higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

黒髪山から天山へ(2018/10/21)

2018/10/21(Sun)

黒髪山のヤツガシラ
181021-①IMG_5534



昨日は英彦山のツメレンゲを見たが、今日は黒髪山のヤツガシラと天山のムラサキセンブリを目的に
出掛けた。

まずは黒髪山のヤツガシラ。
見頃には少し早かったが昨年に比べると数は多いようなので、一週間後ぐらいは良いかも知れない。 

          181021-①IMG_4703


181021-①page01


          181021-①IMG_5595


181021-①IMG_4709


イブキジャコウソウも僅かだが咲いていた。

181021-①IMG_4736


          181021-①IMG_5612


181021-①IMG_4739



黒髪山をあとにして向かった天山は小さな子供連れの家族などが憩いの時間を楽しんでいた。

山頂台地からは雲仙岳がうっすらと見えた。

          181021-②IMG_5637



181021-②IMG_2992



181021-②IMG_2993


秋の花もほとんどが姿を消して最後に咲き誇っていたのは大ぶりのリンドウ。

181021-②IMG_4757


僅かだが背丈の低いトリカブトもまだ花を付けていた。

          181021-②IMG_4760


          181021-②IMG_5669


センブリは見掛けなかったが目的のムラサキセンブリはたくさん見ることができた。
平尾台や平戸などで見るムラサキセンブリに比べると小ぶりだが、5枚の花びらに混じって3枚や4枚の
花びらが混在する株を見付けた。

          181021-②IMG_4774


181021-②IMG_4776


登山者がほとんどいなくなった山頂台地をあとにして帰路に付く。

          181021-②IMG_3001


センダイソウと上仏来山(2018/10/20)

2018/10/20(Sat)

センダイソウ
181020IMG_5444.jpg



今週末は土、日とも晴天予報なのでさぞかし紅葉目当ての登山者が殺到するであろう九重を避けて、
山友さんのSNS情報で見頃を迎えているセンダイソウを見に英彦山へ出掛けた。

自宅を出るのが遅れたため、別所を10時半過ぎに出発する。

奉幣殿まで来たところですでに目的を遂げて戻ってきたつーさん、信ちゃん&俊ちゃん、それに一年
ぶりのKさん、Sさんとお会いする。

              181020IMG_5418.jpg


今日はスタートが遅かったこともあり山頂まで上がるのを止めて、mamatiasが未踏の上仏来山に
立ち寄る。
703ピーク付近から見る西斜面は紅葉が進行中。

181020IMG_4691.jpg


     双戸窟
     181020IMG_2955.jpg


登山者の姿がない静かな尾根を歩き、上仏来山への最後の急斜面を登る。

              181020IMG_5482.jpg


     上仏来山山頂
     181020IMG_5484.jpg


     181020IMG_2960.jpg


誰もいない山頂で遅い昼食を摂り、別所へと戻る。

     181020IMG_2962.jpg


ツメレンゲは大きく成長していたが数が少なかった。

181020IMG_5462.jpg


          181020IMG_4686.jpg


去年は少し遅かったが今年はきれいなセンダイソウの花を見ることができた。

181020IMG_4670.jpg


          181020IMG_4681.jpg


          181020IMG_5442.jpg


最後は大ぶりのトリカブトの花。

          181020IMG_4698.jpg       


          181020IMG_4694.jpg


今年は裏英彦山のきれいな紅葉を見ることができるかな?

181020IMG_4688.jpg


紅葉燃ゆる三俣山(2018/10/17)

2017/10/17(Wed)



181017IMG_4588a.jpg



先週末から九重連山の大船山や三俣山の紅葉が見頃の差し掛かってきた。
紅葉の状況と天気をにらめっこしても行けるのは今日だけ。 迷わず行き先に選んだのは三俣山。 
晴天を期待して出掛けたが、すがもり越から見上げる西峰はまだガスに覆われている。

181017IMG_2865.jpg


西峰をパスして本峰に上がったが北峰もガスで見えないので、すぐに大鍋の縁へと移動する。

181017IMG_2897.jpg


大鍋、小鍋の紅葉状態はまあまあだが陽が当たらないので鮮やかさに欠ける。
辛抱強く晴れるのを待ったが陽が指した時間は10時半から12時半の僅か2時間、それも断続的に。
この間、太陽と雲と紅葉との格闘を繰り返したが成果は僅かだった。

以下は本日の成果です。

181017IMG_2893.jpg



181017IMG_4534.jpg



181017IMG_4540.jpg



181017IMG_4550.jpg



181017IMG_4551.jpg


181017IMG_4553.jpg



181017IMG_4557.jpg



181017IMG_4587.jpg



181017IMG_4592.jpg



181017IMG_4608.jpg



181017IMG_4613.jpg


181017IMG_4615.jpg



181017IMG_4623.jpg



181017IMG_4636.jpg



181017IMG_4644.jpg



181017IMG_4646.jpg



181017IMG_4657.jpg 



181017IMG_2901.jpg



CommentList

古処山のアオベンケイ再び(2018/10/14)

2018/10/14(Sun)


     アオベンケイ
     181014IMG_4520a.jpg



3日前に見たアオベンケイをmamatiasが見たいというので再び古処山に出掛けた。


今回は八丁峠の作業道入り口から出発する。

     181014IMG_2809.jpg


作業道には背の低いアケボノソウやコナスビがポツポツと咲いていた。

     181014IMG_4491.jpg


     181014IMG_4873.jpg


作業道が一面レモンエゴマに埋め尽くされているところもあった。
   
     181014IMG_2812.jpg

             181014IMG_4870.jpg


八丁登山口からのルートと合流し、すぐ先で登山道へと入る。

     181014IMG_2813.jpg


平坦で歩きやすい登山道を進む。

             181014IMG_2816.jpg


     181014IMG_2818.jpg


2年前の峰入り古道歩きの際、手前のバンズ岩?でバーガーパディと化した風来坊さんを思い出した。

     181014IMG_2819.jpg


主尾根へと上がる。

     181014IMG_2820.jpg


遊人の杜ルート分岐を通過。 3日前はここから遊人の杜へと下った。

     181014IMG_2824.jpg


僅かだが紅葉が始まった木も散見された。

             181014IMG_2826.jpg


mamatiasの歩みは遅いがだいぶん歩けるようになってきた。

             181014IMG_2828.jpg


山頂には数組の登山者がいたのでスルーする。

     181014IMG_2832.jpg


キンカメを探しながら縦走路を進んだが残念ながら今回もキンカメには出遭わず。
ツゲの原生林分岐で遅い昼食を摂り原生林へと折り返す。

     181014IMG_2837.jpg


馬責めへと戻り往路を引き返す。

     181014IMG_2840.jpg


作業道へと戻ってきた。

     181014IMG_2843.jpg


アオベンケイの花はたった三日で赤みを増していた。

181014IMG_4508.jpg


181014IMG_4501.jpg


           181014IMG_4961.jpg


181014IMG_4522.jpg


           181014IMG_4963.jpg

平尾台で秋の花散策(2018/10/13)

2018/10/13(Sat)


ずっと調子の悪かったデスクトップPCがついにダウンしてしまいました。
修理に出すにしても金も時間もかかるしOSもWindows 7のままだったので、この際思い切って新しい
PCを購入し取り敢えず必要最小限のセットアップをしてどうにかブログアップにこぎ付けました。



20181013IMG_2789.jpg



信ちゃんの呼び掛けで久しぶりに集まった山友さん達総勢11名で会話の花も満開の秋の花散策でした。

青空が広がる台地上は爽やかな風が吹き抜けて心身ともに癒やされました。

20181013IMG_2779.jpg


20181013IMG_2796.jpg  


20181013IMG_2783.jpg


20181013IMG_2787.jpg


キセワタ
20181013IMG_4378.jpg


ミシマサイコ
20181013IMG_4370.jpg


           ノダケ
20181013IMG_4373.jpg


           ヤマハッカ
20181013IMG_4374.jpg


ヒナノキンチャク
20181013IMG_4489.jpg


           ヒメヒゴタイ
20181013IMG_4476.jpg

20181013IMG_4390.jpg


           リンドウ
20181013IMG_4407.jpg


           ハバヤマボクチ
20181013IMG_4408.jpg


シオガマギク
20181013IMG_4484.jpg


           ナンバンギセル
20181013IMG_4477.jpg


           ウメバチソウ
20181013IMG_4445.jpg

20181013IMG_4394.jpg


           センブリ
20181013IMG_4432.jpg

181013page01.jpg


           ムラサキセンブリ
20181013IMG_4424.jpg

20181013IMG_4452.jpg

20181013IMG_4458.jpg

20181013IMG_4460.jpg


空にはパラグライダーの花が満開。

20181013IMG_4473.jpg


20181013IMG_4471.jpg


案内頂いた信ちゃん、同行頂いた皆さん、楽しい一日をありがとうございました。
 
CommentList

裏山で罠に掛った猪に遭遇(2018/10/12)

2018/10/12(Fri)

     観音山
     181012IMG_2663.jpg


爽やかな天気に誘われてエルを連れて久しぶりに裏山を歩いてみた。
今月1日に町制から市制に変わった那珂川市の観音山大徳寺の山門を潜り観音山へ向かう。

     181012IMG_2671.jpg


     181012IMG_2672.jpg


境内の石段を上り、弘法大師が安置された岩屋の前から左手へ。

     181012IMG_2674.jpg


     181012IMG_2676.jpg


              181012IMG_2678.jpg


あっという間に観音山山頂に上がり着く。

     181012IMG_2679.jpg


新幹線車両基地が見下ろせる。

     181012IMG_2682.jpg


南へ登山道を辿る。

     181012IMG_2683.jpg


途中にある祠にはなぜか恵比寿天。

     181012page01.jpg


さらに進むと左手の縦間にソーラーパネルが見えてきた。

     181012IMG_2689.jpg


九州カンツリー倶楽部春日原ゴルフ場上の山を削って造成工事をしていたので、宅地にでもするのかと
思っていたのだが、いつの間にか大規模なソーラーパネルが設置されていたようだ。

     181012IMG_2691.jpg


5年前はこんな状態だった。 

     181012P1020110.jpg
     (2013年4月19日撮影)


     181012IMG_2693.jpg


石割山への分岐から右折して山頂まで往復する。

     181012IMG_2694.jpg

     
     石割山山頂
     181012IMG_2695.jpg


     181012IMG_2696.jpg


分岐まで戻り更に尾根を南へ進んで、途中から右手の急斜面を下ってヤンバル池へ向かう。

              181012IMG_2706.jpg  


ヤンバル池周辺は造成工事と大雨の影響ですっかり様子が変わってしまっていた。
側溝の上の土手を上ればヤンバル池の堤に出るのだが、夏草が蔓延っているので沢を渡って樹林の中を
迂回する。(木に小さなテープが付けてある)

     181012IMG_2707.jpg


     181012IMG_2710.jpg


     181012IMG_2713.jpg


ヤンバル池は造成工事の際半分以上土砂で埋められていてすっかり形を変えてしまった。

     181012IMG_2714.jpg

     5年前の状態(2013年4月19日撮影)
     181012P1020119.jpg


     ヤンバル池を南側から見る
     181012IMG_2719.jpg


池の西側の淵は林が削られてしまい、昔の「さいふみち」に続く山道の取付きも分り辛くなっている。
造成工事のあとが気になったので切り開かれた跡を辿ってみることに。

     181012IMG_2721.jpg


先程上から見下ろしたソーラーパネルの東側に出た。

     181012IMG_2723.jpg


     181012IMG_2725.jpg


もとに戻って観音山~牛頸山縦走路に取り付く。 ここも分り辛い。

     181012IMG_2732.jpg


     181012IMG_2737.jpg


ここから先はゴルフ場の敷地に沿って樹林帯のなかを進むが蜘蛛の巣が蔓延って難儀する。

     181012IMG_2738.jpg


しばらく進むと突然唸り声がして目の前に若い猪が現れた。 激しく動いていたので思わず身構えたが、
何故か遠くへは逃げて行かない。 よく見ると前足を罠のワイヤーに捕らえられていて、逃れようとして
必死にもがいていたのだ。 こういう姿を目の当たりにするとさすがに可哀そうになり、逃がしてやりたい
という衝動に駆られた。 しかし相手は獣だから迂闊なことはできず複雑な気持ちでその場を去った。

     181012IMG_2740.jpg

     181012IMG_2743.jpg


直後に頭に浮かんだのは登山道?のすぐ傍に仕掛けられた罠のことだ。 一歩間違えば自分が罠に掛る
可能性だってあると思うとぞっとして、その後はより一層足元を気にしながら歩いた。
掴まった猪は家族連れだったのだろう。 すぐ近くで3頭連れを見掛けた。

     ゴルフ場に東屋
     181012IMG_2745.jpg


縦走路からちょっと外れた三等三角点(250.2m)に寄り道。

     181012IMG_2752.jpg


縦走路といってもヤンバル池~福岡中央霊園までは木々に覆われた全くのマイナールートで歩き辛いし、
踏み跡も不明瞭だ。 テープはこまめに付けてあるが尾根の分岐も多くうっかりするとルートロスをし易い
ので一般向きではない。

やがて右下に林道「内河・石坂線」が見えてきた。

     181012IMG_2759.jpg


     181012IMG_2760.jpg


縦走路は一旦林道を西(右)へ50mほど進んで左手に取り付くが、今日は縦走路歩きはここまでにして
林道を左に進み終点に出る。  因みにT字路を右に進むと福岡中央霊園の前を通り牛頸山への登山
口となる足洗川林道終点ゲートへ行き着く。

     181012IMG_2764.jpg


T字路を左折してすぐの林のなかで再び3頭連れの猪を見掛けた。 

     181012IMG_2768.jpg


これは先ほどの3頭とは違うと思うのだが、そうだとすると裏山にもかなりの数の猪が棲息しているようだ。


左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter