higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

くじゅう高原花散策その①(2018/08/11)

2018/08/11(Sat)


ヒゴタイ
180811②IMG_3760



星撮りを終えて仮眠を取り始めたのは2時半頃だった。
久しぶりにエアコン不要と言うかむしろ寒いくらいの気温のなかで寝ることができたが、5時過ぎには起床し
て車中で朝食を摂り、朝の涼しいうちに花散策を開始する。

陽が差し出す前の高原は風があって涼しいが、花を撮るには厳しい状態。

サイヨウシャジン
180811①IMG_3510


           ヒロハトラノオ
           180811①IMG_3519


シュロソウ
180811①IMG_3526


           イタチササゲ
           180811①IMG_3570


ヤツシロソウ
180811①IMG_3562

           180811①IMG_3576


ヤブツルアズキ
180811①IMG_3581


カラスウリ
180811①IMG_3572


カワラナデシコ
180811①IMG_3579


ヒゴタイ
180811②IMG_3771


180811②IMG_3768


久しぶりに男池のおいちゃん家に出向く。
今日は「山の日」で牧ノ戸や長者原は混雑していたようだがこちらは少なめだったので、おいちゃん夫妻と
ゆっくり話をしたあと、キツネノカミソリが見頃を迎えている男池の森を少しだけ歩く。

180811②IMG_3785


        180811②IMG_3791a


        180811②IMG_3793a


今年のキツネノカミソリは見事な咲きっぷり。 やや薄暗い森のなかで時折射す光を待つ。

180811②IMG_3778


180811②IMG_3814


180811②IMG_3777


180811②IMG_3803


くじゅう高原花散策その②に続く

 
CommentList

真夏の天の川(2018/08/10)

2018/08/10(Fri)



180810IMG_3447.jpg



今年のペリセウス座流星群が極大になる11~13日にはちょっと早いが、九州北部で今夜唯一きれいな
星空が見れそうなくじゅう方面に出掛けてみた。  

雲の状況では20時から24時頃までがシャッターチャンスのようだが現地に着いたのは21時半過ぎ。 
逸る気持ちを押えながらカメラをセットして撮影開始。

180810IMG_3451a.jpg


飛行機や人工衛星は写り込むものの肉眼では確認できる流星がなかなかフレームの中には納まって
くれない。  写真では分りづらいが唯一流星(右上部分)が写り込んだ一枚。

180810IMG_3507a.jpg


日付が変わって天の川の光も弱くなってきたのであとはインターバル撮影やバルブ撮影を試みるが、
深夜の高原はじっと待つ間が寒かった。

180810output_comp2a.jpg 


バルブ撮影は露出がイメージと違って上手くいかなかった。

180810IMG_3493a.jpg   


1時半過ぎに星撮りを切り上げて仮眠を取るために移動する。

 

ひまわりを見て樫原湿原へ(2018/07/28)

2018/07/28(Sat)


柳川ひまわり園
180728IMG_3230.jpg


        180728IMG_3219.jpg


井原山か古処山かと迷った挙句、結局は山歩きのできないmamatiasに付き合ってくれると言うRyo君&
sanpoさんと一緒に開園中(7/20~7/29)の柳川ひまわり園へ。

16日に訪ねたときはまだ1~2分咲だった区画は期間終盤ですでに枯れ始めていて、駐車場に隣接した
一番奥(海側)の区画だけが見頃だった。
ここのひまわりは背丈が高く見下ろす場所もないので、奥行感を出すには脚立が必携かな。  

180728IMG_3226.jpg


ひまわり畑の中に立つお揃いのワンピースと麦わら帽子の仲良し三姉妹に遠い昔の懐かしさを感じた。

180728IMG_3235.jpg


樫原湿原に向かう途中、ひょうたん島公園に立ち寄ってみた。
こちらのひまわりは柳川のものと比べると背丈が低く、葉の緑もやや薄くて全体的に淡い雰囲気。
五分咲きといったところで来週のひまわりまつりにはちょうど見頃となりそうだ。

180728IMG_3243.jpg



        180728IMG_3252.jpg


猛暑日が続いた所為か樫原湿原はサギソウをはじめ花の種類も数も少なかったが、訪れる人も疎らで
一時間ほど楽しめた。  風があって涼しかったが花が揺れて撮るのにひと苦労。

サギソウ
180728IMG_3279.jpg


           180728IMG_3259.jpg


ヒツジグサ
180728IMG_3306.jpg


           コオニユリ
           180728IMG_3262.jpg


カワラナデシコも暑さでグッタリ
180728IMG_3282.jpg


           コバギボウシ
           180728IMG_3302.jpg


サワギキョウ
180728IMG_3266.jpg


           ユウスゲ
           180728IMG_3296.jpg


180728IMG_3271.jpg


トンボの姿も随分と少なくなっていた。

チョウトンボ
180728IMG_3270.jpg


ハッチョウトンボ
180728IMG_3309.jpg



CommentList

脊振山から芥屋海岸まで(2018/07/22)

2018/07/22(Sun)


日向神湖の夜明け
180722IMG_3132a.jpg



この日のくじゅう・阿蘇高原は一晩中強風が吹き、稲光が続いた後に激しい雨も降り出した。
涼しくて避暑には持って来いだったが早朝の天気回復が見込めず、夜明け前に脊振山に向けて移動を
開始する。 

夜明けを迎えた日向神湖で素晴らしい光景に出合えた。

         180722IMG_2467a.jpg


早朝の脊振山は湿度は高いものの空気が澄んでいて、有明海の向こうに雲仙岳と多良山系がくっきりと
見えていた。

180722IMG_2086.jpg

雲仙岳
180722IMG_3137.jpg

多良山系
180722IMG_3138.jpg



見掛けた花たち(抜粋)

オカトラノオ
180722IMG_3186.jpg


           ヤマホトトギスの蕾
           180722IMG_2542.jpg

           ヤマホトトギス
           180722IMG_3135.jpg


ネジバナ
180722page01.jpg


           ヤマトウバナ
           180722IMG_3166.jpg


ヘクソカズラ(サオトメバナ)
180722IMG_3173.jpg


今日の本命はオニコナスビ

180722IMG_3149.jpg


180722IMG_3146.jpg


180722IMG_3156.jpg


(脊振山系の道路情報)
・脊振山自衛隊専用道路は2018.08.01~2019.06.30まで工事のため全面通行止めの予定
・県道136号線は七曲峠付近と板屋峠付近で崩壊のため通行止め 



板屋峠の先で通行止めのバリケードが設置されていた。 
一本道なのだからもっと手前に表示もしくはバリケードをするくらいの配慮は欲しい。

仕方なくUターンして県道56号線で糸島へ。

可也山とハマボウ
180722IMG_2592.jpg


           180722IMG_3192.jpg


           ホテイアオイ
           180722IMG_2598.jpg


180722IMG_2603.jpg


           ???
           180722IMG_3201.jpg


最後に芥屋の大門

         180722IMG_2627.jpg


日中は山の上でもうだるように暑いのに、最後はとうとう海抜0mまで下りて来てしまった。
これ以上ブラブラする気になれず、「伊都菜彩」で買い物をして、「椚のそば屋」で遅い昼食を摂ってから
帰宅。 荷物を車から降ろし終わった途端に激しい雨が降り出したので良いタイミングだった。


CommentList

阿蘇高原のサンセット・ショー(2018/07/21)

2018/07/21(Sat)



180721IMG_3072.jpg



台風10号の影響で強風吹く阿蘇高原。
日没前の西の空には妖しい雲が乱れ飛び、素晴らしいサンセット・ショーが繰り広げられた。

180721IMG_3079.jpg



180721IMG_3077.jpg



180721IMG_3088.jpg



180721IMG_3097.jpg



多良岳のオオキツネノカミソリ(2018/07/15)

2018/07/15(Sun)


オオキツネノカミソリ
180715IMG_2953.jpg



季刊誌「のぼろ」のライターNさんの多良山系取材の下見山行に長崎の山友ミラさん&tetu-1さんが案内役
として同行するので一緒に行きませんかと久しぶりに信ちゃんからお誘いがあった。
6月17日の祖母山以来約一ケ月間山に行けてないし、オオキツネノカミソリの開花状況も気になるので、有
難く参加させて頂いた。

豪雨後で金泉寺登山口までの道路状況が気になっていたが山茶花高原からのアプローチは問題なかった。

今日の参加者はミラさん&tetu-1さん、信ちゃん&俊ちゃん、そよかぜさん、山馬鹿さん、のぼろライターのN
さん、TTさんとhigetiasの9名。
8時に全員集合したところで金泉寺登山口から出発する。

(本日のルート)
金泉寺登山口~金泉寺~役行者分岐~六体地蔵~黒木岳~一ノ宮岳~前岳(本多良)~多良権現~
金泉寺~(西野越まで往復)~金泉寺登山口

     180715IMG_2027.jpg


登山口周辺にもオオキツネノカミソリがちらほらと咲いていた。

            180715IMG_2026s.jpg


カンカン照りの予報に反して曇天ではあったが、風がなく蒸しかえるような暑さに汗が滴り落ちる。
滑り易い石畳の登山道を上がってまずは金泉寺小屋に立ち寄る。
     
     180715IMG_2029.jpg


役行者分岐から六体地蔵方面へ進み8の字に周回する。

     180715IMG_2031.jpg


     180715IMG_2034.jpg

              鬼の門
              180715IMG_2037.jpg


黒木岳分岐より黒木岳へ。

     180715IMG_2042.jpg


黒木岳山頂で信ちゃん持参のノンアルビールで乾杯!

     180715IMG_2046.jpg


一旦鞍部へ下り一ノ宮岳へ。

     180715IMG_2051.jpg


鞍部へ引き返しトラバースルートで黒木岳分岐まで戻り前岳へと急斜面を上るが、あまりの暑さとスタミナ
切れで山頂手前でへばってしまう。
ミラさんから冷たいリンゴを、そよかぜさんからはアイスコーヒーを、Nさんからは保冷剤を貸して頂き、元
気を取り戻す。 

     180715IMG_2058.jpg


ストック一本で鬼の岩屋を支えるtetu-1さん。

              180715IMG_2062.jpg


座禅岩から見る経ヶ岳も今日は暑さで気怠そうに見える。 
上空にはおびただしい数のトンボが乱舞していた。

     180715IMG_2065.jpg



     180715IMG_2066.jpg


     多良権現
     180715IMG_2067.jpg


金泉寺に戻り遅めの昼食を摂る。 
用意していた食材を出すこともなく、氷で冷やしたソーメン、シャベット状のスイカやフルーツポンチなどを
御馳走になる。 皆さんの用意の良さには頭が下がる。 ごちそうさまでした。

     180715IMG_2069.jpg


食後に空身で西野越までピストンしたあと、滑り易い足元に気を使いながら登山口に戻る。

イワタバコは咲き始めたばかり。

180715IMG_2911.jpg


           ヤクシマホツツジ
           180715IMG_2931.jpg


           オオバノトンボソウ
           180715IMG_2934.jpg


オオキツネノカミソリは今週末あたりが見頃のようだ。

180715IMG_2948.jpg


           180715IMG_2946.jpg


同行の皆さま、今日はいろいろとお世話になりありがとうございました。

CommentList

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter