higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

オートキャンプの余談

2011/09/05(Mon)

 
実は先日の山仲間との楽しいオートキャンプの最後の最後にドジをやってしまいました。





テントの撤収作業中、ジュラルミンのVペグの首にハンマーのフックを引っ掛けて引き抜いていたら、フックが外れた弾みで添えていた左手の人さし指にペグの白〇部分がめり込んでしまいました。
(というか、人さし指から刺さりにいったと言った方が正解)

IMGP4633s1.jpg


かなりの勢いだったので、深く刺さってしまい血が噴出してきました。 すぐに指を口にくわえながら大声で
mamatiasを呼び、髪用のゴムをもらって指の付け根に巻きつけて止血しました。 
弾みというのは怖いですねぇ。 意識的にやれと言われても絶対にできないですよ。

すぐにニコさんが気が付いてくれて、プロの腕で応急処置をしてくださいました。
(ありがとうございます)

ニコさんからは、「化膿するかもしれないから、帰ったらちゃんと消毒してくださいね!」と言われていたにもかかわらず(実は応急処置の際も消毒してくれてたのに、あまりの痛さに拒否してしまったのです)、帰ってからも、怖くてテープを外すことが出来ずに(笑)4日間そのままにしていました。 

その結果・・・・。



指全体が腫れて痛みもひどくなってきたので、このままではいけないと思い、意を決してテープをはずした途端に膿が飛び出してきました。 ニコさんの指示を聞かなかった報いです。 広範囲に化膿していたのです。



こちらをご覧ください。






4日目から膿を出して持ち合わせの『ドルマイシン軟膏』をつけていたら、腫れはあるものの痛みは少し和らいできました。





早く良くなってくれないと何をするにも不自由です。 






齢を取ると治りが遅くなって・・・・・



Comment

No title 

なんてドジなおじいさん。リアルな傷口を見せるなんて!!とにかく山もキャンプも危険がいっぱいなので、くれぐれも注意するように!!もしものことがあっても、私は絶対山の上に骨を撒きに登ったりはしませんから!!エルちょりんこよろしく頼みますよ!

No title 

夕べは、長々と書いてしまってスミマセンでした。
記事を読んでいたら、次に生かすために正しい対処方法を頭に入れておかなければ…という思いが強くなって、私自身の反省(=振り返り)のためについつい熱く記載してしまいました…(汗)

higetiasさんの指は、写真の時の状況よりも改善してきているということで安心しました。痛みが少し和らいだだけでも、苦痛の程度が全然違いますもんね。深い傷なので、治癒するまでにはもう少し時間がかかるでしょうが大事になさって下さいね。

それにしても、不慮の事故(けが)というのはホントに怖いですね。今回の件も、意識的に起こそうとして起こったものではないので、higetiasさんが私に謝る必要は全くないですよ。私自身も、もしもの時の対応について振り返る機会となり家に帰ってから、早速処置方法を色々調べて救急セットの内容を見直しました。ちなみに、止血の方法については昨日色々書きましたが、今回の件があって救急時にさっと対応できるようにしなければと思い「ステプティ(=圧迫止血するための枕子とテープが一体化した便利グッズ)」と刺激(痛み)の少ない消毒液(ヘキザック)付の綿棒を追加しました(←病院では、動脈からの採血後などにステプティを使って止血しているので、救急時もこれは役立つ!と思いました)。

指導するほどの知識は全然ありませんが、こちらこそこれからも宜しくお願いします。
  • posted by ニコ 
  • URL 
  • 2011.09/09 08:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

その後の様子が気になっていましたが
なかなか連絡することができず、すみませんでした。
あれから1週間経っても、こんなに腫れているんですね…。
写真を見るだけで、higetiasさんの悲鳴(痛さ)が伝わってくるようです。
指がこのような状態だと、気分も沈んでしまいますよね…。
一日も早い回復をお祈りしています。

~追伸~
あの時の私の対応は適切とは言えなかったので、今後のために私なりに処置方法を振り返ってみました。
1.まずは止血
患部にガーゼ・ハンカチなどをあてて包帯や布でしばり、圧迫止血します(←包帯が必ずあるわけではないので、今回のようにテーピングでの圧迫でもOKだと思います)。

①少なくとも30分に1回は2~3回ゆるめないと血流障害を起こします。

②ちり紙は患部に密着してとれにくく異物となるので使用しない方がいいそうです(←あの時、higetiasさんがちり紙を取り除いたのは正解でした。痛みを和らげるために、少し水で濡らしながら取れば良かったのですが…私の反省点です)。

③圧迫止血する際は、神経を損傷しないために3センチ以下の細いもので縛らない方がよいようです(←今回は緊急の場合だったので仕方がありませんでしたが、ゴムを使う場合圧迫する時間に注意が必要です)。


2.異物の除去
止血できたことを確認してから、患部の砂・泥などを除去するために水道水で洗う(傷内の異物は感染の原因になるので、止血できたら早く綺麗にした方がよいようです)。

*病院では生理食塩水で洗浄したりするんですが、あの時救急セットの中に入っていなかったので迷ったんですが、とりあえず簡易消毒綿で簡単に汚れを取り除きました。でも、あとで考えれば受傷直後の傷を消毒液で消毒するのは相当な痛みを伴うものなのでやめるべきでした…反省点です)。


3.二次・三次感染予防
毎日の処置として、水道水や生理食塩水で洗浄後、消毒、抗生物質入りの軟膏を塗ってガーゼ保護します(higetiasさんは、きちんと対処できていてさすがですね)。

①化膿した場合、毎日膿がなくなるまで水道水や生理食塩水で綺麗に洗い流してから→消毒(←痛みが強いなら、無理して行わなくてもよいと思います。とにかく、患部を綺麗にするために洗浄することが第一のようです…higetiasさんには、あの時無理なアドバイスをしてしまってゴメンナサイ)→軟膏塗布→ガーゼ保護を行います。

②患部の腫れ・熱感がひどい・発熱がある・リンパが腫れてきた・痛みが強いなどの症状があれば、抗生物質の内服や点滴が必要になる場合もあります(←受診の目安になると思います)。


*もっといい方法があるかもしれませんが、参考程度に読んで頂けたらと思います。
  • posted by ニコ 
  • URL 
  • 2011.09/08 20:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 パスワード必須
管理者のみに表示  | 非公開コメント: 投稿可能

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter