higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

御霊もみじと八面山(2019/11/23)

2019/11/23(Sat)

御霊もみじ全景
191123IMG_9100.jpg



きこちゃんの週末保育園で耶馬渓方面に紅葉狩りに出掛けた。

家を出ると近くの山には雲海が掛かっていたので山の上からは良い景色が見られたことだろう。 
奥耶馬トンネルを出た途端に厚い雲に覆われて午前中は残念な天気だったが、御霊もみじには朝から多くの人が訪れていた。

           元気に石段を上がるきこちゃん
           191123IMG_9772.jpg


ゆっくり写真を撮りたいのに「早く上がってきて!」と催促される。

191123IMG_9782.jpg


午前中は見上げる紅葉の背後から陽が指すので、雲がなければ鮮やかな彩りが見られるのだが。

           191123IMG_9784.jpg



191123IMG_9794.jpg



191123IMG_9793.jpg


陽が当たるとこのような光景を見ることも出来る。(2018年11月24日撮影)

           191123IMG_5677.jpg



191123IMG_9096.jpg



     191123IMG_9811.jpg



           191123IMG_9098.jpg


きこちゃんが退屈するので山国川沿いを散歩する。

           191123IMG_9121.jpg



           191123IMG_9124.jpg



           191123IMG_9140.jpg



191123IMG_9137.jpg


青空が見え出した昼前からは八面山へ。 
車で山頂付近まで上がってみたが上の方の紅葉は見頃を過ぎていた。

191123IMG_9162.jpg


中腹から下の紅葉は陽が当たると綺麗だった。

     191123IMG_9145.jpg



191123IMG_9150.jpg



191123IMG_9159.jpg


15時半頃岳切渓谷に寄ってみたが閑散として寂しい風景だった。

191123IMG_9170.jpg


深耶馬渓を通ると夕方で日が陰ったあとにも拘わらず、まだ駐車場はどこも満杯で大勢の見物客が歩いていた。

それにも増して、帰路はどの路線も行楽帰りの車が数珠つなぎで、抜け道は狭い路地に至るまで車が入り込んでいた。

191123IMG_9178.jpg
(上の写真は郊外の道路で渋滞はしていない。)

明日は朝から雨の予報。 今年の紅葉狩りは今日で最後かな?

 

鬼ノ鼻山と西渓公園(2019/11/17)

2019/11/17(Sun)


191117①IMG_9022



朝から雲の多い一日だったが昼過ぎには一時陽の指す時間帯もあるようなので、思い付いて佐賀県の里の紅葉を見に出掛けた。
九年庵や環境芸術の森は有名になり過ぎて寄り付くのも大変だし、行けたとしても人集りでは写欲も湧かないので、多久市の西渓公園に行くことにした。

途中厳木町の若宮神社に立ち寄ってみた。 
誰もいなくてひっそりとしていたが、何でもない場所でもそれなりに良いところはあるものだ。

           191117①IMG_9024



           191117①IMG_9026


地面に落ちた紅葉も風情がある。

     191117①IMG_9038



191117①IMG_9035



191117①IMG_9039



     191117①IMG_9040



     191117①IMG_9047


雲の動きを見ると15~16時の僅かな時間に陽が指すようなので、鬼ノ鼻山で時間を潰して頃合いをみて西渓公園を訪れることにした。

鬼ノ鼻山憩いの森の駐車場から見上げると展望台の鬼が見えている。

191117②IMG_6274


サザンカ越しの天山
191117②IMG_9050


展望台に続くジグザグの木階段を上がる。

           191117②IMG_9052


鬼ノ鼻山展望台
191117②IMG_9053


やや霞んでいるが北に天山が横たわっている。

191117②IMG_9054


北西には八幡岳と女山(船山)
191117②IMG_9056


南には多良山系が霞んで見える。

191117②IMG_9057


展望台から山頂へ向かう。

191117②IMG_9059


急斜面を下ってからの登り返し。

           191117②IMG_9063


鬼ノ鼻山山頂(434.6m 四等三角点)
191117②IMG_9068


南側の眼下には8月末の大雨で氾濫して流域一帯に床上浸水の大被害をもたらした六角川が大きく蛇行しているのが見える。

191117②IMG_9074


相変わらず雲が多いが15時近くになったので山頂をあとにして、西渓公園に向かう。

191117②IMG_9076


ここももみじ祭りに大勢の見物客が押し寄せていたが、何とか待つことなく駐車場に止められた。
紅葉はちょうど見頃。

191117②IMG_9729



191117②IMG_9735


光が欲しい!
191117②IMG_9739


池の水が濁っているので水面に映る紅葉の鮮やかさが出ない。

           191117②IMG_9759



           191117②IMG_9742



191117②IMG_9768


雲に遮られていた太陽も16時には山陰に隠れたので車に戻り、家路に付いた。

きこちゃんと太宰府市民の森へ(2019/11/16)

 2019/11/16(Sat)


191116IMG_9724.jpg


今日はおじじ&おばば保育園で過ごすきこちゃん。
昼過ぎにバレエ教室から帰ってきたきこちゃんを連れて、昨年より一週間早く太宰府市民の森へ出掛けた。

紅葉する前に落葉している木が多くあまり綺麗ではなかったが、西日に照らされた森はいい雰囲気だった。

191116IMG_9709.jpg



191116IMG_9019.jpg



191116IMG_9716.jpg



     191116IMG_9015.jpg



191116IMG_9725.jpg



天拝湖から天拝山へ(2019/11/15)

2019/11/15(Fri)

天拝湖
191115IMG_8933.jpg



天気が良いのでエルを連れて久しぶりに筑紫野市総合公園から天拝山まで往復した。

191115IMG_8929.jpg


青空の下、第2駐車場に車を止めて兎ヶ原林道に取付く。

     191115IMG_8936.jpg


兎ヶ原林道を進む。

     191115IMG_8937.jpg


林道の右手には水場も。

     191115IMG_8938.jpg


15分ほど進むと九州自然歩道と交差する兎越えに着く。 
左の斜面に取付くと大佐野山から牛頚山に至る縦走路。 天拝山は右の斜面に取付く。

     191115IMG_8941.jpg


雰囲気のいい竹林。

           191115IMG_8944.jpg


天拝坂・塔原からのルートと合流するとすぐに急な下りとなる。

     191115IMG_8949.jpg


復路を考えると下りたくない斜面。

             191115IMG_8950.jpg


城ヶ原へ下るルートは天拝山で唯一未踏。 

     191115IMG_8952.jpg


天神さまの径との合流点を過ぎるとひと登りで山頂。

     191115IMG_8956.jpg


山頂に至る登山道は一部崩壊で通行禁止が続いているため急斜面を直登する。

     191115IMG_8957.jpg


天拝山社
191115IMG_8966.jpg


今日は山頂からの眺めもすっきり。

191115IMG_8959.jpg



191115IMG_8967.jpg


急斜面を上り返して往路を戻る。

             191115IMG_8978.jpg


西陽が当たって往きとは雰囲気が異なって見える竹林。

           191115IMG_8992.jpg


     兎越え
     191115IMG_8999.jpg


往復5.2kmとちょっともの足りなかったが気持ち良く歩くことができた。

191115IMG_9004.jpg


若狭の文化財探訪の旅最終日(2019/11/10)

2019/11/10(Sun)

小浜湾白鳥海岸の夜明け
191110IMG_8828.jpg



今朝も早起きして重要伝統的建造物群保存地区と白鳥海岸の散歩に出掛ける。

191110IMG_8809.jpg



191110IMG_8815.jpg



             191110IMG_8820.jpg



     191110IMG_8816.jpg



191110IMG_8823.jpg



     191110IMG_5943.jpg



191110IMG_8826.jpg


今日も良い天気に恵まれそうだ。

191110IMG_8829.jpg


朝食の時間が近づいたので宿に戻る。

191110IMG_8831.jpg


一階奥の部屋で朝食を頂く。 おかずにはオーナー自家製の鯖味噌漬けの横にへしこも添えられていた。 味噌汁も卵焼きも豆腐も突き出しもどれも優しい味だった。 

     191110IMG_5958.jpg


宿を出て本日の目的地へと向かう。

     191110IMG_8837.jpg


先ずは宿近くの空印寺。

     191110IMG_8844.jpg


     191110IMG_8842.jpg


境内に八百比丘尼不老長寿伝説の入定洞岩窟がある。

191110IMG_8846.jpg


次に向かったのは棡山(ゆずりさん)  明通寺。

           191110IMG_8850.jpg


           191110IMG_5976.jpg


拝観時間(9:00-17:00)の1時間前に着いたにも拘わらず受付をしてくれたので中へ入ることができた。
山号を表すように境内にはあちらこちらに棡木(ゆずりぎ)が生えている。

           191110IMG_8876.jpg



191110IMG_8853.jpg



           191110IMG_5992.jpg


本堂(国宝 1258年建立 桁行五間、梁間六間 入母屋造 檜皮葺)
191110IMG_8856.jpg
・正面の向拝は江戸時代に付け加えられたもの

蟇股と軒支輪
191110IMG_8858.jpg
・本堂内部の本尊 薬師如来、降三世明王立像、深沙大将立像、不動明王立像はいずれも平安時代の作で国指定重文


           三重塔(国宝 1270年建立 三間三重塔婆 檜皮葺)
           191110IMG_8860.jpg


軒裏の二軒繁垂木
191110IMG_8874.jpg


残念ながら内部の公開期間は一週間前に終了していて今回は内部を見ることはできなかったが、28年前に拝観したときのことは良く覚えている。
初重内部は四天柱に囲まれた須弥壇の上前方に釈迦三尊像、後方に阿弥陀三尊像が安置され、内部全体は鮮やかに彩色されている。

191110IMG_8872.jpg


昭和30年の解体修理のときまで塔の頂きを飾っていた相輪の一部。

           191110IMG_8868.jpg



           191110IMG_6039.jpg


明通寺をあとにして若狭国一宮の上社(若狭彦神社)と下社(若狭姫神社)に向かう。

上社(若狭彦神社)
191110IMG_8880.jpg

 
           夫婦杉
           191110IMG_8882.jpg



191110IMG_8884.jpg
・本殿 1813年造営 正面、側面、向拝が3間の三間社流造檜皮葺
・中門(神門) 1830年造営 四脚門形式の切妻造檜皮葺

上社と下社の間にある「箸匠せいわ」が開いていたので立ち寄る。
TVでも紹介されたことのある子供の手に合った理想の六角箸を購入する。

     191110IMG_6066.jpg


下社(若狭姫神社)
191110IMG_8887.jpg



191110IMG_8888.jpg
・本殿 1802年造営 正面三間、側面三間、向拝一間の流造檜皮葺
・中門(神門) 1803年造営

本殿を囲む瑞垣内部には神樹の千年杉が聳えている。

           191110IMG_8889.jpg


続いて向かったのは石照山 多田寺。
ここの本尊(薬師如来)も印象深いが撮影は禁止。

本堂は1807年の再建
191110IMG_8893.jpg
・本尊薬師如来立像、十一面観音立像、菩薩立像の3体は、いずれも平安初期に逆さで作られた桧木の一木造で国指定重文(3躯一括指定)


小浜の最後は本浄山 羽賀寺。

           191110IMG_8894.jpg


本堂(国重文 1447年建立 桁行五間、梁間六間 入母屋造檜皮葺)
191110IMG_8896.jpg
・本尊十一面観音菩薩立像(平安前期)、千手観音菩薩立像(平安後期)、毘沙門天立像(平安後期)はいずれも国指定重文


午前中の探訪を終え、三方五湖沿いにある「うなぎ淡水」まで急ぐ。

     191110IMG_6105.jpg


11時半過ぎで既に満席。 席に着くまでは15分程だったが注文した鰻重(上)が来るまで更に30分待った。

     191110IMG_6103.jpg


三方五湖スマートICから彦根ICまで高速を利用し、今回の旅の最後の訪問地彦根城へ。

大手前駐車場にどうにか駐車して大手門橋を渡って入場する。

191110IMG_8904.jpg


大手山道の長い坂を上って天秤櫓へ至る。

天秤櫓(国重文)と廊下橋
191110IMG_8919.jpg


太鼓門櫓(国重文)(内部より見る)
191110IMG_8917.jpg


天守閣(国宝)
191110IMG_8909.jpg


天守閣内部の見学は長蛇の列で時間が足りずパスして、着見台(月見台)からの眺めを楽しむ。

191110IMG_8916.jpg


市街地方面
191110IMG_8914.jpg


琵琶湖
191110IMG_6142.jpg


最後に6年前に湖東・湖北・越前の旅を終えたあとに登った伊吹山を眺めて旅の締めくくりとする。

191110IMG_8912.jpg


米原駅前でレンタカーを返却して、新幹線の改札口で来年の再会を約して東京組と別れる。

始めて40年(39回)目の今回もあっという間の三日間だった。
みんな歳を取って坂道や階段を歩くのもままならなくなっているが、動ける間はできる限り続けたいと願っている。
 
 

若狭の文化財探訪の旅二日目(2019/11/09)

 2019/11/09(Sat)


191108IMG_8668_20191119143107f07.jpg



5時過ぎには起きて6時前に朝駆けで知恩寺と天橋立へ散策に出掛けた。

知恩寺山門
191108IMG_8605_20191119143021a3b.jpg


           多宝塔(国重文 1501年建立 柿葺) 
           191108IMG_8607_20191119143023345.jpg
                      

本堂(文殊堂)
191108IMG_8611_201911191430244c1.jpg



           191108IMG_8613_20191119143026d23.jpg


知恩寺は奈良県桜井市の安倍文殊院(阿倍文殊)、山形県高畠町の大聖寺(亀岡文殊)と合わせて日本三文殊と呼ばれている。

191108IMG_8614_20191119143027fce.jpg



           191108IMG_8617_20191119143029052.jpg


朝は冷え込んで阿蘇海の海面には朝靄が上がっている。

191108IMG_8618_20191119143030a44.jpg


文殊水道に架かる小天橋
191108IMG_5559_20191119143011f87.jpg


小天橋は文殊水道を行き来する観光船が通るときは90度回転して航路を確保する廻旋橋(かいせんきょう)となっている。

191108IMG_8624_20191119143032678.jpg


           縁が切れている橋桁
           191108IMG_5641_20191119143012c9f.jpg


宮津湾を挟んだ山陰から朝日が上がり出して海面を赤く染める。

191108IMG_8634_2019111914303349d.jpg



191108IMG_8648_20191119143035b10.jpg


昨日訪れた伊根方向も赤く染まっている。

191108IMG_8650_201911191430369f7.jpg



191108IMG_8652_20191119143038321.jpg


太陽が顔を出す直前が一番染まった。

191108IMG_8659_201911191430406a8.jpg



191108IMG_8668_20191119143107f07.jpg



191108IMG_8674_201911191431080dc.jpg


廻錠橋を渡り返して車でホテルへ戻る。

191108IMG_8676_20191119143110fc2.jpg


ホテルで朝食を済ませて今日の目的地へ向かう。

先ずは舞鶴市の圓隆寺。

191108IMG_8689_20191119143114251.jpg
度重なる災害や火災で伽藍の大半を失ったが、僧侶や信者によって守られた平安~鎌倉時代の仏像が多数残され、本尊の木造阿弥陀如来坐像、脇侍の薬師如来坐像・釈迦如来坐像は国指定重要文化財に指定されている。


191108IMG_8691_201911191431162bb.jpg


           多宝塔
           191108IMG_8696_2019111914311715c.jpg



191108IMG_5680_20191119143015678.jpg



191108IMG_8697_20191119143119958.jpg


舞鶴港に建つ赤れんが倉庫群の一角に建つ「赤れんが博物館」に立ち寄る。

舞鶴赤れんが博物館(国重文)
191108IMG_8704_20191119143120f94.jpg


館内では世界の歴史的建造物で使用された様々な煉瓦が展示されているほか、世界の著名な煉瓦建造物の紹介およびホフマン式輪窯を再現したコーナーで煉瓦の製法が紹介されている。

191108IMG_8710_201911191431227e3.jpg


続いて向かったのは西国二十九番札所 青葉山 松尾(まつのお)寺。
直ぐ東側の県境を挟んだ福井県高浜町にある青葉山(693m)の中腹に建ち、本堂と庫裏に架かる渡り廊下を潜ると登山口がある。

191108IMG_8714_201911191431239e9.jpg



191108IMG_8718_201911191431257dc.jpg


ここの寺宝はすべて宝物館に収蔵されている。
普賢延命画像(国宝 平安時代)  
法華曼荼羅(国重文 鎌倉時代)  阿弥陀如来坐像(国重文 鎌倉時代)

松尾寺から更に山手に上がった処にある名水大杉の清水近くにある「名水杉山菜房」で昼食を摂る。

191108IMG_8722_201911191431266b8.jpg


昼食後に向かったのは福井県高浜町の中山寺。
こちらも青葉山の東側の中腹に建っており、山号は松尾寺と同じ青葉山。

本堂(国重文 室町時代)
191108IMG_8726_201911191431287ae.jpg

本尊の木造馬頭観音菩薩坐像(国重文 檜材寄木造り)は秘仏で33年に一度の開帳。(次回は2028年の予定)

山門の木造金剛力士立像(国重文)はネットとガラスで覆われていて良く見えない。

阿形
191108IMG_8736_2019111914313202d.jpg

吽形
191108IMG_8735_20191119143131fde.jpg  

境内からは高浜町の市街地と若狭湾の一部が望める。 こちらから青葉山に登るルートもある。

191108IMG_8732_20191119143129d9c.jpg


次に大飯郡おおい町の意足寺を訪ねたが残念ながら拝観できず、小浜市の飯盛寺(はんじょうじ)に向かった。

飯盛寺本堂(国重文 1489年室町後期再建)
191108IMG_8754_2019111914313411a.jpg
・正面5間、側面5間 入母屋造  平成26年に桟瓦葺から元の茅葺に戻される。
・3間X3間の内陣の四周に1間の庇を廻らし、正面は虹梁を用いて広く取る構成で、長押を用いて軸部を固め、三斗によって軒を支える。

ここは本尊は公開時以外は秘仏だが、堂内の撮影は自由にできる。

内部の厨子も国重文
191108IMG_8759_201911191431354c2.jpg



厨子の開き戸の柱には龍の装飾が施してある。

191109page01_20191119143231bd8.jpg



191108IMG_8764_2019111914321030d.jpg


続いて向かったのは、小浜市の岩屋山 妙楽寺。

           山門
           191108IMG_8765_201911191432114a8.jpg



191108IMG_8767_20191119143213853.jpg


本堂(国重文 鎌倉時代初期の建立)
191108IMG_8768_201911191432142de.jpg
・桁行5間、梁間5間 寄棟造檜皮葺

本堂の蟇股
191108IMG_8769_20191119143216a3b.jpg
本尊は木造二十四面千手観音菩薩立像で平安中期の作。 檜の一木造で長く秘仏であったため現在も金箔に覆われている。
本面(正面の顔)の左右に両脇面を表し、頭上の21の小面と合わせて計24面を有する。 千手観音像は42本の手で「千手」を表現するのが一般的だが、本像は42本の大手の間に多数の小手を表した「真数千手」像である。


二日目の最後は東大寺二月堂への「お水送り」が行われることで知られる霊応山 若狭神宮寺。

神宮寺本堂(国重文 1553年再建)
191108IMG_5850_201911191430170d6.jpg
・桁行5間、梁間6間 入母屋造 檜皮葺

二月堂に送る水が湧く閼伽井
191108IMG_8780_20191119143219ce1.jpg


           椎(スダジイ)の大木(小浜市指定天然記念物 推定樹齢500年)
           191108IMG_8783_20191119143220d4f.jpg



191108IMG_8789_20191119143222056.jpg


神宮寺の前を流れる遠敷川を少し上流に行ったところにある鵜の瀬。
「お水取り」が行われる二月堂の若狭井の水源が鵜の瀬の水中洞穴と云われ、ここから閼伽井の水が送られる。

191108IMG_8795_201911191432239e5.jpg


本日の宿は小浜市小浜香取の重要伝統的建造物群保存地区にある「三丁町ながた」。
明治期の花街の風情を感じられる旧料亭の町家で、客室は二階の三部屋のみの一日一組限定の小さな宿だ。 一階部分にはオーナーが住居しているが宿泊客の対応はしない。 ただここは昼間にオーナーがカフェをやっていて申し込めば朝食だけは提供してくれる。
道の駅若狭おばまの敷地内にある「(株)まちづくり小浜 おばま観光局」でチェックインの手続きをしてから宿へ向かう。

191108IMG_8804_2019111914322645e.jpg



191108IMG_8802_201911191432251d7.jpg


夕食は予約していた小浜湾沿いの居酒屋「食彩 ごえん」に出掛けた。

小浜湾の夜景
191108IMG_8805_20191119143228583.jpg


18時の開店直後には満杯になる人気店で、魚はどれも美味くてボリューム感もあって価格はリーズナブルだった。

191108IMG_8808_20191119143229b33.jpg


宿に戻って持ち込みの酒&つまみで二次会となったが、みんな昔のようには飲めず早めの就寝となった。

明日は小浜の残りの寺を巡り、三方五湖から彦根へと回る。


左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter