higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

見頃を迎えたエビネラン(2022/04/20)

2022/04/20(Wed)


220420IMG_6006.jpg



山野草が咲く森に詳しい山友さんからジエビネやキンランが見頃になったと連絡をもらい案内して頂いた。

          220420IMG_6020a.jpg


          220420IMG_6031.jpg


          220420IMG_6032.jpg


          220420IMG_4575.jpg

          キエビネ
          220420IMG_6038.jpg

          キンラン
          220420IMG_5966.jpg


リュウキュウコザクラ
220420IMG_5948.jpg


220420IMG_5944.jpg


220420IMG_5941.jpg


アケビの雌花と雄花
220420IMG_6012.jpg


アケビの花も光次第で鮮やかに!

220420IMG_6016.jpg


CommentList

基肄城跡散策(2022/04/17)

2022/04/17(Sun)


220417IMG_5921.jpg



3年前の大水害で被災した基肄城水門跡周辺の復興が進み、今年になって住吉神社の再建工事や立派なトイレを備えた駐車場の新設工事が完了したようなので久しぶりに水門跡から時計回りに土塁を周回してみた。

新設されたトイレと10台以上は駐められる駐車場
220417IMG_4378.jpg


再建された住吉神社
220417IMG_4380.jpg


南側の土塁跡から基山山頂を目指す。

        220417IMG_4387.jpg


220417IMG_4388.jpg


猿田彦神社からのルートと合流して急斜面を上がる。

220417IMG_4389.jpg


尾根に取付いて急登を上がると左手に未だシートを被せられたままの土石流が起こった急峻な谷が見えてくる。

220417IMG_4393.jpg


220417IMG_4401.jpg


山頂部に出ると初夏のような日差しが照り付けてきた。

220417IMG_4403.jpg


220417IMG_4405.jpg


今日は遠くに英彦山の山頂部も見えていた。

220417IMG_4409.jpg


土塁を北峰へと向う。

220417IMG_4410.jpg


220417IMG_4419.jpg


北峰周辺の土塁跡を周回する。

220417IMG_4414.jpg


        220417IMG_4415.jpg
       

凌ぎやすい木陰で昼食休憩。

220417IMG_4416.jpg


北帝門跡から東北門跡へ。

220417IMG_4422.jpg


東北門跡から史跡めぐりコースで下山する。

220417IMG_4428.jpg


        220417IMG_4429.jpg


東峰のつつみ跡
220417IMG_4433.jpg


220417IMG_4434.jpg


鐘撞堂跡
220417IMG_4439.jpg


米倉礎石群
220417IMG_4445.jpg


220417IMG_4449.jpg


前日にオキナグサ保存会主催の見学会があり会員、一般の参加者で盛況だったことがあとで分かり、道理で今日は五十嵐さんにお会いできなかったはずだと思っていたら、何と今日も史跡めぐりコースを往復されたそうだ。 時間的にはどうも東北門跡辺りでニアミスしたようだ。

オキナグサは綿毛化が進んでいる。 

220417IMG_5926.jpg


220417IMG_5912.jpg


           220417IMG_5913.jpg


           220417IMG_5927v.jpg


再び水無谷へ(2022/04/09)

2022/04/09(Sat)

ニリンソウ
220409IMG_5798.jpg



6日ぶりに再び水無谷を訪れた。 
前回はまだ咲始めだった花々も気温が上がり一気に開花が進んでいた。

ニリンソウは一気に花数が増えてきている。
          
           220409IMG_5785.jpg


イチリンソウも陽当りがいい場所は花が開き過ぎてしまっていて、可憐さな姿の個体を探し回った。

220409IMG_5867.jpg


           220409IMG_5874.jpg


220409IMG_5882.jpg


           イチリンソウとコチャルメルソウのコラボ
           220409IMG_5849.jpg


コチャルメルソウ
220409IMG_5876.jpg


シロバナネコノメソウ
220409IMG_5804.jpg


タチネコノメソウ
220409IMG_5888.jpg


220409IMG_5883.jpg


           イワボタン
           220409IMG_5777.jpg



220409IMG_5809.jpg


前回はまだ小さな蕾が多かったトウゴクサバノオも一気に開花。

220409IMG_5834.jpg


220409IMG_5812.jpg


220409IMG_5827.jpg


トウゴクサバノオとニリンソウとイワボタンのコラボ
220409IMG_5899.jpg


背後から陽光を浴びるツバキ
220409IMG_5852.jpg


ツキシショウジョウバカマは花期が過ぎたものが多かったがまだ少し見頃のものも残っていた。

           220409IMG_5773.jpg


野河内林道から水無谷へ(2022/04/03)

2022/04/03(Sun)


220403IMG_5683.jpg



約50年前まで利用されていた野河内から水無に至る登山道の一部(旧水無集落に通じる部分)が昨年11月に復旧されたというので、春の山野草が咲き出すこの時季を待って久しぶりに野河内林道を歩いて水無谷へと足を運んでみた。

国道263号線から野河内渓谷へのアプローチ道へ入る。

220403IMG_4151.jpg


井原山を源流として野河内渓谷を流れる室見川の上流八丁川の清流。

220403IMG_5554.jpg


野河内渓谷へと下る道を左に見て野河内林道の起点からコンクリートの急勾配の道を上って行く。

220403IMG_4152.jpg


駐車場で出会って先に出発されたコヨーテさんが小走りで戻ってきた。 忘れ物かと思ったらアクシデントが発生したということで急いで帰宅するとのことだった。 大事にならないことを願う。

        220403IMG_4153.jpg


喘ぐような急坂が2ヶ所ある。

220403IMG_4154.jpg


延長1,260mの野河内林道の終点を過ぎると舗装道も終わり平坦な地道になる。

220403IMG_4160.jpg


所々で山肌から伏流水が流れ出しているため水溜まりやぬかるみができている。

        220403IMG_4164.jpg


八丁川が流れる谷も次第に浅くなってきた。

        220403IMG_4166.jpg


1997年11月竣工の室見川橋から水無登山口までの区間は旧前原市によって林道が整備されて以降この林道が利用されてきたが、今回橋の手前から右に分れる旧登山道が整備されて歩けるようになったようだ。

220403IMG_4168.jpg


復旧した登山道を進む。

220403IMG_4169.jpg


        220403IMG_4171.jpg


集落屋敷跡へと回ってみる。

220403IMG_4172.jpg

旧水無集落屋敷跡
220403IMG_4173.jpg


220403IMG_4178.jpg


屋敷跡の下を流れる八丁川の小さな流れを渡り「グミの木広場」と名付けられた平地に出る。

220403IMG_4179.jpg


広場では整備プロジェクトに関わったと思われる人々が集まってBBQらしき準備をされていた。

220403IMG_4180.jpg


広場から旧登山道を歩いて再び林道に出る。

220403IMG_4181.jpg


220403IMG_4188.jpg


林道を300mほど進んだ先で水無橋を渡ると水無登山口の駐車場は満車になっていた。

220403IMG_4190.jpg


ここからは水無谷に咲く山野草を楽しみながらのんびりと散策する。

ユリワサビ
220403IMG_5637.jpg

コガネネコノメソウ
220403IMG_5606.jpg


220403IMG_5719.jpg

イワボタン
220403IMG_5724.jpg


220403IMG_5617.jpg

コチャルメルソウ
220403IMG_5688.jpg


           220403IMG_5638.jpg

キバナノアマナ
220403IMG_5590.jpg

           ヤマエンゴサク
           220403IMG_5641.jpg

           ジロボウエンゴサク
           220403IMG_5656.jpg

エイザンスミレ
220403IMG_5696.jpg

           ヒトリシズカ
           220403IMG_5658.jpg

           ヤマルリソウ
           220403IMG_5701.jpg

トウゴクサバノオ
220403IMG_5571.jpg


           220403IMG_5728.jpg

           ニリンソウ
           220403IMG_5600.jpg

           イチリンソウ
           220403IMG_5664.jpg


今回久しぶりに野河内から水無まで歩いて途中旧水無集落跡にも立ち寄ることができたが、長年抱いている疑問は今回も解明されることはなかった。 その疑問というのは、40年ほど前に前原駅前からアプローチして雷山から井原山まで縦走した際水無から野河内に下山したのだが、その時歩いた登山道が果たして現在の林道だったのかどうかということだ。 昔のことで記憶も定かではないが、少なくとも今の水無橋はなかった訳だから別の木橋でも架かっていたのか、それとも別ルートだったのか(昔は水無鍾乳洞の前を通ったような記憶がある)。 いずれにしても1997年に水無橋~室見川橋間が整備されるまでの水無から水無集落に至る登山道がどこをどう通っていたのか、それと野河内林道が整備されるまでの登山道はどこだったのかを知りたいのだが、未だに情報が見付けられなくて残念でならない。 昔を知る古老にでも話が聞けるといいのだが。

桜咲く水城跡を散歩(2022/04/01)

2022/04/01(Fri)


220401IMG_4067.jpg



昨日の雨から一転して朝から快晴。 きこちゃんは保育園からの仲良しさんのところに遊びに出掛けて孫守からも解放されたので、一年ぶりに水城跡を散歩することにした。

水城ゆめ広場からスタート。

220401IMG_4054.jpg


水城院跡に立ち寄る。

        220401IMG_4058.jpg


220401IMG_4060.jpg


水城と古の官道が交差する箇所に設けられた西門跡を過ぎて土塁に沿って行く。
昨日は花散らしの雨となったがここの桜はまだ十分楽しめる。

220401IMG_4068.jpg


桜に下で憩う母娘の姿に平穏な日常が続くことを願わずにはいられない。

        220401IMG_4073.jpg


我が家の母娘は愛犬を置いて出掛けたので今日も散歩に連れて来た。

220401IMG_4075.jpg


一旦道路に出てJRの踏切を渡り道路や線路に分断された水城跡を更に進む。 車に慣れていないアンちゃんは大きな音に驚いて怯えている。

        220401IMG_4078.jpg


桜の花びらの絨毯に座ってしばし昼食休憩。

220401IMG_4088.jpg


今日から新年度。 休憩中に近くの会社の新入社員とおぼしき一行が先輩に連れられて桜を背景に記念撮影するために訪れた。

220401IMG_4089.jpg


        220401IMG_4092.jpg


水城の欠堤部まで来て振り返る。 この先は御笠川、線路、高速道路、国道が交差して水城跡を分断していてこの先は歩いては行けない。

        220401IMG_4095.jpg


前方に水城の東端部となる大城山(四王寺山)。

220401IMG_4097.jpg


220401IMG_4101.jpg


欠堤部から折り返して土塁の北側を引き返す。

220401IMG_4106.jpg


220401IMG_4108.jpg


        220401IMG_4109.jpg


        220401IMG_4113.jpg


新池の堤防を通り水城ゆめ広場へ戻る。

220401IMG_4118.jpg


220401IMG_4119.jpg


古に思いを馳せながらの2時間余りの散歩を楽しんだ。


きこちゃんと基山へ(2022/03/30)

2022/03/30(Wed)


220330IMG_5500.jpg



今日はエルときこちゃんを連れて基山へ。 時折小雨がパラつく天気にも拘わらず基山は家族連れや登山者が多く訪れていた。

山頂部に上がってすぐに今回も基山のオキナグサ保護のレジェンド五十嵐さんとお会いした。

220330IMG_4035.jpg


          220330IMG_4037.jpg


220330IMG_4041.jpg


          220330IMG_4039.jpg

オキナグサ
220330IMG_5496.jpg


220330IMG_5503.jpg


220330IMG_5506.jpg


ヤマネコノメソウ
220330IMG_5552.jpg


          ツクシショウジョウバカマ
          220330IMG_4052.jpg


220330IMG_5519.jpg


        220330IMG_5538.jpg


左サイドMenu

愛犬ティアス&エル

Calendar

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter