higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

祖母山のオオヤマレンゲ(2018/06/17)

2018/06/17(Sun)


180617IMG_2567.jpg


180617IMG_2593.jpg


今年は花の季節が早いが、オオヤマレンゲも御多分に洩れず開花が2週間ほど早いようだ。
祖母山のオオヤマレンゲの開花情報が入ってくるなか、Ryo君から打診が入る。
週末の天気は土曜日の方が条件が良かったのだが、生憎所用で今月初めから帰省していた次女&孫
娘を空港まで送る予定があったため、17日ならOKと返事すると予定を合わせてくれた。
しかし台風から変った熱帯低気圧の影響で天気は悪化して、雨や強風の予報に悩まされる。 
最終的に決行を決断したのは、前日の夕方だった。

4:15に強風吹き荒れる瀬の本でRyo君&sanpoさん、なおさんと合流して1台に便乗して神原を目指す。
神原の駐車場には車が数台止まっていたが、なかには室蘭ナンバーも。

     180617IMG_1794.jpg


神原は瀬の本ほどの風はなく、近くの稜線を見るとガスも晴れそうな雰囲気で期待が高まる。

     180617IMG_1793.jpg


5:35に駐車場を出発する。

(本日の行程)
神原駐車場(5:35)~神掛岩分岐(6:07)~メンノツラ越(7:17)~神掛岩(7:24-7:32)~メンノツラ越
(7:41-7:56)~メンノツラ谷出合い(9:17)~縦走路出合い(10:02)~九合目小屋(10:08-10:40)~
祖母山頂(11:04-11:30)~九合目小屋(11:45-12:40)~国観峠(13:11)~五合目小屋(14:28-
14:43)~神原駐車場(15:18)


神原渓谷の右岸のトレッキングコースに進み、途中二合目(寝覚)の滝、五合目(御社)の滝を見ながら
五合目小屋を目指す。

          寝覚の滝
          180617IMG_1795.jpg

          御社の滝
          180617IMG_1797.jpg


Ryo君もなおさんも神原コースは初めてということだったが、予定より30分早く出発できたし天気も持ちそう
なので、神掛岩分岐で小松尾根からの周回を提案する。

     180617IMG_1800.jpg


途中の自然林の緑に癒される。

180617IMG_1807.jpg


     ブナ水源
     180617IMG_1815.jpg


ブナ水源からすぐのヒメシャラ美林を登っていると朝日が差し出して光芒が現れた。
メンノツラ越を目前にしてしばし光芒と格闘する。

180617IMG_1824.jpg



180617IMG_2544.jpg


     メンノツラ越
     180617IMG_1857.jpg


メンノツラ谷にもガスが流れ込んでいるのを見て、ザックをデポする時間を惜しんでそのまま神掛岩へ急ぐ。

180617IMG_1835.jpg


強風が吹く突端の先には素晴らしい光景が広がっていた。 
正面にはガスの切れ間に大障子岩、障子岩の姿も見えている。

180617IMG_1836.jpg


          180617IMG_1848.jpg


振り返るとこれから辿る小松尾根の向こうに祖母山の山頂も顔を出していた。

180617IMG_1845.jpg


メンノツラ越に戻り、エネルギー補給をしてから小松尾根を上る。

180617IMG_1833.jpg


最初の大岩が行く手に現れる。ここは左手の岩の隙間に掛けられたロープ場を越えて行く。

     180617IMG_1860.jpg


最後は背丈以上もある(写真左に見えている)岩の淵を回り、手掛かりのない岩をロープを頼りに這い
上がる。 ここがこのルート唯一の難所かも知れない。

     180617IMG_1865.jpg


大岩の上部に上がるとヤマツツジが待っていてくれた。

          180617IMG_1866.jpg


谷に漂うガスに朝日が当たり光芒のブロッケン(逆光芒)が出現した。 これは滅多に見れない光景だった。 

180617IMG_2547.jpg


二つ目の大岩は右から巻き上がる。

     180617IMG_1881.jpg


シャクナゲが密集する標高1340mの尾根の途中から左手の鞍部に下りその先に見える尾根へ進むと
三つ目の大岩が現れる。 ここも右側から巻き上がる。

     180617IMG_1887.jpg


1380mの小ピークに上がり小休止したあと斜面を下りメンノツラ谷コースとの合流点へと向かう。

     180617IMG_1889.jpg


メンノツラ谷コースとの合流点では我々が小ピークで休憩中に追い越して行った男性二人が休憩中だった。
この二人とは神掛岩から戻る際にすれ違いその後我々の後を追ってきていたのだが、「トレースがあって助
かりました」と言ってここから先は彼らが先行して行った。

     180617IMG_1891.jpg


ここから縦走路まで標高差240mの急斜面でエネルギー切れの足を一歩一歩前に運ぶ。

     180617IMG_1893.jpg


縦走路に登り上がり、九合目小屋へ向かうとオオヤマレンゲが迎えてくれた。

     180617IMG_1897.jpg


小屋周辺の群生地は花の数は多いもののすでに枯れた花や蕾が目立ち、ちょうど見頃のものが少ない。
しばらく辺りをウロウロしてから取りあえず山頂へ向かう。

180617IMG_2576.jpg


祖母山山頂(1756.4m)
180617IMG_1902.jpg


山頂は不思議なくらい風もなく青空も見えていた。

180617IMG_1900.jpg


180617IMG_1907.jpg


山頂はいつの間にか登山者で賑わい出したので小屋へと下り、のんびりと昼食を摂ったあと再びフォトジェ
ニックを探す。

180617IMG_2586.jpg


180617IMG_2590.jpg


180617IMG_2583.jpg


           180617IMG_2595v.jpg


180617IMG_2604.jpg


180617IMG_2599.jpg


小一時間の休憩&撮影のあと、国観峠へと下る。

     180617IMG_1920.jpg


ここからの神原コースは滑り易いので神経を使う。

     いのちの水
     180617IMG_1921.jpg



          180617IMG_1922.jpg


五合目小屋までがやけに長く感じたがここまでくればあともう少し。 一息入れて駐車場をまで下る。

     180617IMG_1926.jpg


トレッキングコース分岐まで下り、周回完了。  「お疲れ様でした!!」

     180617IMG_1932.jpg


竹田の温泉「月のしずく」のぬるい湯に浸かり疲れを癒して、瀬の本まで戻ると早朝と同様の強風が吹き
荒れていた。 
皆さんと別れたあと、途中夕焼けを見ながら家路を辿る。

180617IMG_1939.jpg 


今日はオオヤマレンゲも然ることながら、森の中の光芒と神座す岩からの絶景が最大の収穫だった。
Ryo君&sanpoさん、なおさん、お疲れ様でした!

CommentList

ピンクに染まる九重連山点描(2018/06/04)

2018/06/04(Mon)


ダイヤモンド北大船
180604IMG_2246.jpg



山開き翌日、平日にも関わらず牧ノ戸からの九重連山は一斉に見頃を迎えたミヤマキリシマを楽しむ登山
者で終日溢れ返っていた。  かく言うhigetiasもそのなかの一人ではあったのだが・・・

天気は午後から雲が出て明日からは崩れる予報なので午前中勝負と踏んでの朝駆けだったが、昼前に一
時雲が出てはきたもののその後天気は持ち直し、午後からもピンクに染まるくじゅうの景色を存分に堪能す
ることができた。

気温は1℃、初夏とは思えない冷気のなか5:03に北大船山から朝日が昇り、ミヤマキリシマが鮮やかに輝
き出す。

180604IMG_1629.jpg



180604IMG_1630.jpg



180604IMG_2264.jpg


マイヅルソウ
180604IMG_2274.jpg


           天狗ヶ城
           180604IMG_2290.jpg


稲星山
180604IMG_2300.jpg


久住山
180604IMG_2301.jpg


三俣山と平治岳
180604IMG_2314.jpg


           御池と天狗ヶ城
           180604IMG_2324.jpg


中岳
180604IMG_2329.jpg


くじゅうガエル(天狗ヶ城と中岳)
180604IMG_2335.jpg


9時前にはガスが発生し出す。

           星生山
           180604IMG_2350.jpg


久住分れでは雅リンさん、yamahikoさん夫妻と、星生崎では山虫さん夫妻と出遭う。

ガスを纏い出す久住山
180604IMG_2383.jpg


星生崎
180604IMG_2396.jpg



           180604IMG_2401.jpg


扇ヶ鼻にもガスが掛かり出す。

     180604IMG_1666.jpg


ぼんやりと日暈も現れる。
     
     180604IMG_2415.jpg


雲も増えてきてこのまま天気は下り坂かと思ったが、その後持ち直す。

           扇ヶ鼻
           180604IMG_2441.jpg


星生山南斜面と肥前ヶ城
180604IMG_2448.jpg


星生の小窓
180604IMG_1693.jpg


           星生山南斜面
           180604IMG_2456.jpg


肥前ヶ城と扇ヶ鼻
180604IMG_2457.jpg


星生山南斜面
180604IMG_2465.jpg



180604IMG_2477.jpg


扇ヶ鼻
180604IMG_2484.jpg


           扇ヶ鼻
           180604IMG_2486.jpg


扇ヶ鼻
180604IMG_2494.jpg


第一展望所や下山後の大曲から見る星生山北斜面のピンクはひと際見事だった。

180604IMG_2512.jpg


180604IMG_2513.jpg


180604IMG_2517.jpg


今年のミヤマキリシマ詣ではこれで終わりにしようと思う。

CommentList

秋月へ(2018/06/03)

2018/06/03(Sun)


次女が所用のため生後8ヶ月になる孫娘を連れて帰省したので空港まで迎えに行く。

一旦帰宅したあと長女&孫娘も合流して次女の用件のために一家で出掛けた。 行先は秋月。
ちょうど昼時だったので朝倉市千手の「喫茶ぴのきお」でお勧めのオムライス(サラダ付きで700円)+200
円で秋月の天然水で淹れた水出しコーヒー(ホットもアイスもある)も頂けるセットを注文。
オムライスは優しい味のデミグラスソースがたっぷりと掛かっていて美味しかったし、ホットの水出しコーヒー
も旨かった。

        180603IMG_0207.jpg


めがね橋たもとの「PGガーゼ」秋月本店へ。

180603IMG_1607.jpg


180603IMG_1588.jpg


娘たちが買い物をしている間、野鳥川の川辺で時間をつぶす。

           180603IMG_1598.jpg



           180603IMG_1591.jpg



           180603IMG_1606.jpg


用事を済ませて近くをぶらぶらしかけたが蒸し暑くてすぐに中止。
家族からは「山には行くくせに!」と突っ込まれてしまった

180603IMG_1609.jpg


日曜日の昼なのに「月の峠」のカレーぱんも珍しく手に入った。

           180603IMG_1599.jpg


このあとは魚や野菜を調達してさっさと家路に就いた。


北大船山のミヤマキリシマ(2018/06/02)

2018/06/02(Sat)


北大船山と平治岳
180602IMG_2124.jpg


ヨウラクツツジ
180602IMG_2054.jpg



大船山での山開きを明日に控えて北大船のミヤマキリシマが見頃を迎えているということで、混雑を避けて
先週と同じメンバーで今水からアプローチ。
2時前にsumi氏にピックアップしてもらい4時過ぎに今水に着くと、意外にも先行車が3台と少なかった。 
明るくなった5時少し前に駐車地を出発し、ひんやりとして爽やかな朝の空気のなかを前セリまでゆっくりと
高度を上げていく。

     180602IMG_1487.jpg


前セリから東尾根に取り付く。 
10年ほど前まではポールの広場と呼ばれて大船山や黒岳が見えていたカヤトは、今や密集した灌木が
背丈以上に伸びて藪と化してしまい、見晴しは全くなくなった。
抉れて狭い登山道の脇に半分に折れたポールがひっそりと残っているが、うっかりすると気が付かずに
通り過ぎてしまう。

     (2009年2月のポールの広場)
     180602page01.jpg
                               

米窪の淵が見えてきた。

180602IMG_1502.jpg


振り返るといつの間にか黒岳も眼下に。 
この辺りからは写真撮影に忙しく足が進まなくなるが、時間はたっぷりあるので気にすることはない。

180602IMG_1509.jpg


ここではミヤマキリシマはそっちのけ。

シロドウダン
180602IMG_1506.jpg


ベニドウダン
180602IMG_2070.jpg


ヨウラクツツジ
180602IMG_2145.jpg


           180602IMG_2097.jpg


           イワカガミ
           180602IMG_2089a.jpg


           マイヅルソウ
           180602IMG_2110v.jpg


1時間半以上も道草を食いながら、やっと大船山の頂に立つ。

180602IMG_2137.jpg


北大船山と平治岳がピンクに染まっている。 
平治岳は見頃を過ぎているはずだが遠目にはまだまだ綺麗だ。

180602IMG_2119.jpg



180602IMG_2147.jpg



           180602IMG_1552.jpg



180602IMG_2153.jpg


明日の山開きに備えてだろうか、坊ガツルには多くのテントが見えた。

180602IMG_1560.jpg


北大船も遠目には綺麗だったが、足を運ぶと枯れた花も散見された。

180602IMG_2156.jpg



        180602IMG_2163.jpg



180602IMG_2171.jpg



180602IMG_2173.jpg



        180602IMG_2176.jpg


梅雨入りしても雨が少なく干上がった窪地に下りてのんびりと昼食を摂る。

        180602IMG_2181.jpg


段原の喧騒が嘘のように静かで、あまりの居心地の良さに寝落ちする男。

     180602IMG_2182.jpg


復路は米窪の淵を回って風穴へと下る。

          180602IMG_1565.jpg



180602IMG_1578.jpg



180602IMG_1581.jpg



     180602IMG_1585s.jpg


約11時間後(15:45)に駐車地に戻ってきた。

     180602IMG_1587.jpg


久しぶりに七里田温泉「木乃葉の湯」に立ち寄る。
明日は野暮用のため山には行けない二人は、明日も牧ノ戸コースから歩くというRyo君&sanpoさんとは
ここで別れて帰路につく。
sanpoさん、Ryo君、sumiさん、お世話になりました。


平治岳のミヤマキリシマ(2018/05/25)

2018/05/25(Fri)



180525IMG_2023.jpg



ほとんど眠れないまま断腸の思いでエルを置いて迎えにきてくれたsumi号に便乗して男池へ向かう。
2時前に着いて準備をしていると仮眠中だったRyo君、sanpoさんも起きて準備を始めた。
予定通り2時半に出発して東尾根で本峰へ直登し、4時45分に山頂へ。

180525IMG_1423.jpg



180525IMG_1929.jpg



180525IMG_1424.jpg



180525IMG_1434.jpg


2日前の雨で傷んだ花もあるが、虫害もなく全体的に花付きは良いようだ。

180525IMG_1444.jpg



180525IMG_1955.jpg


昼前には雲が切れるとの予報に期待して本峰で待つこと4時間、三俣の山肌に光が当たり出す。

180525IMG_1946.jpg


北の空から雲が切れ始めて青空が覗き出す。

180525IMG_1985.jpg



        180525IMG_1973.jpg



        180525IMG_1458.jpg


三俣山の上空にも次第に青空が広がり出した。

180525IMG_1995.jpg



        180525IMG_1992.jpg



180525IMG_2003.jpg


11時前に南峰に移動する。

180525IMG_2008.jpg


今年は南峰の南斜面も素晴らしい花付きだ。

        180525IMG_2014.jpg



180525IMG_2019.jpg



180525IMG_2027.jpg



        180525IMG_2029.jpg


シロバナも沢山花芽を付けていた。

           180525IMG_1477.jpg



           180525IMG_2034.jpg


本峰、南峰合わせて山頂滞在8時間、大満足で13時前に大戸越から下山。
同行の皆様、お世話になりました。

CommentList

四王寺山国分尾根から8の字周回(2018/05/21)

2018/05/21(Mon)


四王寺山(大宰府政庁跡より)
180521IMG_1282.jpg



先週末は19、20日両日とも山日和だったが山に行けず悶々としながら家で過ごしたので、今日は(も)
リハビリと気晴らしを兼ねて昼からエルと四王寺山へ出掛けた。
歩いたのは国分尾根(自称)からの8の字周回の11.3km。

(本日のルート)
政庁跡~国分登山口~(国分尾根)~水城口城門跡~焼米ヶ原~村上礎石建物群~県民センター~
猫坂礎石群~子どもの国~馬責め~岩屋山~市民の森~政庁跡

     (Route-Map)
     20180521四王寺山
     (クリックで拡大)


大宰府政庁跡駐車場から出発して太宰府市国分の住宅地奥にある国分登山口を目指す。

まずは坂本八幡宮の前を北へ向かう。

     180521IMG_1283.jpg


坂本八幡宮を過ぎて最初の角を左折して国分の住宅地へ向かおうとしたが、すぐに気が変わり更に
直進する。

     180521IMG_1284.jpg


次の案内板から左折して田畑の間の小道を坂本尾根の取付き方面へ。

     180521IMG_1288.jpg


坂本尾根の取付きを右手に見て更に直進する。

     180521IMG_1290.jpg


             180521IMG_1291.jpg


住宅地の手前で溜池の土手に出る。 

     180521IMG_1293.jpg


溜池の向こうにこれから登る国分尾根が見えている。

     180521IMG_1294.jpg


溜池の淵を回りT字路を左折して文化ふれあい館の裏手を通る。

     180521IMG_1295.jpg


文化ふれあい館の北側の2つの溜池の間を抜けて更に住宅地を北へ行くと一番奥の溜池の土手の手前
に登山口が見えてくる。

     180521IMG_1302.jpg


     180521IMG_1303.jpg


出発してここまで約30分。 イノシシ避けのバリケードを開閉して登山道へと取付く。

     180521IMG_1304.jpg


この登山道も歩く人がほとんどいないので登山道は枯葉が積もり放題で歩き辛い。

     180521IMG_1306.jpg


イノシシ君が我がもの顔に暴れ回った跡が登山道のあちこちに残っている。

             180521IMG_1307.jpg


尾根に上がると歩き易くなる。

             180521IMG_1311.jpg


この尾根にも坂本尾根同様ルート上に鉄塔がある。

             180521IMG_1315.jpg


ほとんど直線的に尾根を上り詰めること約30分で土塁周回ルートの水城口城門跡に上がり着く。

     180521IMG_1321.jpg


     水城口城門跡
     180521IMG_1324.jpg

     水城口城門礎石
     180521page01.jpg


土塁を反時計廻りに進んで創造の森展望所へ立ち寄る。

     180521IMG_1337.jpg


今日は空気が澄んでいて三郡山系もすっきり見えている。
手前は馬蹄形をした四王寺山の東側の稜線(土塁)。

180521IMG_1334.jpg


焼米ヶ原の駐車場前で車道に出る階段が改修されていた。

     180521IMG_1344.jpg


焼米ヶ原のテーブルで休憩して軽くエネルギー補給をする。

     180521IMG_1347.jpg


休憩後土塁を更に廻り、遠見所の足元の第12番札所の先から村上礎石建物群へ。

     180521IMG_1351.jpg


     村上礎石建物群
     180521IMG_1361.jpg


礎石群を三ヶ所巡り管理道へ出て県民センターへと向かう。

     180521IMG_1364.jpg


今日は休園日なのか駐車場の出入り口にはチェーンが掛けられていてセンター内は閑散としていた。
管理棟の奥から猫坂礎石群方向へ進む。 

     180521IMG_1367.jpg


ここは秋の紅葉スポットだが、なかには新芽から赤いモミジ(ノムラモミジ?)も。

180521IMG_1370.jpg


     猫坂礎石群
     180521IMG_1375.jpg


折角登ってきたがここから一旦子どもの国へと下る。

     180521IMG_1376.jpg


     誰一人としていない子どもの国
     180521IMG_1381.jpg


子どもの国の一番奥(南側)から土塁の大石垣分岐へと上がる。

     180521IMG_1383.jpg


     大石垣分岐
     180521IMG_1386.jpg


先程歩いた土塁を反時計廻りに少し進み馬責めから岩屋山へと下る。

     180521IMG_1389.jpg


     岩屋山(岩屋城本丸跡)
     180521IMG_1392.jpg


ここからは北東から北西までほぼ270度の展望があり福岡の山々が望まれる。

三郡山系
180521IMG_1397.jpg


今日は砥上山や宮地岳の奥にくじゅう連山や釈迦ヶ岳まで見えている。

180521IMG_1409.jpg


写真には納まりきれていないが脊振山系も基山から雷山までの山々がはっきりと確認できた。

180521IMG_1401.jpg


高橋紹運の墓所の前から太宰府市民の森へと下り、メタセコイヤの新緑の下を抜けて政庁跡へと戻る。

           180521IMG_1417.jpg


身体はあちこち痛いところだらけで体調はいまいちだったが、爽やかな風が吹きさらっとした空気のなかで
気持ち良く歩くことができた。

180521IMG_1419.jpg



  

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。

右サイドメニュー

Search in the blog

QR code

QR

Counter