが五十嵐賢さん一行と立ち話をされていました。

P1060868s.jpg


帰りも人の少ない北西尾根を下ります。

P1060873s.jpg 


樹氷もほとんど融けて無くなっています。

        P1060877s.jpg


岩場のはしごを下りてしばらく行くと、

P1207059s.jpg 


トレースの脇に小さな雪洞がありました。 近くにはテントを張った跡も。  (いいなぁ・・・・・)

P1060884s.jpg 


静かな雪山に癒されながら野営場に下って来ました。

P1060891s.jpg


自然歩道を別所駐車場まで戻って、本日の山行を終了しました。


雪山で素晴らしい光景に出会い、今日も楽しい一日を過すことができました。




Comment

うすきハッピーリタイアメントさんへ 

うすきさん、こんばんは。
毎日ご苦労様です。
英彦山はくじゅうよりも低いのに雪が深いですね。
5日のくじゅう以来の雪山でしたが、この日は気象条件もよく
滅多に見れない光景を見ることもできて幸運でした。
うすきさんも雪のシーズンのうちに山に復帰できるといいですね。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.01/23 23:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

 higetias&mamatiasさん、こんばんは。
英彦山の雪の深さに驚いております。
このような情景の中での雪道あるきに魅了されました。
絶景に本当に何も言うことはありませんね。最高です。
いつの日かこのコースを歩いてみます。
  • posted by うすきハッピーリタイアメント 
  • URL 
  • 2013.01/23 22:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

fukuchanさんへ 

fukuchanさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。 私もいつもお邪魔させて頂いています。
土曜日はまだ樹氷も見れたんですね。 日曜日は心配していたほど雪融けは
ありませんでしたが、樹氷はほとんど無くなっていて残念でした。
晴天の青空とはいきませんでしたが、空気が澄んでいて雲海の上に遠くの山々を
見渡すことができました。
この時期雪山には行きたいけど道路の積雪、凍結が苦労の種ですね。
英彦山は町営のバスを利用される人も多いのですね。
今後ともよろしくお願いいたします。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.01/23 21:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

悟空さんのブログでいつもコメントを拝読させてもらっています。日曜日に歩いたのですね。天気が良くて、良かったですね。私は土曜日に歩いたので、曇り時折雪でした。樹氷が一杯ついていたのに、青空でなくていまいちでした。またのチャンスをたのしみにしています。土曜日は道が凍結して危険だったので、町営のバスを利用しました。バスは満員でした。
  • posted by fukuchan 
  • URL 
  • 2013.01/23 18:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

悟空さんへ 

こんばんは。
悟空さんに"遅い!"と叱られないように頑張りました(笑)。
写真に見えているのは九重連山ですが、由布岳や阿蘇も雲の上に見えていましたよ。
私も北岳、特に中岳から北岳に登る途中の風景が大好きです。
会えなくて残念でしたけど、お互いに晴天のなかで雪山を楽しめてよかったですね。
別所駐車場から豊前坊まで雪の中をゆっくり歩いて1時間ほどですよ。
逆コースだと45~50分です。
今日、明日の雨で雪も大分融けたと思いますが、次の寒波を期待したいですね。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2013.01/21 22:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは^^
早いアップでしたね(笑)
いや~綺麗ですね~^^見えていた山は九重ですか?
北岳は何もないですが静かで好きです^^
霧氷はどこもない日でしたが雪に恵まれて本当に良かったです^^
別所駐車場から豊前簿まで歩くとどのくらいの時間かかりますか?
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2013.01/21 22:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter