higetiasのエンジョイ・ライフ

 higetias&mamatiasの日々徒然・・・

Entries

脊振山系で春の花巡り(2017/03/26)

2017/03/26(Sun)


ニリンソウ
170326IMG_7204.jpg



体調がいまいちだし天気は午後から下り坂の予報だったので、今日はのんびりと花散策。
偶然に目的が同じだったkuuさんと一緒に出掛けた。
車谷のあと水無谷へ向かうつもりだったが、天気を見て先に水無谷へ。

     170326IMG_7522.jpg


里山に咲くミヤマハコベ
170326P1060741.jpg


イワボタンもコガネネコノメソウもまだ小さいく、シロバナネコノメソウやヤマネコノメソウは見付けることが
出来なかった。

170326IMG_7602.jpg


170326IMG_7209.jpg


170326IMG_7183.jpg


170326IMG_7646.jpg


           コチャルメルソウ
           170326IMG_7178.jpg 


ユリワサビ
170326IMG_7189.jpg


170326IMG_7599.jpg


170326IMG_7621.jpg


昼から曇って時折雨もパラつくなかで花を楽しみながらうろうろと。
ホソバナコバイモが花盛り。

           170326P1060697v2.jpg


170326IMG_7694.jpg


170326P1060708.jpg


           170326IMG_7687.jpg


ヤマルリソウ
170326P1060720.jpg


           170326IMG_7207.jpg


170326IMG_7730.jpg


ニリンソウの開花は2、3輪。 見頃はまだまだ先だ。

170326IMG_7201.jpg


170326IMG_7712.jpg


170326IMG_7716.jpg


ツクシショウジョウバカマも咲き始め。

170326IMG_7536.jpg


           170326IMG_7164.jpg


170326IMG_7168a.jpg


170326IMG_7585.jpg


170326IMG_7542.jpg


キバナノアマナの開花も今年は遅く、あと一週間は先かな。

170326IMG_7655.jpg



170326IMG_7768.jpg



170326IMG_7770.jpg


トウゴクサバノオもまだ咲いてなかった。

天気も何とか持ちそうだったので帰路車谷のホソバナコバイモを見に立寄る。

170326IMG_7221.jpg


170326P1060764.jpg


           170326P1060754.jpg

最後に弱い残照のなかでの一枚。

170326IMG_7226a.jpg

CommentList

大佐野山~牛頸山周回(2017/03/19)

2017/03/19(Sun)


大いに盛り上がった懇親会の翌日は近くの大佐野山~牛頸山を周回縦走する。
予定があるいーさんとは昨夜のうちに、信ちゃん&俊ちゃん、風来坊さんとはチェックアウト後にお別れ。

牛頸ダムサイトの大佐野山登山口から出発する。

     170319P1060517.jpg


(本日の行程)
大佐野山登山口(9:12)~寺の横分岐(10:02)~大佐野山(10:14-10:18)~黒金山(11:02)~
沢コース出合(11:17-11:43)~三市町山(11:54)~牛頸山(12:11-12:30)~牛頸山登山口
(13:06)~大佐野山登山口(13:46)

(Route-Map)                (標高グラフ)
20170319大佐野山~牛頸山  20170319大佐野山~牛頸山G
(クリックで拡大)

出発して5分で支尾根に上がるとあとは大佐野山まで快適な尾根歩きが続く。

     170319P1060518.jpg


     170319IMG_7406.jpg


光妙教会との敷地境界には有刺鉄線が張られている。

              170319IMG_7407.jpg


              170319IMG_7414.jpg


急坂を少し登り上がったところにある「大佐野山の踊りタコ」? ここで衣服調整のため小休止。

     170319IMG_7419.jpg


水辺公園そばにある法照寺裏に下る分岐を過ぎると大佐野山まではあと10分少々。

     170319P1060525.jpg


天拝山~牛頸山の縦走路と出合ったところが四等三角点のある333mピークの大佐野山。

     170319P1060527.jpg


ここから右折して牛頸山まで縦走する。 
途中で縦走路を外れ少し藪を漕いで396.1mの四等三角点に立寄る。

     170319P1060537.jpg


     170319P1060544.jpg


黒金山の先で我々とガック隊長は尾根コース、あとの3人は沢コースに分かれる。

     170319P1060542.jpg


higetiasのミスでちょっとしたアクシデントがあり、ここで沢コース組をしばらく待つことになる。

     170319P1060546.jpg


ポンちゃんの機転で無事合流。

     170319P1060548.jpg


     三市町山
     170319P1060551.jpg


桜の苗木の植樹地を通過。

     170319P1060553.jpg


     三等三角点のある牛頸山山頂(447.9m)
     170319P1060560.jpg


     170319P1060557.jpg


ここで簡単に昼食を摂る。
山頂には先客が3人休憩中だったが、休憩中にそれぞれ出発して行った。

     170319P1060562.jpg


山頂をあとにしてキャンプ場へと下る。

     170319P1060567.jpg


牛頸林道をショートカットして登山口へと下りて来た。

     170319IMG_7469.jpg


昨日からお世話になった「大野城いこいの森キャンプ場」の前を通り水辺公園へと下って行く。

     170319P1060577.jpg


              170319IMG_7471.jpg


     道端の花を撮るおじさん(ポンちゃん)
     170319P1060581.jpg


桜が満開になるのはまだ2週間は先かな?

     170319P1060582.jpg


午後から予定があるけいこたん&じゅんパパさんとは車をデポしていた水辺公園でお別れ。

     170319P1060583.jpg


残り4人となって水辺の遊歩道を駐車場まで戻る。

     170319P1060584.jpg


     170319IMG_7491.jpg 


春の陽射しとひんやりとした風が心地良い4時間半の山歩きだった。


(本日見掛けた山野草)

     シュンラン
     170319IMG_7427.jpg

サイハイラン                           キッコウハグマ
170319IMG_7432.jpg 170319IMG_7436.jpg

     ミヤマウズラ
     170319IMG_7454.jpg

     コクラン
     170319IMG_7461.jpg

 
その他
    
     170319IMG_7465.jpg

              
              170319IMG_7488.jpg

     
     170319IMG_7477.jpg


              170319IMG_7482.jpg


CommentList

ゲンカイツツジとミスミソウ(2017/03/18)

2017/03/18(Sat)


ゲンカイツツジ
170318IMG_7303.jpg



三連休の初日は夕方から大野城「いこいの森キャンプ場で峰入り古道歩きの打ち上げ会を予定していた
ので、その前に参加出来るメンバーとゲンカイツツジを見に岩屋神社に出掛けた。
参加したのは信ちゃん&俊ちゃん、けいこたん&じゅんパパさん、ガック隊長とhigetias&mamatias。

通常なら彼岸の頃には満開になるのだが、今年は開花が遅くほとんどが蕾のままだった。

170318IMG_7093.jpg


170318IMG_7211.jpg


奪衣婆そばのゲンカイツツジは全く咲いていなかった。

     奪衣婆(左)と閻魔大王
     170318P1060432.jpg


           170318IMG_7223.jpg


岩屋神社は4月8、9日の岩屋まつりを前に今月末まで茅杉皮重ね葺き屋根の葺き替え工事中。
鳥居から先は入れないため順路を変えて奇岩巡り。

     170318IMG_7228.jpg



170318P1060439.jpg


170318P1060440.jpg


シュンランも開花前。

     170318IMG_7241.jpg


     熊野神社
     170318P1060445.jpg


     鴬窟(源信法師帰幽之地)
     170318IMG_7262.jpg


奥の院の石仏
170318IMG_7268.jpg



           170318IMG_7271.jpg


大日社のそばのゲンカイツツジもまだ固い蕾の状態だった。

     170318P1060468.jpg


時間に余裕があったのでミスミソウを見に行くことに。

170318IMG_7377.jpg


170318IMG_7108.jpg


           170318IMG_7115.jpg


           170318IMG_7135.jpg


170318IMG_7145.jpg


夕方にはいーさん、風来坊さん、ポンちゃんも揃い、夜遅くまで楽しい懇親会が続いた。

     170318P1060488.jpg


CommentList

春の陽気に花散策(2017/03/11)

2017/03/11(Sat)


マンサク咲く
170311P1060227.jpg


週末は晴れて気温も上がる予報。
今日は坊ガツルで野焼きが予定されているので多くのくじゅう好きの山友が出掛けているようだが、我が家
は昨夜になってくじゅうに花散策に行くことにした。

まずは一年振りの赤川のマンサク。
赤川コースは昨年の熊本地震で登山道の上部が崩壊したため途中から通行禁止になっている。

     170311IMG_6979a.jpg


崩壊箇所は標高1560m付近。

170311P1060290.jpg



           170311IMG_6980.jpg


道に折れた氷柱が落ちていた。  見上げても氷柱が下るようなところではなかったが?

170311IMG_6982.jpg


潤島川上流
170311IMG_3166.jpg


           170311IMG_3169.jpg


今日はエルも一緒
170311IMG_7018.jpg


当り年だった昨年の同じ時期に比べたら花を付けている木が少なく寂しい。  今年のマンサクは裏年か?

           170311IMG_3186.jpg


170311IMG_7051.jpg


170311P1060223.jpg


170311IMG_3189.jpg


通行止め箇所から引き返してきた登山者に聞いて様子を見に行ってみる。

170311IMG_7066.jpg


林道と交差する二つ目から通行止めになっていた。 
崩壊箇所より随分と下だが、一本道なのでどこで止めても同じと考えると中途半端な気がする。

     170311P1060234a.jpg


赤川をあとにして花散策へ。
 
福寿草
170311IMG_3225.jpg


170311IMG_7191.jpg


アズマイチゲも随分と少なくなっていた。

        170311IMG_7121.jpg


170311P1060295.jpg


昼過ぎになってユキワリイチゲは閉じているものが多かった。 もう少し早く来れば良かったなぁ。

        170311IMG_3230.jpg


170311IMG_3239.jpg


        170311IMG_7143.jpg


3月から今年の営業を開始したおいちゃん家に閉店間際に挨拶に寄る。
野焼き撮影に行った山友たちも大勢挨拶に訪れていたようで、HEROさん、オアシスさんとも久しぶりに
お会い出来た。 
男池も花の時季を迎えこれから賑やかになりそうだ。

     「力さん&仁美さん、今年もお世話になります!」
     170311P1060317.jpg


CommentList

雪の三陀山(2017/03/09)

2017/03/09(Thu)


三陀山
170309P1060152.jpg


昨年の夏薬師峠から野峠まで縦走したとき、一緒に歩いたつーさんから「今度三陀山に行きましょう」と
誘って頂いた。 その後あっちこっちの山に忙しく延び延びになっていたが、やっとそのチャンスが来た。
しかし、雪が無い時期にと言っていたにも拘わらず前日にまさかの雪。
別所から先は道路にも積雪していた。 待ち合わせ場所の豊前坊の気温は-3℃。
準備をしている最中にも雪が舞って、季節は冬に逆戻りしたようだ。
今日の参加者はつーさん、信ちゃん&俊ちゃん、山虫さん、higetiasとレジェンドM師匠、MMさんの7名。
9時には全員集合して、冬タイヤ装着の信ちゃん号とhige号で野峠へ移動する。

     170309P1050993.jpg


積雪は多くはないようだが念のため最初からアイゼンを着けて野峠を9:26に出発。

     170309P1060001.jpg


(本日の行程)
野峠(9:26)~崩壊地(9:48)~871ピーク(10:24)~最低鞍部(11:05-11:13)~三陀山
(11:49-11:56)~最低鞍部(12:20-12:25)~作業道終点(12:29)~渡渉点(12:56-13:28)~
作業道終点(13:56)~尾根出合(14:37-14:42)~三ノ岳基部(14:50-15:00)~天狗の舞台
(15:11-15:14)~三陀山分岐(16:19)~野峠(16:36)
全行程:7時間10分  歩行時間:6時間00分
歩行距離:10.1km  累計標高差:(+)1122.3m/(-)1119.6m

(Route-Map)                (標高グラフ)
20170309三陀山  20170309三陀山G 
(クリックで拡大)


取り付き点から急斜面を上がりしばらく杉林のなかを上がるが、アイゼンを付けているため一歩足を出す度
に靴の底が団子状態になる。
三陀山分岐までの尾根の急登を避け、手前からトラバースして尾根を越えると崩壊地が現れる。

     170309P1060005.jpg


マイナールートの上に積雪のためルートが分かり辛く、三陀山との鞍部へと延びる尾根を外し掛けたが、
地図とGPSですぐに復帰する。  
小さなアップダウンのある尾根を快適に進むと、時折冷たい強風が吹き抜けて行く。 

     170309P1060008.jpg


途中で一眼レフをとある場所に忘れたことに気が付いたが、諸々諦めて先に進む。
その後は順調に歩いて871mピークに着く。 長方形の三角点が雪に埋もれていた。

     170309P1060010.jpg


キツツキが突いた跡が痛々しい大木。  「出た! MMさん、得意のポーズ!」

     170309P1060014.jpg


最低鞍部に向けて激下りが始まる。 積もった枯葉が雪で湿って滑るのでここではアイゼンが役に立つ。

     170309P1060016.jpg

  
     170309P1060018.jpg


南側が開けて目指す三陀山が姿を現した。

     170309P1060020.jpg


170309P1060019.jpg


最低鞍部にザックをデポして三陀山まで往復する。

     170309P1060053.jpg


     170309P1060022.jpg

     標高差240mの激上り
     170309P1060030.jpg

     途中で一服
     170309P1060029.jpg

     三陀山山頂(930m)
     170309P1060032.jpg


きれいなバージンスノーが瞬く間に踏み跡だらけになってしまった。

     170309P1060037.jpg

     踏み跡だけではない!
     170309P1060038.jpg


鷹ノ巣山三ノ岳の雄姿。 この光景を見るためだけに上がってきたと言ってもいいくらい。

170309P1060050.jpg


すぐに急斜面を鞍部まで戻る。

     170309P1060051.jpg


ザックを回収し、アイゼンを外して西側へと下るとすぐに作業道の終点に出る。 
ここからはしばらく作業道歩き。

     170309P1060056.jpg


     170309P1060062.jpg

     作業小屋
     170309P1060064.jpg

作業道終点から14分後林道と出合い右折する。

     170309P1060066.jpg

10分後、目印のテープから沢に下りると渡渉点に着く。

     170309P1060067.jpg


ここで暖かい日差しを浴びながら昼食休憩を取る。  

     170309P1060072.jpg


一枚岩を流れる水がいい雰囲気だ。

170309P1060086.jpg


          170309P1060091.jpg


渡渉して沢に沿って造られた作業道を進む。

     170309P1060097.jpg


     キツネノカミソリの葉
     170309P1060094.jpg


沢は作業道のために荒れているが、時にはこんな光景も。

          170309P1060099.jpg


荒れた作業道を進む。

     170309P1060104.jpg


作業道の終点からは沢を詰めて行く。

     170309P1060106.jpg


              170309P1060109.jpg


     170309P1060111.jpg


沢を詰めると最後は稜線までの急斜面が待っている。
行く手には3本の谷と3本の尾根、どこを上っても良さそうだが、一番上り易そうな真ん中の小尾根を上がる
が、それでもこれが大変な急斜面でしかも雪が載っていて滑り易い。   アイゼンも外していたので間遠い木
に掴まりながら必至に攀じ登る。

     170309P1060115.jpg


悪戦苦闘して尾根に上がり付いた。

     170309P1060118.jpg


尾根をしばらく進むと、三陀山からあれ程遠くに見えていた鷹ノ巣山三ノ岳が目の前に見えてきた。

          170309P1060121.jpg
     

三ノ岳の基部から下って天狗の舞台へ。  「信ちゃん、絵になりますね~!」

170309P1060140.jpg


     アオベンケイ
     170309P1060132.jpg


緩んできた雪に足を取られて代わりばんこにしりもちを付きながら緩斜面を下る。

     つーさんが付けてくれた標識
     170309P1060144.jpg


ヤセ尾根が続く。

     170309P1060149.jpg


170309page01.jpg


最後の小ピークに上がり着く。  あとは野峠まで下るだけ。

     170309P1060167.jpg


三陀山分岐から尾根を外れ左側の急斜面を下るのだが、ここが今日一番の難所だった。

     170309P1060173.jpg


手掛かり、足掛かりのないところは雪の急斜面を枯れ草ごと尻セードして下りる。
道なき道を歩き慣れたM師匠も最後におっとっと!

170309page02.jpg


     170309P1060181.jpg


野峠に戻ると、「車のボンネットに黒い物が載ってるよ~」とつーさんの声。
出発時に置き忘れた一眼レフは7時間余りもお利口?に待っていてくれた。
(英彦山とは何かと因縁のあるカメラだが、余程主人と離れたくないと見える 笑)

     170309P1060184.jpg


最後は今季初見のホソバナコバイモを。

170309P1060189.jpg


同行頂いた皆さん、今日も楽しい山歩きをありがとうございました!


CommentList

尻付山・ハジカミ山ののち天念寺無明橋(2017/03/05)

2017/03/05(Sun)

天念寺無明橋
170305P1050935a.jpg


国東半島二日目はjinashiさんの案内で尻付山とハジカミ山に登る。 今日は奥様も同行される。 
お世話になったトンテンカンの家を8時に出発。

     170305P1050870.jpg


jinashiさんの先導で県道653号線沿いの黒土集落から右折して黒土林道を2.5kmほど上がって行く。
林道終点の少し手前の路肩に駐車して8:55にスタート。

     170305P1050876.jpg


(本日の行程)
登山口(8:57)~尻付山山頂(9:29-9:40)~二本松越(10:01-10:06)~ハジカミ山山頂
(10:36-10:56)~二本松越(11:12)~尻付山山頂(11:39-12:10)~登山口(12:28)

     170305P1050878.jpg


登山口からしばらく進んで急斜面に取り付きジグザグに付けられた登山道を上がって行く。

     170305P1050880.jpg


標高差230mをjinashiさんが良いペースで歩いてくれるので汗も掻かずに広い山頂へ上がり着く。

     170305P1050883.jpg


     170305P1050889.jpg

     朽ちた避難小屋
     170305P1050885.jpg


霞んではいるが南には遠く由布岳や鶴見岳が見えている。

     170305P1050888.jpg


木々の間にこれから登るハジカミ山が見えている。

     170305P1050894.jpg


ハジカミ山との鞍部二本松越に向けて標高差180mほどをほぼ直線的に下って行く。
帰りの上り返しが思いやられる。

     170305P1050895.jpg


朽ちた大きな松の木が横たわっている二本松越に下り着く。

     170305P1050897.jpg


     170305P1050903.jpg


この峠から左(北西)に下れば西狩場の登山口へ、右(南東)に下れば1.2kmで小河内に出るようだが
こちらのルートは荒れているとのことだ。
小休止してハジカミ山へと進む。

     170305P1050904.jpg


こちらは標高差150mくらいだが斜面をトラバース気味に上がって行くので楽に上れる。
植林帯が見えてくれば山頂は近い。

     170305P1050905.jpg

  
     ハジカミ山山頂(570m)
     170305P1050923.jpg


山頂の先に進むと絶景の展望が開けていた。

     170305P1050909.jpg


昨日歩いた岩尾根を挟んで手前に中山仙境、奥に鷲巣岳、その向こうには姫島も見えている。

     170305P1050917.jpg


170305P1050916a.jpg

     中山仙境
     170305P1050920.jpg


山頂で展望を楽しんでから二本松越まで下ってきた。 これから尻付山への上り返しは直登になる。

     170305P1050927.jpg


     170305P1050928.jpg


二度目の山頂で30分ほど昼食休憩を取って登山口へと下る。

     170305P1050931.jpg


     170305P1050932.jpg


時刻はまだ12時半、時間があるので信ちゃんの提案で近くの天念寺耶馬に行くことに。
うすきさんとはここでお別れ。 またご一緒しましょう!

jinashiさんご夫妻に天念寺鬼会の里まで案内して頂き、ここでお二人にお礼とお別れをして出発する。

下から見上げる船の舳先に見える岩峰の突端にもこれから上がる。 

     170305P1050936.jpg


先導する信ちゃんが難所の垂直の鎖場を下る時計回りで進んで行く。
higetiasとmamatiasは経験済みだが他のメンバーは皆初めてのルート、大丈夫かな?

     170305P1050939.jpg


舳先の先端から無明橋が見えている。 復路は右上に見えている瘤のような大岩の基部を歩いてほぼ垂直
の岩壁の鎖場を下ることになる。

170305P1050944.jpg


船の舳先から戻って鎖場を上がり、無明橋へと向かう。 ここの鎖場は上りでも下りでもそれほど問題ない。

             170305P1050946.jpg  


皆さん思い思いのポーズで無明橋を渡っている。 
昔の修験者は良くもこんな場所に橋を掛けたものだと感動すら覚える。

     170305P1050947.jpg


全員渡ったところでUターンしていよいよ垂直の岩壁下り。
20m以上はあるので一人一人下りるのに時間が掛かるため、狭い絶壁の上での待ち時間が長い。

     170305P1050965.jpg


             170305P1050966.jpg


皆さん無事に下り終えて龍門岩屋へ。

     170305P1050971.jpg


最後の鎖場を下って登山口へ戻る。

             170305P1050974.jpg


     川中不動尊
     170305P1050977.jpg


二日間の最後の締めとなる1時間15分のアドベンチャーを楽しんで、皆さんとはここで解散となる。
さあ、安全運転で帰るとするか。

皆さん、楽しい二日間をありがとうございました!!!


CommentList

左サイドMenu

ティアス&エル

Calendar

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

New diary

Archive



Profile

higetias

Author: higetias





Mail form

Name:
Mail address:
Title:
Message:

当ブログへのお問い合せはこちらからお願い致します。