higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

山陰遠征1日目 三瓶山縦走③(2012/08/11)

 2012/08/11(Sat)
 




眼下に、開けた大平山の頂から孫三瓶山に至る稜線が見渡せます。
急遽予定を変更してこれからあの稜線を縦走します。

P1010097s.jpg 


山頂直下の展望所まで戻り、東の原スキー場のリフト乗り場がある鞍部まで120mほど下ります。

P1010101s.jpg P1010105s.jpg
 

鞍部まで下りてきました。

P1010106s.jpg 


鞍部にある室内展望所に立ち寄ってみました。

孫三瓶山(左)と子三瓶山、その右に赤雁山の小ピークが見えます。 あそこを歩くのかぁ・・・。

P1010108s.jpg 


大平山山頂(854m)
P1010112s.jpg 


大平山を過ぎて室内池への分岐(奥の湯峠)まできたところで、先ほどの3人組に追いついたので、話を
聞いて気が変わりこちらへ廻ってきたことを告げて、しばらく立ち話をしてから先に孫三瓶への登りに取り
付きました。
この3人とはこのあとも前後しながら北の原まで歩くことになりました。

      120811-P1010114s.jpg 


           標高差120mほどの孫三瓶山への急登
           120811-P1010115s.jpg 


孫三瓶山山頂(907m)はこじんまりとしていますが、360度見渡せました。

P1010117s.jpg 


女三瓶山の右下には先ほど立ち寄った室内展望所も小さく見えています。

男三瓶から女三瓶に至る稜線                 女三瓶山
120811-P1010120s.jpg  P1010121s.jpg


山頂は日陰がなく暑いのでスルーして、風越と呼ばれる鞍部の十字路の先に見える木立のなかに木陰を
求めて急坂を100mほど下りました。 

下って行く途中で〇ムシ君に遭遇してしまいました(ゾォーー!

P1010123s.jpg 


木陰で一息ついてから、子三瓶山に向けて本日最後の150mの急登を頑張ります。

           P1010130s.jpg


山頂分岐から望む子三瓶山
P1010137s.jpg 


エルちゃんは一足先に子三瓶山山頂に着いてmamatiasを待っています。

P1010132s.jpg 



P1010133s.jpg 


子三瓶山(961m)の方が女三瓶山より僅かに高いんですね。

P1010134s.jpg 


草原状の山頂で休憩していると3人組も到着されたので、ここでもしばらく話をしていると、何と、
この方々も福岡から来られたことが判って、お互いにビックリでした。
今日この広い三瓶山を縦走していたのは3組だけで、そのうちの2組が福岡とはねぇ・・・・。

ここからは3人に先を譲って、あとから間をおいてゆっくりと下りました。

男三瓶山に向かう縦走路の途中に見える小ピークの赤雁山の裾を周って下った鞍部が扇沢です。 
先を行く3人組の女性2人の姿が小さく見えます。 男性は赤雁山の裾を越えようとしていますが、
写真では判らないですね。

P1010141s.jpg


振り返って見る子三瓶山
P1010142s.jpg


扇沢まで来ました。 直進すれば男三瓶山、右に下れば室内池です。 ここから左折して西の原方面に
下ります。

P1010146s.jpg


朝からずっと探していたヤマジノホトトギスにやっと出遭うことができました。

P1010149s.jpg 


           少々荒れた箇所もある登山道
           P1010152s.jpg


扇沢から40分で300mを下って中国自然歩道と出合ったところで、休憩されていた3人組と4度目の合流。

P1010163s.jpg 


姫逃池まではまだ2.5kmもあります。
ここからはしつこいアブの攻撃に遭いながら、トラバース気味に小さなアップダウンを繰り返して自然歩道を
歩きます。 

P1010164s.jpg


やっと1km歩いてきました。 あと1.5kmです。

P1010166s.jpg 


自然歩道との出合から47分、やっと姫逃池まで辿り着きました。 時刻は17:10になっていました。

P1010173s.jpg


湖畔では合宿中らしき高校生がトレーニング中でした。

IMG_2599s.jpg    


駐車場は目の前です。 2時間半の休憩を含めて8時間15分の山歩きでした。
天候にも恵まれて、久しぶりによく歩きました。
 


25年前にマイカーで山陰地方を旅したとき出雲からの帰りに麓を走っていて、いつかは登ってみたいと
思っていた三瓶山、他の地方の不安定な天気のせいもあって今回実現することができました。

三瓶山は東西南北の登山口へのアクセスもよく、いろんなルート選択ができて、ファミリー登山から縦走
まで変化に富んだ登山を楽しむことができます。 花や自然林も多いし、眺望も素晴らしい山でした。
季節やコースを変えて何度でも訪れて見たいと思いました。
ただ、アプローチが長いのが難点ですね。


 

温泉を楽しみに国民宿舎「三瓶荘」に向かいましたが、”立ち寄り湯は終了”の看板が出ていたので、近くの
三瓶温泉「志学薬師鶴の湯」に浸かって一日の疲れを癒しました。 

120811-P1010181s.jpg  




山陰遠征二日目に続きます。

    


 

Comment

悟空さんへ 

おはようございます。
色々お忙しいかったんですね。 悟空君にも同情したい気持です。
山陰レポート読んでいただいて嬉しいです。 いつもありがとうございます。
今日は久しぶりに坊ガツルテント泊の予定で出かけようとしていたら、
九重の天気は下り坂、明日も雨予報なのでテント泊は止めて
適当に山歩いてきます。 ハッカスプレー間に合わなかったので
アブ要注意です。  では、行ってきま~す。
  • posted by higetias 
  • URL 
  • 2012.08/25 06:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは^^
一緒に旅した気持ちでゆっくりゆっくり眺めて読ませて頂きました^^
いいですね~でもアブさんの攻撃にマムシさんは勘弁です;;
早く涼しくなるといいですね~
エルちゃんも暑かったでしょうがそれでも一緒でとても幸せなんですよね*^^*
色々あって忙しく悟空はすっかりいじけたふり(笑)早く夏休みが終わって欲しいです(笑)
  • posted by 悟空さん 
  • URL 
  • 2012.08/25 01:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter